子供にスキーを教えてみようと思っている人に参考になれば幸いです。
どれだけうまくなるか、それとも親が教えるのに断念するのか、お楽しみに。(笑)

第1日('99年1月3日)

今日はフミタカ君のスキー初挑戦です。まずは、平地で歩く練習から初めました。

一応ストックを持って歩かせてみたが、なかなかうまく前に進めない様です。

ストックを持っているとうまくバランスがとれないみたいで、すぐにコケてしまうので、

ストックは持たせずに歩かせてみました。すると、あ〜ら不思議!なんとか前に進みました。

「うまいうまい!」と機嫌をとりながら30分位歩かせました(笑)なんとか、スキー板にも

なれて来た様なのでソリ用の緩やかな斜面を、腰を押して上まで登らせてノーストックで

滑り下ろさせました。最初はスキーの乗る場所が安定せず、体が後傾気味に

なっていたので「手を前に出して前へ習えをしてみて!」と言って両腕を前に出させて、

エアリアルの助走の様なスタイルで滑らせてみました。キョンシー スタイルです(笑)

(但し直滑降なので前方に人がいない事を確認してからでないと、危ないです)

すると、さっきは途中でしりもちを突いてコケたのに今度は一気に下まで滑り降りて

しまいました。「うまいうまい!上手だね〜」とほめてやると、フミタカ君は得意げに

ニコニコしています。  弟のシュンはソリ遊びが気に入ったようです。  ⇒

その後も何回も同じ様に滑り降りて滑る感覚を覚えさせました。

慣れて来たのでボーゲンにも挑戦させようと「前を三角にして滑ってみて〜」

と言って、滑らせましたが板が重なったり、片足だけ斜めになったりしてコケてしまい、

グズリ出したので、結局直滑降で滑らせました。この年頃は誉められると得意になって

挑戦してくれるので、誉めちぎり作戦が有効の様です(笑)

次回はボーゲンへの近道である秘密兵器トライスキーを購入して、挑戦してみます。