うめ2さんのげ〜ま〜な日常
GBな日々 GBウォーズ


最近萌え萌えのゲームボーイウォーズTURBOです。

ゲームボーイウォーズTURBO

FC版からVer.up移植された、ゲームボーイウォーズのリメイク版。
TURBO ということで、CPU思考が速くなっている(らしい)。

[基本戦略]
 (ちょっと待ってね[基本戦術]
 (ちょっと待ってね[MAP攻略]

 とりあえず、REDスター軍・CPU:IQ=100、てきさく=無し、で攻略中。

ステージ名攻略方法、戦績
ハムサンドトウ地上戦練習ステージ。歩兵でカベを作って、装甲車で敵歩兵を蹴散らそう。 歩兵には間接攻撃のできるロケット砲も有効。
トムラタニガワ自軍首都から山越えした辺りでのせめぎ合いになる。間接攻撃を上手く使おう。
カキワケクリーク橋に気を取られていると、歩兵・装甲車が川を渡ってくる。きっちり前線にカベを作ろう。 ただし橋を突破させると戦車などに進入されるので、橋周辺はカベを厚めに。自軍首都周辺からの遠距離射撃が有効だ。
グランドヘイヤ中央の空港はなんとしても押さえたい。歩兵を運んだ輸送ヘリは、そのまま前に出して敵の進軍を止めよう。 輸送ヘリ・歩兵には戦闘ヘリ、ヘリには戦闘機B、爆撃機には戦闘機A、相性を考えて初の空中戦を制そう。
メルヘンロード首都間が都市で結ばれた”メルヘン”とはほど遠い戦場。 早めに生産可能な都市を占領し、装甲車を使って敵の都市占領を阻止しよう。 歩兵をカベに使って自走砲を使うのも効果的だ。
サイコロジマ前半は装甲車とヘリで押し、後半は戦車・間接兵器で。 敵は首都周辺を多数の部隊でカベを作るので、余裕があれば戦艦による艦砲射撃が有効かつ強力だ。
イッポンバシ狭い上に一本道の橋で進軍ままならない。速攻で敵地近くまで詰め寄り、ロケット砲・自走砲で前線を押し、 敵地には複数の部隊をまとめて突入させて制圧しよう。
ニャンコロジマ左目・左耳部分には歩兵を徒歩で、右耳部分は輸送ヘリで歩兵を送り込み装甲車の援護を出す。 但し優先させるのは中央の空港と都市の占領。輸送ヘリで連続して歩兵を送り込みたい。戦車などの車両は中央突破は時間がかかるはず。 上下からの進軍も進めよう。敵首都周辺は自走砲などにより守りを固めるはずなので、地上部隊に加え爆撃機との連携で有効な攻撃をくわえよう。
シナプスハントウ2つの橋の辺りの攻防が激しくなる。自軍のある島の橋のソバの都市は、歩兵による山越えで早めに占領しよう。 逆に敵の山越えの進軍には注意だ。橋周辺が狭い為なかなか先に進めなくなるので、間接射撃を有効に使っていこう。 敵軍の島の下方は、歩兵・装甲車である程度進軍し、戦車を援護に出そう。敵都市周辺に自走砲など設置されたら、犠牲は覚悟で戦車・装甲車での突入により突破しよう。
フックショトウ位置関係から、中央の空港・右上の都市へ進軍しやすい。連続して歩兵部隊を送り込み、早めに占領しよう。 逆に左下の都市へは敵軍が侵入しやすいので、歩兵を降ろした輸送ヘリをそのまま向かわせて、都市占領を妨害しよう。 敵首都攻略は、大部隊での力押しで。
コガネジマ海を挟んで中央に浮島、ここは早めに押さえたい。航空機が生産できないので、歩兵と護衛に装甲車も送り込みたい。 左右の半島は、歩兵を進行させつつ都市を占領しよう。装甲車での乗り継ぎによる早めの展開も重要だ。ただし余り資金はかけない。 敵に戦艦を作られるとやっかいだが、潜水艦x2で懐に飛び込めば、反撃の効果は大きい。中盤から輸送船を追加し、左右の半島から地上部隊を侵攻させよう。 歩兵は装甲車に載せたまま送り込めば効率が良い。この時点で、自陣の占領用歩兵はすべて侵攻させてしまう。 敵は間接攻撃兵器を作るが、爆撃機が無いこの面ではこちらも砲台+戦車などで対抗するしかない。 後半は戦艦による艦砲射撃で地上部隊を掃射しよう。
サーキットハントウ輪の形の島の対角に両軍の首都。上下それぞれのルートから侵攻する必要がある。 早めに展開できていれば、右上山岳部を挟んだ辺りと、左下橋付近で前線が展開されるはず。
ヌマジリガワ
ラグーンミサキ
タマゴジマ
テンシュカクジマ中間にある都市の並びから手前には進入させないよう、ヘリ・装甲車・歩兵でカベを作ろう。 歩兵は山越えで進めた方が良い場合もあるので(逆に敵歩兵も山越えで来るので進入されないように)気を付けよう。
セニバコトウ川を挟んで2つの首都が対峙している。首都は2重に都市に囲まれている。 一気に攻め込みたいところだが、敵首都周辺に砲台・自走砲が置かれると接近できなくなる。端から相打ち覚悟で砲台を2台設置しよう。 歩兵・装甲車・戦車Aを突入させてオトリに使うのも良い。資金があれば戦艦で海上から砲撃するのも強力だ。
ジュカイヤマ中間にある空港を早めに占拠したい。輸送ヘリで各地へ歩兵を送り込み、装甲車と戦闘ヘリで敵歩兵を減らし都市占領を妨げよう。 早めに、対空ロケットや自走砲などで対空や間接戦力を前線へ向かわせること。なにせ森を抜けるのは地上部隊には厳しい。
ドッジヘイヤ首都周辺の都市占領は最低限の歩兵で効率よく行おう。ここも敵首都周辺に砲台が置かれると接近が厳しい。 多少の犠牲は止む終えないので、装甲車・戦車Aなどまとめて突入し、敵砲台を潰そう。
コーラルショトウ
テントチトトウ
アクアヨウサイ
アオヤマサンチ
セブンショトウ
ルビコンガワすべてはこのステージの為にあった。
レッドスター:首都+工場x4(収入8000)
ホワイトムーン:首都+工場x6+都市x43+空港x6(収入6500)+部隊15(戦車Z、戦車A、砲台、自走砲A、対空ミサイル、歩兵)で開始。

開始から圧倒的な戦力と軍事費の差。この差を埋めて、戦力的に挽回するのは不可能。よって、相手の隙を突く作戦に出る。 圧倒的戦力差はあるものの、最大部隊数=40の制限により、MAPが敵軍で埋め尽くされることはない。また、敵はこちらの首都侵攻を優先させている。 これを利用し、敵が首都で生産できなくなる状態を待って、輸送ヘリ部隊で歩兵を送り込み、一気に敵首都占拠を狙うことにする。 これを実現する為に注意しなければいけないこと。敵1部隊の全滅は、必要最小限(都市占拠などの回避)に抑えること。

序盤:とにかく歩兵を作りまくって、近くの都市を占拠、資金確保に努める。数ターン後、スーパーミサイルが炸裂するので、戦力を分散し被害を抑えたい。 できることなら、敵部隊を巻き込めるよう、前線を押し上げたい。戦車Zには隣接するようにすること。射程3なので、離れていると一方的に攻撃される。 但し、戦車Aより堅いので効果は期待してはいけない。自走砲Aには積極的に攻撃したい。少しでも数を減らして補給に下がらせ、前線を上げさせないように。 歩兵に対しても攻撃を行って数を減らすこと。1部隊の数が10か否かは、都市占拠のターン数に大きく影響する。歩兵に対しては、輸送ヘリを使ってもよい。

中盤:ある程度資金が貯まったら、敵首都占拠用の輸送ヘリ+歩兵部隊を生産し侵攻させる。輸送ヘリは2部隊同時に作りたい。輸送する歩兵は、絶対2部隊乗せること。 注意すべきは、敵戦闘機と戦車Zだ。戦車Zは射程3で結構対空戦力が高いため、輸送ヘリではかなりの損害を喰らう。数が減らされたら、その場で降車させ、 オトリ部隊として使うのが効果的だ。最終的には、輸送ヘリ4部隊=歩兵8部隊以上を送り込みたい。この敵首都占拠部隊は、MAP外周にそって敵の攻撃を受けないよう 侵攻させること。途中の都市占拠は必要ない。敵首都到着後は、後続部隊が到着するまで待機しておく。この時、生産された敵部隊に捕まらない位置にいること。 燃料はギリギリだが墜落まで数ターン待機できる。一気に首都占拠できるタイミングと条件(占拠用全部隊到着)まで、じっと耐えよう。 中盤から終盤にかけては敵の侵攻もきつくなってくる。かなり前線が押し迫ってくるはずだ。近郊都市も奪い取られるだろう。但し、資金はそこそこ残っているはずなので、 歩兵には輸送ヘリ、地上部隊には戦闘工兵を混ぜて敵前線の戦力を削りたい。但し、都市占拠を狙う歩兵以外は1部隊全滅はしてはいけない。

終盤:敵首都占拠輸送ヘリ部隊は、すべて揃うまで敵の攻撃を受けない位置で待機。4部隊以上は集結させたい。 敵首都周辺への降下タイミングは、首都周辺の工場に敵部隊がいないこと、敵総部隊数が限界の40で、敵のターンに部隊生産されないこと、が条件になる。 とくに部隊生産に気を使わないといけないのは、首都への直接降下ができないため。敵部隊数が減り、首都に戦車Zが生産されたら歩兵では太刀打ちできず、すべてが 水泡に帰すことになる。要注意は自軍首都周辺の歩兵。通常部隊は全滅を避ける行動をとるが、歩兵に限っては何故か1部隊が全滅しても攻撃してくるときがあるからだ。 すべての努力が無駄にならないように、セーブしておくことをお奨めする。タイミングを見計らって、占拠部隊すべてを降下。次のターンからは首都を優先させて、 敵軍の生産エリアを占拠していこう。輸送ヘリは空港、余った歩兵も首都・工場周辺の生産可能な都市に配置し、敵軍の生産を止めてしまおう。
うまくいけば、4ターンで「敵首都占拠」勝利を得られるはずだ。

WARNING    ここから先、隠しマップ    WARNING
ウチアイカイキョウ
アミダリバー
ジントリジマ
パルサートウ
ココノツジマ
スクリュートウ
ヘルズトウゲ
ホメオスガワ
フタゴジマ
グランドクロス
マルチサンミャク
マヨイノモリ
カウアイショトウ
ショーギジマ
イーグルトウ
ドーナッツトウ
ヨウサイカイキョウ
セサミショトウ
ジゴクケイコク攻略中
コマツタベイ
ドックジマ
アーモンドトウ
バンブーワン
キョウリュウワン
ドラゴンベイ