ウンジャマラミーとは?

 「ウンジャマラミー」とは1999年3月18日に発売されたプレイステーションソフトです。ゲームジャンルはリズムアクション。言わずもがな「パラッパラッパー」の続編です。

 流れてくるノリノリの音楽に合わせコントローラーを操作するという基本的な操作はパラッパと同じ。しかし、ウンジャマラミーの大きなな特長はラップではなくギターを演奏することと、2人で遊べるようになったことです。1曲を2人で交互に演奏する協力プレイ、演奏のクールさ競う対戦プレイ、そして初心者の人にも簡単に遊べるようにボタン1つでプレイできるイージープレイも用意されています。それに加えてピッチベンドやエフェクターが使えるなどウンジャマラミーには新しい機能が満載なのです。デュアルショックにも対応し、自分が演奏するタイミングを振動で教えてくれます。発売当初、価格は5800円でしたが、2001年4月12日発売には名作シリーズ「プレイステーション・ザ・ベスト」に選ばれ、2800円という低価格で買うことができます。

 もちろんウンジャマラミーの製作スタッフはパラッパラッパ−とほぼ同じ。松浦雅也さん率いる七音社がメインとなり、キャラデザインはロドニー・A・グリーンブラットさん、ストーリーを伊藤ガビンさん、台詞と歌詞はRyuさんが担当していますよ。


 ウンジャマラミーを買おうかどうか迷っている人へちょっと書いておきますと、ズバリ買いです!!前作パラッパラッパーが好きだった人はもちろん、ウンジャマラミーの画面を見て「何か」を感じた人はぜひ買ってください。あなたのヒラメキは正しいものです(^^)。パラッパラッパーに比べるとすこし難しくなっていますので、パラッパラッパーをプレイしてから買うと、より一層楽しめますよ。ちなみに、ファミ通の新作クロスレビューによるウンジャマラミーの点数は9、9、9、8の合計35点でした。クロスレビュー評価としては最高位のプラチナ殿堂入りを果たしています。

 「パラッパ君が主人公じゃないからヤダ!」という人もいるかもしれません。しかしラミーちゃんのアクションをひとめ見れば、あなたはきっとラミーちゃんが好きになっていることでしょう(^^)。それにパラッパ君もちゃんと登場しますよ〜。

ウンジャマラミー初登場TVCM

 

 1999年12月15日、ウンジャマラミーはアーケードゲーム「ウンジャマ・ラミーNOW!」として登場しました。ナムコと提携しての、家庭用機からアーケードへの逆移植です。専用のギター型コントローラーを搭載した大型筐体。基本的なゲーム内容はPS版と同じでしたが、ギターコントローラーを使うという事で少し難易度が下がっていました。かと言って単なる移植ではなく、ラミーとパラッパのキャラクター選択、ゲームオーバー時のコンティニュー画面など細かい所までアーケード用に作られており、PS版の改訂・デラックス版といった豪華なものでした。最大の特徴はなんといってもデモムービーで、ジョーチンやミルクカンが活躍するPS版にないムービーが約20分もありました。今ではゲームセンターで見かけることが少なくなりましたが、ぜひ遊んでもらいたいアーケード筐体です。 


HOME