2003-2004シーズンの早野サン 

正直ユーロの早野サンが待ちきれない
(2/27 WOWOW リーガエクスプレス・スペシャル〜EURO名場面特集〜
リーガエスパニョーラ・ハイライト バレンシア×バルセロナ、
左サイドへドリブルで持ち込んだロナウジーニョがルフェテと対峙し、双方暫しにらめっこしながら静止)
早野「これ、笑ったほうが負けですよ。そうすっとロナウジーニョは歯が出てるから負けですね。」

(欧州選手権88年西ドイツ大会・決勝、オランダ×ソ連、ファンバステンの伝説のボレーシュートを見て)
早野「まるで・・・ファンバステンですよね」
土田「ダジャレだったんですね。気付きませんでした」

(土田のイチオシ選手はマッカだそうで)
中西「これは解説者泣かせの名前なんですよね」
早野「そうなんです。ボクはマクナマナンって言えないんですよ」

確かに言えてない

合わないグスト
から早一年
(1/1 NHK 天皇杯決勝 セレッソ大阪 vs ジュビロ磐田)

「そのうちバロンがバルーンになって高いボールを・・・」


イルレタのやりくり
(12/14 WOWOW レアル・マドリッドvsデポルティボ・ラ コルーニャ)

「マカーイがいなくなったけどマー、イッカ」

オシャレ

(11/30 WOWOW EURO2004 本大会組み合せ抽選会速報
ヒロシはゴールドのスーツを着て登場。スイスのドローの後)

「デーゲームに弱いヤキン兄弟がいますね」

敢えて言う

(11/29 WOWOW オサスナvsレアル・マドリッド)

「バカヨコですが、タテに行きましたね」

早朝
にこそ輝くヒロシ
(11/8 WOWOW デポルティボ・ラ コルーニャvsレアル・ソシエダ
他の試合結果についてのトーク中)

「セルタはもっと上のほうで競れたと思ったんですけどね」

(アタマを抱えたイルレタ監督の静止画を見ながら)
柄沢「悩み多きイルレタというところですね」
早野「彫刻にしてしまおうかなという・・・ね」

(途中、思い出話に花が咲く)
柄沢「そういえば早野さんとマドリッドのソフィア王妃芸術センターに行ったら休みだったことがありましたね」
早野「もう少し調べて行けよ、って言われるような感じでしたよね」


ビッグヒット
(10/11 WOWOW EURO2004予選 イタリアvsアゼルバイジャン
歯が立たないアゼルバイジャンを観て一言)

「アセる場合じゃないジャン」

久しぶりのハヤカラコンビ

(10/6 WOWOW レアル・マドリッドvsエスパニョール)

柄沢「ハヤニスタの皆様、おはようございます。解説は満を持して登場の早野宏史さんです。」

早野「スタンドの年配のおばさんもアツいですね」
柄沢「力入ってましたねぇ」
早野「おばさんって言ったら失礼ですね、ご婦人ですよね」
柄沢「みのもんたさんだったらお嬢さんって言いますよね」
早野「アハハ」  

空気
読むヒロシ
(9/11 WOWOW EURO2004予選 スペインvsウクライナ)

「私が喋るとピンチになるみたいですねぇ・・・少し黙ってましょうか。」

その定番を待っていた
(9/7 WOWOW1 EURO2004 予選 イタリア vs ウェールズ 後半1点先制していたイタリアが2点目を叩き込む)

柄沢「イタリアはあれで守りに入るのかと思いましたけどね」
早野「(カテナチオの)鍵はまだトラパットーニのポケットに入ったままのようですね」

(ウェールズの監督はマーク・ヒューズ。ピッポの空気読めてないハットトリックが決まったあたりで、ウェールズのサポーターが暴れ始める。みんな顔をまっかっかしてて、しかも全員太ってて怖い。)
早野「ヒューズが飛んじゃいましたね」

NHKでも地味にいい仕事するヒロシ
(7/20 BS1 ジュビロ磐田vsジェフユナイテッド市原
ジェフのミリノビッチのプレーについて)

「メートルビッチになってきました」


 
 2002-2003シーズンの早野サン 

 
ダジャレも総集編
(6/15 WOWOW UEFAチャンピオンズリーグ総集編 〜02-03シーズン徹底検証!〜
視聴者投票の結果からベストイレブンを選ぶ)

柄沢「センターバックは誰にしましょう?」
杉山「(アヤックスの)キブーがノミネートされてるっていうのが、いいですねぇ〜♪」
早野「キブンがいいですね」

(今大会、イタリア勢の戦いっぷりに、スペイン方面から非難が出たのは周知の事実)
早野「みんな目指してるものは一緒なんですよ。ただ、富士山も静岡方面から登るのと山梨方面から登るのとではアプローチの仕方が変わってきますよね。それに静岡の人と山梨の人では富士山の見え方も違うだろうし。」


またしても「木俣ゴォ〜ル!」 未遂 〜柄沢、涙のファイナル〜
(5/28 WOWOW  UEFAチャンピオンズリーグ ファイナル ユヴェントス vs ミラン at オールド・トラッフォード
後半にコンテの惜しいヘッド、ピッタリマークしていたのはネスタ)

早野「コンテとネスタで、(ブツブツ・・・)」
柄沢「えっ?『コンテとネスタでこすった』、ですか?ハハァ、なるほどねぇ!」

(試合は延長の末、PK戦。次はセードルフ)
柄沢「彼は以前、確かユーロ96でPKをはずしてるんですよねぇ・・・」
(ハズす・・・)
早野「あああっっ! ・・・もぉぉ、柄沢さんがそーゆーこと言うからぁぁ〜〜」
柄沢「アハ」


ユーロデルビー
(5/14 WOWOW  UEFAチャンピオンズリーグ セミファイナル第2戦 インテル vs ミラン
岩佐爺は最後のCL実況序盤からゴリゴリ走り回るガットゥーゾについて)

早野「ガットゥーゾは漢字で書くと、『根性』ってなるんでしょうね」
岩爺「ハハハ、なるほど」
早野「ガッツだぞ、と」

(後半から先週のアタランタ戦でゴールを決めたマーティンス登場。例のバック転パフォーマンスを思い出して)
早野「あんまりすごいので思わず点をつけてしまいました」
岩爺「ははぁ、何点でしょうか?」
早野「9.8ですかね。ちょっと膝が開いてましたんで」

(そしてまたしても値千金の同点ゴールを決めてしまったマーティンス。早野さんコーフン)
早野「いや、すいません、今のは10点でしたね」


技アリ
(5/4 WOWOW  アタランタvsインテル
ジャンプして競り合った際、ドーニの顔面にカンナヴァーロの手がビシッと入る。悶絶)

早野「顔・・・みたいですね、胴には入ってないですよね」
柄沢「ああっ!胴に、ではなく面でしたか!なるほど!」(リアクションでか杉)

(CLクォーターファイナルでの守備的なたたかいっぷりを非難されてるインテル、とついでにまとめて罵られているその他のイタリアチームについて)
「でもそれがイタリアの持ち味なんです。インテルにスペインのクラブのような攻撃性を求めるのは、
イタリアに来てパエージャを頼むみたいなものですよ」


このコンビがマイ・フェイバリット
(4/13 WOWOW エンポリ vs キエーヴォ・・・のハーフタイム中に放送されたブンデスリーガのダイジェスト・コーナにて
スシボンバーSV vs ボルシア・ドルトムントのハイライトを見て)

早野「(ゴール前に)コレルが来れてましたね」
田中「コレルがゴール前に来れるということで、早野サンにまとめていただきました」


胸キュン
(4/12 NHK 「サタデースポーツ」 本日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたジュビロ磐田・藤田俊哉
スペースに走り込む動きが良い、との評価に対し)

藤田「早野さんに気に入ってもらえる良い仕事をしたいです」
早野「僕の心のスペースにも入り込んできましたね」


あたしは食べてますけど、何か?

(4/9  WOWOW UEFAチャンピオンズリーグ クォーターファイナル  アヤックス vs ミラン
いまだ衰えを知らぬ、どころか誰よりもよく働くパオロ・マルディーニ、今年で35歳)

「やっぱりパスタ食べないとダメですかね?」


トッティ並みにキレキレ

(3/29 WOWOW EURO2004サッカー欧州選手権 予選 ネスタはスゴかったけど、後半はいつものイタリアvsがんばれよフィンランド
早朝のツーショットは期待に反してあまりにフツー・・・)

柄沢「今日はいつになくファッションが地味ですね」

(FWが消えてるフィンランド)
柄沢「フィンランドにとって、相手をするのがネスタでありカンナヴァーロであるというのは骨が折れますね」
早野「ええ、複雑骨折ですね」

(トッティキレキレ。味方はとりあえずボールをとったらトッティを探して放り込めばなんかやってくれる)
早野「取ったらトッティ、ですよ」

(前線でトッティからボールを受けるも、トラップがイマイチでチャンスをフイにしたデルヴェッキオ馬)
早野「あそこでね、トラップして前へちゃんとね出るベキォですよね、ウウッ」(自画自賛)


早野サン次節出場停止
(3/9  WOWOW センシーニは髪ウディネーゼvs悪の枢軸ユベントス
せっかくいい調子でいってたのに、ピンツィがイエロー2枚で退場。ちなみにピンツィはラツィオ・プリマヴェーラ育ちの生粋のラツィアーレ)

早野「ピンツィがピンチでしたね」
岩爺「今の↑がイエローカードですね」


シャンパン解説
(2/25  WOWOW ユベントス vs マンチェスター・ユナイテッド )

「ギグスじゃなくて技術が足りないんです」
「リッピ監督は御リッピ(立派)ですね」
「先程は左のポスト、今度はクロスバー、次、右のポストに当たれば1点ですか?」


封印

(2/19 WOWOW マンチェスター・ユナイテッド vs ユベントス ユーヴェはインフルエンザで学級閉鎖寸前
にもかかわらず、吐いてもいいからと走らされる伝統の一戦を前にした早野ヒロシのとなりで)

岩爺「今日は顔ぶれからいって余計なことを言ってる暇はないでしょう」


帰ってきたトオルとヒロシ
(2/2 WOWOW ミラン vs モデナ ここ8試合、2分け6敗とまったくイケてないモデナについて)

早野「そろそろモデナチェンジしないといけないですね」
岩爺「来ましたね(ウレシソウ)
    ・・・ということでモデナは今日はスターティングメンバーに何やら怪しい名前が並んでいます」


ロベルト違い
(1/28 NHKBS1 アスレチック・ビルバオ vs レアル・マドリー
脅威の左足キックが武器のSBロベルト・カルロス 右足で出したパスは誰にもつながらず)

早野「右足だとただのカルロスですね」


あけまして早野ヒロシ
(1/1 NHKBS1 天皇杯決勝 鹿島 vs 京都 タイミングをはずしまくる鹿島MFアウグストに)

早野「今日はあわないグストですね」



大きなお世話
(12/15 WOWOW コモ vs ミラン の冒頭)

岩爺「サッカーファンのみなさん、ごきげんいかがですか?(中略)
   今夜の解説はおなじみ、昨日は清水市で飲み明かされた早野宏史さんです」
早野「ぉグ・・・(目が泳ぐ)」



長いわりには関係ない
(12/13 WOWOW アヤックス vs ローマ)

「風呂にお湯が張ってあったと思って入ったら、水だったというくらいにビックリしたでしょうね」



ひさびさ
(12/11 WOWOW インテル vs バイヤー・レバーク-ゼン クレスポのシュートがネットをかすめる)

早野「あ〜・・・、今のは入れてクレスポ・・・」
柄沢「やっと出ました」



岩佐爺コラムでハヤニスタ
早野サン、イエローは伊東屋で買った手作りでした


岩佐爺暴走(岩佐徹:御年64歳)

(11/27 WOWOW ローマ vs アーセナル)

早野「カペッロはいくつメガネ持ってるんでしょうかね」
岩爺「めがねフェチ!」

早野「トッティはあそこで靴ヒモ結んでればセーフだったんですけどね」
岩爺「タハハハ!」

岩爺「リュンベルグの髪の色と早野さんのジャケットの色は意表を突きますからね」
早野「でも赤は・・・評判悪いんですよ」
岩爺「早野さんから反省の弁が聞けるとは思いませんでした」

(ギグーがエリア内でヤバい倒れ方)
早野「アーセナルのベンチはギグッとしましたね」

(その後、ハーフタイムになって胸ポケットからイエローカードを取り出し、ダジャレ早野に突きつける岩佐爺)
早野「3枚でアウトですか…」 

 
試合が面白いとダジャレは不発
(11/14 NHKBS1バレンシア vs ベティス)

早野「イトが意図的に下がってます」
(イト、ファウル気味のプレー)
アナ「今のは意図的ですか?」
早野「いいとは思ってないと思いますよ」

 
真夜中のダンディー
(10/29 WOWOW ユベントス vs フェイエノールト 深夜4:35にもかかわらず目がショボショボするような真紅のスーツで登場。以後、早野サンが深夜の実況当番の際は、着用するジャケットに注目が集まるようになる。実況の柄沢「目の覚めるようなジャケットですね。早くもクリスマス仕様ですか?」)

「きょーれ、で終わってしまいました」
「ディバイオはカモラネージに二晩くらい晩飯をおごらなくてはいけないですね」

 
軽快
(10/27 U-20 韓国vsインド 開始2分、5分、8分、12分に連続して点が入った試合)

「通勤時間帯の電車みたいな試合でしたね」

 
わかるようなわからんような
(10/26 Fマリノス戦)

「グーとチョキで挟むようにしてボールをとり、パパーッといかないとダメですよ」

 
「僕は最近レアルマドリードのことを、宝石箱って呼んでるんですよ」
(10/26 WOWOW レアル・マドリード vs AEKアテネ)

「AEKはてな・・・」

 
用意ドン
(10/22 WOWOW アーセナル vs オーセール 冒頭で)

早野「両チームともフランス人が、大勢いますね」
柄沢「いきなりきましたねぇ。今のは枠内シュートですね。」
早野「ありがとうございまし・・・た」

 
まさかこのままレギュラーに定着するとは
(10/6 WOWOW ミラン vs トリノ GKジダ、ナイスセービング)

「ジダ自賛ですね」
「トリノはここで負けるとトリノこされてしまいますからね」

 
ゼビナ様
(9/29 WOWOW ブレシア vs ローマ)

「いつ行くんだ?リマ行くんだ!って感じですね」
「グアルディオラは足が遅いですね」
「ゼビナは痛いですね」
「ターレはいませんからね、誰に合わせるんですかね」

 
すくえない
(いつぞやの横浜Fマリノス vs 東京ヴェルディ)

「ヴェルディはもっとサイドを使わなければだめですよ。真ん中ばかりで行くのは、スパゲッティをスプーンで食べるようなものですからね。」

 
王道
(9/2 NHKBS7 レアル・マドリー vs エスパニョール)

「タムード、頼むぞ」
「グティにグチをいってもはじまりませんが」


 

シーズン始動
(8/27 WOWOW フェネルバフチェ vs フェイエノールト)

「小野をシンジてパスをだせば・・・ね」

(フェネルバフチェのFWワシントンへのパスは通らず)
「ワシントンまで行かなかったですね。ニューヨーク止まりでした。」

(とにかく前半は早野サンのダジャレ優勢)
柄沢「今日は絶好調ですね。オルテガがひいてます。」

 


 
  2002年 日韓ワールドカップの早野サン 

 
足首太もも
(オリバー・カーンが、MVPとヤシン賞を受賞)

「決勝で負けてもMVPをとる野心はあったんですね」

 
ルスチュは神
(準決勝 ブラジル vs トルコ)

実況「おおっとループシュートだー。キーパーが少し前に飛び出していました。」
早野「ルスチュだけにゴールが留守中でしたね」

 
ルアルアではない
(スウェーデン vs セネガル
セネガルのチャウがペナルティエリア内で倒れるが、逆にシミュレーションをとられてイエロー)

「審判にチャウ(違う)!って言われたんじゃないですかね」

 
MVP
(ドイツのFWヤンカーがループシュート)

「オシャレなシュートでしたね」

 
思いやりが足りない
(ドイツの活躍について)

実況「それにしてもドイツは調子がいいですね」
早野「え、誰ですか?」
実況「え、いや、ドイツが調子いいですね」
早野「え、誰ですか?」

 
ピッタシ
(連日カーンの話題ばかり)

「みなさんカーン、カーンって、鐘を鳴らすようなこと言ってますけど」

 
ポエム早野
(メキシコのブランコの予測できないポジショニングについて)

「風に揺れるブランコですね」

 
ロナウジーニョの歯も

「ロナウド、髪型と一緒で前に前にいってますね」

 
意外におもろいこの対戦
(ドイツ vs アメリカ、アメリカのシュートとGKカーンの対峙)

「誰の番だ?誰の番だ?ドノヴァンだ!」

 
一期一会
(デンマーク vs イングランド 早野サン、いつものようにさりげなくダジャレ。聞き取れなかった実況がつい)

実況「・・・あ、え?何ですか?」
早野「失礼しました(謝る)」

 
なんか似たようなの、昔もあったなあ・・・
(惜しかった南アフリカ、グループリーグで敗退)

「決勝トーナメント行きの切符が、南アフリカ行きの切符に変わりましたね」

 

(いつも「お手上げ」のスペイン監督ホセ・アントニオ・カマーチョ)

早野「カマーチョられないですね」
実況「おそれいりました」

 
いよいよ波乱の幕開け
(開幕戦 フランス vs セネガル)

「セネガルだけに、攻めたがるんです」
「ディウフをどういう風にね、」
「 セネガルの守備本当にいいですね。アンリの入る隙間もないってぐらいで。」

 

 
  もっと前の早野サン 

 
カクカク
(1998-99 CLファイナル マンチェスター・ユナイテッド vs バイエルン・ミュンヘン
スコールズとキーンが出場停止、しょうがなく右サイドハーフにまわされたライアン・ギグスについて)

「やっぱりなんだかぎぐすないですね」

 
あたたかさ
(ワールドユース準優勝の日本代表へ総括)

「彼らはまだ首の短いキリンなんですよ。これからどんどん伸びて世界を見渡してほしいですね。」

 
ロック早野
(1998年 W杯フランス大会 イングランド vs アルゼンチン 観戦に来たミック・ジャガーが画面に映って)

「きっと満足してないでしょうね」

 
すべてはここから
(1998年 W杯フランス大会 フランス vs サウジアラビア ジダンがレッドカードで退場)

「ジダンが地団駄踏んでます」

 
ムッシュ、意味がわかりません
(1998年 W杯フランス大会 フランスがいいカタチになるも、なかなか点が取れないのを見て)

「鏡餅にミカンをのせ忘れたような感じですね」

 
いつも思う
(左足が利き足の選手が右足でシュートしてはずした時)

「両方左足だとよかったんですがね。靴買う時に困りますが。」

 
実際つくだろう
(骨折って出れない選手を見て)

「アロンアルファでひっつけてでも出たいでしょうね」

 

ソムリエリッピ
(ジダンがユベントスに移籍したての頃、どうも調子上がらず)

「ワインとパスタがうまく調和してませんね」

 


 

TOP