妊娠検査のこと 

体調変化  

乳房が張ったり、むくみ、腹痛、頭痛、便秘といった身体的症状や、
イライラする、だるい、キレやすいなどの精神的症状まで様々ですが、
まず、生理前になるとこのような不快な症状が現れることがあります。
これは月経前症候群
(PMS=Pre Menstrual Syndrome)
呼ばれるもので、妊娠(受精卵着床)による体調変化とは異なります。
受精卵の着床は多くの場合生理予定日以降になりますから、
生理予定日以前の体調変化は、
基本的に妊娠の影響ではあることは少ないです。

妊娠による体調変化はどのようなものでしょうか?

乳房が張る、乳首が黒ずむ、下腹部の張る、吐き気、腰痛、
茶色いおりもの、微熱が続く、だるい、眠い、頭痛がする、貧血など
個人差があり、一概には言えません。
ほとんど体調変化がない人もいますし、
前に述べたPMSと似ている症状が多く、
これだけで妊娠したかどうかを判断することはできません。

ただ、妊娠すると高温期を維持しますから、
微熱が続くことも1つの症状にはなるのでしょうが、
生理前2週間は基本的に微熱状態ですから、
単に生理が遅れていることも考えられます。
基礎体温をきちんと測っている場合以外は
これもあまり当てにはなりません。

つわり(悪阻)は5週〜7週くらいから始まるのが一般的なようですが、
ほとんど自覚症状がない人もいるようです。
空腹状態になると吐き気を伴い、食の嗜好が変化します。
しかしこれもその症状、程度、期間の長短等、個人差がみられます。
私の場合は5週の終わりあたりから胃のむかつきを感じるようになり、
6週目には、とくに朝方、激しい吐き気と貧血の症状に襲われました。
できるだけ急に起きたりせず、緩慢な動作を心がけること、
胃を完全に空腹にせず、飴など口に入れておけるものを
枕元に置くなどの工夫をしました。
両親には内緒でしたから、バレないかヒヤヒヤしていました。
中絶をすると、このつわりの症状も嘘のようになくなりましたが。

いずれにしても、妊娠がはっきりするまで、あまり悩まないこと!
精神的なストレスでも生理は遅れてしまいますからね!

不正出血と
茶色いオリモノ
 

生理以外にもいろんな原因で出血する場合があります。
まず生理予定日より2週間ほど前に出る少量の茶色い出血は、
排卵出血と呼ばれるもので、これは妊娠とは無関係です。
でも生理がよほど順調な人しか判断できませんよね。
それから生理予定日前後に茶色い出血(またはおりもの)がでることがあります。
これは生理前のおりものか、妊娠の一つのサインである
着床時出血の可能性があります。

私は生理が来る前日あたりに茶色いおりものが出て、
それから生理が来るというパターンが多かったのですが、
妊娠したときは、茶色い少量の出血がしばらく続きました。
最初は生理かとも思ったのですが、生理ほど大量には出ませんし、
明らかに生理とは違うものでした。
着床時出血はしない人もいます。

妊娠していることが明らかで、下腹部痛が続く、比較的多量の出血や
鮮血が出るときは、初期流産の可能性もありますので、
すぐ産婦人科にいって診てもらってください。

茶色いオリモノは時期で区別する。
排卵期(生理終了後1〜2週間)なら「排卵出血」
生理予定日以降なら「生理前のオリモノ」「着床時出血」
少量で止まったりする場合は、生理ではない!

検査の時期

1つの目安として・・・
生理周期が順調な人は一週間生理が遅れた場合には、
妊娠を疑ってみる必要があります。
その場合、体調変化だけで判断するのではなく、
市販されている妊娠検査薬を使うことをおすすめします。
それほど高いものではなく、だいたい1本1,000円前後で買えるはずです。
どれも性能に差はありませんので、安いモノで大丈夫だと思いますが、
まだ早すぎて妊娠反応が出ないこともありますので、
2本入りを買っておくのも手でしょう。

妊娠検査薬は、尿中の妊娠ホルモン(黄体ホルモン)量がある限度を
超えているかどうかを調べます。
検査は通常、尿につけて数分間反応を待つことになります。
私の場合、1分前後ではっきりくっきり陽性が出てしまってショックでした。
生理予定日後1週間より早い時期ではまだ反応が出ないことがありますので、
結果が陰性だからとほったらかしにせず、
それから1週間後くらいにもう一度計り直してみましょう。
陽性が出たら一刻も早く、産婦人科へ。
妊娠発覚が遅れると、それだけ考える時間もかかる費用も、
そして身体に与える影響も大きくなってしまいます。
産婦人科でも尿検査をして、正確なホルモン量を測定します。

基礎体温をきちんとはかっている人であれば、それによっても判断できます。
高温期に移行してから3週間以上も高温期を維持している場合には、
妊娠の可能性があると考えられます。なるべく早急に、
検査薬を使ってみるか、産婦人科で検査してみる必要があります。
逆に、低温期が続いているようであれば、妊娠の可能性は低いでしょう。

したがって、検査の時期の目安は次の3つ!!

生理が安定している人なら、生理予定日の一週間後
生理が安定しない人なら、一番最後にHした日から3週間後
それまで陰性が出ても完全に安心はできない。
基礎体温を測っているなら、高温期が3週間以上続いているとき。
検査薬の判定は正確!でも時期によってはまだ反応が出ないことも。
上のどれかにあてはまるときは、1週間おいて再検査!!

妊娠週数 すぐ前の生理、つまり最後の生理が始まったときを0週0日とします。
ですので、排卵日や性交日、受精した日、生理が終わった日などでは
ありませんので、注意してください。
妊娠0〜3週を1ヶ月、4〜7週を2ヶ月として計算します。
生理はだいたい4週で一周となりますから、
妊娠検査薬での反応が出るのは、5週(2ヶ月半ば)ということになります。

病院での妊娠検査 妊娠検査薬を使って陽性が出た、
あるいははっきりした妊娠の兆しが見られる場合、
一刻も早く産婦人科に行って妊娠検査を受けてください。
妊娠検査だけであれば、どの産婦人科に行ってもいいと思います。
男性医師はどうも抵抗があるという人は、
女性の産婦人科医がいる病院を探してもいいでしょう。
ただ個人的には、年齢の高い男性医師の方が優しいし、精神的にも楽な気はします。
(女性医師には厳しいことを言われそうで・・・しょうがないんですけどね^^;)

中絶手術までも考えた上で、検査を受けに行くのであれば、
母体保護法指定医を選んで検査を受けた方がいいと思います。
これは、母体保護法指定医でなければ、
中絶手術を行うことが認められていないからです。
タウンページなどを見れば、多くの場合、
母体保護法指定医と書いてありますよ。調べてみてください。
不安なら電話で確認するのがベストだとは思います。
選ぶ基準としては、やはり心ない噂をたてられる心配はぬぐえないでしょうから、
家から少し離れた地域を考えた方がいいでしょう(余計なお世話?^^;;)
ただ、彼の協力を得られることが前提ですが、そうでない場合は、なるべく
楽な交通手段をとりうることも考慮に入れておいてください。

総合病院にするか、個人病院にするかは一長一短あり、一概には言えません。
緊急時の利便を考慮すれば、総合病院がよいでしょうが、
長時間待たされたりすることも多いようです。
個人病院の場合は、融通が利く(ことが多い)、
待ち時間が比較的短いなどのメリットがあるといえるでしょうか。

まず電話をかけてみましょう。その際、電話で確認することは・・・
 ・妊娠検査のアポ(診療時間の確認)
 ・中絶手術は可能か(母体保護法指定医かどうか)
 ・費用はどの程度必要か(これは週数にもよります)
 ・日帰り手術は可能か(入院の必要の有無)

もちろん、そのまま病院に行ってもかまいません。
電話をかけるメリットとしては、対応の親切さなど病院の印象を、
ある程度前もって把握することができるという点です。

迷っていても何も解決しません!!
怖がらずに勇気をもって検査を受けて下さい。

検査薬で陽性が出たら、一刻も早く病院へ!
妊娠検査の内容 私の経験からしかわからないので、私がいった産婦人科の例を紹介します。
まず病院で受付を済ませると、アンケート用紙を渡されます。
そこではだいたい次のようなことを尋ねられます。
 ・名前 ・住所 ・電話番号 ・職業 ・来院の理由
 ・妊娠経験の有無 ・アレルギーの有無 ・未婚か既婚か
 ・前回の生理はいつだったか(日数も)
 ・普段の生理の状態(出血の量、生理痛のひどさ、周期、日数など)
 ・相手の年齢、職業、健康状態、など
それから尿検査をされます(私は検査薬を使っていたけど、やっぱりありました)。
診察室に入ると、内診があります。
内診は大きく分けて触診と超音波(エコー)診断です。
触診、それから視診は、妊娠による膣・子宮の変化をみるもので、
超音波(エコー)診断は、膣内に診断用の機械を入れて
子宮内部の様子を見たり、撮影したりします。その後に、エコーで
撮った写真を見せられます。見るたびに悲しくなる写真だけど、やっぱり
大切に持っています。ただ1つの悠が存在した証だから。

そして、医師に聞かれたのは、継続か中絶かの意思。
とくにその場で答える必要はないでしょうけど、一応聞かれます。
中絶する意思を伝えると、同意書等の書類を渡されて、
手術の予定などを説明されます。
私がかかったお医者さんはなんかぼそぼそと早口で
はっきり言って、何を言っているのかあんまりわかりませんでした^^;  

あまりに早い時期(4週〜5週)だと、エコー検査で胎のうを確認できないこともあり、
その場合は子宮外妊娠の可能性を告げられることがありますが、
可能性としてはそれほど高いものではありませんので、
不正出血や腹痛が続くなどの症状がないかぎり、
気に病む必要はないかもしれません。

ちなみに私の場合、検査費用は6千円かかりましたが、
一般的には初診料なども含め、1万円前後必要なところが多いようです。
多めに用意しておきましょう。

手術だけでなく、妊娠検査も保険が効かない!
お財布には余裕を持たせて。