世界乾癬デー 10月29日



WHO(国連組織である世界保健機構)によってさまざまな疾患の表明の日が決められています
毎年10月29日は「世界乾癬デー」です


http://www.worldpsoriasisday.com/

毎年この日に世界各地で各患者会は
「尋常性乾癬」ならびに「関節症性乾癬」について
一般に知ってもらうために働きかけをしています

当会も他の全国の患者会と共に参加しております
トップページに日本も参加のリンクが置かれています

又トップページの動画ではトップモデルのCariDeeノインタビューがみられます
彼女も乾癬患者です インタビュー記事(英文)はPDFファイルにて読むことが出来ます
http://ifpa.eddadigital.se/wpd/files/{4B4E7ED3-C978-4B31-8CD9-2E759E36688F}.pdf

「IFPA:乾癬患者会組織国際連盟(イフパ)」とは

・1971年 世界の乾癬患者の連合として設立 
・乾癬と乾癬性関節炎に苦しむ人々のQOL(生活の質)改善を目指す各国の乾癬患者組織、非営利団体
・各国の声を集め、世界の声としてキャンペーンを繰り広げていくことを目指します
・27ヶ国が加盟 (日本は本年加盟)

IFPAの活動目的:「乾癬患者を世界で結ぶ」”Would Wide unity for people living with psoriasis”
・お互いの知恵と理想を寄せ合い、乾癬患者の治療改善を目指します
・世界各国で乾癬患者がお互いに助け合うことができるよう、各国の乾癬患者組織作りに協力します
・乾癬患者、医師、研究者の賢密な連携を促進するよう国際的フォーラムで意思表明しましょう

IFPAの具体的活動
・月一回のニュ−スレターを発行 
   乾癬の研究、治療のトピックス、各国協会の紹介、重要な会議の予定などをお知らせ
・インターネットホームページ http://www.ifpa-pso.orgで全世界に向けてIFPAについて発信
・フォーラムを開催し各国協会の交流、情報交換(毎年開催予定)
・乾癬の研究、治療についてタイムリーに研究会を開催(3年に1回の予定)
・医師、研究者、製薬メーカーとの連携