シントが町にやってくる

11月も半ばになると、オランダの TV、ラジオのニュースで公式に
「今年もシントが到着しました」と放送があります。

毎年その場所は違いますが、港町に到着します。
というのも、シントははるばるスペインから蒸気船に乗ってやってくるからです。

シントは「シンタクラース」と呼ばれますが、ほんとは「シントニコラース」といいます。

12月 5日は「シントニコラースの日です。シントニコラースは12月 6日が誕生日なんですが、
そのイブである 5日にプレゼント交換などしたりするのです。
たまに、12月25日のクリスマスと混同されますが、これは全くの別ものです。

シントは白くて点々のある馬、スキモルに乗っています。スキモルというのは馬の種類で、
オランダ語で「かび」です。(笑)ほんとにかびが生えたような色なんで、、、。
そして、ズワルテピット(黒いピット)と呼ばれる顔が真っ黒な御供をいっぱい従えてます。

シントはすごく分厚い本を持っていて、それにはオランダ中の子供が一年、
どんな事をしたかが記されてます。
悪い子はズワルテピットに鞭で打たれた上、袋に詰め込まれてスペインへ
連れていかれてしまいます。(笑)昔、オランダがスペインに支配されてた
なごりでしょうかね。ま、大人はあーら、スペインへ只で旅行できていいわねえ、
などと言ったりして余裕こいてますが、子供はかなり真剣です。

シントの行くところ、これ、人だかり。みんなちょうだいちょうだい、といってたかります。
それは、ズワルテピットが「ペィパラノートン」という小さい丸い、そばボーロのような
おかしをくれるからです。かなりシナモン味です。
大人もいい子にしてるとくれます。(笑)

ちょっと年季入った子供もしっかりもらってました。(笑)

シントは、アメリカに伝わってサンタクロースになったそうですが、
アメリカで、まずコカコーラ社が宣伝に利用しようと、自社カラーの
赤と白の服をきせて、日本でもおなじみのサンタクロースのかっこうに
なったそうです。オリジナルに当たるシントはちょっとかっこうが違うでしょう?
イメージ的に、ちょいローマ法王っぽいかしらん?という感じです。

12月 5日の夜は、子供はシントにプレゼントをもらうために、暖炉の前に
馬用の水と、靴の中にニンジンを入れたものを置きます
シントの馬は屋根の上に登れるのです。そんでもって、煙突を通って
プレゼントを靴の中に置き、帰っていきます。
そして、御供のズワルテピットがペィパラノートンを部屋中にまいたり
スペキュラースというクッキー(これまたはげしくシナモン味)を置いたり
していきます。プレゼントと一緒に自分のイニシャルの形をしたチョコレートも
添えてあったりね。これは、スーパーでこれでもかー!という勢いで
秋に売られていますね。シントとズワルテピットの形をしたチョコレートもあります。

朝起きてみると、ニンジンの代わりにプレゼントが!という感じなんですが、大人や、
もうシントの正体がわかっちゃってる少年少女もプレゼント交換します。
その場合、なんと、自作の韻を踏んだ短い詩をそえるんですね。
短歌のようなもんかな。
わたしゃ難しすぎてまともに作れた事がないんですが、、、。ほほほ。

そして、シントはオランダ全土を周り、気がついたらもういなくなってるという、、、。
シントが今日、スペインへかえりました、という放送は見た事ないなあ。

そんなわけで、オランダの12月 5日は「シントニコラースの日」、でした。

ちなみに、12月24、25日のクリスマスは真面目に教会へ行ってお祈りする日なんで、
別にケーキ食べたりとか、プレゼント交換したり、ついでに
お食事してホテルへ、、、なーんて事も一切ありません。(笑)
 


質問、意見、感想などありましたらメールくださいねー。
 

オランダ生活へ戻る