掲示板です。折り紙に関すること、関しないこと、何でも御自由にお使いください。
本ホームページへの、ご意見、ご要望、ご質問も大歓迎 です!!
あまり利用されないと寂しいので、更新履歴、兼、管理人からの連絡もここに書き込みます。
掲示板に書き込む
使えるタグ
この掲示板の改行はブラウザまかせですが、もし確実に改行したい場合は
<br>を用いてください(この4文字は半角英数で書いてください)
メインページへ
掲示板の先頭へ
開設した2000年10月からの掲示板
2000.10-2001.3.30 2001.4.01-2001.7.31 2001.8.01-2001.9.25
2001.9.26-2001.10.16
2001.10.17-2001.10.31
-------------------------------リンクコーナー---------------------------
折紙探偵団さん T. Kakitsuka page!さん S太郎の創作折紙さん
秘密結社ハイパーサイエンスさん 同塵庵さん STR折紙研究所さん
ORIGAMI-H.T.Birkelandさん クモニスト・インタナショナル(折り紙ページ)さん
------------------------------------------------------------------------

初心者 - 04/07/07 21:32:25

コメント:
簡単に折り紙が折れると思ってネツトで調べました。 とても奥が深くびっくりしてます。かぶと虫で調べて これ折り紙?と驚いています。私には・・・アートですね!

おおお - 04/06/23 20:13:22

コメント:
折り紙

今がチャンス - 04/06/21 22:50:57

コメント:
初めまして。突然の書き込み失礼致します。 5万円からの副収入が欲しい方を募集しております。 日本で初めての画期的なメールオーダー・ インターネットのシステムで、既に欧米で10年の成功実証済み。 トレーニングやサポートも充実しております。 忙しい方でも空いた時間を使って、自宅から知人友人を 頼ることなくお仕事が出来ます。 私は育児や家事の合間に、子供の成長をみながらお仕事が 出来きるのでとても助かっています。  http://www.controlyourlife-1.net

- 04/06/21 12:32:58

コメント:
クモの作り方教えてください。(難しくてもいいので・・)

折り紙 - 04/05/31 22:06:42

コメント:
鶴を早く折る裏技知りませんか?

つる - 04/05/31 22:07:55

コメント:


タト - 04/02/10 14:58:07

コメント:
はじめまして。この掲示板は旧なので見ている人が少ないかもしれません。 >田中さんの「DRAGONFLY」がにらんでもにらんでも、はさみを入れずに折りだせません。 田中さんのDRAGONFLYはyamaさんがにらみ折りしてその結果を展開図をアップしておられます。 http://origamiyama.hp.infoseek.co.jp/ >ほいる&てぃっしゅ おそらくそうだと思います。 ティッシュの場合も同じかどうか分かりませんがホイルを紙に張るときはスプレー糊かスティック糊を使ったりしますね…。

minor - 04/02/02 02:39:29

コメント:
はじめまして、皆さん。最近この辺のページを知って いろいろ楽しんでいます。 が、2つだけ質問があります。 1つ目は、海外でよく使われているホイル&ティッシュっていうのは、単純なアルミホイルとティッシュを張り合わせるのですか? 接着剤は何を使っているのですか?教えていただけると幸いです。 もう一つは、なんか負けっぽいんですが、田中さんの「DRAGONFLY」がにらんでもにらんでも、はさみを入れずに折りだせません。無理すれば何とかなるのですが、写真で見たように上手くはいかないのです。なにか、ヒント下さい。 正方形から4連結なんてとてもできないよう。

松原和雄 - 04/01/08 17:17:57

コメント:
au bon cafe’ 茶飲み話友達募集 茶飲み友達やパートナーを見つけませんか。 出合いは人生を豊かにします。 既婚・未婚・年令制限一切無し。 ○電話帳を開くといわゆる”結婚紹介”ばかりです。既婚・未婚にとらわれず  、年令に制限を設けず(エイジレス)、気に入った男女がお茶を飲みなが  ら楽しい会話をする機会が日本にもっと有っても良いのではないでしょう  か。当方はこういった当然の希望を持つ人達の出逢いと紹介の場です。 ○福沢諭吉の「福翁百話」より 西洋文明社会にチーパーチーと称し、簡単に茶菓を用意して客を招き、 男女打ち交わりて遊戯談笑、一夕の楽事を共にするの例あり。 ◆主催 アストライアの会(社会教育団体) ◆場所 豊島区立青年館(JR池袋駅・西口) ◆連絡先 松原 和雄   〒354-0041 埼玉県入間郡三芳町藤久保1-11    Tel/Fax 0492-58-3218   ホームページアドレス http://www.asutoraia.com/

朱里 - 04/01/02 21:26:41

コメント:
初めまして! 今、弟が、猿を折ってみたいと言っているので、いろいろHPで探してはいるんですが、弟でも折れるようなものが見つかりません。 もし、よろしければ折り方を教えてください。 お願いします。

ウルトラマン - 03/11/23 19:34:43

コメント:
悪魔の折り方を教えて下さい。

見習い - 03/11/20 23:48:27

コメント:
やっと悪魔が折れました〜^^ 感動して思わず泣いてしまった この感動は一生もの!!

- 03/05/24 11:44:07

コメント:
折り紙をして今日で一ヶ月未だに頭が三つある鶴が折れません誰かヒントだけでもいいので教えてくれませんか? よろしくお願いします。

鶴・・・ - 03/05/24 11:37:43

コメント:


Shin初心者 - 03/04/17 11:30:36

コメント:
今日はじめて色々な折り紙があることを知りました(外国に住んでる)また、展開図なるものを見ました、しかもチョコボの折り紙がありました(ToT感激)、、、しかし折り方がわかりません誰か教えてください(またはUSAで買える本でもかまいません)。物の書き方が無礼かもしれませんがお願いします!

イタガキマリコ - 03/03/28 10:24:25

コメント:
5センチ×5センチのメタリック、またはフォイルの折 り紙(金、銀、マルチカラー)を販売しているところ を捜しています。御存じの方は教えてください。

めぐろ - 03/01/31 17:39:19

コメント:
花ですか。普通にはあやめとかですね。 あとは、同塵庵さんのところの http://www2s.biglobe.ne.jp/~kaznao/ ツルの花とかはどうでしょう http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/1254/origami/hana/2.htm

教えて下さい - 03/01/28 23:35:33

コメント:
小学校の「6年生を送る会」で、卒業生に花束として贈りたく思います。簡単に手早く小学生でも折れるおしゃれなお花の作り方を教えて下さい。

Henrry delgado - 02/11/21 03:09:07

コメント:
Hola, me llamo Henrry Delgado, soy de Bolivia, Pertenezco a Henchiai Origami, y bueno me gusta mucho sus creasse patterns. felicidades Omedetou!!! Mi e-mail:henchiai@hotmail.com Mucha suerte y adelante. Henrry-_- Henchiai Origami

紅茶みるく - 02/11/16 16:31:38

コメント:
めぐろさん、ありがとうございます。菊って最近はあまり子供の本で紹介されていないようなので助かりました。さっそくやってみます。

めぐろ - 02/11/13 21:35:29

コメント:
紅茶みるくさん こちらこそ、はじめまして。 子供でも折れる菊の花は、たとえば、こんなのがありますが、、、 http://www43.tok2.com/home/meguro/cgi-bin/clip/img/855.gif

紅茶みるく - 02/11/10 12:19:37

コメント:
はじめまして。 5〜6歳の子供でも折れるような菊の花の折り方を探しています。 本でも良いのですがご存じの方、教えてください。

めぐろ - 02/11/04 13:26:53

コメント:
ノー マネー 虎 さんへ
>父が買ったものですが、流れ星しかできなくて、幼いころ(小学1年くらい)僕にくれました。

いやあ、良いお父さんですね。小学1年生に「ビバおりがみ」というのも、すごい組み合わせですが、それから8年後に悪魔が折れたというのも、感動的ですね。

>展開図からのまとめは感覚的なものだと思います。なんとなくこういう形になるのだろうと手が覚えてくれるはずです。

そうなんですよね。展開図折りとかは体で覚えるもので、そのリズム感が非常に楽しいものだと思うのですが、どう言うわけか、難しい面倒なものと誤解されている人が多いですよね。どうしてなんでしょう、、、?

めぐろ - 02/11/04 13:24:25

コメント:
ノー マネー 虎 さんへ >父が買ったものですが、流れ星しかできなくて、幼いころ(小学1年くらい)僕にくれました。 いやあ、良いお父さんですね。小学1年生に「ビバおりがみ」というのも、すごい組み合わせですが、それから8年後に悪魔が折れたというのも、感動的ですね。 >展開図からのまとめは感覚的なものだと思います。なんとなくこういう形になるのだろうと手が覚えてくれるはずです。 そうなんですよね。展開図折りとかは体で覚えるもので、そのリズム感が非常に楽しいものだと思うのですが、 どう言うわけか、難しい面倒なものと誤解されている人が多いですよね。どうしてなんでしょう、、、?

ノー マネー 虎 - 02/11/02 12:47:57

コメント:
大学二年生です!「ビバ!折り紙は」僕のバイブルです!父が買ったものですが、流れ星しかできなくて、幼いころ(小学1年くらい)僕にくれました。悪魔が初めてできたのは中二です。忘れられません!あの感動!今も愛読しております!! 展開図からのまとめは感覚的なものだと思います。なんとなくこういう形になるのだろうと手が覚えてくれるはずです。折り紙をやる人がいないので、この話題で盛り上がれる場所があってができてうれしい限りですね

またたけっす! - 02/10/24 15:48:19

コメント:
ズバリ!あなたが一番難しいと思っている作品は??? もしくは今でもできないやつ! なんか質問ばっかり悪いなぁ〜

たけっす! - 02/10/24 15:44:45

コメント:
ふ〜っ!〜(・д・lll やっと中間テスト終わりました!もうボロボロ、、、それはそうとして おりがみはうすで折り紙探偵団コンベンションVol8 買いました!内容がとてもいいです 小松 英夫さんの作品のトラあれすごすぎ! ページ数といいあのリアルさ! 紙はユニクロの紙袋の裏と表を使いました・・ 何度も折り目をつけても破れないし折り目も残りませんでした!二日かけてじっくり作りました。 できはよかったです!顔の表現が全然ダメでした.. かなり文が長くなったんですが(又かよ..オイオイ.. 折り紙の作品をキレイに作る方法教えてください!

だだだ - 02/10/24 15:29:52

コメント:
めぐろさん!どうもありがとうございます!(^0^)/

めぐろ - 02/10/17 01:00:45

コメント:
だだだ! さん 前川さんの悪魔は展開図上の第二次三角形を太線で描いておいて、それを折ることを考えていくと、わかりやすくなりますから、どうしても折れなかったら試してみるとよいかも。

めぐろ - 02/10/17 00:56:52

コメント:
たけっす さん 中学生のかたですか。お若くてうらやましいです。 展開図折りなんかも面白いですし、ぜひいろいろ折りまくってほしいと思います。

だだだ! - 02/10/15 17:55:44

コメント:
悪魔おれまだ折れへん.. どうやってあんなん折るのぉ! むりっしょあれは! って言うかビバ!折り紙!があること自体が すごいね!ハッキリ言って

たけっす - 02/10/15 17:51:56

コメント:
こんにちは!いきなりカキコってすみまへん..(^.^lll あの今メッチャ折り紙ハマッてます! わい中一なんすけど。クラスで誰も折り紙やってる人 おらへんがな...ううぅ..悲しい... 昔はユニット折り紙かなりはまってたんですけど 今は不切正方形一枚折りはまってますぅ.. ビバ!折り紙!の悪魔が折れた時は感動でしね! 今中間テスト一週間前なんでこんなことやってる場合じゃ ないんですけど.暇を見計らってしてます..(折り紙.. ちょっと文が長くなっちゃいました..      スミマヘン・・・・・

S太郎 - 02/10/11 15:09:36

コメント:
http://homepage2.nifty.com/noachikugo/aiueo/13su.htm

桃谷好英氏 石井準一氏
のものがあるようです。

桃谷氏のすず虫は

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4416302029/249-1119601-7693118

にのってたような気もしますが、定かではありません。



めぐろ - 02/10/11 02:48:01

コメント:
スズムシは確かに折り紙のテーマとしてはあまり見かけませんね。 スズムシを折った作品は硴塚さんのページに公開されています。http://member.nifty.ne.jp/kakitsuka/index.html から、「折り紙のページ」「昆虫」といくと写真を見ることができます。

ゆみたろう - 02/10/08 22:54:40

コメント:
初めまして。 「すずむし」の折り方をご存知の方いらっしゃいませんか? 子供が「作ってみたい」と言っているので、色々HPを 探してみましたが、ありませんでした。

kk - 02/10/07 03:53:41

コメント:
k

めぐろ - 02/08/16 23:04:11

コメント:
山田さん、化学同人さん ご連絡ありがとうございます。 しばらく前に通常の掲示板の方にレスしておきました。

めぐろ - 02/08/16 23:00:09

コメント:
大谷 さん はじめまして、レス遅れてすみません。 こちらの掲示板は通常はほとんど使っていないので、見落としておりました。 >いろんな折り紙を購入するには何処があるのでしょうか?教えて下さい大阪から購入できる範囲が良いのですが もう出発されたとも思いますが、、、 私自体は、大阪は住居地ではないので知らないのですが、 大阪にも折り紙関係者の方は多いのでそちらに聞かれるとよいと思います。 日本折紙学会関西友の会やS太郎さんのページならよいところを教えてもらえるかもしれません。

山田 貴史 - 02/07/23 15:46:49

コメント:
折り紙講習会のお知らせ by 化学同人  京都の出版社の「化学同人」と申します。 私どもで「折り紙で広がる化学の世界」を出版された 桃谷好英先生による、折り紙の講習会が下記の要領で開催 されます。定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。 参加費は無料ですが、折り紙、はさみ、のり等は各自ご用意してください。 日時 8月4日(日)午後1時〜 場所 ジュンク堂書店大阪本店 3F喫茶室 ご希望の方はジュンク堂書店大阪本店3F東レジカウンターで整理券をもらうかお電話で問い合わせてください。06-4799-1090 化学同人 営業部 田中 克尚 075-352-3373

化学同人 - 02/07/23 15:46:12

コメント:
京都の出版社の「化学同人」と申します。 私どもで「折り紙で広がる化学の世界」を出版された 桃谷好英先生による、折り紙の講習会が下記の要領で開催 されます。定員に限りがありますのでお早めにお申し込みください。 参加費は無料ですが、折り紙、はさみ、のり等は各自用意してください。 日時 8月4日(日)午後1時〜 場所 ジュンク堂書店大阪本店 3F喫茶室 ご希望の方はジュンク堂書店大阪本店3Fレジカウンターで整理券を もらうかお電話で問い合わせてください。06-4799-1090 化学同人 営業部 田中 克尚 075-352-3373

大谷 俊介 - 02/07/01 09:54:39

コメント:
はじめまして、ところで質問したいのですが今度、ドイツの青少年合唱団30人に土産を持って行くのに「折り紙」にしようと考えましたが、いろんな折り紙を購入するには何処があるのでしょうか?教えて下さい大阪から購入できる範囲が良いのですが

JESSICA BURTON. - 02/05/08 01:23:05

コメント:
I THINK DEVIL MAY CRY IS THE ULTIMATE EVEN THOUGH IM A LITTLE YOUNGER THEN THE AVERAGE I STILL SEEM TO ENJOY THE GAME TO THE MAX.

S太郎 - 02/04/22 18:58:24

コメント:
ぶたぬきさんへ

現在も扱われている商品かどうかしりませんが、
ショウワグリムから60mmの千羽鶴用折り紙が
発売されています。私の近所では、京阪枚方市駅
降りてすぐとなりの三越の3階にあります。



めぐろ - 02/04/09 21:18:27

コメント:
ぶたぬき さん
>一辺が5.5〜6.5cmの折り紙を探しています。
5.5〜6.5cmとはまた微妙な大きさですね。
このサイズの折紙用紙の記憶はないのですが、
折紙以外の紙で正方形のものから探せばどこかにはあると思います。
手近なところでは飾り気のあるメモ帳とかはどうでしょう。 薬包紙などにもあるかもとも思うのですが、、、

ぶたぬき - 02/04/05 16:35:31

コメント:
一辺が5.5〜6.5cmの折り紙を探しています。5cmや7cmではダメなんです。5.5〜6.5cmじゃないと・・・。色の種類は多い方がいいです。おそらく、千羽鶴用という形で数百枚単位で販売されていると思うのですが、どなたか手に入るところをご存知の方はおられませんでしょうか?大阪在住です。ご協力をお願いいたします。

めぐろ - 02/03/29 04:11:33

コメント:
HSPですか。うわさには聞いたことはあるのですが、
内容は知らなかったので、少し、関連のページを見てみました。
なかなか多機能そうで、よさげな言語ですね。
確かにあれがフリーなら、お金をかけなくてもプログラムはできそうですね。

>直線や円、正方形がいろいろな方法で書ける機能。

このへんはかなり役に立ちそうですね。
特に一般のソフトでは円の中心がわからないし、
書いている時に中心が固定されないものも多くて
困ってしまうことがありますから。

>どんどんマニアックな機能を追加していこうと思っています。

面白そうですね。勝手ながら期待させていただいております。


服部吉晃 - 02/03/27 20:04:39

コメント:
言語ですか・・・
私はC++など高級なものではございません。
HSPという言語を使っております。
ご存知でしょうか?フリーでexeが作れ、
ベーシックに似ているので初心者でも扱いやすいものです。
最初はVBやVCなんかも考えましたが、
高校生には高くて買えないし、なんとなく難しそうだし、
そっちの道の職業にはたぶん行かないので、HSPでいいや。
とそんな感じで決めました。
残念ながらC++のアルゴリズムみても理解できません。

ソフトの方は、もうしばらくお待ち下さい。
もうすぐバージョン2.0が完成しますので。

内容のほうは、たいした機能などありませんが、一応使えそうな機能として
22.5°の線、カーソル周辺のズーム、
あと無意味といわれればそれまでですが、
直線や円、正方形がいろいろな方法で書ける機能。
×印書けたり・・・
今の地点でもまだ使えないソフトです。(涙)

考えている機能として、
3点を選択して、それを通る線を書く機能、(頭の中では出来そうな感じ)
直線の分割(一応出来ましたが、納得いかない。)
基本形を一発で書けて組合すことができる機能。
重心を求める機能。などなど、、、。

今後の方針としましては、どんなにがんばっても市販のソフトに対抗できるわけ
ないので、どんどんマニアックな機能を追加していこうと思っています。


めぐろ - 02/03/27 01:49:21

コメント:
服部さん
私もサーバーのメンテナンスがなかなか終わらなくてページの
更新がとまってしまっております。

>今は探偵団の掲示板でチラッと載せた、展開図用のソフト作ってます。

服部さんは言語は何をお使いでしょう。
私は最近はC++がメインなのですが、折紙ソフト用に使えそうな
クラスとか、ちまちま作っています。
最近Kさん(名前を公表してもいいか確認中なので伏字)
から円図ソフトを見せていただいたこともあって、また折紙ソフトコーナーを再開したくなってきました。
アルゴリズムとか交換できるとよいですね。
>えーと。22.5°で線がひける機能もありです。
>いっそのこと、一発で鶴の基本形など書けるようにして、
>設計もできるようなソフトにしたいと勝手に考えております。

なかなか便利そうですね。
22.5°の線はやはり、最重要機能ですね。
個人的には辺の等分割機能なども重要な感じです。
(すでに実装されているかもしれませんが、、、)


服部吉晃 - 02/03/26 15:09:29

コメント:
意味もなく書きこみ。
あー。久しぶりだなぁ、書き込むの。
いつも掲示板はチェックしてたんですけど、なんか書き込むことなくて・・・。
デジカメなんか調子悪いし。。
今は探偵団の掲示板でチラッと載せた、展開図用のソフト作ってます。
とりあえず、思っていた機能はつけれました。
えーと。22.5°で線がひける機能もありです。
いっそのこと、一発で鶴の基本形など書けるようにして、 設計もできるようなソフトにしたいと勝手に考えております。


めぐろ - 02/03/16 21:29:48

コメント:
summaさん

用語なかなか便利そうですね。
是非、用語集に登録させていただきたいと思います。
もし不都合がありましたら御指摘ください。

>折る気はないけど、なんとなく気にはなる時期
なんとなくわかるような気がします。
つかず離れずって感じでしょうか。
気楽さが折り紙の利点の一つですから、そういう感じも
結構いいかもしれませんね。


めぐろ - 02/03/16 21:19:27

コメント:
ネコ☆さんへ
この掲示板普段は使っていないもので、今日までカキコしていただいて
いたことに気が付かずにおりました。
レス遅れて申し訳ありません。

もう劇は終わってしまったかもしれませんが、
エーデルワイスの折り方ですが、
作例はほとんど見かけませんので、既存の作品をアレンジすることが
手っ取り早い解決法だと思います。
全体の雰囲気が伝承作品のアヤメに似ているので、
アヤメを毛羽っぽい白い紙で数個折って重ねれば
かなり雰囲気はでると思います。
茎は針金にテープを巻いて作るのが便利でしょう。


ネコ☆ - 02/02/23 14:27:21

コメント:
妹がエーデルワイスを劇で使うので、白くてエーデルワイスっぽい花の作り方知りませんか。茎とかって、何で作るのか教えてください。

めぐろ - 01/11/23 02:39:53

コメント:
掲示板を下記アドレスに模様替えしました。
mondoさんへのレスのそちらに書きこみましたので、よろしくお願いします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/cgi-bin/clip/clip.cgi


Mondo - 01/11/22 22:32:07

コメント:
こんばんは。
○めぐろさん
現在も、アゲハチョウの展開図に挑戦中です。
4鶴の部分はそこだけを別の紙で折ってみたところ、感じはつかめたのですが、展開図全体であの折り方をすると、 どうも破けてしまい、なかなかうまく折れません。
なにかコツのようなものは、あるでしょうか?
また、基本形からアゲハにもっていくのも難しそうですね。腹部は紙の中心だそうですが、頭部や触覚の創造がつきません。

めぐろ - 01/11/22 02:50:27

コメント:
S太郎さん
カブトムシ拝見しました。
ポイントを確実に押さえて、なおかつバランスが良いですね。
カブトムシタイプの丸みのある昆虫造型はややもするとあちこちに
無理が出やすいものですが、S太郎さんのカブトムシは
そういう無理が感じられなく、(良い意味で)安心感を感じる、
さわやかな印象を受けました。

展開図的には、S太郎さんがさきに言われていましたが、
田中さんのカブトムシとの関連が興味深いですね。
中央の豚の基本形の縦横比や、
その沈め折りの処理両作品の印象に与える影響などとても面白いです。

ところで、羽鳥さんって、昌夫さんではないですよね。
羽鳥(昌)さんは私が最も尊敬する折り手のお一人ですので。

他の羽鳥さんで、日ごろ特に意識しているかたはいないので、
あれって感じなのですが、、、。

それはそうと、昆虫折紙の水準はこの数年でも確実に高まっていますね。
ヘラクレスの方も大変期待させていただいております。


S太郎 - 01/11/21 14:02:34

コメント:
今日、ミニBBSで、羽鳥さんとコンタクト
とれちゃいました。(嬉)。

めぐろさんとやや不仲なのは存じてますが、
私的には、羽鳥さんの作品とか、かなり
好きだったりします。あのセンスはただもの
じゃないですよね。寡作なのが残念。



S太郎 - 01/11/21 13:10:43

コメント:
予告通り、カブトムシアップです。

http://starou.omosiro.com/kabutomusi.html

極限まで洗練化したので、非常にありがちな分割に
なってます。しかし、内部は案外捻った構造です。
本当は、横からみてエの字になる基本形で、
構造的に立体をつくりたかったんですけど、
洗練化したら、帯領域が消えてしまいました。
いつか、折りやすさを完全に無視した、造形重視の
カブトムシもやってみたいと思います。

ヘラクレスの方は、大角のカドを単なるカドに
するだけです。また、後日アップします。



めぐろ - 01/11/21 02:05:18

コメント:
服部さん
>しかし私は絶対あの比で完成させます。
うーむ、漢ですなあ。カコイイです。
作者の主張が通っていて、創作過程のお話も興味深いです。

「蜘蛛と巣」おほめいただいて光栄です。
服部さんが昔作ろうとされたのって、やっぱり、「蜂と巣」
なんでしょうか(ワクワク)。

>今ならなんとなくできそうな気がします
>またやってみようかな。あれ。
できそうな気がするってことは、すごく大きなポイントですよね。
ぜひ、再び折っていただきたいものです。


めぐろ - 01/11/21 01:27:14

コメント:
S太郎さん
「蜘蛛と巣」おほめいただいて光栄です。
一回折って大体の大きさの感覚がつかめたので
今度は横糸をひと巻きからふた巻きにして、チョウチョなんかも
とまってるといいなあなんて考えてます。
だいぶイロモノはいってますけど (^^;

平織のような模様で蜘蛛の巣を表現するのも品があって良さそうですね。
あと、折り目が目立ちやすい紙を使って、折り目だけで巣を表現するってのは
弱すぎでしょうか。結構いいのではなんて思ったりもするのですが。

>鶴ネタのアイデアなんて、出し惜しみできないなあとも思います。
S太郎さんとかネタ切れにはならないでしょうからそこは大丈夫では。


めぐろ - 01/11/21 01:07:10

コメント:
須磨さん
お久し振りです。
悪魔と鶴をお送りいただきまして大変ありがとうございます。
拝見させていただけること、すごい楽しみです。
(お送りいただいた宛先によっては、掲載が金曜日か土曜日に
遅れるおそれはあるのですが)できるだけ早く掲載させて
いただきたいと思っております。


服部吉晃 - 01/11/21 00:14:33

コメント:
折鶴展、本当なのかなぁ。私は当初100%冗談かと思っていました。 実際に皆さんの作品を生で見てみたいんですけどねぇ。 四つ首。 どうしてもこいつと関連づけてしまうのが三つ首の双子山です(まだやってる)。 おそらくこれも円の配置を換えて整理すればわりと簡単に出来るはずです。 しかし私は絶対あの比で完成させます。 で、今どうなってるかというと以前めぐろさんにアドバイスいただいてからだいぶ前進しました。 背中が多少欠けても首と尾を細くするので見た目はカバーできます。 だからもう出来てもおかしくないのですができません。もうちょっとなんだけどなぁ。 めぐろさん 蜘蛛と巣すごいです。 私も昔、蜘蛛の巣ではないのですが、それっぽいのを作ろうと していましたが、まったくできませんでした。 でも今ならなんとなくできそうな気がします。 またやってみようかな。あれ。

summa - 01/11/20 16:57:41

コメント:
デモニストさん、折紙探偵団の伝言板におられましたね。
また、凄い悪魔が誕生してました。

summa - 01/11/20 16:53:14

コメント:
お久し振りです、S太郎さん。
デモニストって、一般名詞じゃなく、固有名詞ですか?
それでしたら違います。

S太郎 - 01/11/20 16:27:09

コメント:
蜘蛛と巣、すげーっすね。
私はてっきり、平織のような模様で
蜘蛛の巣を表現するのかと思っていました。
ぶっちぎり度はやや落ちますが、そちらも
造形的に面白くできそうな気もします。

折鶴?展は、あるとすれば来年3月とのこと
です。今、そんな先のことどうなるかなんて、
まったくわかりませんが、そんなに先だと、
今ストックしてる鶴ネタのアイデアなんて、
出し惜しみできないなあとも思います。

ところで、デモニストって須磨さんじゃなかった
んですか。



S太郎 - 01/11/20 16:20:22

コメント:


summa - 01/11/20 15:11:22

コメント:
とてもお久し振りです。今日は。須磨です。
つい先程、悪魔と鶴を郵送させて頂きました。
短いですがこれで。

めぐろ - 01/11/20 13:24:04

コメント:
どろんぱさん
もし、問題の原因が、Φ角の定義だったのなら良いのですが、、、。
まだおかしい時は、またカキコしてください。


どろんぱ - 01/11/20 12:15:39

コメント:
こんにちは

前から思っていたのですが、
高橋尚子選手を『Qちゃん』と呼ぶのは失礼だと思いませんか?
Q太郎に対して……

という冗談はおいといて

> あと、ちょっと気になったのは、Φ角をH, N, CA, HA で
> 指定されていますが普通Φ角はC, N, CA, Cで定義すると思うのですが、
> この辺は大丈夫でしょうか。

あわわわ!わたしは長い間勘違いしておりました。
合わないはずです!
ありがとうございました。


めぐろ - 01/11/20 04:13:09

コメント:
S太郎さん
折紙的利点を前面に出したS太郎さんの「4つ首の鶴」と
パッキング効率を前面に出した服部さんの「4つ首の鶴」は、
お互いの主張がハッキリしていて、見ごたえがありますね。
7つの円領域のパッキングという、折りにくさゆえに、いろいろな工夫が
生じると言うのは面白いものですね。

>waraってなんだろう。
実は、waraとあるカキコは個人的に微妙にまずい時間帯にカキコしたので、
笑ってごまかすという意味でのwaraです^^;;;。


めぐろ - 01/11/20 03:46:43

コメント:
どろんぱさん
>他よりも 10 ほど大きい番号になっており、
>少し不思議に思っております。
もしや、側鎖の原子数に対応してずれているんでしょうか ???
あと、ちょっと気になったのは、Φ角をH, N, CA, HA で
指定されていますが、普通Φ角はC, N, CA, Cで定義すると思うのですが、
この辺は大丈夫でしょうか。

>ところで、昨日流れ星はご覧になりましたか。
この週末は福島にいっていましたので、そこで見たのですが、
天気が曇りで良く見えませんでした。残念です。
それでも2時台には10個以上の流れ星は見えました。


めぐろ - 01/11/20 03:36:33

コメント:
「クモと巣」とりあえず折ってみました。
全体
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/kumotosu1.jpg
クモ部アップ
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/kumotosu2.jpg

うーん、きついけど、折って折れないことはなさそうです、、、。


S太郎 - 01/11/19 16:53:40

コメント:
追記

当面の目標は、分類コーナーの田中さんの
昆虫作品数を抜くことです(挑発)。



S太郎 - 01/11/19 16:48:35

コメント:
waraってなんだろう。

4鶴については、私も、はじめは円領域で
設計しますので、服部さんのに近い配置を
かんがえました。その後、22.5度定角
のみで折れるように円をずらして、あの形
になりました。

>S太郎さんのカブトの頭部もそのように

そのようにされてます。
今回は、折り図にすることを意識して、
はじめに考えた展開図から、必要な
ディティールを損なわない限界まで
複雑な構造を、削ぎ落した形になってます。
なんとか明後日位にはアップしたいと思います。
(明日は実験なので、、)



どろんぱ - 01/11/19 14:56:06

コメント:
目黒さん、Amber の件についていろいろありがとうございます。

わたしは2面角の制限はアンバーのマニュアルの 4-43 を
踏襲して、入力しています。
この中で4つの原子を指定しているのですが、
どの原子を指定しているかという記述がなく、
また、4つ目の原子番号が(HA だとおもうのですが)
他よりも 10 ほど大きい番号になっており、
少し不思議に思っております。

ところで、昨日流れ星はご覧になりましたか。
わたしは1分くらいの間に3つの流れ星を見ました。

めぐろ - 01/11/19 wara

コメント:
S太郎さんに見破られてしまいましたが、ジオの方は、まだファイル容量は
まだ余裕があるのですが、ファイル数が上限になってしまいました。
というわけで、今はトクトクに広げています。


めぐろ - wara01/11/19

コメント:
S太郎さん
>ヘラクレスオオカブトムシも折れました。
>おそらく、田中さんのカブトも、
>ヘラクレスオオカブトに変形できますね。
言われてみると、確かに田中さんのカブトは頭部に長いカド2つが
直列に折り出されていて、ヘラクレスによさそうですね。
S太郎さんのカブトの頭部もそのようにされているのでしょうか。


めぐろ - 01/11/19 wara

コメント:
S太郎さん
カブトムシもう完成ですかー。
は、はやい、、、(もっとも、折鶴戦争の超高速ペースをみていると、
S太郎さんにとっては普通のペースなのかもしれませんが)
御作品、拝見させていただけること勝手ながら、楽しみにさせていただいております。


めぐろ - 01/11/19 wara

コメント:
服部さんの「4つ首の鶴」は先にS太郎さんが発表された「4つ首の鶴」
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/3turu.html
といっしょにみると、ご両人の主張が楽しめて
いっそうおもしろいですね。


めぐろ - 01/11/19 wara

コメント:
服部さん
「二つ首の鶴、二つ首の羽ばたく鶴、三つ首の鶴、三つ首の羽ばたく鶴、
四つ首の鶴、四つ首の羽ばたく鶴、落下鶴」
及び「折鶴戦争年表」
御許可にもとづき、掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/hattori/turu.html
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/hattori/orizurusennsoudeta.htm
いろいろと興味深いですね。
個人的には、その中でも「四つ首の鶴」とても面白いです。
円領域の配置というのは純粋に用紙使用効率だけをかんがえれば、
数学パズルでよくある、パッキング問題になるわけですが、
(例えば、
http://member.nifty.ne.jp/goofy/ringo/
こことか)
折り紙の場合は、それに折紙的な有効性が絡みあってくるのがまた面白い
とされるわけですが、4首の鶴はまさに、このテーマをモロに取り組んでおられますね。
単にパッキング効率だけ考えるならば、正方形への7円の 詰めこみは
1つの円を正方形内部に配置したものになるわけですが、
それでは多首の鶴には使えないというわけで、その解決法として
全部の7個の中心を正方形の辺上に配置するとして、
ここでまた、円の詰めこみの効率をとるか、それ以外の折紙的効果をとるか
の判断があって、服部さんの「4つ首の鶴」では「ここで効率をとった場合の面白さ」
を主張されているわけですよね。
展開図に現われる独特の雰囲気等があるので、
折るのは大変でも、それがまた楽しいですね。

折鶴戦争は、探偵団の方でまた発展しそうですね。
まだまだいろいろなアイデアがありそうで楽しみです。


S太郎 - 01/11/19 12:53:58

コメント:
ジオはとうとういっぱいか。

めぐろ - 01/11/19 12:34:05

コメント:
どろんぱさん
>N LYS 5 -- CA LYS 5
>と、N と CA での制限になっているのですが、
>これで問題ありませんでしょうか?
二面角は4点で表示するのが普通ですが、2点というのは気になりますね。
もしかして、両端の2つの原子の指定が違っている可能性もありますから
、この表示は注意深く吟味したほうが良いと思います。
私も、数日中にMDを行う予定ですので、そのとき、ドロンパさんの
条件と似たようなものを試してみようと思っています。


S太郎 - 01/11/19 10:27:50

コメント:
カブトムシ、土日でほぼ完成したのですが、
ホンチャン折る余裕が無くて、、、
数日中にはアップできると思います。
それと、ほとんど同じ展開図から、
ヘラクレスオオカブトムシも折れました。
おそらく、田中さんのカブトも、
ヘラクレスオオカブトに変形できますね。



服部吉晃 - 01/11/18 21:52:16

コメント:
探偵団の方はまだ火がついているようですね・・・
(まだもう少しやってみるかな?なぜか少しほっとしている)

服部吉晃 - 01/11/18 21:43:52

コメント:
めぐろさん
10月19日のものを個別にのせてみました。
次のリンク先のものはすべて掲載OKです。
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/2turu.html
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/3turu.html
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/4turu.html
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/rakkaturu.html
二つ首ってやっぱり展開図、のせるのまずいですよね・・・(無念)

年表もOKです。これから時間を見つけては続きを書こうと思っています。
これから更新した場合も了解なしで掲載してもらって結構です。
よろしくお願いします。

戦争は落ち着いたみたいですね。なんか寂しいんだよなー。


どろんぱ - 01/11/17 21:35:55

コメント:
目黒さん、いろいろご指摘ありがとうございます。

さっそく、指摘していただいた点を検討してみます。

あと、もう少し基本的なところをお伺いしたいのですが、
Φ角をH, N, CA, HA の順に原子を指定しています。
result をみると、
N LYS 5 -- CA LYS 5
と、N と CA での制限になっているのですが、
これで問題ありませんでしょうか?

めぐろ - 01/11/17 18:21:29

コメント:
どろんぱさん
距離制限は生きているでしょうか。
シミュレーションの条件によっては、たまたま距離制限が有効であるように
見えているだけかもしれません。
確実にネームリスト&rstが読みこまれていることを、確認したいところですね。


めぐろ - 01/11/17 18:17:13

コメント:
どろんぱさん
二面角の制限ですかー。
良く分かりませんがとりあえず、思いつくとことを書いておきますと、
-90 から -40を指定で、-90,-80,-70,-60,-50,-40と範囲に含めたつもりが、
-40,-30,-20,-10,0,10,20,50,80,270(-90に同じ),と指定してしまったとか、
ってまさかですね。

あと、amberのバージョンは4でしょうか?。
古いバージョンでは、(おそらくバグだと思うのですが、)
ネームリスト&rstなどの読みこみがうまくいかないことがあるかも知れません。
確実にネームリストがプログラムに読まれているという保証は
おありでしょうか。

念のためなのですが、&rst等を書くときに、
必ず先頭のケタを空白にされているでしょうか。

おそらく、ネームリストの書き方にほんの些細なミスがあるため
ネームリスト&rstが無視されているのではと思えるのですが、、、

また思いついたら書いてみます。


めぐろ - 01/11/17 17:33:16

コメント:
S太郎さん
カブトムシですか。古くて新しいテーマですね。
現代の感覚で折りなおしたら面白そう。


どろんぱ - 01/11/16 19:25:27

コメント:
目黒さんこんにちは。

すいませんが、Amber について質問をさせてください。

距離と二面角の制限を入れて md を行っているのですが、
結果を見ると、二面角の制限が正しく利いていないようなのです。

Φ角を -90 - -40 (±30)とするため、
H, N, CA, HA の原子番号を指定しています。

具体的には、

&rst iat= 73, 72, 74, 75, r1=-120,
r2=-90.0, r3=-40.0, r4=-10.0, &end

で、H, N, CA, HA の順に原子を指定しています。

md.out の結果はたとえば、以下のようです。

------------------------------------------------------------------------------
First atom Last atom curr. value target deviation penalty
------------------------------------------------------------------------------
HB2 ASP 12 -- HA VAL 13: 5.081 5.000 0.081 0.210
N LYS 5 -- CA LYS 5: -32.835 -40.000 7.165 0.500
------------------------------------------------------------------------------

上は距離による制限で、下のほうが二面角です。
下のほうで、Φを指定しているつもりなのですが、
procheck_nmr その他で見ると、Φは -32.8 より 70度くらい大きい値となっています。
Φの指定法に問題があるのでしょうか?
何かご存知でしたら、教えていただけるとありがたいです。


S太郎 - 01/11/16 14:55:38

コメント:
田中さんのカブトムシは、尻から節に
向かって、背がかぶさるような構造だったんですね。
実は、次の昆虫はカブトムシに決定したんですが、
わたしは、似たカド配置ながら、別の折り方を
考えていました。構成はある程度できてきたんですが、
比率決定がなかなか、、、。



めぐろ - 01/11/16 03:42:04

コメント:
Mondoさん
>紙の中心部分は、ヒントにくださった図の「足とかの小カドいっぱい」のカドの1つですか
はい、そうです。具体的には腹部に対応するカドになります。
中にある4鶴の山谷は、通常の4鶴の基本形と同じですが
下部のカドを折り上げた格好になっています。


いろいろご不明な点がありましたら、またカキコしてみてください。
がんばってくださいませ。


めぐろ - 01/11/16 03:21:54

コメント:
S太郎さん
クモの設計ページのBパターンで蝕肢まで出すのは、できるでしょうが、
もう用紙上にあまっているスペースがあまりないので、あまり長い蝕肢は
難しいように感じます。
Aタイプなら用紙のスペースに空きがありますから、結構長く取れるかも、、、。

ところで、折図販売にベクター等を利用するのは良い考えですね。
私が以前、植物苗の配布をしたときに時思ったのですが、
小規模な通信販売で大きな問題になるのが、どうやって
多くの人に自分の持っている商品情報を伝えるかという問題なんですよね。
ベクターとかを利用した場合は、その点、どのような効果があるんでしょうね。


めぐろ - 01/11/16 03:06:14

コメント:
田中さん
「白旗」掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
宜しく、チェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/11/16 02:34:08

コメント:
服部さん
>平織りだけに今後考えねばならない問題だと思っています。
そういえば、平織りだからって平面に折る必要もないですよね。
波とかを平折りするとしたら海面は平面よりも波打っていたほうが
面白いかもしれませんね。

>あのウニをどう発展させていくかですが、、、
平折りで刺を長くさせたいと思うのは私も良く試すのですが
大変ですね。
もし、平面上の自由な位置に平折りみたいな感覚で長い刺を折り出せるなら
ホネガイとか折れるんでしょうけどねー。
それはそうと
>微妙なラインで育てるのかなぁと思うと少し不安です。
てまるでマリモかなにか育ててるみたいでいいですね。
そういえば、緑の紙を丸めて「マリモ」ってのもありますね。

「四つ首の羽ばたく鶴」拝見しました。
用紙上にどのようにカドを配置されたのか興味深いです。
首の付け根のモコっとした感じもよいですね。

折鶴戦争データ・サンプルも面白かったです。
もし、できましたら、「四つ首の羽ばたく鶴」と「折鶴戦争データ・サンプル」の
掲載を御許可いただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。


田中まさし - 01/11/16 01:13:20

コメント:
□Mondoさん
ちなみに内部に見える小羽のようなものは、羽カバーが開かない為のストッパーです。

Mondo - 01/11/15 21:52:15

コメント:
こんばんは。 めぐろさん、田中さん、 ヒントをくださってどうも ありがとうございます。 S太郎さんや田中さんが、本をだされたら、 真っ先に買いたいと思います。 がんばってくださいね。 ○めぐろさん 紙の4スミの第一凧型分子団と いうのは、なんとなくわかっていたのですが、 中にある4鶴の山谷が難しいです。 紙の中心部分は、ヒントにくださった図の 「足とかの小カドいっぱい」のカドの1つですか? ○田中さん ヒントにくださった図は背中をカパッと後ろに 開けたところですよね? やはり、胸部と腹部の境の部分は複雑そうになって ますね。がんばってみます。

S太郎 - 01/11/15 15:23:05

コメント:
あ、張り忘れた。ここです。↓

http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/data/


S太郎 - 01/11/15 15:21:00

コメント:
無いとおもっていたのですが、どうも最近ベクターで、
シェアデータ販売が増えたみたいです。

オンラインマガジンや、MP3、画像データなんか
が近い系統ですね。
無理矢理入れるとしたら、

「画像&サウンド」

あたりかなあ。



S太郎 - 01/11/15 12:01:13

コメント:
○めぐろさん

話は変わりますが、クモの設計ページのBパターンが
気になります。あの形で蝕肢まで出すのはできるかな。
できるだろうけど、むずかしそうだ。

○服部さん

こういう年表風記録、とても有益だとおもいます。
(ただし折鶴戦争自体が有益であるという仮定に基づく)

○田中さん

カブトムシの折り図ができたら、私、買います(笑。

いつか、川畑氏と西川氏の昆虫の本のような本とか、
みなさんと出せたらいいなあなどと、勝手に無想してたり
もします。

とりあえず、ドロー系の折り図をかかなきゃなあ。
やっぱ、あれでは印刷に向かないし。



田中まさし - 01/11/15 03:36:37

コメント:
□S太郎さん
折り図拝見しました。非常に見やすかったです。
影響されやすい性質(たち)なので自分も折り図描いてみようかなーとか思わず思っちゃいますね。
カブトムシ辺りなら結構需要ありそうだしー。

□めぐろさん
正式名称「白旗」掲載お願いいたします。

□Mondoさん
ヒントです。http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/107111525550f1.jpg

服部吉晃 - 01/11/15 02:45:08

コメント:
めぐろさん
ウニは無理やり丸めているだけです。
しかし平織りだけに今後考えねばならない問題だと思っています。
それとあのウニをどう発展させていくかですが
、 おそらく今後針を長く折り出そうとすればするほど
めぐろさんのなどのウニに近づいていくでしょう。
針と針との間隔を狭めても同じことになるでしょう。
それをふまえて微妙なラインで育てるのかなぁと思うと少し不安です。

10月19日に言っていた鶴のうち四つ首です。
他は後日で。展開図も書かなくちゃなぁ。
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/turu4.html

http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/orisen.html


めぐろ - 01/11/15 00:49:36

コメント:
「3段鶴」小型版です(といっても言うほど小さな物ではありませんが)。
下のぼこっとしたのは人差し指です。
大体実物大で表示されるはずなのですが、、、。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/3danturu.jpg


めぐろ - 01/11/14 22:24:05

コメント:
S太郎さん
「クモと巣」お褒めいただいたのは光栄なのですが、
実際のところ、かなりショボいです(^^;。
おいおいと形になったら良いのですが、、、
ただ、個人的にはこだわって折ってみたいテーマではあります。

>折り図が売れるという理由で、作品を折る人が
>増えたり、質があがったりすることもあるかも
>しれません
これは、非常に重要なことだと思います。
折紙に関する行動に、良し悪しがあるとしたら、それは、総合的に、
その行動が折紙をより発展させられるかどうかによるのではないでしょうか。
資本主義と共産主義を比べるまでもなく、正当な経済的な報酬によって
創作家が折紙を発展させるというのは崇高な社会的な善だと思うのです。
また、その一方で、無条件で情報を放出するという行動パターンも
折紙の発展に寄与できると思ったりもするのです(私は完全にこの立場ですが、
結局は自己満足をもとめているのかなあ、、、)。

えっと、要するに、何が言いたいかというと、折紙に対するいろいろな立場からの
取り組みが折紙の発展に寄与できるし、一人の創作家の行動パターンでも、
いろんな試みがあっていいと思うのです。
S太郎さんは、作品の発表とか技法の公開に対しては、非常に開放的な立場を
とられていますが、(もちろん、、作品の発表とか技法の公開に関しても色々な
立場からの取り組みがあって然るべきだとも思います。)
それはそれとして、折図の経済的価値を追求することは
全く矛盾しませんし、どちらも折紙の発展という見地から見て大切なことだと
賛同いたしますです。

>「将来、折り図販売収入で、家をかうぞ!」
S太郎御殿の屋根のシャチホコは是非頭部が折鶴のものを期待しております。

ところで、折り紙の話ではないのですが、私は植物栽培の趣味があって、
以前、植物雑誌の読者欄を利用して植物苗の販売をしてみたことがあります。
大体千円から二千円で百数十人の方に送って、売上が合計で15万円位に
なったのですが、そのとき、ふと、こういう個人規模の通信販売で生活できないだろうか
などど考えたことがあります。
例えば、お客さん一人あたり千円の利益があるとして、100人のお客さんがあると
10万円になります。100万円稼ごうと思うと千人のお客さん
が必要ですよね。当然といえば当然ですが、年収500万円を稼ぐには5千人のお客さんが
必要で、これだけのお客さんを個人で得るのは大変だなー、とゾットしたことがあります。
でも最近ITが発達していますから、質の高い折図(S太郎さんはこの点は大丈夫でしょうが、)
を相当数(これを描く手間が大変ですね)用意して、世界を相手に
販売してみたら面白いかも知れませんね。
いずれにしても、エネルギッシュな創作家の方がこういう分野にチャレンジするのには大いにエールを
送りたいと思っています。


S太郎 - 01/11/14 13:59:51

コメント:
くっ、蜘蛛と巣、、。

世辞抜きでいつもおもうのですが、
めぐろさんは常に先鞭をつけるというか、
パイオニアですね。
私も少しづつ、自分のオリジナル性を
出していきたいとは思っています。

>私自身は、自分の創作作品や折紙関連の技術に
>関して全ての人に自由に使ってもらうことを
>宣言していますが

そうではないかと思っていましたが、やはり
そうでしたか。

>いろいろな可能性を開拓することは
>折紙の活性化にもつながると思うのです。

それはたしかにそのとおりなのです。しかし、
私は、ここ数ヶ月、自分が洗練化等にこだわるのは、
究極的には、再現性を高める→人に折ってもらえる→
折り図にできる→紙媒体に載せれる→商品価値が出る

という思考パターンに基づいていることに気づきました。

もちろん、今回のめぐろさんの非対称くもが
そうであったように、再現性が高いという理由で、
技術発展につながる例や、あるいは、先に述べた、
折り図が売れるという理由で、作品を折る人が
増えたり、質があがったりすることもあるかも
しれませんが、私自身は、ぶっちゃけていって、
ほとんどかなりの部分、ヨコシマな理由による
もののようです。
(いや、ホントは、再現性が高い作品が純粋に好き
ということもありますけど)

めぐろさんのように、そんな下世話なことは気に
せず、折り紙道を追及している方の前で、折り図
販売うんぬんと言うのは、非常に恥ずかしい気も
するのですが、らしくないので、開きなおることに
します。

「将来、折り図販売収入で、家をかうぞ!」

「家をかうぞ!」

「家をかうぞ!」

自信をつけるため、3回言ってみました。



めぐろ - 01/11/14 02:20:22

コメント:
Mondoさん
ここに記したアドレスも見てください。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/sakuhin/meguro/ageha.jpg


めぐろ - 01/11/14 02:02:25

コメント:
こんにちは、Mondoさん
私もパズル好きな人には展開図折りは、かなり楽しめるものではとかんじています。
とくに角度がそろっている場合は、折り手順も込みのパズルとして、気持ち良く解けたときの
爽快感は何ともいえないものがありますよね。
A2さんのマルスが折れたということは、すでにいろいろな折り方をご存知かとは思いますが、
一応、私のアゲハチョウについて述べてみます。
基本的にアゲハチョウは第一凧型分子団というものが用紙周辺部に4つと、
鶴の基本形が用紙中央部に4つあつまってできています。
したがって、アゲハチョウを折るには、第一凧型分子団を折ったらどうなるかということを
感覚的に覚えておくことが重要になります。
第一凧型分子団については下記をご覧下さい。
(下記のページは展開図折りに重要な情報が結構ありますので、できれば、通して読んで
いただきたいと思います。)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/susume/dai3wa.html
この第一凧型分子団を4つ折って、境界線をセロハンテープで合わせたものの形を想像してもらえば、
折りあがりの形も想像してもらえると思います。
説明不足かも知れませんので、わからないときは、また書きこみして下さい。


めぐろ - 01/11/14 02:01:53

コメント:
S太郎さん
こんどの昆虫作品も期待させていただいております。

>いつか本とか出せたらなあなんて、現時点では夢想にすぎませんが。
是非実現してください。応援しております。
私自身は、自分の創作作品や折紙関連の技術に関して全ての人に自由に使ってもらうことを
宣言していますが
S太郎さんのような、意欲的な創作家の方が良質の本をペイする形で出版されることも
とても重要だと考えています。
いろいろな可能性を開拓することは折紙の活性化にもつながると思うのです。

蛇腹洗練化足縞グモ腹広構造付き(目黒提案の円領域配置をS太郎氏が洗練化したもの)
分類コーナーOKとのことでしたので、大変ありがたく掲載させていただきました。
今回のクモも「あっ、これ見たときある」って思わずかんじてしまうくらい
ある種の特徴というか、感じが折り出されていますね。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/staro/asisimakumo/asisimakumo.html#p1
またよろしくお願いいたします。
めぐろ - 01/11/14 02:00:09

コメント:
服部さん
バフンウニ面白いですね。
形よく丸めるのは結構技術がいると思うのですが、
なにかコツのようなものがあるのでしょうか。
アジサイみたいな花のクスダマのようにも見えますね。

トゲモノは私も狙っていたりするのですが、
時間がかかるのが難儀ですよね。


めぐろ - 01/11/14 02:01:11

コメント:
昨日今日と所用で兵庫県にいっていました。
電車(一部ディーゼル)に合計で15時間くらい乗っていたのですが
いつもながら、こういう時は自分が折り紙を愛好していることを、
つくづく良かったなと思う機会なのでありました。
今回の成果は、カリョウビン系の折り手順の改良による小型化と、
イロモノ的ですが、「クモと巣」の折り方の確認でした。
「電車の中でも折る」だったのが、だんだんひどくなってきて、
最近は「電車の中にいるほうが」集中できるような感じです(^^;


Mondo - 01/11/13 20:47:41

コメント:
こんにちは。みなさんのハイペースぶりには驚くばかりです。 つるうに戦争中にすみませんが、A2さんにマルスの 折り方を教わってから展開図折にはまってしまいました。 折図を見て折るよりパズルみたいで面白いような気がします。なかなか折れませんけど(笑) 今は、折紙探偵団に乗ってためぐろさんのアゲハチョウと、 折紙分類で紹介されている田中さんのカブトムシを折っています。 2作品とも、展開図どうり折り線をつけて、たたもうとしていますが、 ・めくろさんのアゲハチョウはたためそうで、うまくいきません。 たためた時の形を教えていただけませんか? ・田中さんのカブトムシはたためましたけど、そこから最終形までもっていけません。 予想では、たたんだ時にできる下のカドを裏返すようにかぶせて羽にする のでは?と思うのですがどうでしょうか。 また、下から見た図では胸部と腹部が本物のようにくっきりと分かれているのですが、 うまくいきません。 簡単でよろしいのでヒントをくださいませんか?

服部吉晃 - 01/11/12 18:32:21

コメント:
ウニはエビフライから変化させたものなんです。

トウモロコシですか。
そう言えば今年の夏のコンベンションの夜に山口さんに
「このシリーズ、あとトウモロコシだけはやらせて」
と言ったんだっけ。
じつは基本的な構造はすでにまとまっています。
すこし言うと粒は蜂の巣を裏から見るとそんな感じに見えるのでこれを利用し、
周りの葉を折りだしてっぺんにはおひげをつけようと。
ほかにもネタはあるんですがね。
なにせ平織りは時間がかかるので、思うようにはかどりません。


S太郎 - 01/11/12 17:31:13

コメント:
つぎこそなにがなんでも昆虫やります。

11.25度の中割り折りとも、
八本の脚とも、無数の棘とも、
しばらくお別れです。
カブトムシ(田中さんのやつみたいな、
立体感のあるもの)か、インサイドアウトの
玉虫か、ザリガニがやりたいです。

ところで、台湾の折り紙周辺事情って、
どんな感じなんですかね。
やっぱ、有名な作家の人とかいるのかな。



S太郎 - 01/11/12 12:20:43

コメント:
○めぐろさん

>グラフィックソフトは何を使われているのでしょう。

主にフォトショップです。(それしかつかえん)

>山折り谷折りを色分けにするのは、賛否両論

印刷すること、紙媒体にのせること、を考えると、
やはりベクトル形式の図をかかないといけませんよね。
いつか本とか出せたらなあなんて、現時点では
夢想にすぎませんが。実は、羽鳥さんのように、
折り図をシェアデータとして販売するようなことも、
一応は考えてはいます。それで、商品価値を保った
まま、折り図のラインナップを増やせれば、本にも
なるんじゃないかなどと考えています。

そんなわけで、今回のペガサス2のウェブ上での
無料公開はいたしません。みたかった方、
ごめんなさい。

○田中さん

そろそろ敗北宣言を出そうとおもっていたのは
私のほうですが、白旗というのはかなりウケました。
折り図、先ほどおくりました。(服部さんにも)
ちなみに、小松さんには無断で送りつけました。

○服部さん

馬糞ウニ形がいい感じです。なんか、こんな感じの
果物(ドリアンだったか?)ありますよね。
服部さんには、食べ物シリーズも勝手に期待しています。
トウモロコシなんてどうですかね(笑。



S太郎 - 01/11/12 12:00:35

コメント:
目黒さんの脚縞クモ洗練化版腹広構造付き。

http://freeserver.kakiko.com/okarutoz/haradai.html

脚縞なのにまた縞折ってませんが、
なんか単色で折りたい感じでしたので。
純粋にクモのコーナー用に折らせてもらった作例ですが
これは、ちゃんと折ったものですので、
分類にのせていただいてもOKです。



Y.T.Wang - 01/11/12 08:43:07

コメント:
MR.Meguro Thank you!That will help a lot!

服部吉晃 - 01/11/12 01:14:58

コメント:
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/uni1.html
これです。

めぐろ - 01/11/11 13:13:00

コメント:
服部さん
バフンウニおもしろそうですね。
平折りからどうやって???って感じです。
拝見させていただけること楽しみにしております。


めぐろ - 01/11/11 13:12:36

コメント:
Mr. Wang, I remember that you can understand Japanese well. So, I reply in Jananese.
王さん
最近、私と、S太郎さんと、みるかし姫さんとで、
連続して多くのクモの折紙を創作しています。
先日ご紹介しましたように多種のおもしろい作品があります。
これらの作品を見た人のなかには、自分でもクモの折紙を独自に創作したいと
思う人も存在すると思います。
しかし、クモの折紙の創作は難しい分野です。
そこで、私は自分のホームページに、クモを折るための折紙設計方法を
詳細に記して、多くの人が、クモの折紙の創作を楽しむことを助けたいと考えました。
私は今後もクモ折紙の記述を追加していく予定です。
お時間がありますときは、また読んでみてください。


めぐろ - 01/11/11 13:11:49

コメント:
S太郎さん
ペガサス2の展開図、いただいた形式だと、
折り図が簡単にパラパラアニメ化して面白いですね。
わたしは画像ビューアーはsusieというフリーソフトを使っているのですが、
これでパラパラアニメ化して見ています。
(このとき、正しい順番で読み取られるようにファイル番号で、
1−>01、2−>02というように一桁番号に0をつけかえました。)
このとき、折り線がカラーだと、瞬間的に次のコマへの紙の動きが予測できて
よいですね。


めぐろ - 01/11/11 13:09:22

コメント:
田中さん
「敗北宣言」見せていただきました。鋭い着眼点ですね。
こういう、さらりとしたセンスに田中さんならではの凄みを感じます。
本作品もできましたら掲載御許可いただけませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。


服部吉晃 - 01/11/11 10:20:28

コメント:
いかん・・・
ウニ作ってしまった・・・
私のウニは平折りから攻めていくものです。
これから育てていこうと思います。
現在はまだまだ試作で見立てるといった感じです。
バフンウニのようなイメージです。今日中にアップします。
まともな小さな戦争になるといいですね。

服部吉晃 - 01/11/10 21:30:37

コメント:
S太郎さん私も折り図下さい。
お願いします。
hatt_origami@yahoo.co.jp

Y.T.Wang - 01/11/10 14:11:40

コメント:
Mr.maguro Thanks for your reply. I found more drawing was added on that section today, thank you! After lookiong at all those sites you introduced to me,those site are fantastic. But I have to admire you that your site is the most wonderful site to a origami fun who try to learn how to design a origami model of their own. Those detail explaination of each model and that series design course in your site can really help a beginner a lot! I am a origami fun in taiwan. I have no much time to fold or to design a model. But I really enjoy looking at your site and read all your discussions and your explanation on this site. I can read japaness, and my computer can show me Japaness, so you can communicate me with Japaness.The problme is taht my computer have no soft ware and key board to key in japaness to you. That is why I have to write message to you with my pool english. Any how, it is so nice to any origami fun to have the chance to read so detail teaching of the origami design, and that will help those beginner to enjoy more of the fun of origami!

田中まさし - 01/11/10 07:50:38

コメント:
駄目だー。「ツルマゲドン」の折り方が解りません。
というわけで、
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/102111074852f1.jpg
敗北宣言です。

□S太郎さん
折り図頂戴いたしたいです。
mercy1999@mail.goo.ne.jpにお願いします。

めぐろ - 01/11/10 04:19:39

コメント:
S太郎さん
折り図拝見しました。S太郎さんの折り図は初めて見せていただきましたが
実戦レベルの上手さですね。私は折り図を書くのが苦手なので、
うらやましい限りです。
グラフィックソフトは何を使われているのでしょう。
編集前とのことですが、HTML形式のままでも、
私の感覚だと、むしろ見やすいような気がしてイイ感じでした。
山折り谷折りを色分けにするのは、賛否両論でしょうが、
私は個人的には、色分け表記法も好みなので、カラーの山折り谷折り表記は
新鮮な感じがしました。
なにはともあれ、楽しませていただきました。
大変ありがとうございます。


S太郎 - 01/11/09 15:51:25

コメント:
簡単な作品なので、べつにいらなかったら、
適当に聞き流してください。



S太郎 - 01/11/09 15:19:18

コメント:
唐突ですが、ペガサスその2折り図のテスト版を
添付メールで送り付けさせていただきました。
編集前で、重たい(LZH圧縮で500KB)ですが、
ご勘弁下さい。田中さんや、服部さんも、
もしよかったらお送りしますが、いかがですか。



S太郎 - 01/11/08 15:15:26

コメント:
みるかし姫さん

脚はまあまあ長くて、腹は丸っこいので、
多分、シモングモという方だろうと思います。
あいつ、基本的に、低いところが好きみたいですね。
本から逃げ出して、どこに行くのか観察すると、
下へ下へと逃げようとします。本をくるくるまわして
意地悪すると、なんと糸を出してぶら下がって
降りようとします。それで当然私は、糸をつまんで、
また本に戻すわけですが(笑)、糸も出しすぎると
ストックがなくなるようで、しばらくすると、
あまり動かなくなります。あいつがダニを食していた
とはしりませんでした。クモは別にいてもいなくても
かまいませんが、ダニはいない方がいいです。
今度あいつをみつけても、殺生はつつしもうかと
思います。



S太郎 - 01/11/08 15:04:07

コメント:
紹介していただくのはありがたいけど、
英語でなんか質問されたら
返答に屈しそうだなあ(笑。



meguro - 01/11/08 14:10:21

コメント:
(Re: Y.T.Wang - 01/11/08 12:24:44)

I'm glad to hear that you try the whole design process of a spider.
Now, this site
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/susume/dai10wa.html
is under construction. So, some of drawings do not open.
Please wait for several days.

By the way, if you are interested in the spider origami,
would you like to visit “Staro no sousakuorigami” website and “Kuminist international” website?
There are many useful drawings in those sites.

http://starou.omosiro.com/tenjijyou.html
http://isweb34.infoseek.co.jp/art/starou/
http://www.geocities.com/Heartland/Valley/8116/origami.html
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/origam2.htm
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/origam3.htm


めぐろ - 01/11/08 13:11:25

コメント:
田中さん
「試作ウニその4」拝見しました。長刺と短刺との組み合わせが非常に効果的で、
独自のウニ造型が進化してますねー。
展開図も非常に面白くて、ぱっと見た時は、折り紙の展開図とは思えないような斬新さ
ですね。


めぐろ - 01/11/08 13:10:51

コメント:
みるかし姫さん
ワスレナグモ、タランチュラ2、トリクイグモ、の分類上の位置を修正しておきました。
よろしくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/bunrui.html
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/wasurenagumo/wasurenagumo.htm#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/taran2/taran2.html#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/torikuigumo/torikuikumo.htm#p1

>少しずつ、生き物飼育や研究系の人たちがクモ折り紙に関心をもってくださりはじめています。
それは、とても嬉しいことだと思います。
私としましては、折り紙の柔らかい造型は生物系の表現にとても向いていると思います。
そして、その折紙の造型世界は、現実の生物界の種別に対応できるような繊細さも
兼ね備えていると思うのです
種レベルの折り分けといいますと、折紙的なふんわりした造型の中にも種の特徴が
明確に現われているというのもたいそう面白いものですし、
非常に精密な折リ表現もまた興味深いもので、
このような分野に、みるかし姫さんのように生き物の知識が豊富で折紙にも熱心な方が
増えていけば、折り紙の世界はさらに面白くなっていくものと感じています。


Y.T.Wang - 01/11/08 12:24:44

コメント:
MR.MEGURO IT IS SO GOOD THAT I FOUND A EXPLAINATION OF A WHOLE DESIGN PROCESS IN YOUR SITE TO CREAT A FOLDING DRAWING OF A SPIDER AS A EXAMPLE. BUT,UNFORTUNATLY I CANN'T OPEN THOSE ATTACHED DRAWING IN THAT SECTION. CAN YOU TELL ME HOW TO READ OUT THOSE ATTACHED DRAWING.

田中まさし - 01/11/08 01:47:26

コメント:
「試作ウニその4」http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/7911814532f1.jpg
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/8011814532f2.jpg


みるかし姫 - 01/11/07 16:49:57

コメント:
>めぐろさん

こんどの京都の爬虫類繁殖家展示会で折り紙を見せるというのもそうなんですが、少しずつ、生き物飼育や研究系の
人たちがクモ折り紙に関心をもってくださりはじめています。そういう人たちは、そもそも出来上がった作品と展開
図だけを見て、どうして不切正方一枚折りが可能なのか首をひねってしまうようなので、ああいう経過を分かりやす
く解説したページがあると(とくに樹状図から始まって)、もっと多くの人が折り紙設計に関心を持つと思うの
です。クモはもちろんのこと、ヘンな蟲や爬虫類を折りたいと言い出す連中が出てくるに違いありません(笑)。

>S太郎さん

>古本とか、唐突に開いたときに、逃げ惑う、ベージュ色の、脚の細いちっこいクモが
>いますよね、あいつ、名前なんていうんですか。 私には馴染み不快もとい、深いやつなんで。

脚の短いチリグモか、少し長いシモングモでしょうか。
いずれもダニか微小な虫を食っていると思われる、家グモです。チリグモ(あるいはそれを大きくした形状のヒラタ
グモ)は、独特の形体の腹部をしている平べったい特徴ある折り紙向きのクモなので折ってみたいです。

めぐろ - 01/11/07 13:27:16

コメント:
S太郎さん
「腹の膨らみを再現する構造」拝見しました。この技法を用いると腹部の表現がすごく豊かになりますね。
特に3例が表示されているなかで、真中の例などは、オニグモ(私のクモ知識でそう思うだけなので、
実際は違うのかも知れませんが)って反射的に思いました。楽しみな技法ですね。

7段カリョウビンは大きな紙さえ入手できれば何段でも繰り返せるのですが、現実的に入手できる
大きさの範囲だと十数段くらいまでみたいです。
折り方をすごく丁寧にして、中心部を細かく折っていけば、それでも段数は稼げるのですが、
これはこれで大変そう、、、。


めぐろ - 01/11/07 13:27:40

コメント:


めぐろ - 01/11/07 13:26:01

コメント:
みるかし姫さん
ワスレナグモの位置付けは、みるかし姫さんの言われた通りですね。
できるだけ早いうちに修正したいと思っております。

クモの設計解説ページは、最近の事情を踏まえて、色々なことをまとめて書くつもりで、
結構分量が多くなりそうなのですが、また読んでいただければ幸いです。
当事者のおひとりである、みるかし姫さんには、すでに知っておられる部分が
多すぎて新鮮味に欠けると思われてしまうかも知れませんが、クモ折紙になじみの無い人にも
おおよその事情がわかってもらえるような章にしたいと思っております。

設計法自体は、いかに分かりやすく折紙を捉えるかということを目指して、多くの人の
情熱がつぎ込まれて開発されてきている(例えば、さまざまな洗練化の技法も、
最終的な目的は、「いかに容易に美しい構造に到達するか」ということだと私的には感じております)
ものですので、みるかし姫さんのような実際の折紙体験が豊富な人の場合は
折紙設計を自然に楽々と取り入れていただけると思います。
(すでにみるかし姫さんが各変種の作成で用いられている技法の解釈は、設計法そのものですし、、、)
みるかし姫さんのように、折りたいテーマに対して情熱を持たれているということは、
折紙設計を一つの道具として捉えれば、創作にとって極めて好位置に折られるということですから
折紙設計もいろいろと活用していただきたいと思います。


S太郎 - 01/11/06 11:50:00

コメント:
○田中さん

>あと10年

10年も闘り合うつもりはありません。
勘弁してください。

>ウニ展開図

あんなところから小さいカドが出せるんですねー
まさに超効率です。

○服部さん

写真を拝見しただけでは、まだどう折ったか
のみこめてませんが、正攻法で解決できたんですね。
すばらしいです。私は、無理だとあきらめてました。
家に帰って、また考えてみようと思います。

○めぐろさん

>「ユニバーサル分子に雰囲気が似ている。でも、
>細かい折り線はだいぶ異なる。」という点でした。
そういう見方もできるんですね。ユニバーサルは
ほとんどやったことがないので、ぜんぜん気づき
ませんでした。あの、八角形の蛇腹は、そういった
着眼から考えられたものだったんですね。

>とても興味深い洗練化方法だと思います。
ありがとうございます。よかったー、めぐろさんに
認めてもらえて(笑。

>7段カリョウビン

あれだけ洗練された展開図なのに、
プロポーションに遜色がないところがすごいです。
これ何段でもいけるんですよねぇ。
スゲーナー。

○みるかし姫さん

クモページどんどん増えて、楽しいですね。
ぜんぜん関係ないんですけど、
古本とか、唐突に開いたときに、逃げ惑う、
ベージュ色の、脚の細いちっこいクモが
いますよね、あいつ、名前なんていうんですか。
私には馴染み不快もとい、深いやつなんで。



S太郎 - 01/11/06 11:27:34

コメント:
はじめに、試作アップです。

下で、用紙辺部に脚を配置したクモは、
分割を細かくすると、頭と腹が細長くなって、
見かけ上、領域があまりがちになる、という
ことをかきました。それで、そのあまった領域
の部分に、あらかじめ、腹の膨らみを再現する
構造を埋め込む、ということを思い付きまして、
昨日、さっそく試作してみました。
写真は、目黒さんの非対称グモを、64分割で
折って、その内部に、幅を確保する折りを
埋め込んだものです。

http://starou.omosiro.com/sisaku/kakusiri.html

蛇腹に埋め込める形なので、他の蛇腹洗練化クモにも、
それほど悩まず組み込めそうです。
最終的には、脚縞のクモ5に、このような構造を
組み入れて、さらに、短めの蝕肢も折って、
ジョロウグモにできたらいいなあと思っています。
暇があればですけど(笑。とりあえず、目黒さんの
脚縞クモ蛇腹洗練の、分割を倍にして、この構造
を入れたものを、1,2ヶ月中には、折りたいと
思っています。
あ、この構造の展開図は、ちょっとめんどうそうだった
ので、昨日、かきませんでした。悪魔の尻尾を
折るような技法を、用紙の内部から、蛇腹の
論理で折った。といえば、創作家の方や、コアな
折り紙ファンには疎通するかな。



みるかし姫 - 01/11/06 07:50:08

コメント:
めぐろさん

わたしのことば足らずでしたが、ワスレナグモの解説で、

>辺八円属のワスレナグモの基亜種とすべきものであって、

とありますが、これは、「系統的に蛇腹洗練化足縞グモ(目黒提案の円領域配置をS太郎氏が洗練化したもの) からの分化種であるが、牙の折りだし方等の変化の程度が大きいので本分類体系では別種」としたトリクイグモ・タランチュラ2・ワスレナグモは、いずれも基本的に同じ基本形で折っているので、互いに「同種」に属するのですが、そのまたなかで「亜種」分けをするなら、3つの作品として亜種名がつき、3つのうちでどれが基本形に最も近いシンプルなものかというとワスレナグモなので、それを種内の基亜種とする、という分類屋的な発想です。ですから、八辺円属ワスレナグモ種のワスレナグモ亜種のほかに、トリクイグモのほうは「ワスレナグモの亜種であるトリクイグモ」、タランチュラ2は「ワスレナグモの亜種であるタランチュラ2」という位置づけになります。

分類表では、ワスレナグモのあとにトリクイグモとタランチュラ2を、頭を一段下げて並べる扱いにしていただくのが、正しいかと思います。たいへん細かいことですみません。

クモの設計解説ページは、とてもわかりやすそうですね。これなら、わたしも実物クモのプロポーションから、実際に一から設計してみよう、という気持ちを掻き立てられます。

めぐろ - 01/11/06 04:42:22

コメント:
服部さん
「九尾の鶴」拝見しました。尾の付け根の造型がとても面白いですね。
以前S太郎さんも言われていましたが、横一列に首や尾を並べるのは
かなり大変なことだろうと思っていたのですが、正面からの問題解決、
お見事です。
「九尾の鶴」と「十三首(尾)の鶴」掲載OKとのとのことでしたので、
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/hattori/3turu.html
また宜しくお願いいたします。
手。

めぐろ - 01/11/06 04:31:48

コメント:
みるかし姫さん
クモの創作、ますます快調ですね。
ワスレナグモ拝見いたしました。軽快で、それでいて、きちんと
まとめられた感じで、ずいぶん折りなれておられる印象を受けました。
転載可とのご表示がありましたので
以下のクモの図を、大変ありがたく掲載させていただきました。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/wasurenagumo/wasurenagumo.htm#p1

http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/gomigumo/gomigumo.htm#p1

http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/himegumo/himegumo.htm#p1

宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。

今、クモの設計に関して文章をまとめている最中なのですが、
是非引用させていただきたいです。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/susume/dai10wa.html


めぐろ - 01/11/06 04:17:01

コメント:
7段カリョウビンです。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/7karyoubin.jpg
最上段は、本来無限折りになる所を大き目の鶴一匹にして留めてあります。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/mugendantomeori.gif

最下段は余ったカドからのアレンジです。
下から2段目から6段目までの5段は、無限段カリョウビン方式で
折っています。
本当は外側から内側に向かって折っていければいいのですが、
その方向の折り方は、まだ検討中でして、しょうがないので
用紙中央部で一匹の鶴を留め折りしてから、
内側から外側のカドに向かって折るようにしてごまかしています(^^;)


めぐろ - 01/11/06 04:08:18

コメント:
S太郎さん
第三脚の短いクモ、そういう経緯があったのですか。
私のほうは、脚縞クモでも、S太郎さんのような発展方法があるとは
全く気がついていませんでした。
ただ、ユニバーサル分子に沈め折りをすると、ジャバラに近い造型に
なるなあと、感じることはありました。
S太郎さんの蛇腹による洗練化を見せていただいて、
私が真っ先に面白いと思ったことは
「ユニバーサル分子に雰囲気が似ている。でも、
細かい折り線はだいぶ異なる。」という点でした。
とても興味深い洗練化方法だと思います。


田中まさし - 01/11/06 01:46:19

コメント:
あれ?
http://image1.photohighway.co.jp/ixla-bin/MiFoto.dll?Vi?p1=0001_226&p2=9111613455f1&p3=03
これならいいのかな?

田中まさし - 01/11/06 01:39:11

コメント:
□S太郎さん
試作3の展開図です。
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/9111613455f1.jpg
うーん。

服部吉晃 - 01/11/06 01:25:08

コメント:
えーと九尾の方ですが折りたたむ前の写真を撮っておきました。(まだ画像が気に入らない・・・)
ご覧下さい。
16鶴でもまったく同じやり方で13尾の鶴を作ってみたところあっさり出来ました。無限に増やせるような気がします。
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/kyuturu.html
このリンク先の画像はまた撮り直すかも知れませんがすべて掲載OKです。

みるかし姫 - 01/11/05 17:28:01

コメント:
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/origam3.htm
「クモを折る!に挑戦(3)」追加しました。自分の折っ
たものの画像を並べただけのページですが、各画像をクリ
ックすると、その元になっためぐろさん・S太郎さんの展
開図、作品が参照できるようになっています。折り紙分類
名は、めぐろさんの用語に従いました。(リンク・転載可)

めぐろさん
>種レベルの折り分け作品を見せていただいたおかげで、
>私でもしっかり名前を覚えることができてるみたい

ということですが、わたしは正反対に、折り紙作品から、
忘れていたクモの種を思い出したりしました。「そうだ、
この折り紙の形、あのクモじゃん」(笑)。
というわけで、ワスレナグモを「折り忘れ」て
いたのに気づき、これを「鶴食い蜘蛛/タランチュラ2」
よりもシンプルな基亜種と定めたいと思います。

S太郎さん

補助線を使ってまとめて折るという発想が今までありませ
んでした。クモ5は、方眼紙だったので、その補助を借り
て、チマチマと(笑)。

S太郎 - 01/11/05 14:35:50

コメント:
目黒さん

無限カリョウビン、リトライしてみたんですが、
やっぱりさっぱりわかりません。
っていうか、正味、こんなのあっさり創っちゃう人、
めぐろさんをおいて、他にそういないですよ(笑。

服部さん

目黒さんも書かれてましたが、
服部さんの9尾の鶴は、尾の処理を
どのように行ったがとても気になります。

みるかし姫さん

あの補助線をつかわないとなると、
基本線づけはかなり大変だったんじゃない
でしょうか。はじめに青線でたたんで
まとめて折り線をつけると、結構らくなので、
よかったら今度お試しください。



S太郎 - 01/11/05 13:38:59

コメント:
○田中さん

>書店カルコス内の文房具コーナーにて
>新戦力最有力候補、管公工業製・筋入
>ハトロン紙なる紙を発見しました。

それ、よさそうですねー。
900mmで5枚で200円ですか。
うらやましい。
私も探してみよう。

>>拡張蛇腹
>久々に展開図見てクラクラしました。グッジョブ!

ありがとうございます。この技法、蛇腹による
洗練化ということで、いろいろ考えてて、
これを用いて、昆虫などいくつか折ってから
表に出そうと思っていたのですが、
脚縞クモで、目黒さんが、ものすごく近いこと
をされていて、(あれは、私の解釈では、
4方向蛇腹の閉じた形です)
「これはもう潮時だ」と思い、あわてて
第三脚の短いクモを設計した。といういきさつが
あります。

>長棘12本のウニ

展開図は9鶴とみた!


めぐろ - 01/11/05 02:34:09

コメント:
服部さん
「九尾の鶴」拝見しました。尾がしっかりと横一列に並んでいますね。
尾の付け根付近の形はどうされたのでしょうか。 背中のかどのヒダの間に尾が一つづつ入っていたりするんでしょうか。
分かりきったことをあえて書かせていただけるならば、これで
9首の鶴も同時に達成されたことになりますね。
掲載させていただきたいのですが、写真撮りなおされるなら、
お願いするのもごめいわくでしょうか。
もしよろしければ御許可いただければ幸いです。
(不許可の場合は、適当に無視していただいてかまいませんので、、、。)


めぐろ - 01/11/05 02:15:59

コメント:
さいたま市民さん
ニムダ対策たいへんですね。ご苦労様です。
ウィンドウズのいれなおしまではしなくてもよいと思いますが
環境リセットのために一回やっておくのもいいかもしれませんね。


めぐろ - 01/11/05 02:10:34

コメント:
田中さん
「Devil May Crane」重厚な感じで迫力ありますねー。
これって、顔をちゃんと折ったら(田中さんだったらすぐにできそうですが)
かっこいい悪魔になって、そしたら「*ウイング」の応用で多翼の悪魔とか
できるのねとかふと思いましたが 
(すでに試されているのかもはしれませんが)
あえて鶴にするところが、イキなな折りっぷりですね。
転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/11/05 01:57:05

コメント:
田中さん
別アプローチ版のウニ拝見しました。小さなトゲが効果的で
またまた新鮮な造形ですね。
ウニのいろいろな表現をなされていますこと、興味深いです。
なお、あまりご無理なお願いは、ご迷惑かと存じておりますが
試作品というにはあまりに良い作品ですね。
私も久々にウニ系の作品を試してみたくなりました。


めぐろ - 01/11/05 01:36:19

コメント:
みるかし姫さん
リンクさせていただきました。
折り紙ページに直リンク貼っても結構です、とのことでしたので、
折り紙ページに貼らせていただきました。
真にありがとうございます。

クロゴケグモ今日読んだ本に出ていました。
種レベルの折り分け作品を見せていただいたおかげで、
私でもしっかり名前を覚えることができてるみたいです。


服部吉晃 - 01/11/04 20:51:42

コメント:
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/kyuturu.html
んー写真がうまく撮れない・・・また撮りなおしだな。

田中まさし - 01/11/04 20:33:55

コメント:
ノーマル鶴の折り方忘れちゃったな。。

「Devil May Crane」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/65114203231f1.jpg(転載可)

ちなみにいつかの翔ぶ悪魔は正式名「Devil May Fly」。
共にPS2ゲームの『Devil May Cry』からのもじりです。
「Devil May Crane」は、翻訳ソフトが「悪魔は伸ばすことが出来る」とか訳してましたので、
「意味おかしいじゃん!」とかツッコミが入る前に一応の説明、でした。
(まあ確かに翔ぶ悪魔の方は「悪魔」を無理矢理引き伸ばした感じですが)

さいたま市民 - 01/11/03 15:24:24

コメント:
フリージアと馬君のがやられました。これから、亜種のニムダワクチンも試してみようと思います。とりあえず、フリージアのネットは切ります.フリージアもウィンドウズいれなおしですかね?

田中まさし - 01/11/03 14:59:31

コメント:
□めぐろさん
何分試作に使用した紙が分厚い模造紙(無理矢理丸めた試作1)に
クラフト紙(気力がなくて丸まるほど棘が折れなかった試作2)で、
手抜きで裏側の処理も途中までしか折っていない上、紙が開かないように棘をねじってある
中途半端品な物なので…。

棘の形状をあのような外側襞円錐状にすれば
パルマー氏の作品の様に、バックライトを当てて紙の折り重なりの陰影を
綺麗に出せるかも…とか密かに宇宙の片隅で目論んでいたんですがねー。

と言うわけで、別アプローチ版。
試作の度に棘の数が減ってるような…「試作ウニ?長棘12本」(不切正方形一枚)
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/80113145820f1.jpg


田中まさし - 01/11/03 14:59:37

コメント:
「恋愛は偶然を必然に変える過程」と言ったのは誰だったか忘れましたが、
折り紙もまた然り。

#「折り紙は偶然を必然に変える過程」

この言葉を胸に、タナカは今日も平和を折り、鶴を祈り、折り紙に変愛をし続けるのであった マル

田中まさし - 01/11/03 14:58:53

コメント:
□S太郎さん
書店カルコス内の文房具コーナーにて
新戦力最有力候補、管公工業製・筋入ハトロン紙なる紙を発見しました。
900x1200mm(ハトロン判サイズ)5枚入りで200円。
片面に艶出しした筋入りの薄包装紙。(向こう側が透ける…)
流石に、試作2・ウニもどきの頂点部(周りに36本の集中折り線…)の
馬鹿げたストレスには耐えきれず穴が開きますが、まずまずの強度のようです。

マ=サシ>「ふふふ、これでタナカはあと10年は戦える。。」
右脳左脳>「いい物なんすか?」
マ=サシ>「これはいい物だぁ!!」

>ダイソーの
「ガラガラツル(INSIDE-OUT WINDER)」に使用したのがまさにそれ!
(ちなみに言わずもがなですが、ガラガラツルは漢字で柄々鶴) お互い、行き着く紙がこうまで同じだと何か運命的な物を感じますな。
(鈴木は自分のもとを去って行ってしまいましたが…)

>拡張蛇腹
久々に展開図見てクラクラしました。グッジョブ!


みるかし姫 - 01/11/03 07:04:31

コメント:
S太郎さん、クモ5の解説ありがとうございました。
気をつけてまた折ってみます。

>クロゴケグモという種類は初めて知りましたが、
>黒いクモというものも格好良いものですね。
>赤い模様もイキです。

ちょうど昨日、関西のほうで、メットに入っていたセアカ
ゴケグモに耳を噛まれるという事故があったようです。
折り紙は「ムシの知らせ」か?(笑)
でも、幸い、特に被害はなかったそうです。「致死性の
毒」って誤解が多いですけどね。

腹部の赤い模様が裏返し折りで出せたので、オニグモ類の
模様を出す工夫も少しヒントが得られたような気がしてい
ます。

めぐろ - 01/11/03 06:06:08

コメント:
S太郎さん
X−鶴人、肩がマッチョな感じでりりしいですね。
三つ首の鶴人と似た折り方と拝見しましたが、
外見の印象がかなり違って、面白いですね。
先にいただいております御許可に基づき
大変ありがたく掲載させていただきました。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/3turu.html
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/11/03 05:59:32

コメント:
みるかし姫さん
リンクの御許可ありがとうございます。
近じか張らせていただきたいと思っております。


めぐろ - 01/11/03 05:56:16

コメント:
みるかし姫さん
快調に種の折り分けを進められていますね。
クロゴケグモという種類は初めて知りましたが、黒いクモというものも
格好良いものですね。赤い模様もイキです。
この雰囲気が折り紙でも良く表現なされていると感じました。
転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/kurogoke/kurogoke.html#p1
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/11/03 04:03:55

コメント:
さいたま市民さん
問題があるとしたら、ニムダはワードパッド用のファイルを一つだけ
つぶしますので、ワードパッドがワクチンソフトで治療した後も
つかえなくなってしまうはずです。
そのとき、まれにですがグラフィック系のソフトも使えなくなるものが、
運が悪ければ出てしまいます。
何かソフトの挙動がおかしいような場合はまた連絡してください。


めぐろ - 01/11/03 03:57:44

コメント:
さいたま市民さん
ニムダの対処法はすでに実行されたようなので、とりあえずは
それで良いと思います。かなりのファイルが、DELETEになったとのことですが
ニムダは大量の自己増殖ファイルを、見覚えがありそうな偽名をつけて
作りますので(それをワクチンソフトが正常に処理したものだと思います。
したがって、その大量の削除は、おそらく実害はないはずです。


めぐろ - 01/11/03 03:49:10

コメント:
さいたま市民さん
ありゃー、フリージアいっちゃいましたか。
火曜日の発表前だというのにお気の毒ですとしか言いようがありません。
ただ、ニムダの対処法はさほど面倒ではないのが不幸中の幸いでしょうか。


さいたま市民 - 01/11/03 03:30:08

コメント:
フリージアがニムダに感染 一応、ネットからダウンロードして、対処はしましたが かなりのファイルが、DELETEになりました。それ以上の対処方法を教えてください。

S太郎 - 01/11/02 17:44:38

コメント:
田中さん

紙ばなしですけど、最近、ダイソーの包装紙で、
「ザ、包む」、、(だったかなあ)とか
なんとかいう包装紙が出てまして、それ、
結構いいみたいです。1パックが、同系色の4色
セットになってまして、全部で、5種類だから、
計、20色あります。表面が単色の色つきで、
裏が白い紙です。ただ、塗料がはがれやすいので、
あまり複雑なものには向きません。

あと、ウニのことですけど、棘を細くするとき、
川畑氏のとぶせみ洗練化前のような、平行線の
沈め折りを使うと、ビキビキくる感じのイケテル
棘が折れます。是非おためしあれ。

みるかし姫さん

くろごけぐも渋いですね。インサイドアウトを
用いたアレンジも見事です。しかも、昨日の
今日だし、、、一晩で折ったってことですね。
すごいスピードです。田中氏とわたりあえるかも。


S - 01/11/02 17:34:30

コメント:


S太郎 - 01/11/02 17:32:07

コメント:
>脚の長さは、対角線32分割のところを
>64分割にするなどすれば確保できるんでしょうか。

はい、その通りです。はじめの試作の写真は、
64分割で折ったものです。
ただし、そのぶん、頭や尻が細長くなってしまうので、
寸詰めが必要です。用紙周辺のみのかど配置だと、
どうしても内部の領域があまりがちになるので、
これはしかたないかもなあ。

>展開図で、対角線上から左に水平に出ている
>青線が何に用いられるのか、わかりません。

ああ、これは、、、つまりですね。正中心?の
蛇腹が、あそこで45度角度を変えて、あの幅で、
方向転換をしているということなんです。
ですから、実際に折り紙的に折るときには、
まず、あの幅で、蛇腹を折って、それを、ずらすように
変形していくと、展開図の形になるんです。
これが、拡張蛇腹の拡張蛇腹とネーミングされた
所以でありまして、4方向蛇腹は、ある程度即時的
な変形が可能なんです。わかりにくかったら、
できるだけ青線だけでたたんでみて、そのまま
(かさなったまま)平行の折筋をつけてみたあと、
実際の展開図と比較してみてください。
(ああ、新開発の技法なのに、こんなばらしちゃって
いいのかなあ俺)



S太郎 - 01/11/02 17:16:50

コメント:
愛、覚えていますか…。

http://starou.omosiro.com/xturujin.html



みるかし姫 - 01/11/02 16:39:00

コメント:
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/origoke.htm
クロゴケグモ(転載可)

S太郎さんの「クモ5」から折りました。はじめに基本線を引いていくところで、手はずにちょっと悩みました。
展開図で、対角線上から左に水平に出ている青線が何に 用いられるのか、わかりません。
展開図が引けてしまうと、非常に軽快に折れて、領域の利用にも無駄の少ないモデルだと思います。
クモ学的に言うと、8本脚を出す>8本脚を長くする>各対のプロポーションを必要なだけ長くする、と進化をたど
って、ますますクモらしくなってきたんですね。

みるかし姫 - 01/11/02 08:16:58

コメント:
>着々と作品が進展されていますね。今回新たに拝見しまし
>たヒメグモもクモをよく知らない私などにも、クモへの情
>熱が伝わってくるようなとても良い雰囲気の作品ですね。

S太郎さんの工夫の賜物です。クモ5で脚が細くできれ
ば、もう本当に凄いリアルのができそうですし。

リンクはご自由にどうぞ。トップページURLは、
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime//index2.htm
です。折り紙ページに直リンク貼っていただいても結構です。


めぐろ - 01/11/02 03:18:23

コメント:
本日掲示板手動改ページしました。


めぐろ - 01/11/02 02:19:52

コメント:
みるかし姫さん
着々と作品が進展されていますね。今回新たに拝見しましたヒメグモも
クモをよく知らない私などにも、クモへの情熱が伝わってくるような
とても良い雰囲気の作品ですね。
私もクモでは折ってみたいアイデアとか暖めていまして
(思いっきり滑りそうなものではあるんですが、、、)
また折ってみたいと思っております。
ところで、みるかし姫さんのページへのリンクの扱いは
どのようになっておられますでしょうか?
できましたら、リンクを張らせていただきたいのですが。


めぐろ - 01/11/02 02:20:29

コメント:
S太郎さん
第三脚の短いクモ展開図、拝見しました。
今回のバージョンは全足のカドを用紙辺部に配置されたのですね。
ジャバラと三角形分子の調和のとれた配置、お見事です。
この展開図を見ているだけで、折りあがりのクモの形が
たいそう美しいであろうことがビンビン伝わってくるようです。

それにしても、三つ首の平織りと、五つ首の平織りですか。
すごいことになっていますね。
私、カリョウビンの平織りといったのはギャグのつもりだったんですが、、、(^^;
だんだん笑ってごまかすわけにいかなくなりつつあるような、、、

無限段カリョウビンは昨日折り方を試しました。
最初はとっつきにくいですが、いったんリズムにのると、
後は全く同じ折り方がえんえんと繰り返しますので、結構楽に折れる感じです。


めぐろ - 01/11/02 02:20:27

コメント:
前川さん
お世話になっております。今後とも宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/11/02 02:19:54

コメント:
田中さん
ウニ2作 拝見しました。確かに雰囲気が従来のウニとずいぶん違いますが、
そこがとても貴重な感じがしました。最初のウニはガンカゼの感じも連想しましたが、
なにかに見たてなくても、それ自身の造型がおもしろいですね。
試作とのことですと、お願いしても掲載の御許可はいただけないのでしょうか。
もし、ご迷惑でなければ(ご迷惑でしたら、あきらめますが)、
お願いできれば幸いなのですが。


田中まさし - 01/11/02 01:45:44

コメント:
□S太郎さん
こちらの鈴木復活はまだまだ先になりそうです。
しょうがないのでカラー模造紙買いました。
気分と同じブルー。ブルー故に青木。

ウニへ近づいた?「試作ウニ∠10°」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/Photos/7511213637f1.jpg

みるかし姫 - 01/11/01 16:21:46

コメント:
>S太郎さん
>「多方向拡張蛇腹折り」のうちの、4方向版

詳しい理論はよく呑みこめませんが、短い脚も紙の辺縁部に来るため、長さ比だけでなく、脚の太さのバランスが綺
麗にとれ、腹部の膨らみも十分領域がとれていますね。脚の長さは、対角線32分割のところを64分割にするなど
すれば確保できるんでしょうか。

京都で開かれる爬虫類系ペットの自家繁殖個体展示会に出品するのですが、折り紙で華やかに飾ろうと思います。
出品リストに加えてみたら、成体写真の迫力に遜色ない(笑)。おそるべし、折り紙パワー。ご指導くださった
折り紙師の皆さん、ほんとうに感謝です。

S太郎 - 01/11/01 12:17:14

コメント:
前川さん

了承いただきありがとうございます。
大変しつれいいたしました。

田中さん

書き忘れましたが、ウニの情報教えていただき、
ありがとうございます。
あと、最近、鈴木が復活しました。
よくみると、同じスズキ紙工業の、カラー模造紙は、
薄クラフト紙と同じ厚さなんですね。
田中さん折ったことありますか?今度ためして
みようかと思っています。

さて、実は、昨日、三つ首の平織りと、五つ首の
平織りというのをやってみまして、一応、折れたんです
けど、はっきりいって、折るの、ちょーめんどくさい
です。さすがにこれは、4単位くらい折ってお茶を
濁そうと思っています。まあ、めぐろさんの
考えておられるカリョウビンの平織りにくらべれば、
かわいいもんですけどね。



S太郎 - 01/11/01 11:28:27

コメント:
先に、自分の用事からかかせていただきます。

まず、第三脚の短いクモの展開図を
かきましたので、アップしておきます。

http://starou.omosiro.com/santangumo.html

これは、カマキリを折っていた頃からあたためていた、
「多方向拡張蛇腹折り」のうちの、4方向版
(45平行線を交差させたもの)になっています。
この構造は、22.5度倍角や、任意角にも拡張
できます。(自由度はあまり高くないけど)
利点としましては、

蛇腹設計と22.5度角設計の融合展開図の作成に
有効で、22.5度角のみでは、実現しにくかった
カド比率が、かなりの部分まで蛇腹でカバーできるので、
任意角設計の洗練化に有用であること。

などがあります。もしかしたら、そんな目新しい
技法ではないのかもしれませんが、私的には、
この技法の開発で、かなりのブレイクスルーが
あったように感じています。

ウニに関しまして田中さん以外にも興味をもって
くださるかたがいるかもしれないので、
展開図と、基本線の付け方をかいてきました。

http://starou.omosiro.com/unim.html

田中さんのウニ拝見しました。同じ正三角形配置なのに、
棘の形などが微妙にちがうようですね。
興味深いです。



前川淳。 - 01/11/01 09:21:44

コメント:
>(この判断でよろしいでしょうか>前川さん)
いいです。

ツルマゲドン。呆れたのと、敬服の並立。

田中まさし - 01/11/01 02:09:48

コメント:
違う…何かが違う…「試作ウニ?」(不切正六角形一枚)
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/291112819f1.jpg

棘の数を増やして、各棘をさらに細くすればなんとかなりますかね?
ホイル紙ごまかしだけは避けたいなぁ…


「UMA」
右脳>「年賀状用に馬を創作しようと思うんだ。」
左脳>「どんなの?」
右脳>「頭にツノがいっぱい生えた馬。」
左脳>「……。」


左脳>「ウニコーン?」


掲示板に書き込む
メインページへ
掲示板を開設した2000年10月から2001年3月までの掲示板
2001年4月01日から2001年7月31日までの掲示板