掲示板です。折り紙に関すること、関しないこと、何でも御自由にお使いください。
本ホームページへの、ご意見、ご要望、ご質問も大歓迎 です!!
あまり利用されないと寂しいので、更新履歴、兼、管理人からの連絡もここに書き込みます。
掲示板に書き込む
メインページへ
今日の掲示板へ
掲示板を開設した2000年10月から2001年3月30日までの掲示板
2001年4月01日から2001年7月31日までの掲示板

服部吉晃 - 01/09/25

コメント:
「はっとりよしあき」と申します。
コピーしてペーストしたので半角で打つのを忘れていました。

ところでこれも入れていただけますか?(写真と展開図)大した作品ではないのですが。
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/

S太郎 - 01/09/25

コメント:
ショウリョウバッタの解説拝見しました。
目黒さんの解説がつくと、すごい作品を折った
ような気になりますね。
ところで、須磨青史さん、今日、イエローカメラで
みたら、写真のCD化は約500円でした。
コスト的には写真自体を目黒さんに郵送というのが、
一番安いですね。目黒さんにはお手数かもしれませんが
(笑。

145(トゲ)−2(羽)−1(尾)=142(首)の鶴


S太郎 - 01/09/25

コメント:
服部さん、レスが遅れてすみませんでした。
三つ首の簡単な折り方を考えてきましたので、
今日、STRの研究室2にかいておきますので、
ご参考ください。あと、めぐろさん、私の三つ首
と五つ首も、よかったらあそこに入れてやって
くださるとうれしいのですが、、、


S太郎 - 01/09/25

コメント:
おわー、しばらく休んでたらエライことにー。
とにかく、S太郎のカキコ以降アップされた作品
全部すごいです。(まとめてもうしわけない)。
蜂の巣すごいなあ。なんかゴージャスだ。
北條氏の暫は内部の折り方が興味深いです。
しかし、私、暫の完成形みたことないんですよ。
めぐろさん、なんとか画像のせれませんか。
是非みたいなあ。ところで三つ首の話ですが、
田中氏はさすがにすごいですね。これはとても
真似できん(笑。しかし、連鶴はともかく、
三つ編みとは、、、極太明朝はエヴァを思い出します。



須磨 青史 - 01/09/25

コメント:
あ、三つ首の鶴掲載ですか。他の三つ首に比べて、拙いもので不掲載でも良かったのに…
>図は須磨さんの話を元に復元してみたのですが、ちゃんと復元できているか自信がありません。
尾が折りにくかったら正解です。
それから、コメントの欄に四等分した正方形の一つを切り取ると折りやすいと、書いておいて頂けますか?
因みに、この折方で切れ目の入れ方によって首がうじゃうじゃできますよ。
十六等分して作ったら、アコーディオンみたいになるかも。
名前の読みは、すま せいしです(本名ではないですし)。
連鶴ブームですか?それなら連悪魔でも折ってみようか。

めぐろ - 01/09/25

コメント:
須磨さん
三つ首の鶴を掲載させていただきました。
たいへんありがとうございます
図は須磨さんの話を元に復元してみたのですが、ちゃんと復元できているか
自信がありません。宜しくチェックのほどお願いいたします
また、不都合な点などありましたら合わせてご指摘お願いいたします。
また宜しくお願いします。
展示場の8.......須磨氏の「三つ首の鶴」です。


ところで、須磨さんのお名前はなんと読むのでしょうか?。
やはり、服部さんと同じで、著作権を記入するときに困っております。
ご迷惑でなければお教え願えないでしょうか。
本名を述べるのが迷惑でしたら何か適当な作家名をお教えいただけないで
しょうか。


めぐろ - 01/09/25

コメント:
須磨さん
三つ首の鶴を掲載させていただきました。
たいへんありがとうございます
図は須磨さんの話を元に復元してみたのですが、ちゃんと復元できているか
自信がありません。宜しくチェックのほどお願いいたします
また、不都合な点などありましたら合わせてご指摘お願いいたします。
また宜しくお願いします。
展示場の8.......須磨氏の「三つ首の鶴」です。


めぐろ - 01/09/24

コメント:
田中さん
うーむ、またまた美しいですね。
ところで、このパターンは伝承の連鶴の中にはあるのでしょうか
私は伝承連鶴は良く知らないのですが、このパターンは初めて
見たような気がします。これで中心の鶴を変えて多角形化するわけですね。
面白いですねー。是非、趣きある名前もお伺いしたいところです。
それで、我ながら大変あつかましいのですが、この作品も
掲載ご許可いただければ、大変ありがたいのですが、ご了承
お願いできませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/09/24

コメント:
さいたま市民さん
おお、お初ですう。
>Tさんへのお祝いを、岩さんと送ろうと話したのですが、いかがでしょうか?
はい、是非そのお話に乗らせてください。
詳細は明日にでも。


めぐろ - 01/09/24

コメント:
服部さん
> くはー。なぜ改行できない?!(涙)
おそらく <BR> が、カナ入力の全角の文字になっているからだと思います。
大変お手数ですが。改行されたい場合は、半角英数で<BR>とお打ちくだい。
ところで、服部さんのお名前はなんと読むのでしょうか?。
著作権を記入するときに困っております。
ご迷惑でなければお教え願えないでしょうか。
本名を述べるのが迷惑でしたら何か適当な作家名をお教えいただければ
ありがたいのですが。


田中まさし - 01/09/24

コメント:
えーと、六角形三つ首鶴を4羽組み合わせた時に
中心に出来る四角形でノーマル鶴を折るパターンです。
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/5892423353f1.png

五角形三つ首鶴も組み合わせようで、ノーマル鶴を組みこめますね。
命名とかもした方がいいんでしょうか?

めぐろ - 01/09/24

コメント:
田中さん
三つ首鶴関連の掲載のご快諾真にありがとうございます。
以下に掲載させていただきました。
展示場の2.......島田潔氏と田中まさし氏の「三つ首の鶴の関連作品」です。
御不都合な点や間違いなどありましたら、よろしくご指摘のほどお願いいたします。
これからも宜しくおねがいいたします。


めぐろ - 01/09/24

コメント:
S太郎さん ショウリョウバッタ追加アップをさせていただきました。
御不都合な点や間違いなどありましたら、よろしくご指摘のほどお願いいたします。
また宜しくおねがいいたします。
ショウリョウバッタ


さいたま市民 - 01/09/24

コメント:
初めて使わせていただきます。めさん、Tさんへのお祝いを、岩さんと送ろうと話したのですが、いかがでしょうか?

服部吉晃 - 01/09/24

コメント:
くはー。なぜ改行できない?!(涙)

服部吉晃 - 01/09/24

コメント:
私も掲示板書きこんだ次の日、学校で早速「楽々波」を試しましたが三つ首の気持ち悪さより、非常に折りにくいのが印象的でした。首なんかあちらこちらで、もうブチブチ(笑)<BR> 田中さん、すばらしいです。今度は「百鶴」待ってます。<BR> 不切正方形なら「妹背山」が狙い目ですね・・・。

田中まさし - 01/09/24

コメント:
◎めぐろさん
はいどうぞ。ついでにこれもどうぞ〜。
…折るんじゃなかった…。 http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/42924121624f1.png

めぐろ - 01/09/24

コメント:
田中さん
「三つ首の連鶴」唐突にすごくてビックリしました。
三つ首という形態の面白さが存分に発揮されていますね。
五角形の基本単位の繰り返しというのも、なるほどです。
連鶴で正方形にこだわることないですものね。お見事です。
このようなすばらしい御作品とても試作という段階のものとは思えません。
いつもお願いばかりで大変恐縮なのですが、ご迷惑でなければ
当ページに掲載許可いただくわけにはまいりませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。

ところで、さまざまな連鶴フォーメーションの例をみていて
思ったのですが、連鶴って、まるで、分子模型のようにも見えますね。
ダイヤモンド格子とか、フラーレン構造とか、サッカーボール模様とか
の立体連鶴はどの程度やられているんでしょうね。
2つ首とか三つ首とかなら、立体構造にも都合よさそうなんて思ったりします。


めぐろ - 01/09/24

コメント:
須磨さん
>2(n+1)翼の耳無し悪魔と、2n翼耳付き悪魔は、同じ構造ではありませんか?
いま考えてみますね。
えっと、一番簡単な例は、n=1の場合ですね。
そうすると、2n翼耳付き悪魔は4翼の耳無し悪魔と同じというわけですね。
すると、通常の2翼耳付き悪魔が4翼化できれば良いわけですよね。
そこで、通常の悪魔の展開図を見てみると、
確かに悪魔の翼の領域はわりと広いスペースを使っていますね。
ただ、もう一枚の翼を折り出すのには少々狭い気がします。
もしかしたら何かうまい方法があるのかもは知れませんが
一般的には、通常型の耳ありタイプを4翼にするのは、
ちょっと大変そうな気がします。
おそらく、須磨さんの折った耳ありタイプは通常型ではなくて
何らかの拡張型だったのではないでしょうか。それならば
耳を大きく折り出すような拡張型2翼耳付き悪魔タイプが
4翼の耳無し悪魔と同じということもあるかとは思います。
いかがでしょう。


田中まさし - 01/09/23

コメント:
下の連鶴試作は自作の五角形(未使用部除く)展開図から折ったものですが、
S太郎さん・服部さん的六角形展開図の方が柔軟性が高くて
さまざまな連鶴フォーメーションが考えられますね。
たとえばこんなの…
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/72923194921f1.png
う〜ん一体誰が折るんだろう?

◎須磨さん
展開図そのままから、目、眉毛、高鼻、牙、舌を折り変えてあります。
ちなみに確かルシファーは12枚翼だったような…。

田中まさし - 01/09/23

コメント:
◎めぐろさん
こちらこそお久し振りです+お世話になっております。
ここ半年くらい折り紙から離れてまして新作はないです。。
えーとでもかわりに流行の兆しな感じの三つ首の連鶴試作画像でも。

http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/91923155633f1.png



須磨 青史 - 01/09/23

コメント:
さっきの書き込みは、私です。
田中さん、顔違いバージョン拝見しました.
えっと、目をおって、鼻を高くして、上下に牙を折ったのですか?
牙つきの悪魔は、折り紙探偵団の掲示板で教えて頂いてから現在模索中でした。
めぐろさん、実は、耳付き悪魔を折ったのは一昨日が始めてだったのですが、
2(n+1)翼の耳無し悪魔と、2n翼耳付き悪魔は、同じ構造ではありませんか?
耳を折る部分の記述は理解できなかったのですが折ってみたら上手くいったもので…
双頭の悪魔は進展無し.

summa - 01/09/23

コメント:
test

めぐろ - 01/09/23

コメント:
田中さん
お久しぶりです and お世話になっております。
創作の御調子などいかがでしょうか。
いろいろご多忙のこととは存じますが、是非また
すばらしい作品のお話などお聞かせ願えればと思っております。
お久しぶりでしたので、つい横レスさせていただきました。失礼しました。


田中まさし - 01/09/23

コメント:
◎須磨さん
参考になりますかどうか。悪魔の顔違い田中版です。
http://image1.photohighway.co.jp/phj/MiFoto.asp?path=0001/226&fn=1f6374632958&ext=png&type=867.6282

めぐろ - 01/09/22 03:24:51

コメント:
A2さん
書き込みの内容カバーできてた様で、ほっとしています。
失礼しました。
それにしても皆さん若くてうらやましいって同感です。


A2 - 01/09/21

コメント:
めぐろさんへ
内容は代筆の通りです。
なんと、原文より判りやすく、良くなっている!


めぐろ - 01/09/21

コメント:
須磨さん
前川さんからokがでて良かったですね。
須磨さんの作品が見れると思うと私もうれしいです。
図に関しましては私もある程度は折れると思いますが、前川さん
はかなり造型を重視するタイプの方ですので、やはり作品として成立するものの図は
須磨さんが折られたものでないとまずいような気がします。
研究的な目的の一部分の折りなら多分大丈夫だとは思いますが。


めぐろ - 01/09/21

コメント:
S太郎さん
このホームページはS太郎さんをはじめ、皆様から非常に有用な情報を提供していただいて
成り立っておりまして、いつも感謝している次第です。
ショリョウバッタに関しましては今週末、追加upをさせていただきたいと
思っております。宜しくお願いします。


A2さんの内容の代筆@めぐろ - 01/09/21

コメント:
A2さんのかかれていた内容は、たしか、
「須磨さんの6翼悪魔の作品公開を楽しみにしています」
「私は40代直前ですが20代のみなさんがうらやましい。
私の若いころはディープな創作をする人がこんなに多くなかった。
私も20才若かったらなあ」
という内容だったと思います。
A2さん宜しくチェックお願いいたします。


めぐろ - 01/09/21

コメント:
A2さん、先ほど、私の投稿の修正をしていて、A2さんの最新の投稿を
うっかり消してしまいました。大変大変申し訳ありません。<(__)>
もしお手元に投稿内容残っておりましたら大変恐縮ですが再度
ご投稿お願いできませんでしょうか。すみませんでした。


めぐろ - 01/09/21

コメント:
先ほどA2さんの、エイリアンと、マルスゾウカブトムシの図と
北條さんの暫の図と、
服部さんの蜂の巣の図と三つ首の鶴の図を
掲載ご許可をいただいた順に掲載させていただきました。
心より感謝申し上げます。
この数日でいただいた大変ありがたい掲載御許可に関しまして、
インターネットの即時性を重視いたしまして、早くアップできる図を
急いでアップさせていただきました。
準備が必要なものに関しましてはこれからアップさせていただきたいと存じております
なにとぞご理解とご協力のほど宜しくお願いいたします。
また不都合な点、間違いなどございましたら、宜しくご指摘のほどお願いいたします。
h.13.09.21 A2氏の 2作品の図を掲載させていただきました。 エイリアン、プロト版マルスゾウカブトムシ
h.13.09.21 北條氏の 1作品の図を記載させていただきました。
h.13.09.21 服部氏の 1作品の図を記載させていただきました。 蜂の巣
h13.09.21.新規展示場の7.......服部氏の「三つ首の鶴」です。


須磨 青史 - 01/09/21

コメント:
前川さんの、お返事頂きました。
新バージョン、掲載Okとのこと(しかし、私が図を載せるべきなのでしょうね。)
牙有りの悪魔なんてのも有るのですね、6翼に組み込めるかな?
無指4腕6翼、追試結果良好です。
ただ、紙の厚さの問題で少少折りにくいですが。それに、指無しでは、他の折り込み様から浮いてしまうのが…
しからば、8翼を?
S太郎さん、鶴を拝見させて頂きました。やはり、年期が違うというか、熱意が違うというか、とてもスマートですね。
写真屋さんでそんなサービスもおこなっているのですか。なるほど、友人にパソコンを借りれば送れるかな。
最後に、綾辻さんの暗黒館がインポケットで連載している筈ですが(もう終わったかな?まとめて読みたいので読まずにとっておいてるのですが)、
また新しい折り紙出てたりするのでしょうか?

S太郎 - 01/09/21

コメント:
>結社のお絵かき掲示板にあるA2さんのマルスの展開図は、
>中心部分が裏鶴になればよいんですよね。(ちょっと自
信がないのですが)

そのとおりです。ほんというと、私、ああ折って、
そのあと変形するくせがあるので、ああかいてし
まいました。



S太郎 - 01/09/21

コメント:
めぐろさんなんだかにわかに忙しくなりましたね。
ショウリョウバッタも、準備中となっていましたが、
急ぎませんので後回しで結構です。それより、
服部氏と北條氏の作品が早くみたい(笑。



S太郎 - 01/09/21

コメント:
服部吉晃さん、ご質問ありがとうございます。
じつは、あの展開図、中心部分が、やはりちょっと
省略されてるんです。とりあえず、五つ首の方を
先に折っていただくと、まとめ方の方針がおわかり
いただけるかもしれないとおもいます。


まず、五つ首で、中心の星形の領域を沈めるように折り
まとめます、(そのままではいぼぢのつるになるので
適当なところでさらに反対に沈める。)
この状態だと、背のカドが5つになるので、
中心以外の4つのカドが、中心のカドの中に入るように
周囲の山谷をひっくり返します。これで背が一つに
まとまるので、あとは、長いカドの枝別れに直接影響
するところだけ沈め折りで細くして、直接影響の
ないところは、鶴と同様、谷折りです。
三つ首の方は、もうちょっと厄介なのですが、
方針は似ています。それに関しましては、今日、
自分のページでやってるお絵描き掲示板を修理する
予定なので、よかったら後日そこででもご説明いた
します。ところで、服部さんの蜂の巣分類に投稿
されたんですね。非常に楽しみです。エビフライも
すごかったです。のけぞりました。
北條氏の作品も楽しみだなあ。私は探偵団をマガジンを
とっていないので、楽しみもひとしおなのだ。



めぐろ - 01/09/21

コメント:
服部さんへ
メール到着しておりました。
鶴の展開図と蜂の巣の写真確かに受け取りました。
大変ありがとうございます。
蜂の巣、すごいですね。
いやー、びっくりです。
これからも宜しくお願いいたします。


A2 - 01/09/21

コメント:
北條さんへ
鸚鵡貝の貝殻の件、私も同様に思います。
私も同様に悩んだ記憶があります。当時の設計過程を参考の為、紹介しましょう。
 展示した作例は最終形で、それまでに色々なものを試しました。私の場合、鸚鵡貝の貝殻の美しさはフラクタル構造にあると思い、まずそれを念頭に設計しました。
もっと折りの多い滑らかな貝殻になる解も存在しますが、折線がうるさくなること、折りにくいことを考慮し、最終形に落ち着いた経緯があります。
あと、貝の部分を胴体にしたスルメイカの作例もありますが、これは造形的に面白みに欠けるので公開は控えています。自分のHPの没コーナで紹介する予定です。

服部吉晃 - 01/09/21

コメント:
送っておきました。届いていますでしょうか?

めぐろ - 01/09/21 02:56:44

コメント:
それにしましても、3首の鶴というテーマは人気がありますね。
やはり綾辻氏の小説によるところが大きいのでしょうが、
私的には小説を離れても、ちょっと異常な日常という感じに引かれたりします
全部三つ首の千羽鶴!、気味は悪いかもしれませんが、
妙にそそられるものがあるような、、、。


めぐろ - 01/09/21 02:46:20

コメント:
服部さん
添付付きのメール送っていただいたのでしょうか。
大変ありがたく存じます。
  実は現在ホームページ用のメールアカウントが使えなくなっておりまして、
おそらく、先に送っていただいたメールは当方には届かないと思います。
現在、臨時で以下のアドレスを使用しております。
tmeguro@rs.noda.sut.ac.jp
大変お手数おかけして申し訳ないのですが、上記のあて先まで
再度お送りいただけないでしょうか。よろしくお願いします。


めぐろ - 01/09/21 02:24:01

コメント:
北條さん
かの件、ご許可いただきまして、とてもうれしいです。ありがとうございます。
展開図は以前いただいたものを保存してあります。
なんとか的外れにならないようにしたいとは思っておりますが
間違いや奇妙な解釈などありましたら、ご指摘のほど、お願いいたします。
また宜しくお願いします。

ところで、この掲示板は、デフォルトでは改行がありませんので
多分文章が長くなると後半の数文字が消えるのかもしれません。
文中の適当な数個所に半角英数で4文字の <BR> という
改行マークを入れていただければ、文字消えはなくなると思います。
(大変お手数をおかけして申し訳ありません)


服部吉晃 - 01/09/21

コメント:
添付付きのメール送れているでしょうか? S太郎さんの三つ首の鶴と基本的に同じものを私も作ってました。 今年の5月ぐらいに創作して学会のコンベンションに持っていき、極一部の人にお見せしたような、していないようなと言ったところです。 正直、驚きました。先にやられた〜って感じです。と言いつつ結構みなさん作ってたりして。。。 急きょダンボールから作品を見つけ出し、展開図を書いてみました。 写真で見る限りやはり背中のまとめ方が違うようです。私はどうしても羽をぐぐっと開きたかったものですから、 かなり複雑になってしまいました。 ぜひS太郎さんの作品の背中のまとめ方も知りたいので、教えていただけませんか。お願いします。 ところで島田潔さんの作品を折って分かったことですがこれは15cmの折り紙で折るとちょうど7.5cmで折ったものと同じ大きさになるんですね。 ですから千羽鶴の中にこっそり三つ首の鶴が入っていても案外気付かれないかもしれませんね。どうなんでしょう?やはり嫌がられるのでしょうか?全部三つ首の千羽鶴というのは気味が悪いでしょうが・・・あっ!!今度三つ首の鶴の連鶴に挑戦してみよーと。

めぐろ - 01/09/21

コメント:
S太郎さん
STR研とても使いやすいですね。
リンクは以下でよいということとのことでしたのでありがたくはらせていただきます。
http://isweb34.infoseek.co.jp/art/starou/
私もいろいろと使わせていただきたいと思っております。
三つ首と五つ首の鶴、展開図とあわせてとても面白いですね。 5首までいくと、10首の鶴とか7尾の鶴とか
折ってもらいたくなってしまいますが、それは何か別のものになってしまいそう(w

結社のお絵かき掲示板にあるA2さんのマルスの 展開図は、
中心部分が裏鶴になればよいんですよね。(ちょっと自信がないのですが)


めぐろ - 01/09/21

コメント:
かくのりさん
お久しぶりです、そして、おめでとうございます。
昨日はアンドさんと飯島さんと、かくのりさんのお話をしておりました。
お幸せそうで何よりです。私はぼちぼち元気でやっております。
かくのりさんの「たにしキャップ」もう一度みたいです。
仕事中でも手が空いたときなどは是非遊びにきてくださいね。
お待ちしております。


めぐろ - 01/09/21

コメント:
A2さん
エイリアンは私はてっきりアヤメ系かなと思っておりましたが、
片手属だったのですね。アヤメ系にしては尻尾の長さが不思議だったのですが、
おかげさまで納得できました。
片手属も折りこめばとても面白いものができるのですね。

>マルスは最近の作品ですが、折線構造があまりにも素直なため、
>前例があるかもしれないですね。
私も、いま手元に資料がなく、実際のところは良くわからないのですが、
マルスゾウカブトムシ自体の作例が少なく、かなりオリジナル性は
高いと思うのですが。


北條高史 - 01/09/20

コメント:
どうもうちのパソコンは、この掲示板とは相性がわるい ようです。 「展開図はそちらにありますよね?」と書きたかったの ですが…

北條高史 - 01/09/20

コメント:
A2様 早速のお返事ありがとうございます。 そうですね、あれは「殻をかぶった軟体動物」を表現す るには最適な基本構造かもしれません。ただ、巻くため には貝部分の長さ・面積が少々足りない感があり、A2さ んの作例のように効率の良い折りをするか、私のように 半開きにしてそれっぽくごまかすというような逃げが必 要になります。(私の方法でしっかり巻くと、貝が小さ くなりすぎてイマイチな最終形になってしまいます。こ れを克服するためには周囲領域の拡張をすればいいのか もしれませんが、本来の造形バランスや作品の軽量感を 損なってしまいそうで、まだ手を出せずにいます。) ところで、… 北條刑事は何度か見ましたが、見た目似てないですよ、 性格はともかくとして。第一あんなに細くないです。 (以前折紙探偵団定例会で、この番組の最中に「折り紙 がでてくるマクドナルドのCM」がやっているという報告 があったので、折り紙関係者は結構見ていると思いま す。それ以降定例会でもしょっちゅう話題に出てきてか らかわれます。) 目黒様 おひさしぶりです。だいぶ間があいてしまいました。 かの件ですが、発表からそろそろ2年経つことですし、 そろそろ掲載していただいてもいいと思います。展開図 はそちら

S太郎 - 01/09/20

コメント:
結社のお絵かき掲示板にあるA2さんのマルスの
展開図は、中心部分がオリジナルとちょっと違います。
気付いておられるとはおもいますが、念のため。


S太郎 - 01/09/20

コメント:
ふと思い出したのですが、最近は写真屋さんで、
普通のカメラや使い捨てカメラでとった写真を、
デジタルデータにしてCDで焼いてくれる
サービスがあるようです。
どの程度費用がかかるとか、詳しいことはわかり
ませんが、須磨さん画像アップの助けになるかも。



S太郎 - 01/09/20

コメント:
三つ首と五つ首のアップ完了しました。
おりがみ設計的には、偶数首の鶴が奇数首より、
数段むずかしいようです。だれか折りませんか?
なんちゃって。鶴といえば、今、探偵団の一言掲示板を
のぞいたら、工作員さんがスゴイの折ってました。
完全に貫禄まけです。



S太郎 - 01/09/20

コメント:
ほんの数日ぶりですが、色々な変化が…。
対応しきれん(笑。
まず、画像掲示板の件ですが、とりあえずデフォルト
そのままのアップで、背景色とか、画像保持件数とか、
まだまだ設定すべきことが多いです。できるだけ早く
整えたく思っています。それにしても、予想はして
ましたが、A2さんの作品すばらしいですね。
どの作品も、スマートというか、スタイルがいい
ところに惹かれます。あと、須磨青史さん、ホーム
ページのぞいていただき、ありがとうございます。
実は、須磨さんのカキコに便乗して、三つ首の鶴と、
五つ首の鶴を折りました。できたら、今日中に
アップしようと思います。あと、アギト北條ネタの
根源は私です。北條氏には、大変失礼いたしました。
あと、STRの方は、掲示板等、CGIのページに直接
リンクはサーバの規定でできませんので、目黒さん
がかかれた、あのトップページへのリンクで結構です。



かくのり - 01/09/20

コメント:
失礼しました。さきほどの書き込みは私です。

お久しぶりです。 - 01/09/20

コメント:
爾おひまな時は遊びにきてね。」というお言葉を頂戴致しておりましたので、遊びに来ちゃいました。(仕事中) めぐろさん、おげんきですか? とげとげのうにうにを作ってくださいね。

A2 - 01/09/20

コメント:
めぐろさんへ。 マルスとエイリアンを褒めて頂き、ありがとうございます。恐縮しております。 エイリアンは基本構造は簡単(片手属)ですが、折りの技術で造り込んだものです。背中に3つのトゲがあるバージョンもありますが尻尾が若干短くなる為、造型的にはプロト版が気に入っています。 マルスは最近の作品ですが、折線構造があまりにも素直なため、前例があるかもしれないですね。

めぐろ - 01/09/20

コメント:
須磨さん
すばらしい勢いで悪魔の発展が進んでいますね。
これがテスト期間中というのがまたすばらしいです。(^^;
ぜひ、がんばって折紙を発展させてください(テストも)。
n=0で折ると、無指4腕6翼というのも面白いですね。
4腕というのがおどろきです。


めぐろ - 01/09/20

コメント:
北條さん、お久しぶりです。 
北條さんのアンモナイトは私も印象に残っていまして
A2さんの鸚鵡貝との類似点はどうなっているのかしらと
興味深く感じておりましたので、展開図の基本構造もほぼ同じとのお話を伺いまして
なるほどと納得です。

ところでこの掲示板は行換えのときにスペースが入ってしまうのかも
しれません。申し訳ありませんです。
北条さんのアンモナイトのページは以下に再掲しておきます。
http://www.origami.vancouver.bc.ca/Gallery/Japan/ammonite.html
ところで、以前お願いしてありました件につきまして、また
お願いの連絡をさせていただきたいと思っておりました。
そのせつは宜しくお願いいたします。(我ながら厚かましくて申し訳ありません)


A2 - 01/09/20

コメント:
北條さんへ。この掲示板で、”アギトの北條さん”ネタで楽しんでしまったことを最初にお詫び致します。北條さんのアンモナイト、確かにそっくりですね。創作当時、あの形状を簡単に実現するための折線構造を検討した際、拙作が最適解に近い確信があったため、いづれは誰かがやるであろうと思っていました。それが北條さんであったとは、真に光栄です。恥ずかしながらつい最近(アギトネタで)北條さんの存在を知りましたが、これからも宜しく御願い致します。

須磨 青史 - 01/09/20

コメント:
無駄な追記
テスト今日じゃなかったー!!!!

須磨 青史 - 01/09/20

コメント:
須磨@テスト月間です。
めぐろさん、有り難う御座います。テスト終了後、夕方にでも連絡してきますね。
それから、7本指の折り方が無限折りになっていると書きましたね。
つまり、2n+1本の指が作れるわけですが、n=0で折ると、無指4腕6翼になります。
といっても、7指6翼を崩して作ったので今度改めて追試をして確認したいと思います。
あ、後、今更ですが、5指4翼確認しました。


北條高史 - 01/09/19

コメント:
ウーさんのページのアドレスで、japan/ammoniteの間に スペースがなぜかはいってしまいましたが、これを詰め ないと通じません・・・。重ねて失礼しました

vk條高史 - 01/09/19

コメント:
うーむ、先をこされてしまいました〜。 と、最後に書いたのですが消えてしまいました。 失礼しました。

北條高史 - 01/09/19

コメント:
この掲示板には初めておじゃま致します、北條です。弥 勒菩薩以来ご無沙汰しております。 A2さんの作品拝見致しました。おお、これは!? ここでこの作品を出すと負け惜しみっぽいですが、もし よろしければ拙作「アンモナイト」をご覧ください。 (ジョセフ・ウーさんのページに掲載) http://www.origami.vancouver.bc.ca/Gallery/Japan/ ammonite.html 形状がそっくりなので驚きました。創作はA2さんに遅れ ること2年の1996年。展開図の基本構造もほぼ同じ、足 部分を細かく枝分かれさせているくらいの違いしかあり ません。うーむ、先をこされてしまいま

めぐろ - 01/09/19

コメント:
A2さん
お世話になっております。
それにしましても、マルスゾウカブトムシかっこいいですねー
うわーって感じです。角の長さも私が見たことのある昆虫写真と
イメージ的にぴったしでした。
エイリアンも不気味なリアルさがすばらしいです。
これらのお絵描き掲示板のすばらしい御作品の掲載許可をいただいきましたこと
大変ありがとうございます。
人面のご完成も楽しみにさせていただいております。


A2 - 01/09/19

コメント:
S太郎さんのお絵描き掲示板で紹介した作品も、掲載OKです。実写版を画像掲示板にアップさせて頂いております。あと人面も掲載可能ですが、もう少し洗練させてから公開しようかなと考えていますのでそれまでお待ちください。

めぐろ - 01/09/19

コメント:
須磨さん
6翼7指の記載ご本人の認定をいただけましててほっとしております。
また、面白い情報や、図などよろしくお願いいたします。
双頭の悪魔ちゃくちゃくと進化されているのですね。
大変興味深いです。

前川さんに連絡をとるには、折紙探偵団のホームページに行って
http://origami.gr.jp/
そこの掲示板に書き込みされればすぐに連絡が取れると思います。


めぐろ - 01/09/19

コメント:
A2さん
こちらこそ大変ありがとうございます。
分類や展開図上のパーツの割り振りは、いつも間違っているのではないかと
ヒヤヒヤものでやっています。正解だったとのことでホッとしています。
それでも、分類はある程度客観的な基準があるので多少は安心して
やっているのですが
展開図上のパーツの割り振りは、ケースバイケースですので、
まるで地雷ゲームをやっているようなスリルがあります。
それがまた楽しくてやらせていただいているわけですが。

須磨 青史 - 01/09/19

コメント:
こんにちは、めぐろさん。
6翼7指掲載されたのですね。記載に問題はありません。
前川さんとはどの様に連絡を取ったらよいでしょう。ページを作ってらしたりするのでしょうか。
でも、今のままじゃあ写真を送れないな、パソコン買おうか…。
いつかは、写真付きで載せたいですね。
双頭の悪魔、不切正方ではありませんが2翼5指で何とか形になりました(まだまだ、発表の段階ではありませんが)。
簡単な説明を、2つめの菱形、小鶴(の半身)を辺に向けております。

A2 - 01/09/19

コメント:
おはようございます。 早速の掲載に驚いています。どうもありがとうございます。昨日、めぐろさんの分類系統図を拝見し、どこに分類されるかなと考えていましたが結果はビンゴでした。 展開図もめぐろさんの解釈で正解です。 なんか嬉しいな。

めぐろ - 01/09/19

コメント:
A2さん
鸚鵡貝の図を分類コーナーに掲載させていただきました。
今回の掲載に関しまして、間違い、不都合ありましたらよろしく
ご指摘のほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/A2/omu.html#p1
S太郎さんの所にA2さんが描かれました他のとても興味深い御作品に関しましても
掲載させていただきたいと思っております。また、よろしくお願いいたします。



めぐろ - 01/09/19

コメント:
須磨さん
6翼7指の悪魔を分類コーナーに記載させていただきました。
もとの悪魔との関係が微妙なため現状では文章のみの記載となっております。
文章だけでも、とても面白いのですが、将来的には、須磨さんと前川さんとで
お話をされて、(造型を重視される創作家の方の作品から、他の創作家の方が
バリエーションの創作をされた場合、第三者が折ったものを展示するのは
難しいものがありますので)須磨さんの御図を発表していただけることを
心より願っております。
(なんかワガママなお願いばかり言って大変申し訳ありません。)
分類コーナーの記載に関しまして、間違い、不都合ありましたらよろしく
ご指摘のほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/suma/6yokuakuma.html#p1
今後とも、よろしくお願いいたします。


須磨 青史 - 01/09/18

コメント:
めぐろさん、先程までおられたのですね。
私は、今折り紙設計のページを印刷したところです。
家に帰ってじっくり読もうと思います。
S太郎さんのページにも行ってきましたよ、鸚鵡貝見事ですね、A2さん。
それと、先程書き忘れたことを、
先日の七本指の折り方は、無限折りになっていました。
六翼の悪魔、掲載楽しみにしてます。

めぐろ - 01/09/18

コメント:
A2さん
掲載ご許可ご快諾いただきまして真にありがとうございます。
S太郎さんの所にアップされた作品図や展開図等、是非使わせていただたいです。
今後ともよろしくお願いいたします。


めぐろ - 01/09/18

コメント:
須磨さん
なるほど、用紙幅を1として大鶴の部分の長さを決める式があれば
多翼の悪魔が折りやすくなりますね。
普通の悪魔は、大鶴:菱形:小鶴が、√2+1:1:√2
だそうですから、2n翼の悪魔の場合はこれが、√2+1:n:√2
大鶴:用紙幅=√2+1:√2+1+n+√2
これから、用紙幅を1としたときの大鶴の部分の長さは
(√2+1)/(√2+1:√2+1+n+√2)
で分母を有理化ということだと思います。
悪魔に限らず複雑な折り紙の展開図では、用紙幅1(ここがポイント)に対する
重要な折線の長さが示されているのが、折り手にとっては
一番便利な情報なのでしょうね。


A2 - 01/09/18

コメント:
めぐろさんへ 私の作品でよければ掲載してください。 大変光栄に思います。 S太郎さんの結社のお絵描き掲示板に展開図を記入させて頂きました。参考にして下さい。

須磨 青史 - 01/09/18

コメント:
前略。
2n翼の悪魔の大鶴の部分は、1辺又は、対角線を1として、
{(n−3)+(n−1)√2}/(n^2+2n−7)
翼一枚に、六枚の厚さが必要。
草草

めぐろ - 01/09/17

コメント:
A2さん、こんばんは。
鸚鵡貝カッコいいですねー。
貝殻、くちばし、足のバラランスがとってもいい感じです。
ヘビもかわいいですね。牙の後ろの目(でしょうか)のあたりがなんとも。

ところでA2さんの御作品はご本人のHPで紹介される予定とのことでしたので
先立ったお願いは控えていたのですが、もしHP御開設が遅れますの
でしたら、御本家に先立つ大変あつかましいお願いで恐縮なのですが、
現時点で当ページに掲載御許可いただけないでしょうか。
ご迷惑でありませんでしたら、よろしくおご考慮の上、
お許しいただければたいへんうれしく存じます。


A2 - 01/09/17

コメント:
こんばんわ、めぐろさん。 久々にお邪魔します。 S太郎さんのところに良い物ができましたね。 恥ずかしながら厚かましくも私の創作折紙を掲示させて頂きました。 ヘビも鸚鵡貝も同じ折線構造で、笠原先生の言うところの小鳥の基本形を発展させたものからできています。 まずは紹介まで。

めぐろ - 01/09/17

コメント:
須磨さん
「三首の鶴」の公開御許可どうもありがとうございます
(掲載許可と同義と受け取っておりますが問題がありましたらご指摘お願いいたします。)
今後また、お願いいたします際もよろしくお願いいたします。

あまりしつこく御公開をお願いするのはご無礼なことと存じますので、
気楽に聞き流していただきたいのですが
須磨さんは面白いアイデアをいろいろお持ちでいらっしゃいますし、
最近は、パソコン内に折り紙の画像ファイルさえあれば、S太郎さんのところ等で
画像upが容易にできますし、パソコンをお持ちでない場合も等ホームページなどで
写真のスキャンからのアップも喜んで行わさせていただいておりますし、その他の発表の
場所もたくさんありますので、今後お気が向きました際は是非ともご検討ください。

>悪魔は、あまり純オリジナルとは、言い難い(と、云うより、言いたくない)ですね。
一般的な話として、折り紙のオリジナル性についての判断は難しいところがありますよねえ。
特に大もとがはっきりしているけれども、大改造しているばあいはより微妙ですね。
(私なんかが口をはさむべきじゃないんでしょうけど、、、)
>指でも鶴でも頭でも、奇数個に分ける方がそれより少ない偶数個に分けるより簡単な気がしますが
いわれてみればそんな気がしますね。
用紙の角を使う場合は角を中心に左右対称にすることが多いので奇数になっちゃうんでしょうか。

>人生のどれほどを折り紙に費やしているのでしょう。
そりゃあもう、しゃれにならないくらい、、、(なぜか大汗っ)。


須磨 青史 - 01/09/17

コメント:
再び須磨です。
今日のテストが終わったからって、折り紙のお勉強です。
今迄なんと無しに見ていましたが、勉強してから作品を見ると、また一段と驚かされますね(あぁ、勉強と同じか…)。
皆さん、どなたも凄いな。人生のどれほどを折り紙に費やしているのでしょう。
虫の一群といい、ヤマアラシといい、etc、etc…
私も、もっとレパートリィを増やしてみよう。

須磨 青史 - 01/09/17

コメント:
須磨です。
今までテストを受けていました。
作品の公開は私はできないのです。
何故なら私は、パソコンを持っていなからです。
ですから、六翼七爪の悪魔でも、三首の鶴でもどうぞ公開なさって下さい。
ですが、悪魔は、あまり純オリジナルとは、言い難い(と、云うより、言いたくない)ですね。
前川氏のものをちょいと、帰納的推論したものですからね…
双頭の悪魔は微妙な所ですが、きっと錯覚でしょう。まだまだ道のりは遠いと思います。
悪魔と、弥勒菩薩を組み合わせたらどうか…と、思っているところです。
恐らく翼を折るのがほぼ無理な気すらします。
また、指でも鶴でも頭でも、奇数個に分ける方がそれより少ない偶数個に分けるより簡単な気がしますが。
テストはまだまだ続く…

めぐろ - 01/09/17

コメント:
S太郎さん
研究室3の画像掲示板めちゃくちゃ便利ですね。
リンクは以下と http://isweb34.infoseek.co.jp/art/starou/

メインページのどちらに張ればよいのでしょうか。


S太郎 - 01/09/17

コメント:
あ、なるほど、そうか。
私、フラッシュパスという
スマートメディアのやつもってます。
でもこれは、容量それほど多くなかったような…。
それと、画像掲示板、初期設定そのままですが、
一応仮設置してみました。
サーバの決まりで、掲示板自体に直接リンクは
出来ませんが、それ以外はまあまあ使えると思います。



めぐろ - 01/09/17

コメント:
S太郎さん
フロッピーディスクアダプタは主目的はをデジカメとかのメモリーカードの
データをフロッピーディスクを通してやり取りするものですが、
そのまま、大容量FDとしても使えるものです。
ただしこれを使うパソコンに読み取り用ソフトをインストールしておく必要が
あります。
使い勝手は、私は気に入っています。
ソフマップ等の大手パソコン店に行けばたいていは売っています
以下に製品の乗っているページをリンクしてあります。
(私が持っているのは別のメーカ製ですが、、、)
ここ

ここの値段は \9,800とありますが、普通は6000円から8000円位のようです。
メモリーカードをお持ちでない場合はそれも必要です
(容量によりますがだいたい数千円)。


めぐろ - 01/09/17

コメント:
あ、S太郎さん、ニアミスですね。
>画像掲示板は、多分容量のみなんらかの制限がつくとおもいます。
ということは、それ以外はフリーと考えてもよいのですね。
それは非常に楽しみです。S太郎さんもご準備大変でしょうが
ぜひ実現していただきたいです。


めぐろ - 01/09/17

コメント:
須磨さん
双頭の悪魔ですか、すごいですね。それも六翼だったりするんでしょうか。
須磨さんの折られた作品は公開されたり公開予定されたりしているのでしょうか。
もし、されていないのでいたら是非とも御公開をお考えいただきたいです。

七本指の折り方は私が思ったものとは違いましたが、須磨さんの方法でも
私が思ったものと同様にやはり指が少し短くなるようですね。
(造形的にうまく処理すれば気にならないかもしれませんが)
三首の鶴は、正方形を四等分するアイデア面白いですね。
よろしければ等ホームページで写真付で紹介したいのですが
(折ったものと写真ははこちらで準備いたします)
ご許可いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。


S太郎 - 01/09/17

コメント:
ニアミスですね。画像掲示板は、多分容量のみ
なんらかの制限がつくとおもいます。
こればっかりは有限のものですので。



S太郎 - 01/09/17

コメント:
フロッピーで32メガ使えるやつなんてあるんですか。
知らなかった。そこんとこもちっと詳しく教えてもら
えますか?あと、ネットカフェ(喫茶)は普通、
メールだめなんでしょうか。私がいま使っているとこは、
WEBメール(ホットメール)は普通に使えます。



めぐろ - 01/09/17

コメント:
S太郎さん
三浦折りの球面ですか、おもしろそうですね。
御公開を楽しみにしております。

画像アップの掲示板も楽しみにしております。
管理方針としては誰でもフリーに使えるのでしょうか、
それともイタズラ防止のため何らかの制限アリでしょうか。
いずれにしましても、ぜひ使わせていただきたいです。


めぐろ - 01/09/17

コメント:
ネットカフェ、通信が速いのなら今度使ってみようかしら
メールはだめかもしれないですが(スパムメール禁止のためでしょうかね)
それを差し引いても家の電話回線よりは、よさそうです。
お店のパソコンにソフトがインストールできるなら、フロッピーディスクで
32MBのデータ読み書きができるカードを持ってますので
かなり活用できそうです。
ただ家の最寄のネットカフェが相当遠いんですよね。
(チャリで30分くらいかかってしまう(T-T)


須磨 青史 - 01/09/17

コメント:
お久しぶりです(そうでもないか)、須磨です。
私の折った七本指はですね、指を折り出す行程を1回折った後、
そこにできた正方形で更に五本指を折るという手法です。
(既に分かっていたら済みません)
一応、六翼、七指ができています。
次は(と、云うか元々は)双頭の悪魔を目指しています。
三首の鶴は、正方形を四等分して、全てに鶴の折り目をつけた後、
左右の鶴を折ります、すると、前後の正方形が重なるので、まとめて鶴を折ります。
ただ、前述の通り尾の部分が厚くなり過ぎるので美しくありません。
まあ四等分した正方形の一つを切ればよいのですが…
ところで、家の近所にも、ネットカフェありますよ(カフェではなかったかも…)。
でもそこではメールが使えないのが欠点なんですけどね。

S太郎 - 01/09/15

コメント:
ネットカフェといっても、私が利用しているのは、
マンガ喫茶と一緒になった、半個室の、いかにも
アダルティーなページ見てくださいといった感じの
ところです。でも、ADSLで通信は速いです。
あと、ソフトのダウンロードや、インストール(笑、
は、べつにやりたいようにやってよいようです。
(なにも注意書きがない)
私は、FTPソフトを勝手にインストールして使ってます。
他に、CDロムとフロッピーが使えますが、MOがないので、
大きなデータは扱いにくいです。



S太郎 - 01/09/15

コメント:
件の球は、平織りというか、ミウラ折りというか、
そういった感じの基本単位があって、それが自然に
球面上に丸くなるものです。表面に凸凹はありますが、
基本単位を細かくおればおるほど全体からみた凹凸の
割合は小さくなるので、漸近的に球に近づいていきます。
紙の使い方は、円筒形の上ほど伸縮率を大きくした
カタチ(STRのページの図参照)です。
あと、画像アップにかんしては、それに対応した掲示板を
設置予定です。(学校始まってから)。



めぐろ - 01/09/14

コメント:
S太郎さん
ネットカフェですか、なかなかハイカラですなあ。
私まだネットカフェに入ったことがないんですけど、使いごこちとか
はどうなんでしょう。

>「ここの分類コーナーに無い日本のメジャー昆虫」
>というくくりによるものですので、載せてもらうの
>前提でつくってたりします(笑。
ううっ!なんてありがたいお言葉。ぜひぜひよろしくお願いします。

「不切正方形一枚折りの球体」の話、S太郎さんもご存知の
情報が多いと思いますが一応以下に書いてみます。
まず、表面にでこぼこのない球体を不切正方形一枚折でという作品はかなり
少ないと思います。私が知っている限りでは内山興正氏のものくらいです。
これは確か伝承の風船(これは立方体)みたいな感じから
角を丸くして最終的に紙風船のように仕上げるものでした。
正20面体や正12面体も見方によっては球ですので、これは 伏見婦人や
芳賀氏などが折られています。
その他表面に凹凸があるものでも球とみなせば、作品数は多少は
増えるとおもいますが、それでも球を目指した作品は少ないと
思います。S太郎さんの球がどのようなものか興味津々です。

お絵かき掲示板は便利ですね。ぜひ使わせていただきたいと思います。
(画像のアップロードとかはできるのでしょうか?)


めぐろ - 01/09/14

コメント:
須磨さん
>一応七本できたのですが、両端の二本と、内側の五本で長
>さが異なるものが折れました。

悪魔の7本指を元の5本指と同じ長さで折り出すのは大変みたいですね。
須磨さんは既にお試しのことかとは思いますが、考えられる方法としては
腕を少し短くするか、指を短くするか(須磨さんの言われた方法ですね)
または展開図をちょっと拡張するかだと思うのですが、
6本より大変そうですね。
(ただ、6本翼の悪魔を折れる須磨さんにとって、指の数を増やすのは
困難なことではないとは存じ上げておりますが)

三つ首の鶴とかも折られているのですね。
ぜひ拝見したいものです。


S太郎 - 01/09/13

コメント:
しまった呼び出し禁止だ。もう一度。
http://isweb34.infoseek.co.jp/art/starou/

S太郎 - 01/09/13

コメント:
もちろん目黒さんはご存知だろうと思いますが、
せー三角形の比率のとりかたここにかいときました。
http://isweb34.infoseek.co.jp/art/starou/cgi-bin/oekaki/picture.cgi
ここ、いま工事中なんですけど、こういうの便利だと
思うのですが、どんなもんでしょうか。


S太郎 - 01/09/13

コメント:
六翼の悪魔とはものすごそうだなあ。ネットカフェから
S太郎です。
ショウリョウバッタ掲載ありがとうございます。
トンボ、カマキリ、ショウリョウバッタ、
というテーマの変遷は、
「ここの分類コーナーに無い日本のメジャー昆虫」
というくくりによるものですので、載せてもらうの
前提でつくってたりします(笑。
ところで、最近、「不切正方形一枚折りの球体」
なる作品を折った(というか、基本構造を考案した)
のですが、こういった作品の前例はありますでしょうか。
目黒さんが得意とされてるような、いわゆる
ミニマルビート系折紙(なんだそりゃ)なので、
前例調査をしてからじゃないと、折るのがこわいんです。
再起不能になりそうで(笑。



須磨 青史 - 01/09/13

コメント:
めぐろさん、お褒めいただき有り難うございます。
実はですね、私はそらで折ることが出来るのは、悪魔と、鶴だけなのです。
そうそう、三つ首の鶴も自作しましたが、これは失敗しました。
尾の部分が厚くなり過ぎて紙が破れてしまうのです。
このページで展開図を見て、全く違った折り方をされていてちょっとショックでした(米国テロの一億分の一くらい?)。
展開図だけ見て折るには、全然レベルが足りません。
それから7本指、試してみました。
一応七本できたのですが、両端の二本と、内側の五本で長さが異なるものが折れました。
んー、もっと違う折り方をするのかな。
ルシファの次は誰か、黙示録の怪物を折って試て下さい。(冗談ですけど)

めぐろ - 01/09/13

コメント:
須磨さん
6本翼の悪魔のご説明ありがとうございます。
なるほど、パワフルな発展ですね。
これは明らかに前例がないものだと思います。
とても興味深いです。

また、
>ここ数ヶ月折り紙をずっと折っていたのですが、、、
とのことですが、どのような作品をお折りなのでしょう。
よろしければ、お話お聞かせいただけないでしょうか。


須磨 青史 - 01/09/12

コメント:
そういえば、ルシファという悪魔が六翼でしたね。

須磨 青史 - 01/09/12

コメント:
先ずは、情報有り難うございます。
六,七本指早速試してみたいと思います。
さて、六翼の悪魔ですが、これもやはり前川さんの作品のバリエーションものです。
悪魔の展開図の対角線上、両端に、鶴の展開図がありますね。
鶴に挟まれて、指無しでは一つ、五本指では二つ、菱形(凧型分子を2つ合わせたもの)が有ります。
因みに、対角線上で、大鶴:菱形:小鶴は、√2+1:1:√2だそうです。
この菱形を、三つ折ると六翼の悪魔を折ることができるようになります。
五本指の場合も同じですが(この場合四翼になると思いますが)、
菱形と菱形、及び菱形と小鶴に挟まれた部分にも、この菱形があります。
このページの悪魔の図7でも確認できます。
この部分も、対角線上の場合と同じように折ると翼を増やすことができます。
ただ、通常の紙ではとても辛い結果になります(ホイル紙でしか完成したことがない)。
また、腕(指)の部分はまだまだ改良の余地は残っていると思われます。
因みに、これを折るのに90分程かかりました。
拙い説明ですが、どうぞお試しください。では。

めぐろ - 01/09/11

コメント:
須磨 青史さん、はじめまして。
ご質問の悪魔は前川さんの作品のバリエーションものだと思いますが、
6本指の悪魔は実際に存在しているようで、展開図上からも6本の指は
素直に折れるように思えます。
7本指の悪魔は展開図上で、
指に対応する部分の面積を少々拡大すれば折れるので、
どなたか折った人がいるかも知れませんが、私個人は聞いたことがありません。
7本指を折り出すのは6本指より結構大変になってしまうので、折った人がいない
可能性も結構あると思います。
、、、あまり、はっきりしない返答で申し訳ありません。

ところで、須磨 さんの折られた五本指、二枚舌、六枚翼の悪魔はどんな感じの
作品なのでしょう?面白そうですね。
六枚翼の感じとか、お話を聞かせていただけるとうれしいのですが。


須磨 青史 - 01/09/11

コメント:
はじめまして、こんにちは ここ数ヶ月折り紙をずっと折っていたのですが、悪魔には、七本指のバージョンがあるのですか? 検索をかけても小説のサイトしか出てこないのです。 どなたか教えてください。 それと、五本指、二枚舌、六枚翼の悪魔を折ったのですが、これって新作ですか?

めぐろ - 01/09/11

コメント:
S太郎さん、お久しぶりです。
お休み中も創作活動は順調のご様子。同じ折り紙者として、
勝手ながら、お喜び申しあげます。
新作2点アップされたのですね、早速貴ページにお邪魔させていただきます。

ショウリョウバッタは当方で掲載させていただこうと既に図は準備しておいたのですが
S太郎さんの休暇中ということでちょっと止めておりました。
毎度、掲載御許可大変ありがとうございます。
以下途中ですが間違い等ありましたらご指摘ください。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/syouryou.html#p1

>さて、最適なトゲの密度のもんだいですけど、
>これは、紙厚や、紙の色なんかによっても
>印象がかわるので、なかなか難しいですね。
同感です。あと、紙質や模様、(陰影が目立ちやすいか、しわになり易いか)なんてのも
関係ありそうですね。

>正三角形のそれぞれの頂点にカドを配置する
>形のウニは折れるのでしょうか。
うーん、どうなんでしょう。考えてみます。


>自由展示場拝見しました。
>すごいスピードで更新されてますね。
S太郎さんのカマキリムシやショウリョウバッタが、しっかり煮込まれたシチュー系だと例えると
私のは速攻勝負の握り寿司みたいな感じのが多いので、、、(^^;

アルファベット版については、作品や展開図そのものが
世界共通の折紙語を語るというふうにも思ったりするので、
本当は、アルファベットも不要なのではとも思うのですが、
現実には創作者名は必須で、あと、作品名も作品の一部として
重要な場合があるので、アルファベット表記とさせていただきました。

>島田氏のところの表題が、Tnaka's Origami
>になってましたが、これは…。
あ、ご指摘ありがとうございます。
島田氏というのは、三つ首の鶴限定の田中氏の別名(綾辻氏の小説にちなmみます)
ですのでうっかり混同してました。今は訂正してあります。


S太郎 - 01/09/10

コメント:
自由展示場拝見しました。
すごいスピードで更新されてますね。
ちゃんと作品として成立する作品を
どんどん折れるところがさすがと思います。
(自分が作品として成立しないものばかり
折ってしまうので)

あと、アルファベット版というのは、
おもしろいアイデアですね。
私も、英語版のページをつくりたいと
思っていたのですが、アルファベット版
ならちょっとは敷居が低そうだ(笑。
それと、自由展示のアルファベット版の、
島田氏のところの表題が、Tnaka's Origami
になってましたが、これは…。



S太郎 - 01/09/10

コメント:
ご無沙汰です。
ひさしヴりにネットにでてこれました。
とりあえず、シンプル目ではありますが、
新作2点と、ショウリョウバッタの解析図
など、アップしてみたので、お知らせします。

さて、最適なトゲの密度のもんだいですけど、
これは、紙厚や、紙の色なんかによっても
印象がかわるので、なかなか難しいですね。
ただ、細く折れる場合ほど、数を増やした方が
いい気はします。あと、トゲのおりだしに
ついて、ちょっと考えたんですけど、
正三角形のそれぞれの頂点にカドを配置する
形のウニは折れるのでしょうか。
一値分子の集まりなので、平面にはたためる
ハズですが、カドを全部生きた形で出せるか、
疑問です。展開図的には、目黒さんのウニより
高効率な形ですが、実際には、この最大の長さ
を保ったままは折れなさそうです。

あと、言い忘れましたが、よかったら、
ショウリョウバッタの方も、分類コーナーに
入れてやってくださいませ。それではまた。


めぐろ - 01/09/06

コメント:
どろんぱさん
久保7段は予選で、木村一基五段(今年度プロ棋士中No1の勝率0.9062!)
・谷川浩司九段(17世名人)・佐藤康光九段(前名人)・丸山忠久現名人
と、すごいところを撃破していますから、期待がもてますよね。
1局目はあっさり羽生4冠が勝ったみたいですが、どうなっちゃうんでしょう。
最近の若い棋士で羽生4冠と対等な人はまだまだ出そうにないので
羽生世代の優位は結局あと10年くらいは続くんじゃないでしょうか。
羽生世代が20代前半のことは、将棋は若者向けのゲームで
30代になると力が落ちるとかといわれていたようですが、
結局は羽生世代に強い才能が集まりすぎていたことが原因で
年齢の問題ではなかったみたいですね。


どろんぱ - 01/09/06

コメント:
将棋の王座戦がはじまりましたね。
私は将棋の中身はよくわかりませんが、
ストーリーだけ見ていても面白いと思います。

圧倒的に強い羽生とその世代、それをかいくぐってきた若い久保7段。
とはいえ久保7段も26でそのころには羽生はすでに7冠として君臨していたのだから
羽生世代以外はかわいそうなくらいに押さえ込まれてしまっていますね。
羽生世代の天下はあと何年くらい続くのだろう……

めぐろ - 01/09/05

コメント:
しまろんさん、はじめまして。
ドラえもんの折り紙ですがネット上では、オクダナオスケさんという方が
折り方を公開しておられます。
http://plaza.users.to/walrus/
にいって、TICTAC studio の絵をクリックし、
新たに現われたブラウザの「gallery」をクリックし、
さらに右下のほうに現われる赤い逆三角のボタンをクリック
されるとよいと思います。


しまろん - 01/09/05

コメント:
はじめまして。皆さんにどうしても教えていただきたいのですが、ドラえもんが大好きな友達がいて、その子にどうしても折り紙でドラえもんを折ってあげたいのですが、折り方がわかりません。どなたか知っている方がいたら、教えていただけないでしょうか。お願いいたします。

めぐろ - 01/09/04

コメント:
Motooさん、こんにちは
下の折り紙は、海であり、光であり、本屋のビニール袋のしわに
なったものであったりします、、、(^^;)。
でも結構それっぽくて個人的には好きだったりします。

>ところでこの写真はもらっちゃっていって、
>良いのでしょうか??
どうぞご自由にお使いください。活用していただければ私もうれしいです。


Motoo - 01/09/03

コメント:
こんにちは!
だいぶ遅くなって今いましたが、
残暑お見舞いどうもありがとうございます!
下の折り紙はやはり海ですか???

ところでこの写真はもらっちゃっていって、
良いのでしょうか??
(HPに勝手にもらい物として掲載しちゃって良いのでしょうか?)

それでは



めぐろ - 01/08/26

コメント:
Motooさん
あいかわらずリアルなイラストの残暑見舞いありがとうございます。
これはお返事です。

たしかに早く涼しくなってほしいですが、なったらなったで
もう秋かって衝撃もあったりするようなしないような、、、(^^;。


めぐろ - 01/08/26

コメント:
S太郎さん
ヤマアラシお褒めいただき嬉しいです。
ご指摘のとおり、ヤマアラシのトゲは90/8で、
ウニのトゲに半分の幅になっています。
本当はヤマアラシのトゲを折るときは、さらにつまみ折りをして
90/16にしたかったのですが、紙の厚みの問題でやめときました。

ハリネズミとハリモグラもたしかに折れそうですね。
魚のハリセンボンも折れるかも。

ところで、こういうトゲ物を折るときに思うんスけど
最適なトゲの数はどのくらいなんでしょうかね。
近代盆栽の世界では鉢植えの中に自然の樹形を表現するという点に
重点がおかれているそうなのですが、たとえば青々と生い茂った
樹形を表現するときは盆栽の枝はわざと間引くそうです。
そうして樹の枝振りを見せたほうが茂っている感じが強調されるとのこと。

今回のヤマアラシは折る前はトゲの折りを90/16とか90/32にする
つもりで、
それならばということでトゲの数を増やしたのですが、実際は
トゲの折りは90/8だったのでトゲの本数も実際の折った本数の
8割とか9割くらいでもよかったかもと思っています。
もっとも私自身は単純にトゲの本数が多いのも非常に好きなので(^^;
まあどちらもいいと言えばいいんすけども、、、。


めぐろ - 01/08/26

コメント:
S太郎さん
おお、新作アップですね。
前回のカミキリムシでも感じたのですが、今回のショウリョウバッタも
任意角度系の展開図を折り紙的造形を生かしたまま
見事にまとめられていますね。
今回のショウリョウバッタはまた「クモその1」等と共通する
S太郎さん特有の造形雰囲気が感じられて興味深いです。

貴結社展示場のキャラクターはたくさんあられるんですね(喜。
今回の作品もすごく自由な雰囲気があっていいスねー。
見てて本当に楽しいです。



めぐろ - 01/08/26

コメント:
22日の台風の日から25日まで神戸にいってきました。
22日は新幹線がノロノロ運転で車内にいるのが苦痛だったので
折り紙をして気を紛らわせました。
終点の新大阪につくころは、「まだ折りきっていないのに着くんじゃない」
とふと思ってしまった自分がこわい。


Motoo(Juha) - 01/08/25

コメント:
残暑お見舞いです。

なんか最近寝苦しいですね。。。
早く秋にならないかな。。。

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/9002/pict/juha_zansyo.jpg

S太郎 - 01/08/24

コメント:
45/8じゃなくて、90/8でした。

S太郎 - 01/08/22

コメント:
創作のほうに1点。結社に5点、作品をアップしました。
結社逝きのほうは、あげてもあげてもきりがないです。
コンビニのふくろに満杯です(泣。



S太郎 - 01/08/22

コメント:
ウワー!スゲーナー!ヤマアラシ。
圧巻です。
写真をみるかぎり、トゲもかなり細く
折れてますが、あれ、45/8角ですよね。
ウニは確か、45/4角だったような…。
バリエーションで、ハリネズミ、ハリモグラも
折れそうです。

今日は、夕方まで、更新作業をしよう
と思ってます。それじゃまた。



めぐろ - 01/08/21

コメント:
motooさん、こんにちは
>そう言えば、おりおの制作は順調ですか??
おりおですかー。そろそろなんとかしたいなあとは思っているのですが
最近ちゃ止まってますねー。
プログラムを作ると数日がかりになったりするので普段はどうしても
別のことをやっちゃうんですよね。

でも、Javaの雲行きもよくわからないところがあるので、あんまりぐずぐずしてると
実行環境がなくなっちゃったりするかもしれないので急ぎたいとは
思ってるんスけどねえ。


Motoo - 01/08/20

コメント:
こんにちは!
そう言えば、おりおの制作は順調ですか??
僕はといえばJavaの未来と行く末を感じて、
JavaよりもむしろShockwaveのScriptを習熟しようかな、
等と言う軟弱さで困ってます!


めぐろ - 01/08/18

コメント:
どろんぱさん
ヤマアラシはたしか体長40cmくらいだと思いますので、
2m四方の紙を使えば実物大になるかと思うのですが、
さすがにちょっと、、、(^^;

このヤマアラシは大きな正方形一枚から折っているのですが
この大きさの銀紙は売っていないので、一枚100円の銀紙3枚を
セロテープでつなげて、一枚にしたものを使いました。
総制作費300円なりです。
ちなみに和紙とか使うと、安めのものでも一枚700円で三枚2100円くらい
しますから、金欠症の私には結構つらいものがあったりします。


どろんぱ - 01/08/16

コメント:
8/15掲載分のヤマアラシは折りあがりの大きさが20cm位
なのですが、使用した紙の大きさは一辺1m強位です。

それはずいぶん大きいですね。
そんなに大きい紙でしかも銀色となると相当値が張るように思うのですが。

しかし20センチというと本当に小動物程度の大きさがありますね。

めぐろ - 01/08/16

コメント:
掲示板手動改ページしました。

めぐろ - 01/08/16

コメント:
ヤマアラシにご好意いただきましてありがとうございます。
トゲ物はご推測のように大きな紙の面積がいります。で、 
8/15掲載分のヤマアラシは折りあがりの大きさが20cm位
なのですが、使用した紙の大きさは一辺1m強位です。
紙が50cmを超えてくるとかなり折るのに手間がかかるので
本当は30cm位の紙で折りたいのですが、そうすると紙の厚みが
目立ってしまうのでとりあえず紙は1m四方という感じで折りました。


どろんぱ - 01/08/15

コメント:
こんにちは

ヤマアラシ拝見しました。
これもまたすごい作品ですね。
紙はどれくらいの大きさのものを使っているのですか?
あれだけとげを折るには相当の面積が
必要ではないかと思いますが

めぐろ - 01/08/10

コメント:
S太郎さん、夏休みですか、いいなあ。
私もお盆頃は休むんですけど、なんか学生時代の夏休みって妙にあこがれるんですよね。
私は大学生になっても休みには田舎の実家でカブトムシとかつかまえてました。
クモ2拝見しました。展開図と完成形とが比較出来て面白いですね。

S太郎 - 01/08/09

コメント:
今日は残り4分です。くも2アップしました。 くも3はボツになりました。しばらく現れません。 それじゃまた〜

めぐろ - 01/08/08

コメント:
S太郎さん
カマキリムシ、とりあえずOKをいただけてようでほっとしています。
原作者の方の心情を推測するところなどは、結構、私の思い込みでかいているところもあって
いつもヒヤヒヤもんです。

ヤマアラシはまんまウニそのものなんですが、意外と、まとまった形に
なってくれました。折る前は、もっと悲惨かなと思っていたのですが、、、

非対称展開図の飛ぶのこぎりくわがた、は面白そうですね。
是非チャレンジしてみたいです。アイデア主のS太郎さんの折りも是非
見せていただきたいです。

S太郎さんのクモとても面白かったです。
出来ましたら、他の作品も見せていただけるとうれしいのですが、、、


めぐろ - 01/08/07

コメント:
どろんぱさん
WZ editor 御購入ですか。エディタ系のソフトは使う時間が長いですから、
すぐ元がとれそうですね。

>ようやくコンピュータも使える時代になってきたと感じております。
うーん、いままでの、どろんぱさんのパソコン環境を考えると
何とお答えすればよいものやら、、、(^^;。
なにはともあれおめでとうございます。


S太郎 - 01/08/07

コメント:
お手数かけました。
あれで完璧です。
拝読した感想ですが、
やはり、いつもどおり、
「なるほど、そういうことになっていたのか」
といった感じです。特に、作者(S太郎氏)が、
何を考えて設計を行ったのか?
という問いは、なかなかむずかしい問題ですね。

それから、自由展示場も拝見しましたが、
ヤマアラシスゲーデスネ。
高度な技術と機知を伴う作品です。
是非完成版がみたいと思います。
それと、4鶴からののこくわがたについて、
あれをみて思いついたことがあります。
というのは、ざぶんとん折りの中の正方形に
4鶴をいれて、紙の4カドからも同等の
カドを出せば、長いカド数13の基本型が
できますが、これを非対称にもちいれば、
「飛ぶのこぎりくわがた簡易版」
ができるんじゃないでしょうか。
ちょっと基本型たたんだ感じだと、
なんとなくできそうです。(羽のおりだしも
非対称になる。)しかし、私はあまり
上手くおる自信がないので、なにも
折るテーマがないときにでもどうですか?
なんちゃって。



どろんぱ - 01/08/07

コメント:
おはようございます。

先日 WZ editor を購入しました。
Vz と比較しても印刷機能もついているし、
grep も強力だし(これは CPU の進化によるところが大きい)
ようやくコンピュータも使える時代になってきたと感じております。


めぐろ - 01/08/06

コメント:
ご指摘ありがとうございます。
さっそく訂正しておきましたが、直りましたでしょうか。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/kamakiri.html#p1


S太郎 - 01/08/06

コメント:
3分しか時間がないので、 用件だけ失礼します。 件のクモアップしました。 それと、かまきりの頭は、 もうちょっとしたの、内部のところです。(たいしたちがいじゃないけど) 周辺のあのかどは、単眼になります。それじゃまた。

めぐろ - 01/08/06

コメント:
S太郎さん
カマキリムシ掲載させていただきました。
いつもありがとうございます。
間違い等ございましたらご指摘ください。

クモの件は、お気遣いいただきましてありがとうございます。


S太郎 - 01/08/02

コメント:
即レスで失礼します。

>もし御不都合等ございましたらご一報ください。

まったくありません。ありがたいです。

>ところで、基本形が似ていたり同じである作品の
>扱いについてですが、
>「ある折紙作品Aがあって、それには基本形が
>似ていたり同じであるような
>作品Bがあるとします。この場合、折りの表現が
>違えば、それぞれの作品は
>一個の独立した作品としてあつかう」
>というのが割と一般的な感覚の
>ように思います(なかには違う見解を
>持つ人もいるかもしれませんが)。
>そういうわけでS太郎さんのクモは、
>S太郎さんのご自由にされてよいと思います。
>私個人としては、是非見せていただきたいので、
>公開していただけると
>ありがたいです。

基本型の解釈については、おっしゃるとおりだと
おもいますが、今回の場合、周辺8個所からの
角を非対称に用いるという、いわば、コロンブスの
卵てきアイデアをそのままパクッていますので、
問題なしというわけにはいかない気もします。
アップする場合、一応、目黒さんのアイデアを使っていることは
注釈で書くつもりです。いま、
ちょっと時間がないので、また数日後表れます。
それでは失礼します。



めぐろ - 01/08/02

コメント:
S太郎さん
カマキリ、見せていただきました。
いいですねえ。特に胴体の華奢な部分と足や
触覚の長い頭部のバランスの絶妙さ。
とりまとめが難しい任意三角形方式の基本形からの変形能力、
お見事というしかありません。

以前S太郎さんから、S太郎さんのホームページからの作品を
当ホームページへ転載する許可をいただいておりますが、それに則りまして
また使わせていただきたいと思っております。もし御不都合等
ございましたらご一報ください。

ところで、基本形が似ていたり同じである作品の扱いについてですが、
「ある折紙作品Aがあって、それには基本形が似ていたり同じであるような
作品Bがあるとします。この場合、折りの表現が違えば、それぞれの作品は
一個の独立した作品としてあつかう」というのが割と一般的な感覚の
ように思います(なかには違う見解を持つ人もいるかもしれませんが)。
そういうわけでS太郎さんのクモは、S太郎さんのご自由にされてよいと思います。
私個人としては、是非見せていただきたいので、公開していただけると
ありがたいです。


めぐろ - 01/08/02

コメント:
どろんぱさん
Vz5年も使ったのですか、それはずいぶん持ちがいいですね。
私は結構ちょくちょくソフトを買うのですが、すぐ飽きちゃって
10回くらいしか使わなかったりして、全然元が取れなかったりします(1時間あたり300円くらい)。
今まででベストのコストパフォーマンスのソフトは私の場合はLinuxです。
Linuxはフリーですが、私は雑誌の付録として入手したので
雑誌代2000円をソフト代とみなすと、複数のパソコンで、のべ2000時間は
つかっていますから一時間1円くらいです。ただただ製作者に感謝するばかりです。


S太郎 - 01/08/02

コメント:
>それにしても
>「鶴の基本型4つでたいがいの昆虫は折れるだろ」
>というのはある意味ドキリとするものがありますよね。

折れるだろ、といいつつ、私は折れません(笑。
基本型の変形能力は本当に低いです。私。
実際、結社の作品なんかでも、4鶴から折った物は
1つか2つです。



S太郎 - 01/08/02

コメント:
カマキリムシ、
やっとこさアップしましたので報告致します。
蛇腹による洗練化は結局もちいませんでしたが、
鎌のトゲと触覚は折りました。

それと、カマキリ折ってる最中に、めぐろさんの
クモの、周辺8個所の足の配置はそのままで、
内部の構造を変えるという方針で折ったら、
ちょっと違う形のクモが、3種類程折れてしまいました。
(食指が長いタイプや、腹が大きいタイプなど)
これ、オリジナルでだすのはちょっと気が引けるし、
かといってお蔵入りももったいない気もするし、
どうしたもんでしょうか(笑。



どろんぱ - 01/08/02

コメント:
こんにちは

そのソフトを使う時間数で値段を割って、
1時間あたりの料金を出すとかって言うのはどうでしょうか。

ふむふむ、いい考え方ですね。
Vz も 8000 円くらいだったのですが、5年くらい使ったので
、5円くらいかもしれません。
Wz も同じくらいになりそうなので、買ってもよさそうな水準ですね。

前に DOS 版の『桐』を 1000円で購入しましたが、
こちらはまだインストールすらしていないので、
1時間当たりの値段は……

めぐろ - 01/08/02

コメント:
WZ editor が約 8000円ですか。確かに微妙な値段ですね。
でも「なにか。何かが足りないような気がします。」って重要ですよね。
やっぱり、マクロの差とかでしょうか。
大きなお世話でしょうが、そのソフトを使う時間数で値段を割って、
1時間あたりの料金を出すとかって言うのはどうでしょうか。
私的には買うか買わないかの基準は、1時間あたり100円くらいかなあ。
10円くらいだったら速攻で買います。


どろんぱ - 01/08/01

コメント:
こんにちは 目黒さん、jum のご紹介どうもありがとうございました。
試しに使ってみました。Vz を模倣していて使いやすく感じました。

しかーし!なにか。何かが足りないような気がします。
石丸電気を見てきたところ WZ editor は約 8000円でした。
紙一重なんですが、紙一重のために8000円を払おうかどうしようか迷っております。


掲示板に書き込む
メインページへ
掲示板を開設した2000年10月から2001年3月までの掲示板
2001年4月01日から2001年7月31日までの掲示板