掲示板です。折り紙に関すること、関しないこと、何でも御自由にお使いください。
本ホームページへの、ご意見、ご要望、ご質問も大歓迎 です!!
あまり利用されないと寂しいので、更新履歴、兼、管理人からの連絡もここに書き込みます。
掲示板に書き込む
使えるタグ
この掲示板の改行はブラウザまかせですが、もし確実に改行したい場合は
<br>を用いてください(この4文字は半角英数で書いてください)
メインページへ
掲示板の先頭へ
開設した2000年10月からの掲示板
2000.10-2001.3.30
2001.4.01-2001.7.31
2001.8.01-2001.9.25
2001.9.26-2001.10.16
---------------リンクコーナー----------------
折紙探偵団さん T. Kakitsuka page!さん S太郎の創作折紙さん
秘密結社ハイパーサイエンスさん 同塵庵さん STR折紙研究所さん
---------------------------------------------

めぐろ - 01/10/31 18:50:06

コメント:
下のHansさんのページには私のウニものせてもらっています(1行2列目)。
LangさんのウニのHansさん拡張版は4行2列目です。


めぐろ - 01/10/31 18:24:22

コメント:
ウニ関連の話題に関しまして、もう見られたかもしれませんが、
ラングさんのウニをHansさんが拡張したものが以下のページに載っています
http://home.no.net/origami

ところで、ウニのトゲの折り出し効率の話題は、おもしろいと思うところがあって
個人的に好きなところです。
真のカドの長さから求めた効率という点ではS太郎さんの言われるとおりなのですが
見かけ上のカドの長さ(という怪しげなものを、我ながら懲りずに持ち出してみます(^^;)
から求めた効率という点ではメグロ版ウニはかなり高効率なところが
セールスポイントだったりします。
見かけ上1cmの長さのカドを折るのに要する面積がメグロ版ウニでは 2平方cm/本
となっていて、これは、半径1cmの円の面積、3.14平方cmより 小さいくなるというトリック(って言うか、たまたまそうなっただけですが、、、)
を使っています。
まあ、あくまで見かけ上のカドの長さというものを認めてもらった場合だけ成り立つ話
ではあるのですが、、、(^^;)
それにしても、田中さんのウニ、興味深いです。


めぐろ - 01/10/31 18:24:16

コメント:
S太郎さん
「ツルマゲドン」掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/3tururenduru.html
また宜しくお願いいたします。
なお、
前川さんの「ビバおりがみ」にかんする作品の取り扱いについては、
少し前になるのですが、前川さんにメールで質問したことがあって、
造型上の配慮がちゃんとなされているという条件を満たせば、「ビバおりがみ」の
作品は既成事実として引用を認める方針であるとのことでした。
このことから考えるに、ツルマゲトンでは、
「悪魔」の原作を忠実に再現しており、丁寧に折られていると判断でき、
おそらく、前川さんの言われた条件を満たしているものと考え
そのまま掲載させていただきました。
(この判断でよろしいでしょうか>前川さん)


めぐろ - 01/10/31 18:23:24

コメント:
田中さん
「XX」と「祈り鶴」掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
実際のアフガン戦争は早く終結してもらいたいですが、
折り鶴戦争はもっと続いてほしいです
(などど勝手なことを言ってみたりします (^^;)。

宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


S太郎 - 01/10/31 12:55:53

コメント:
追記

この戦い、見ようによってはサドマゾと言えなくは
ないとおもいます。



S太郎 - 01/10/31 12:14:52

コメント:
すみません、手が震えました。
最近、鶴の折り過ぎで、脳捻転気味です。

○田中さん

全然関係ないけど、私も、「グッドジョブ」
という言葉、かなり好きです。
親指を立てながら言い放つと、かなり開放感が
ありますよね。
けど、ちょっと考えると、good job って、
メリケン人の感覚だと、「いい職」くらいの
感覚なんじゃないのかなあ。よくわかりませんが。

>今晩辺り、「半ば横取り的正三角形タナカウニ」
>を工夫してみます。
>いや、実はすでに折り始めてますが。

がんばってください。私は、はっきりいって
暇がないので、とりあえずおまかせします。
わたしとしては、折れることが確認できた
時点で、結構満足しちゃいましたので。

>「SM戦争」!?

SMでもMSでも、先入的イメージが強過ぎますね。
どちらかといえば、SM戦争の方がいいかなあ。
MS戦争だと、ガンダムそのまんまですしね(笑。



S立とう - 01/10/31 12:02:29

コメント:


田中まさし - 01/10/30 21:00:31

コメント:
□S太郎さん
「ORIGAMI SEA LIFE」持ってます。
で、ラングさんの「Atlantic Purple Sea Urchin」は16鶴のようです。
正三角形ウニは昨晩少し折ってみましたが
しわが出ないように綺麗に折り畳むの大変ですね。
いや、でも最後に棘をつまんでさらに細くするから
しわなんか関係ないのか。。
今晩辺り、「半ば横取り的正三角形タナカウニ」を工夫してみます。
いや、実はすでに折り始めてますが。


かつての昆虫大戦争は当初両氏のイニシャルをとって「MM戦争」と称されていたことを思い出しました。
うーん。S太郎さんに合わせて名前の方のイニシャルを取ると…。

「SM戦争」!?
まあ、「MS戦争」だとガンダムみたいで ('e')カッコイー('a')カッコエー

S太郎 - 01/10/30 17:09:23

コメント:
ちょっとしらべてみて、
私がみたウニは、R・ラングさんの
作品であることはわかりました。
が、展開図までは、さすがに無理ですね。

Origami Sea Life

という本に載っている、

Atlantic Purple Sea Urchin

という作品です。
あとは、この本もってる人に聞くしかないか、
しかし、ラングさん設計となると、
もう、正三角形の確率激高だなあ。がっかりだ。



S太郎 - 01/10/30 12:39:35

コメント:
鶴曲げに関しまして、

心得ておられるとは思いますが、
必ず、(中央は前川氏の、、)の注釈をつけてください。
一応、ご本人に了承もらったほうがいいかもなあ、
悪役にしちゃってるし。


最近、私、折り紙に関することで、やること結構
山積みです。このウニ、先例がなかったら、やっぱり
自分が折らなきゃならないだろうし、以前言っていた
球体も、そのままになってるし、目黒さんの洗練化蜘蛛の
作例も折るべきだろうし、第3脚の短いクモは、
展開図さえ描いてないし、かきかけの折り図は3つも
あるし、田中氏の猛攻には耐えなきゃならんし(泣)、

ほんとは、昆虫が折りたいんです。A2さんのマルス
みたいなやつ。しかし、いつになることやらわかり
ませんね。この状況じゃ(笑。



S太郎 - 01/10/30 09:44:12

コメント:
ウニにかんしまして、

下で、目黒さんのウニより効率の良い、
などと書きましたが、これは、純粋に、
用紙内の、カドの占める割合が大きいという
ことで、目黒さんのウニより優れているという
ような意味ではありません。誤解を受けやすい
書き方でしたので、補足します。

ところで、正三角形のウニですが、昨日、
帰りに電車で折ってみたら、正三角形を
内心の定理でたたむ方法で、あっさり畳めて
しまいました。検討不足で、すみませんでした。
それで、この形で、確かにウニが折れることが
確認できたのですが、次に気になるのは、
先例です。おぼろげな記憶ですが、どこかの
サイトで、海外の作家の方が、目黒さんのウニ
そっくりの作品を折っているのをみたような
記憶がありまして、それがもしかしたら、
正三角形の連続構造かもしれないと思い当たり
ました。自分でも、できるかぎりは調べてみる
つもりですが、どなたかご存知の方がいたら、
お教えくださいませんでしょうか。



服部吉晃 - 01/10/29 23:52:36

コメント:
皆さんご意見ありがとうございました。

田中さんどうしてそんなに次から次へと新しい作品が出てくるんですか?なにか秘密でもあるのでしょうか?
うらやましい限りです。

めぐろ - 01/10/29 23:43:10

コメント:
S太郎さん
>STRの、研究室2に、考えた重なりを描いてみます
>ので、よかったら一緒に検証してみていただけないでしょうか。
面白そうですね。こちらこそ宜しくお願いいたします。
後ほどSTR研にカキコさせていただきたいと思っております。


めぐろ - 01/10/29 23:35:00

コメント:
とりあえずお礼を、、、
田中さん
「XX」「祈り鶴」転載御許可いただきまして、大変ありがとうございます。
田中さんならではの洒落たセンスが光りますね。

S太郎さん
「ツルマゲドン」以前いただいております御許可によりまして、
掲載させていただきたく思っております。
大変ありがとうございます。
すごい迫力ですね。

書きたいことは色々あるのに今日は時間が足りません、、、(泣)
のちほどまた。


田中まさし - 01/10/29 23:14:48

コメント:
星に願いを…「祈り鶴」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/42102921373f1.jpg(転載可)

□めぐろさん
「XX」も転載可です。

田中まさし - 01/10/29 18:37:49

コメント:
□S太郎さん
>ツルマゲドン
痛みに耐え、よく頑張った!!感動した!!
Good job!!

S太郎 - 01/10/29 17:43:51

コメント:
追記、目黒さんの無限カリョウビン、 とてもすばらしいので、少しでも折ってみようか と思ったのですが、どう畳んだらいいか、 検討もつきません(泣笑。

S太郎 - 01/10/29 17:11:22

コメント:

>ひとつはただ抜き出したものですし、
>リンクもそのままですし、どうしていいものか
>悩んでいます。書きこんだ人の了解も必要だと
>思います。

私に関する部分は、リンクも、そのまま抜き出しも、
OKですので、服部さんの思うようにしていただいて
結構です。ただ、個人的には、そのままの抜き出しは、
この掲示板をそのまま読んでも、把握できることですの
で、服部さんの分析とか、注釈が、少しでもつくと
いいと思います。(その方が、より、著作物として、
成立すると思う)あるいは、折鶴戦争に関わった人
たちが、どういう状況で作品を折っていたかとか、
掲示板だけではわからない情報が
入ると、きっとおもしろいだろうなあ、
なんて、言いたいこと言ってますけど(笑。

目黒さんの無限カリョウビンや、一連の多羽鶴に
関連した技法は、経験的には分かっているのですが、
もう少しつきつめて完全に自分のものにできるように
したいなあとかんがえています。
とくに、目黒さんが黄緑の線で記されていますが、
羽を重ねる順番など、興味深いです。

以前、この掲示板で、正三角形の頂点にカドを配置した
「ウニ」は可能か?と目黒さんにお聞きしたことがあり
ましたが、この、黄緑線のような方式で考えると、
どうやら、折れそうな感じもします。(でも、
昔、ちょっと折ろうと試みて、できなかった)
STRの、研究室2に、考えた重なりを描いてみます
ので、よかったら一緒に検証してみていただけないでしょうか。

これができると、目黒さんの「ウニ」より、
(折りにくいけど)効率のよい新世紀版

「ウニ・ミレニアム」

ができることになります。


S太郎 - 01/10/29 14:52:13

コメント:
いいんです。私のカキコはほとんど自己満足ですから。>A2さん

めぐろさんの無限カリョウビンについてなど、
コメントしたいことがいろいろあるのですが、
今日は時間無いなあ、(10分休みにパソコンしてる
S太郎)



A2 - 01/10/29 13:10:24

コメント:
S太郎さん、それはアギトをみてないと、わからんネタですな。

S太郎 - 01/10/29 10:17:47

コメント:
ま、マサト、何故邪魔をする、マサトぉー!
(指先の爪の間が痛い病再発)

http://starou.omosiro.com/turumagemae.html
http://starou.omosiro.com/turumage.html
http://starou.omosiro.com/turumageato.html


田中まさし - 01/10/29 01:36:34

コメント:
□めぐろさん
もはやそれは理論折り紙学ですね。

□服部さん
勢いで書き込んだコメントだらけなので加筆修正したいかなとか思いますが、、
書き残し忘れた説明とかもありますね。
例えば、『「折り鶴の羽化」の読みは「おりづるのバカ」と読みます。』だとか、
『「PREHISTORIC ORIZURU」は鳥類の祖先が恐竜であるという説の重要な証拠だ!!』とか。。

やり出すとキリが無いし、史実の書きかえが許されるのは戦争の勝利者だけだとか
まあ色々で、抜き出し版の田中関連の掲載は好きにしてもらって結構です。

いずれは自分視点の折り鶴戦争も語りたいですね。
一つの戦争を当事者それぞれの視点で書き綴るのもまた一興かも。


そしてまた歴史に新たな1ページ。
「XX」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/89102913255f1.jpg

めぐろ - 01/10/28 19:37:47

コメント:
田中さん
無限段カリョウビン展開図お褒めいただいてうれしいです。
最終的に全部直角二等辺三角形分子だけで構成できた点が気に入っています。
敷き詰めて連鶴も折ってみたいですね。あとカリョウビンの平折りとか、、、
翼のかさなりを渦巻き状に配置して螺旋鶴とかも折れそうです。
応用として、頭や尾も翼化して、4系統の翼のかさなりを渦巻き状に配置して
八重咲き鶴とか折ってみたいです。
実際に折るのは大変でしょうが、、、(^^;


田中まさし - 01/10/28 17:50:35

コメント:
□めぐろさん
無限段カリョウビン展開図綺麗ですね。
敷き詰めて連鶴も出来るところもポイント高いですー。

めぐろ - 01/10/28 17:37:55

コメント:
無限段カリョウビンは、
8等分してカドの無限折とか、
フラクタルカリョウビンとかに
応用できるような、できないような、、、


めぐろ - 01/10/28 17:10:33

コメント:
服部さん
>あのー。唐突ですが、どこまで公開してもよろしいものでしょうか?
もし私に関連した部分があるならば、
自由に扱っていただいてよいのですが、
他の人はどうなんでしょうね?
できれば公開していただきたいと思っています。


めぐろ - 01/10/28 17:01:07

コメント:
ようやく無限段カリョウビンの納得いく展開図ができました。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/mugenkaryoubin.gif


服部吉晃 - 01/10/27 22:52:02

コメント:
S太郎さんに田中さん、どうもありがとうございました。
記録は今、この掲示板の鶴関連の書きこみを抜き出しているところです。
最終的には模式図的にして、二本立てにまとめようと考えています。

あのー。唐突ですが、どこまで公開してもよろしいものでしょうか?
ひとつはただ抜き出したものですし、リンクもそのままですし、どうしていいものか
悩んでいます。書きこんだ人の了解も必要だと思います。

抜き出しただけものは、リンクを削除したとしても、 やはり辞めておいた方が良いような気はしています。
これに関してご意見お聞かせ下さい。


先日言っていた四つ首の羽ばたく鶴がとりあえずできました。
きっとS太郎さんの四つ首でも難なく羽ばたくのでしょうが、 あえてまったく別の構造でやってみました。
一辺を1とするとカドは(4√3+8-5√2−3√6)/2≒0.2543…です。
4鶴よりも本当にわずかながらですが大きく取れることに興味がわいたからです。
細かいところでは複雑で展開図にもできないような状態なので
改良が必要だと考えています。

同じく二つ首も同じような手を使っていますが、今考えてみると、これは小松さんが
紹介されたFive-sided Squareと同じような気がします。
四つ首の方は7つのカドを最大効率で折り出しているのかも…
(Seven-sided Squareかな?)

どちらもコンパスで線を書いて、うまいことぎっしり詰まったところで
紙を正方形に切り出して折ったものです。

めぐろ - 01/10/27 15:14:27

コメント:
羽の数が千二十枚でもいいか、または、
一枚だけ変則的な折り方の千二十一枚でいいなら、
頭と尾を用紙中心において、羽の円領域を渦巻き状に
配置するのも有力。(下の話)


めぐろ - 01/10/27 06:01:21

コメント:
「千二十一羽鶴」の展開図です(この羽は何匹ではなくて何翼かの意味)。 。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/1021haneturu.gif


めぐろ - 01/10/27 04:05:46

コメント:
田中さんに刺激されて折ってみました。
「22翼」
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/22yoku.jpg
折りがヨタってますが(^^;;;
全ての羽の付け根をノーマル折り鶴と同じ形に折り揃えるようにだけはしておきました。


めぐろ - 01/10/27 03:57:01

コメント:
田中さん
多翼鶴は田中さんのご指摘の通りに、全ての羽の付け根を
ノーマル折り鶴と同じ形に破綻無く折り揃えるのに手間がかかりますね。
ただ、私も田中さんに刺激されて折ってみたのですが、手間がかかるのが
またパズルチックで面白いですね。
それにしても、十翼くらいになると、相当きれいに折るのが
難しくなってくると思うのですが、
田中さんの折りの端正さはいつもながら見事ですね。
「十翼」転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/27 03:21:59

コメント:
S太郎さん
鶴の平折り、このパターンでしたか。
複数のパターンが考えられる中で、このパターンは自然に折れそうで
良い感じですよね。

カリョウビンの足は、勢いというか有ったほうが折りやすかったというか、、、(^^;。

なお「蛇腹洗練クモ」の引用する場合は、「目黒提案の円領域配置を、、、」というように
事情がわかる文を加えるようにしておきます。
また何かありましたらご連絡お願いします。

田中まさし - 01/10/26 22:45:16

コメント:
□服部さん
書き込み当日にチェックしたかどうか怪しいですが一応、
家のPC内の「greymose.jpg」作成日は「01/10/04」でした。
まあ、工作員さん本人に問い合わせてみるのが一番手っ取り早い方法ですね。

□めぐろさん
>「4足歩行カリョウビン」
亀の上に象が3匹乗ってて世界を支えている絵を思い出しました。


座布団折りした4鶴から。全ての羽の付け根を
ノーマル折り鶴と同じ形に破綻無く折り揃えるのにはとても手間がかかりますぅ。。
「十翼」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/681026191155f1.jpg(転載可)

S太郎 - 01/10/26 14:14:49

コメント:
分類コーナーをみていて気付いたのですが、
脚縞くもの注釈が、私の蛇腹洗練クモという
ような記述になっています。
これだと、私が設計した作品のようにとられ
かねないので、できれば、
「目黒原作S太郎氏洗練化の蛇腹脚縞クモ」
とでも変えていただけないでしょうか。

もし、私の洗練化したものが、御自身の原作品と
認めにくいのであれば、目黒さんのお好きな扱いでも
かまいませんが。私的には、あれは、あくまで
目黒さんの作品のカド配置をそのままお借りした
もので、自分の作品としては認識しておりません。
先日、掲載のお話があった試作についても、
できればそのような扱いでお願いします。

それにしても、だんだんこのサイトのあちこちに
「S太郎」という語が登場するようになってきて、
かなり恐縮です。


S太郎 - 01/10/26 12:26:28

コメント:
折っているが負っているになってました。
意図したものではありません。

平織りについては、モチベーションがたかまったら
再度取り組むつもりですが、いま、ちょっと、
いくつかの作品について、折り図を描きたい気分なので、
それを先にかたづけたいと思っています。

あれ、9単位くらい折ってみるとわかるのですが、
紙が壊れないように折るのに、相当神経つかいますよね。

9単位まででよければ、既に折ったものがあるのですが、
鶴9個並んでるだけで、平織りって言っても、
なんかインパクトないしなあ(笑。



S太郎 - 01/10/26 10:42:23

コメント:
そうです。この形です。鶴と鶴の間は、結構自由
に決められますね。私の負ってる最中のものは、
5列中、3列目の途中で、頓挫しています。
あまりにたたむのがめんどいので、、、

ところで、カリョウビン、拝見しました。
もう、ほとんど鶴5つちゃんと折れてる形ですね。
なのに、なぜ、足がつくのでしょうか(笑。
私の予想では、たぶん、勢いが余ったんだと思いますが。
実際のところ、どうなのでしょうか。



めぐろ - 01/10/25 23:10:28

コメント:

鶴の平折りの大まかな展開図(以前S太郎さんが話題にされていましたね。)
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/turuhiraori.gif


めぐろ - 01/10/24 21:39:36

コメント:
鶴ものです。
「花鶴」
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/hanaturu.jpg

「4足歩行カリョウビン」
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/4sokukaryoubun.jpg


めぐろ - 01/10/24 20:11:31

コメント:
XウイングはS太郎さんの「3つ首の鶴」からもいけますね。
ただ、「3つ首の鶴」では不用部となっている両側の小さい
直角二等辺三角形部を、羽の幅を出すために利用する点が異なりますが。



S太郎 - 01/10/24 13:53:59

コメント:
どうやら、田中さんの攻撃の矛先は、完全に神谷氏に
むいているようですね。

ちょっと気づきにくいことですが、
神谷氏のXウイングは、簡単そうにみえて、結構
にらみ折りは大変です。

おそらくは、4鶴のカド配置から、一種の止め折り
のような折り方をする折り方をするものだと思われ
ますが、実際はどうなんでしょうね。

>具体的には工作員さんの「折り鶴」の
>カキコがされた日にち。
>それと鶴の二つの首が宇宙人の頭部と
>なった作品の名前と同じく日にち。

日にちまではわかりませんが、タイトルは、

「グレイ=モセヤマ」

だったと思います。宇宙人の「グレイ」と、
「イモセヤマ」をもじって、異邦人名っぽい
雰囲気を醸し出したものですね。



めぐろ - 01/10/24 04:29:56

コメント:
田中さん
昆虫系の鶴の発展、昆虫、百足、サソリと快調ですね。
毒針の自然なカッコよさが、良い感じですね。
「*ウイング」と共に、転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/24 04:23:09

コメント:
S太郎さん
クモ4掲載させていただきました。大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/staro/kumo4/kumo4.html#p1
一連の試作品の掲載の御許可も大変ありがとうございます。
S太郎さんのご意見を満たす形式で、掲載させていただきたいと思っております。

カリョウビンは円領域のパッキング効率上、
90度づつ、かどの配置が回転した展開図が
自然な感じで、良い印象になりますね。

無限段のカリョウビンは、
正方形の4つかどのうちのどれか一つを頂点とするのは
私も少し検討してみたことがありますが、かなり有力ですね。
ただ、現時点では用紙の中心を頂点とするものを考えていました(対称性が高いため)。
でも、折り易さを考えれば圧倒的に4つかどのうちのどれか一つを頂点のするほうが
よさそうですね。


めぐろ - 01/10/24 03:49:26

コメント:
みるかし姫さん
タランチュラ2の掲載御許可、大変ありがとうございました。
宜しくチェックのほどお願いします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/taran2/taran2.html#p1

オニグモは、将来、掲載の御許可をいただけるようになりました時は
宜しくお願いいたします。
今後とも宜しくお願いいたします。

>昨日買った和紙は、薄く柔らかすぎて、折りにくくて撃沈しましたし。
私も同じような経験があるのですが、和紙は生ではかなり折りにくいですね。
アルミ箔で裏打ちするとかして、複合材料化しないと難しいと思ったことがあります。


田中まさし - 01/10/24 02:08:10

コメント:
砂漠戦用「THE SCORPION CRANE」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/87102402757f2.jpg(転載可)

再撮影「*ウイング」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/86102402757f1.jpg(転載可)

□S太郎さん
BANANA BRANDの青とオレンジ色がLoFtで売っているのを発見しました。
赤は生産中止ですか…相次ぐ愛用紙の枯渇ぶりに、何かの陰謀の影が見え隠れ…。
情報提供者の気だるい感じの女店員さんには、よろしく言っておいて下さい。


■今後の予定
折り鶴大戦争→全面鶴(かく)戦争→最終折り鶴決戦(オリマゲドン)→そして誰も折らなくなった

同人誌でも作るかな…「折り鶴千羽一夜物語」とかタイトルつけて…。

服部吉晃 - 01/10/23 21:25:22

コメント:
みなさん折鶴戦争の記録を期待しすぎですよ〜
ただ、「あぁ。そんな作品あったなぁ。」
と思えればいいと考えている程度ですので、
はっきり言って大したことないです。完成もいつになることやら。

S太郎さん
>折鶴戦争の記録としては、探偵団の一言掲示板の
>チェックも重要かと思われます。あそこは、
>いずれ流れて消えてしまうので、、、。

まったくおっしゃる通りです。
最近の掲示板はちゃんとメモを取っているのですが、
以前の物がすでに分からなくなってきています。
具体的には工作員さんの「折り鶴」のカキコがされた日にち。
それと鶴の二つの首が宇宙人の頭部となった作品の名前と同じく日にち。
これらがお分かりでしたらぜひ教えてください。

Temporary Internet Filesの中の
http://members.tripod.co.jp/あたりの日にちを見れば分かると思います。
自慢じゃないですが、私のパソコンは容量2ギガですぐ重くなるために
キャッシュはすぐ消します。もう手がかりなしです。
新しいパソコン欲しいけど買う予定一切なしです。
限界までこの2ギガでやっていこうかなぁ。なんて・・・。もう限界近いけど。

S太郎 - 01/10/23 16:35:36

コメント:
例えば、自由展示場に、

「蜘蛛折り紙の展示場」をつくって、
蜘蛛だけまとめてみるとか。



S - 01/10/23 16:34:52

コメント:


S太郎 - 01/10/23 12:51:37

コメント:
服部さん。

折鶴戦記おもしろそうです。
しかし、自分の馬鹿カキコが逐一記録される
可能性を考えると、一抹の不安を感じます。

折鶴戦争の記録としては、探偵団の一言掲示板の
チェックも重要かと思われます。あそこは、
いずれ流れて消えてしまうので、、、。

めぐろさん

カリョウビンの展開図拝見しました。
やはり、90度づつ、かどの配置が回転した
形になっていて、我が意を得たり。という感じです。
これはあくまで推測ですが、めぐろさんのおっしゃる
無限段のカリョウビンは、おそらく、正方形の4つかど
のうちのどれか一つを頂点として、そこから、
裾状に広がるようなかどの配置ではないでしょうか。
たんなる予想ですけど。

田中さん
うちの近所のジャスコからも鈴木が消えやがりました。
それと、近所のデパートのラッピングコーナーで
働いている気だるい感じの女店員によると、
バナナブランドのラッピングペーパーのうちの、
数種(赤含む)は、生産中止なんだそうです。
気だるい感じの女店員の言うことなので、あまり
情報の確実性はありませんが、一応、ご報告して
おきます。



S太郎 - 01/10/23 12:38:05

コメント:
>クモ4をはじめとしまして
>S太郎さんが、折られたクモをできましたら
>掲載させていただけないでしょうか。

クモ4はどうぞ御掲載ください。
一連の試作品に関しては、さすがに分類コーナーに
のせるのは抵抗がありますので、なにか、
クモ折り紙に特化したコーナーのようなものを
新設されて、そこでの紹介ということでしたらOKです。

その際、注釈として、試作品であることや、
普通の折り紙で折ったことを明記してくださるよう
お願いします。

それぞれの試作品にかんしましては、いずれ、
ちゃんと作例をつけたいとおもっていますが、
私の、”いずれ”、”そのうち”は、まったく
あてになりませんからね。



みるかし姫 - 01/10/23 09:38:03

コメント:
めぐろさん

>10/17に発表されたオニグモ・スタイルと、
>今回発表されましたタランチュラ2

http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/origa31.JPG
オニグモ↑は、かなり曖昧折りした試作で、腹部の「模様」
を出す折り線をもうちょっと納得したいという感じなので、
少し待ってください。作品そのものは、前半部を開いて
「鶴食蜘蛛」の試作用に使ってしまって残ってませんし(笑)。

タランチュラ2は転載していただいて結構です。本当は
コゲチャ&オレンジの紙で折ってみたいのですが、思い
のほか、紙探しに苦労してます。昨日買った和紙は、薄 く
柔らかすぎて、折りにくくて撃沈しましたし。

>運河沿いは自然が残っていて良いところですね。

現在はそうなのですが、実は(休耕田・斜面林・雑木林・
湧水地である)野田市三ヶ尾地区は、宅地化区域指定への
計画が決定しており、現在アセスメント進行中なのです。
そんなこともあり、クモの眼から見た「自然度」について
調査しようということになったのでした。

めぐろ - 01/10/23 04:04:59

コメント:
カリョウビンの展開図などアップしてみます。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/karyoubin.gif
もう一つ有望な展開図もあるのですが、それは、まだ実際に
折れることが確認できていません (T-T)。


めぐろ - 01/10/23 03:27:25

コメント:
田中さん
「*ウイング」拝見しました。シャープな造型でカッコイイですね。
この折り上がり形のまとめ方はさすがですね。
またお願いばかりで大変申し訳ないのですが、できましたら
「*ウイング」の掲載の御許可を頂くわけには参りませんでしょうか。
宜しくお願いします。


めぐろ - 01/10/23 03:17:12

コメント:
服部さん
「折り鶴戦争の記録」面白そうですね。できましたら読ませていただきたいものです。


めぐろ - 01/10/23 03:11:35

コメント:
田中さん
くねくねと、うねりも、なまめかしい百足ならぬ百翼さんですね。
千羽鶴の代わりに飾っておくのによさそうですね。
転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/23 02:50:52

コメント:
S太郎さん
クモ4拝見しました。
クモの足の長さまで気を配られることによって、一段とリアルさが増していますね。
短い脚のカドを内部におしやるアグレッシブな設計、お見事です。
ここで、またお願いばかりで申し訳ありませんが、クモ4をはじめとしまして
S太郎さんが、折られたクモをできましたら掲載させていただけないでしょうか。
S太郎さんが試作品と述べられている作品に関しましても、
クモ折紙の発展の上で重要なものと考えております。
宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/23 02:35:10

コメント:
みるかし姫さん
私も自然観察好きの仲間と何回か利根運河沿いで植物観察を
したことがありますので、クモ調査の様子とても興味深かったです。
運河沿いは自然が残っていて良いところですね。


めぐろ - 01/10/23 02:27:37

コメント:
みるかし姫さん
ゴミグモ掲載させていただきました。大変ありがとうございます。
また、「トリクイグモ(鶴食蜘蛛)」の図を直しましたので
合わせてチェックのほど宜しくお願いいたします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/gomigumo/gomigumo.htm#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/torikuigumo/torikuikumo.htm#p1
また宜しくお願いいたします。
といって、またすぐにお願いをいたしまして、大変恐縮なのですが、
もし、できましたら、10/17に発表されたオニグモ・スタイルと、今回発表されましたタランチュラ2も
掲載させていただくわけには参りませんでしょうか。
折紙におきまして、ひとつのテーマで多様な種を掲載させていただけますこと
大変ありがたいことだと思っております。
宜しくお願いいたします。


田中まさし - 01/10/23 02:02:36

コメント:
(Hi8カメラ→アナログキャプチャ)撮影に限界を感じる今日この頃。

「*ウイング」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/101023208f1.jpg

□S太郎さん
>一目置かれた
秋冬限定の季節折り紙者な上、折紙探偵団マガジンは不定期購読。
コンベンションには参加せず。生まれてこのかた折り図を描いた事がない。。
その上、前回のTVチャンピオン折り紙王選手権を見逃した自分は、
むしろ「一歩退かれた存在」と言えましょう。。


服部吉晃 - 01/10/22 22:52:48

コメント:
以前言っていた折り鶴戦争の記録をとってわかったのですが、この戦争の本当の始まりといえる三つ首の作者の島田潔氏というのは・・・・・氏なんですね。まったく知らず驚きました。

めぐろ - 01/10/22 12:56:36

コメント:
下のmeguroは私です。


meguro - 01/10/22 12:55:34

コメント:
とりあえずお礼を、、、
後ほどまたレスいたします。
みるかし姫さん
オニグモ掲載の御許可大変ありがとうございます。
田中さん
「百翼」掲載の御許可大変ありがとうございます。

S太郎さん
>われわれも大変ですが、連日の新作アップに
>対応しなければならない目黒さんも、かなり
>大変だろうなあと思っています。
私は楽しみでやっているので、皆様の御作品を掲載させていただけることは
ただただありがたいばかりです。そういうわけで、ぜんぜん大変ではないのですが、
忙しいとき、対応が遅れることがあって、申し訳なく思っております。

私も新作のほうをアップしたいと思っているのですが、カリョウビンが
どうしても最後のツメで引っかかっています。
うまくいけば無限段のカリョウビンまでいけそうなのですが、、、
とりあえずこれを解決しないことには、、、


S太郎 - 01/10/22 12:46:16

コメント:
みるかし姫さん

タランチュラ2拝見しました。
まだらの出し方も、あれでたぶん正解です。
もし、まだら数を増やそうとおもったら、
分割を細かくする必要がありますね。たぶん。


S太郎 - 01/10/22 12:42:01

コメント:
>折り鶴戦争にしても思ったより参戦者が少なく、、
>予定では今ごろDr.ラングが羽鳥氏を通じて
>大陸間弾道弾を発射しているはずなんですけど。。

今、探偵団の一言掲示板を見てきたら、神谷氏が
とうとう参戦されてました。ラング氏を引き込むのは
難しいでしょうねぇ。メンツ的に考えても、
田中さんは探偵団でも一目置かれる存在ですが、
私はどこかの馬の骨ですから(笑。



みるかし姫 - 01/10/22 09:01:23

コメント:
S太郎さん

指が痛くなるまでの作品づくり、ご苦労さまでした。どう
ぞ少しお休みください。クモ4の脚の長さ比がクモらしさ
の演出のうえで一大革新だ、というのは貴掲示板でも申し
あげましたが、裏側から見たところがまたリアルですね。
実は、ヒメグモ科などの多くの造網性のクモは自然下では
糸からぶら下がって、腹を上にしている状態
で見るこ
とが多く、このリアリティは素晴らしいです。

蛇腹折りで余計な線を出さない、というアドバイスありが
とうございます。確かに、マス目折りを丁寧に全部やると
金紙など破れてしまいますね。縞脚の折り方も色々トライ
してみまして、なんとか裏地のストライプを2本出せるよ
うになりましたが、もっとシンプルなやり方がありそうだ
なあ。↓

タランチュラ2(鶴食蜘蛛の展開図で)
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/origa99.JPG

田中まさし - 01/10/22 02:00:00

コメント:
不切長方形一枚「百翼」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/97102204847f1.jpg(転載可)

□S太郎さん
実は「翔ぶオリヅル」で路線変更し
空飛ぶ伝承折り紙戦争に持ち込む、というのが当初自分の描いたシナリオでした。
「飛ぶやっこさん」だとか「飛ぶ蛙-日本の蛙を見せてくれ-」だとか
誰か折り返してくれないかなーと待ちかまえていたんですけど
実際は流れには逆らえず現在の状態に陥ってしまったわけで。。

折り鶴戦争にしても思ったより参戦者が少なく、、
予定では今ごろDr.ラングが羽鳥氏を通じて
大陸間弾道弾を発射しているはずなんですけど。。

S太郎 - 01/10/21 21:52:22

コメント:
われわれも大変ですが、連日の新作アップに
対応しなければならない目黒さんも、かなり
大変だろうなあと思っています。
お手数かけています。



S太郎 - 01/10/21 21:50:25

コメント:
みるかし姫さん

>鶴に使った部分はかなり複雑に折ることもできますか?
> 私がやって みたいのは「千と千尋の神隠し」に登場す
る>「釜爺」という蜘蛛人キャラクターなんですが。

ううむ。まあ、鶴が折れるのですから、それくらいの
カド数のものはできると思います。千と、、は
見ていないので、現物をみないとなんとも
いえませんが、、、

>綺麗に折ったものを、以前木彫りのクモを
>贈り物に頂いた蜘蛛談話会の先生に
>お礼返ししようかと思っています。

綺麗に折るためのアドバイスを一つ。

蛇腹折りでは、余計な折線を出さないように
折ることが、仕上げの課題です。
例えば、めぐろさんの金紙のクモであれば、
私のクモ2の段階展開図の一番はじめの奴を
折って、それの縦方向のみに蛇腹折り線を
つければ、ほとんど必要な線のみの形が
得られます。


ところで私、ほとんどMAXに近いスピードで、
土日を創作に捧げた結果、オリガマー宿命の
難病である、

「指先の爪の間が痛い病」

を患ってしまいました。状況が許せば、
(それはつまり、田中氏の猛反撃がなければ
ということですが)しばらく療養したい気分です。

今度は、できるだけのんびりペースで、
第二次昆虫戦争でもやれたらなあ。
とも思います。最近、A2さんのマルスを拝見して、
簡明に折れて、スタイルのいい昆虫。というのを
折りたいなあと思っています。



S太郎 - 01/10/21 20:58:31

コメント:
まさかの連日更新です。

昨日のクモとは、まったく違う展開図で、
第三脚が短いクモを設計してみました。

http://starou.omosiro.com/kumo4.html

案外よくできたとおもいます。自分的に、クモは
これでほぼ納得できました。



みるかし姫 - 01/10/21 10:03:54

コメント:
めぐろさん

先に転載可と申しあげ忘れたようですが、ゴミグモ
どうぞ転載していただいて結構です。「アリグモ」は、試
し折りした段階でソレっぽくなったのですが、画像のもの
はむしろ一般的なクモに近づけてしまったので、もう一度
折りなおしてアリグモ体型にしたものをまた撮ってみま
す。それと細かいですが、「トリクイグモ(鶴食蜘蛛)」
は、広告紙のほうが試し折りで、頭胸部/腹部の性格な比
率については金紙の方が展開図に忠実ですので、「試作モ
デル」と「完成モデル(よりタランチュラの体型に近く調
整)、としていただければ幸いです。

クモ調査の様子は、こちらに報告を書いてありますので、
興味があればごらん下さい。


めぐろ - 01/10/21 08:09:26

コメント:
S太郎さん
ツルグモ、かっこいいですねー。足のなまめかしさもたまりません。
羽のあるクモを連想しましたが、見方によっていいろな物が
連想できて、そういう面もまた楽しい作品ですね。
先にいただいております御許可に基づき、変ありがたく掲載させていただきました。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/staro/3turu.html
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/21 07:47:33

コメント:
田中さん
昆虫シリーズ快調ですね。 DORAGONFLYは鶴の原形の組み合わせで、不思議と引き付けられる
魅力ある形ですね。
千羽鶴的にみてもはじめてみるパターンで新鮮にかんじます。
電車やボートのような雰囲気も感じました。

転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
チェック宜しくお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/21 07:22:46

コメント:
服部さん
先日の写真を拝見したときに羽の後半部が折られていないので
不思議には思っていたのですが羽ばたく機能のためでしたか。
たしかに面白い機能ですね。なるほどです。
画像、お待ちしております。お手数かと存じますが宜しくお願いいたします。
「落下鶴」面白そうですね。ぜひ分類コーナーに掲載させていただきたいです。


めぐろ - 01/10/21 07:09:42

コメント:
S太郎さん
蝕肢を長くおりだしたタイプの縞足タイプクモは蝕肢の長さが
タランチュラとかによさそうでかっこいいですねー。
蛇腹での構成が非常に効用的で興味深いです。


めぐろ - 01/10/21 07:02:36

コメント:
みるかし姫さん
私も先日自然観察好きの仲間と利根川沿いの森に行きました。
私たちの目的は樹木を見ることだったのですが、クモのことが頭にあって、
同時に探して見ました。ジョロウグモはたくさんいたのですが、
それ以外のクモは見つけられませんでした。
みるかし姫さんが50種類もみつけたという話をきいて、
さすが専門家は違うと驚くばかりです。


めぐろ - 01/10/21 06:53:46

コメント:
みるかし姫さん
タランチュラ、アリグモ、ササグモ、トリクイグモの図を
掲載させていただきました。大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/taran/taran.html#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/arigumo/arigumo.htm#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/sasagumo/sasagumo.htm#p1
http://www43.tok2.com/home/meguro/sousakuka/mirukashihime/torikuigumo/torikuikumo.htm#p1


みるかし姫 - 01/10/21 00:40:12

コメント:
ジョロウグモ試作も拝見しました。

第3脚を短くして、脚の長さを変えるというのは、素晴ら
しい基本形だと思います。いままでの作品で扱った種は、
殆どが4対の脚がほぼ同長のものでしたが、実在のクモで
は、極端に脚長に差がある種がおりまして、どうしても
その感じを出さないとリアリティを欠く場合があります
ので。

第一脚の極端に長いセンショウグモ(他のクモを襲って
食べるクモ・ハンターです)とか、ヒメグモ科の多くが
そうです。

みるかし姫 - 01/10/21 00:36:22

コメント:
S太郎さん

鶴蜘蛛、やると思ってましたが、面白いです。鶴に使った
部分はかなり複雑に折ることもできますか? 私がやって
みたいのは「千と千尋の神隠し」に登場する「釜爺」とい
う蜘蛛人キャラクターなんですが。

縞脚の折りのヒントありがとうございます。トライしてみ
ます。ゴミグモとタランチュラは、自分で発展展開図を考
案した初めての経験で、そこそこ実在の種に近づけられた
という記念すべき作品でもありますので、綺麗に折ったも
のを、以前木彫りのクモを贈り物に頂いた蜘蛛談話会の先
生にお礼返ししようかと思っています。

今日は、クモ観察に行ってきました。千葉県の利根運河沿いですが、50種越すクモを確認しました。さーて、次は どの種を折るかな(笑)。

S太郎 - 01/10/20 21:05:31

コメント:
みるかし姫さん

>これでもそうですが、脚の縞縞を綺麗に出す方法
>がまだわかってません。^^;

いろいろ方法はあるとは思うのですが、蛇腹を、
1,1/2,1/2,1という具合で、折っていって、
縞を平行にするにはどうしたらいいか考えて
みてください。

服部さん

羽ばたき鶴、落下鶴とは盲点でした。とくに、
落下がおもしろいです。羽をねじれば、
落下時に回転する鶴もできそうですね。

>折り鶴戦争が無事終結したとして、
>もしその時気力が残っていたら
>その辺改良してみようかなとか思ってます。
>後ゴホンクビオリヅルオオカブトとか。。

田中さん、もしかしたら、私達、

「そんなキワモノ折ってる暇があったら、
まともな作品、設計したらいいのに」

とか、みんなに思われてるかもしれませんね。
田中さんの昆虫の新作も勝手に期待しております。



S太郎 - 01/10/20 20:55:50

コメント:
別に成体までそだてなくとも、結構、貴重っぽい感じです。

http://starou.omosiro.com/turugumo.html

めぐろさんのクモの改良ばっかではなんかあれなんで、
オリジナルのクモを折ってみました(まだ試作段階)
用紙を斜めに使うもので、第3脚が他の脚より短い
タイプの、脚まだらクモです。(無精してまだら折って
ないけど)25cmくらいのホイル紙で折ったものです。

http://starou.omosiro.com/jorousisaku.html



田中まさし - 01/10/20 03:19:34

コメント:
□S太郎さん
カブト鶴はツノ部分を折り変えただけなんで、@言う間に(死語)完成しました。
ただ、鶴領域が前足領域を侵食した結果、当然前足が短くなってしまいました。
折り鶴戦争が無事終結したとして、もしその時気力が残っていたら
その辺改良してみようかなとか思ってます。後ゴホンクビオリヅルオオカブトとか。。

ちなみ愛用していたクラフト紙は鈴木であることが判明。
買いに行ったら売り切れで途方に暮れています。
(開発に支障が、、いや、鶴を折るのを止めろとの紙の啓示か?)


「DRAGONFLY」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/60102031741f1.jpg(転載可)
不切正方形で4連結程度。長方形ならどこまでも伸ばせますね。
その内21連結か23連結か41連結の、百足じゃなくて百翼を折ります。


服部吉晃 - 01/10/19 22:59:20

コメント:
ああ。やっとテストが終わりました。

ふふふ。。。昨日の写真。やっぱりみなさん分かっていないのでしょうか。
いいアイデアを皆さん忘れていたんですよ。驚くこと鳴かれ。
実はあれ、「羽ばたく三つ首の鶴」と「羽ばたく二つ首」のなんです。
四つ首と五つ首も出来そうな感じです。
三つ首は以前の(羽ばたかない方の)ものとは展開図がまとたちょっと違います。違うと言っても厚みのバランスを考えなくて良いのでむしろ簡単になりました。
二つ首はS太郎さんの展開図のものとはまた違います。(別に対向してるわけじゃない)
どちらも、とてもかわいらしくパタパタしてくれるんですよ。ほんとかわいい。

さて一つ首の鶴ですがあれはまたぜんぜん違います。
あれは普通の鶴です・・・
が、しかし遊び方が違うんです。高いとこから落下させるとスゥーと落っこちてきます。
しっぽにそれなりの角度を付けるといい感じになると思います。あと背中もいじって調節します。
飛行鶴ではないので「落下鶴」とします。
これを創作と呼んで頂けるのでしょうか?微妙なラインかな?
ボツといえばそれまでですが、これはぜひ分類コーナーに入れていただきたいものです。

画像の件ですが、4首、5首を創作したら一つずつ写真撮り直しますのでもう少し待ってください。

みるかし姫 - 01/10/19 20:11:23

コメント:
S太郎さん

>免許皆伝

は誉めすぎです。まだまだ強引なところがありまして。
左右相称蜘蛛触肢付きは、「鶴食蜘蛛」一作目の牙を折る際にだいたいの感じをつかみました。展開図にしようと、(金出して買った)初めての金紙で、今朝から折っていました。強引に折った第一作よりも、プロポーションのいい作品ができたので、「トリクイグモ」画像と展開図を改めてアップしました。

トリクイグモ第2作

これでもそうですが、脚の縞縞を綺麗に出す方法がまだわかってません。^^;

S太郎 - 01/10/19 14:33:41

コメント:
みるかし姫さん

頭じゃなくて、腹でした。

今日アップしたショクシあり版は、
わざと最大に近い長さでショクシを折っています。
これの折り方がのみこめれば、あとはもう、
いろいろな比率の基本形が、即時的につくれる
ようになるだろうと思います。

他に、脚の縞を平行にだす技法等を、ちゃんと
説明したほうがいいかもなあということは
ありますが、ほとんど免許皆伝ですね。

今回は、目黒さんの作品の洗練化ということで、
作例までちゃんとつくるべきだとは思うのですが、
なにしろ、紙を買う金がなくって(笑泣。



S太郎 - 01/10/19 12:51:56

コメント:
みるかし姫さん

こちらが予想していたのをはるかに超えたレスポンスで
驚いています。特に、ゴミグモの発展展開図には
感嘆しました。頭?の菱形のトゲトゲが上手く表現
されてますね。これが最近蛇腹を始めた人とは、
ちょっと信じられないです。

>「腹部に模様」と言ったのは、この程度
>の試みのことです。↑

そうでしたか。確かに、最近の神谷哲史氏の作品
などをみていると(みてるといっても、web上で
みれる範囲だけど)、折りヒダで模様を出す技術が、
どんどん進んでいるように思えます。
私も、そういう技術を、もっとみにつけたいなあとは
考えております。



S太郎 - 01/10/19 12:35:37

コメント:
画像ちょっとでかいけど、スクロールしたら、
下に展開図がありますので。(↓の話)

田中さん

二つ首の折り出し例掲載させていただきました。
よろしくご確認ください。

http://starou.omosiro.com/hutatukubiten.html

それにしても、かぶとつる?カッコいいですね。
田中さんの折るカブトムシは、タイムボカンライクで
かなり好きな感じです。しかし、あれをケンタウツルを
みてから折ったとすると、、、、ううむ、速い。



S太郎 - 01/10/19 12:28:04

コメント:
一日休んでたら、えらいことになってますね。
先に、蝕肢を長くおりだしたタイプの
展開図をアゲときます。写真は、やはり、普通の
折紙で折ったもので、ほとんど基本型のまんまの
試作品です。蝕肢の長さなどは、もちろん、これ
以外にも、いろいろ可能です。

http://starou.omosiro.com/madara2.html


みるかし姫 - 01/10/19 08:26:33

コメント:
めぐろさん

作品掲載の件は、了承です。ササグモ、鶴食蜘蛛も、どう
ぞ加えてくださって結構です。「みるかし姫@世界に広がる
クモニスト…」というのは長いので、「みるかし姫@クモ
ニスト・インターナショナル」でいいですよ。

>獲物を捕まえて勝ち誇っているクモの表情、
>「もうだめだわ」と、しなってしまっている鶴の表情、
>雰囲気がすごく出ていると思います。

お褒めいただいてありがとうございます。タランチュラが
餌を採る様子(普段はコオロギですが、たまにカエルとか
もやります)は日々見ていますので、そういう場面を頭に
描きつつ、蜘蛛の気持ちになって(笑)折りました。

そろそろ広告紙では、写真で細部がわかりにくくなってき
たので、わたしもちゃんとした無地の紙を調達して、S太郎
さんの64分割折りに挑戦したいと思います。

明日は、千葉の谷津田で、環境指標のためのクモ相調査に
でかけてきます。

めぐろ - 01/10/19 04:56:42

コメント:
みるかし姫さんのクモ、アシダカグモ、カニグモの図を掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。
クモ アシダカグモ カニグモ


めぐろ - 01/10/19 04:50:49

コメント:
S太朗さんのクモ1、クモ2、クモ3の図を掲載させていただきました。
大変ありがとうございます。
宜しくチェックのほどお願いいたします。
また宜しくお願いいたします。
クモ1 クモ2 クモ3


めぐろ - 01/10/19 01:08:44

コメント:
服部さん
1つ首、2つ首、3つ首タイプと揃い踏みですね。
3つ首の鶴は
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/hattori/3turu.gif
この展開図のものとお見受けしますが、そうなのでしょうか。
S太郎さんの3つ首の鶴と展開図はよく似ているのに、
首の付け根の雰囲気が大きく異なり興味深いですね。
もしよろしければ、この3タイプの鶴の掲載御許可を
いただくわけにはまいりませんでしょうか。
宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/19 00:46:59

コメント:
みるかし姫さん
ササグモ、鶴食蜘蛛、拝見しました。ササグモの足の毛は折り紙にとって非常に難しいテーマですが
それでもちゃんと、実物のササグモとは少し印象が違いますが、迫力ある形にまとめられるとはお見事です。
鶴食蜘蛛すばらしいです。しっかりした造型テクニックも お見事ですし、
獲物を捕まえて勝ち誇っているクモの表情、
「もうだめだわ」と、しなってしまっている鶴の表情、
雰囲気がすごく出ていると思います。
ドラマを感じました。
先日みるかし姫さんから掲載の御許可をいただいた後から発表された
これらの御作品も、できましたら掲載御許可をいただくわけにはまいりませんでしょうか
宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/18 23:44:12

コメント:
田中さん
黒い鶴も渋くていいものですね。ただの黒い折鶴よりも
カラスアゲハ的な意味があると、黒の意味がより生きてくるような感じがします。
転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
宜しくチェックお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


服部吉晃 - 01/10/18 23:35:02

コメント:
明日、中間テストの最終日なので画像だけ・・・
http://www.cty-net.ne.jp/~hattori7/sakuhin/ABC.html

みるかし姫 - 01/10/18 23:27:58

コメント:
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/orituru.htm
縞脚蜘蛛の牙付きを折ってみました。体型は思いきりデフォルメの遊び編です。
題して、「トリクイグモ<鶴食蜘蛛(笑)>」

>そのような貴重なクモを、体長1mmという大きさで見つけ
>られたとは、驚くばかりです。すごい集中力が要りそうですね。

実は集中力というより、「蜘蛛眼」なのです。クモのいそ
うな「場所」(特定の葉っぱの茂り方とか、明るさ、湿
度、などなど)を睨みつつ、森のしげみを眺めていると、
このへんにいそうだぞ、と匂ってきます。そこを「蜘蛛
眼」でぼーっと眺めまわす。シロゴミグモは、観察会も午
後の終盤、もう皆な疲れてしまった頃に、ふと見つけまし
た。「あれ?しろい小さいクモが円網に居る。」念のため
採って、一緒にいた他の研究者に尋ねてみて、そのひとが
記載者だったから珍しさが判明したようなものです。貴重
なクモとの出会いというのは、そんなもののようです。



めぐろ - 01/10/18 22:48:55

コメント:
みるかし姫さん
シロゴミグモというのははじめて拝見しましたが、
そのような貴重なクモを、体長1mmという大きさで見つけられたとは、驚くばかりです。
すごい集中力が要りそうですね。

8角形展開図はみるかし姫さんもお考えとのこと、やっぱり、有望な
展開図なのだと思います。
特に足の部分を上から見ると
きれいな段段ジグザグ折り目があるのでこれを生かせればおもしろいのでは
と思います。

ヒヨケムシはその名の通り「日をよけるムシ」だったのですね。
シロアリの女王の雰囲気もありますね。
ちょっと透け目の薄い紙とかが合いそうです。


タランチュラのぬいぐるみは、お、大きいですね。
しかし、このぬいぐるみをみるとタランチュラの大まかなパーツの位置が
よくわかりますね。なかなか足の付け根とかが移っている写真はないので
参考になります。



めぐろ - 01/10/18 22:10:23

コメント:
今日の22時00分ころ手動改ページしました。
もし、その前後10分くらいの間に書きこみしていただいた場合は、
内容が飛んでしまったかも知れません。
気をつけてはいるつもりなのですが、もし、そのような方がおられましたら、
宜しくご連絡のほどお願いいたします。


田中まさし - 01/10/18 19:10:42

コメント:
「THE CROW !!」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos/42101819832f1.jpg(転載可)

某100円ショップのラッピング和紙の質が落ちてますね。
以前店頭に並んでいた物は、薄い・やや強い・安いで使い勝手が良かったのに…。


みるかし姫 - 01/10/18 19:02:41

コメント:
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/orisasa.htm
ササグモ。

うーむ。やはり細い刺がいっぱい、なんてのはそうそう簡単には折れませんね(笑)。

めぐろ - 01/10/18 13:17:01

コメント:
みるかし姫さん
>↓うわっ。タグで締め忘れ。
どうぞお気になさらずに。
今、修正しましたが、こういうのも変化があってよろしいかと、、、。
いまちょっと時間がありませんので、また後ほど、失礼いたします。


みるかし姫@ミス - 01/10/18 10:59:19

コメント:
↓うわっ。タグで締め忘れ。
激謝。

みるかし姫 - 01/10/18 10:57:04

コメント:
>ゴミグモイイですねー。
>背中の突起の表現も、暗色系の広告紙用紙も雰囲気が出
>ていてカッコいいです。

お褒めいただき光栄です。「暗色系の広告紙」について
は、もっと光沢があったのですが、突起を折り出すのに
何度も開いて折ってしているうちに、表面がボロボロに
なってきて、なんともいえない質感をかもすようになり、
かえってゴミグモっぽくなりました(笑)。ゴミグモは
名前はダサいですが、自然界の実物もよく見ると非常に
カッコイイ蜘蛛だと思います。

ちなみに、先日のクモ談話会の観察採集会で、1992年に記
載されたばかりの全国でも採集例の少ない「シロゴミグ
モ」という種の♂(体長1mm)を見つけました。♂の例は
初めてで、これをうまく成体まで育てられると学術的に
貴重な標本になります。ゴミグモづいてます。
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/sirogo29.JPG

めぐろさんの8角形展開図は、「3年前にクモを折る!」
を思いついて挑戦しようとしてみたような遠い記憶があり
ます。めぐろさんがS太郎さん掲示板に書かれたように、
「展開図からの発想の広がり」が、当時の私には貧困で、
8本脚を折りだしても、どうしても頭胸部/腹部が分割
できず、タコというか、百歩譲ってもダニにしかなりま
せんでした。

完成を楽しみにしてます。

>ヒヨケムシ
>光に弱そうな感じですね。

英語ではサンスパイダーと言ったり、ウィンドスコーピオ
ンと言って、なんだか灼熱の砂漠を風のように走り回るイ
メージが誤って流布されてるんですが、実際は石の下など
に穴を掘って暮らし、石をどけたときに逃げて他の日陰を
求めて走りまわる、ということのようです。砂に潜らせな
いと長期飼育できません。また、孵化幼体の飼育が難しい
です。

>>1mを越すタランチュラのぬいぐるみ
>やっぱり、タイの子供たちはタランチュラのぬいぐるみ
>を抱っこして寝ていたりするんでしょうか。

日本にもいます(笑)↓。 タランチュラぬいぐるみなどグッズ紹介。



めぐろ - 01/10/18 03:47:37

コメント:
みるかし姫さん
先ほどはニアミスでしたね。もう眠られちゃったでしょうか。
ゴミグモイイですねー。
背中の突起の表現も、暗色系の広告紙用紙も雰囲気が出ていてカッコいいです。

ヒヨケムシはいままでまったく知らなかったのですが、
言われてみればデリケートそうな感じをうけますね。
白っぽくてぷよぷよなお腹とかは光に弱そうな感じですね。


>1mを越すタランチュラのぬいぐるみがありますよ。
あ、あるんですか(^^;;;
やっぱり、タイの子供たちはタランチュラのぬいぐるみを抱っこして
寝ていたりするんでしょうか。
そして子供たちのパジャマはマウスの着ぐるみだったりするんでしょうか。


めぐろ - 01/10/18 03:07:03

コメント:
田中さん
おお!カブト鶴、カッコイイです。
やはり、モトネタは田中さん御自身のカブトムシでしょうか。
鶴の大きさがぴったりとちょうどいい感じですね。
転載可とのご表示がありましたので
大変ありがたく掲載させていただきました。
チェック宜しくお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/tanaka/mitukubikawariduru.html
また宜しくお願いいたします。


めぐろ - 01/10/18 02:18:54

コメント:
S太郎さんの洗練化に感銘を受けたので、私も足縞クモの洗練化を
考えてみました。
http://www43.tok2.com/home/meguro/meguro/kumosenren.gif
できるだけ小さな紙でも折れるようにと思ったのですが、うまくいくかどうか、、、


みるかし姫 - 01/10/18 02:04:39

コメント:
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/origomi.htm

やってみました。前から折ってみたかった、ゴミグモ。
大分類:左右相称クモ/縞脚(めぐろさん考案)
小分類:ジャバラ折り(S太郎さん洗練化の折り図)
種: 複数トゲ蜘蛛(みるかし考案)
亜種:(生物分類上の種)ゴミグモ。

ってとこです。トゲグモ、トリノフンダマシ等の変なクモ
たちにも応用が利きそうです。

>ヒヨケムシ

結構飼育の難しい動物で、海外からたまに輸入されますが、
なかなか長期飼いつづけられません。こいつのために
3万円する専門書を買いました。

>ぬいぐるみ

うちには体長60cm、脚をひろげて1mを越すタランチュラの
ぬいぐるみがありますよ。タイで買いました。タイはけっ
こう蟲のリアルなおもちゃのあるところです。

めぐろ - 01/10/18 02:02:27

コメント:
S太郎さん
洗練化蝕肢なし版展開図略図拝見しました。どうやって洗練するのかなと
想像しておりましたが、私が考えていたものより遥かに効果的なパターンでした。
なるほど、これなら普通の折り紙でも折れそうですね。すばらしい技法だと感じました。


めぐろ - 01/10/18 01:54:28

コメント:
模様の折り出しといえば、以前、何とかアゲハ蝶の羽の模様を折ってみたくて
色々と考えていて、用紙の表面の起伏状態の影の有り無しで模様が出ないかと
考えたことがありました。
具体的には蝶の羽のリン粉をうろこ状に細かく折って、暗い色の模様のところだけ
リン粉の逆立てればそこに影ができて、暗くなってくれるだろうと思ったのです。
まだ試していませんがいつかやってみたいような、みたくないような、、、


めぐろ - 01/10/18 01:46:49

コメント:
みるかし姫さん
みるかし姫さんの創作されたクモや、アレンジされたクモの
掲載御許可いただきまして大変ありがとうございます。
近々掲載させていただきたいと思っております。
今後もよろしくお願いいたします。

色々なクモの情報大変ありがとうございます。
それにしても色々なクモや近縁動物がいるのですね。
ヒヨケムシは足として見えるのが五対でサソリに似ている感じですね。
全体的なぬるっとしたなまめかしさに、折り心がそそられます。
縞系のクモは先日教えていただいたコガネグモの背中のシマシマが
たまりません。何とか折ってみたいです。
メキシカン・レッドニー・タランチュラは、か、かわいい!!!
毛深い感じがまるで、ぬいぐるみですね。脚広げて13cmですか、
10倍くらいに大きくして抱きしめてみたいです(、、、って食われちゃうじゃん!!!)。
タランチュラのあのモコモコという感じも折り心をひきつけますね。


田中まさし - 01/10/17 20:34:53

コメント:
タリタリバーンのコニャニャチハ
報復攻撃なのだ!
「ORIZURU HELMET BEETLE」
http://image1.photohighway.co.jp/0001/226/photos//631017203031f1.jpg(転載可)


みるかし姫 - 01/10/17 17:04:17

コメント:
オニグモ・スタイル。
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/origa31.JPG

とりあえず練習。S太郎さん洗練化の触肢なし左右対象縞脚
クモ折れました。「腹部に模様」と言ったのは、この程度
の試みのことです。↑
広告紙では、わかりにくいですね。ちゃんと色つき紙で
折ってみなくては。

みるかし姫 - 01/10/17 13:49:26

コメント:
下の投稿、読みにくくてすみません。

>洗練化蝕肢なし版展開図略図。

S太郎さん、展開図、美しいです。中央の頭胸部・腹部の
円の直径比率と、脚の予定部位の長さが、プロポーション
として、一見して非常にクモらしいです。

さっそく挑戦してみます。

みるかし姫 - 01/10/17 13:18:03

コメント:
>普通、折り紙で、紙の裏表を使って模様を出すには、 >そのカドが用紙の辺部に配置されている必要があります。 >今回のクモは、頭と腹は、用紙内部からですので、 >模様を折りだすのはちょっと難しいです。 これは了解しているつもりです。言葉足らずでしたが、 わたしが「腹部の模様の輪郭を折り出す」と申しあげたの は、裏表の模様ではなく、段々をつけることで、線を表現 するという程度のことで、例えば http://starou.omosiro.com/kumosisaku.html の背面の正中線にはマス二つぶんの帯ができますよね。 こういうのを「模様」に見立てよう、ということです。 折り方の転換というよりは、細部のアレンジによる「造 形」の領域です。 といっても、イメージで言ってて自分の技術が追いついて いないんですが。^^;

S太郎 - 01/10/17 12:39:18

コメント:
みるかし姫さん

いろいろご紹介いただいて、参考になります。
私も、家に帰って、不精せず、昆虫図鑑など
調べてみました。(所詮その程度だけど)

それで、ジョロウグモは、体に複雑な模様が
あることはわかりました。ただ、横からみて、
平行四辺形であるというのは、図鑑からは
分かりませんでしたので、参考になりました。
扇折りで、紙幅を確保したのち、ぐらい折りで
よいなら、あの形は出せそうです。

あと、下で書きましたが、普通、折り紙で、
紙の裏表を使って模様を出すには、そのカドが
用紙の辺部に配置されている必要があります。
今回のクモは、頭と腹は、用紙内部からですので、
模様を折りだすのはちょっと難しいです。
そのためには、別の配置を考える必要があります。



S太郎 - 01/10/17 12:27:11

コメント:
洗練化蝕肢なし版展開図略図。
図はこまかく見えますが、ようするに、
十字状領域に、16分割つけて、
脚の付け根ぎりぎりのところまで、金色のくも
同様に沈めるだけです。(ただし、前後非対称になる)
折ってみれば、結構簡単です。

http://starou.omosiro.com/madarasisaku.html


みるかし姫 - 01/10/17 10:34:12

コメント:
めぐろさん、S太郎さん、

先日、「東京蜘蛛談話会」というクモ専門家の同好会の集まりがあって、
横浜の山に「採集観察会」に行った折り、折り紙カニグモを持って行って
披露したところ、ものすごく評価されました。もちろん皆さん、「カニグモで
すねぇ」と唸ってくれました。ますます他の種にも挑戦したくなりました。
12月には例会で会員の発表の場があるので、各作品並べて紹介してみて、
「種名当て」ゲームしたら、ウケること間違いなしです。

>脚だけにまだらのあるクモは他にあるでしょうか。
>目黒さんのおっしゃるじょろうぐもは、からだに縞はありますか?

ジョロウグモは腹部にかなり複雑な模様がありますが、脚をうんと細くし、横
からみて並行四辺形の腹部の形を整えられれば、ソレらしくなるかも。↓
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/jorou85.JPG

めぐろさん&S太郎さんの縞脚バージョンは、(比較的脚ががっしりした体型
である)オニグモ類に挑戦してはどうかと申しあげましたが、たとえば特徴的
な種として、

コケオニグモ↓(稀産種ですが、クモ屋のあいだでは「高名」で、緑色の紙で
折れば、一発でソレと分かってもらえます。腹部背面の1対のギザギザ模様
<葉状斑>がオニグモ類の特徴で、これをうまく折り出せたら、リアルです)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/photo/kokeon49.jpg

ヤマシロオニグモ↓(ポピュラーな里山のクモ。腹部末端の黒斑が特徴ですが、
この輪郭を折り出す工夫ができたら雰囲気出ると思います。)
http://www.ne.jp/asahi/jumpingspider/studycenter/spiderphoto/neosconascy.jpg
日本ハエトリグモセンターの画像より)

イシサワオニグモ↓(これもオレンジの紙で折って、葉状斑と中央縦の白帯の
輪郭を織り出せたら、かなりリアルでしょう。)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/photo/isisaw01.jpg

ビジョオニグモ(上のオニグモ類3種が丸みをおびた三角の腹部なのに比べて、
球形の腹部。模様が少々複雑なので無理でしょうか。私がすごく好きなクモ
です。「美女鬼」って凄い命名ですよね。)↓
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/bijo81.JPG

あと、縞脚で忘れてならないのは、外国産のタランチュラ類でしょう。

タランチュラ(オオツチグモ科)一般の特徴としては、触肢が歩脚のような形
をしていて一見10脚に見えること。長い触肢を折り出す必要があります。

メキシカン・レッドニー・タランチュラ↓(ペットとして最もポピュラーな種
で、オレンジ&黒の紙で折れば、かなりリアルになるはずです。毛羽立つ紙な
ら体表面の毛の感じも出てさらに良いかも。実物大なら、脚広げて13cmくらいで。)
http://city.hokkai.or.jp/~pia/smithi.htm

インディアン・オーナメンタル・タランチュラ↓(これは結構高価なペット。
腹部の模様の輪郭をなんとか実現できれば、腹部を細長く折ることで、リアル
に。実物サイズは脚伸ばして30cm!)
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/regali57.JPG

番外編:

縞脚ではないですが、ここまで勝手なクモマニアの注文つけたから、ついでに
言っちゃいます(笑)。

キムラグモ↓(クモ類で最も原始的な生きている化石。日本にいます。腹部の
体節をヒダ状に折れれば、可能では?)
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Namiki/3684/photo/kimura37.jpg

クモじゃないけど極め付けの異形な蟲。クモガタ綱ヒヨケムシ目の一種。↓
(膨らんだ鋏角=顎、盛り上がった頭部、細長い触肢、くびれた腰、体節の
ある腹部。挑戦的でしょ:笑)
http://ueno.cool.ne.jp/mirukashihime/data/hiy16.JPG
http://village.infoweb.ne.jp/~fwng3615/hiyoke1.htm

めぐろさん

>みるかし姫さんの創作されたクモや、今回アレンジされたクモの図を
>当ページに掲載させてもらうわけにはいかないでしょうか。

写真は転載していただいて結構です。ただ、折り方はかなり行き当りばったり
なので、「折り図」や言葉に解説できないのですが。。。^^;

めぐろ - 01/10/17 04:20:19

コメント:
服部さん
「たてがみ鶴」掲載させていただきました。
真にありがとうございます。
掲載させていただいたページのチェック宜しくお願いいたします。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/5487/bunrui/hattori/3turu.html
また宜しくお願いいたします。



めぐろ - 01/10/17 04:03:25

コメント:
S太郎さん
洗練化版のクモ拝見しました。普通の折り紙で、あそこまでちゃんと折れるのですね。
洗練化の効果でしょうか、かなりびっくりです。
私の足縞クモは30cmくらいの金紙で折って
(折りあがりの足を含めた大きさはは15cm位)、何とかなるかなという感じでした。


めぐろ - 01/10/17 03:55:22

コメント:
みるかし姫さん
縞脚の金色グモ、クモに詳しい方にお褒めいただけてうれしいです。
今後、クモの足の縞の様子とか、もっと観察してみたいと思います。

ところで、みるかし姫さんのページの、みるかし姫さんの創作されたクモや、
今回アレンジされたクモの図を当ページに掲載させてもらうわけには
いかないでしょうか。
(みるかし姫さんの御許可がいただければ、S太郎さん作のクモ1、クモ2のアレンジ作に関しては、S太郎さんにお伺いいたします)
  特別のテーマに専門知識を持った方の折り紙の取り組みとして
とても興味深い例と存じます。
宜しくお願いします。


掲示板に書き込む
メインページへ
掲示板を開設した2000年10月から2001年3月までの掲示板
2001年4月01日から2001年7月31日までの掲示板