センターの良し悪しはレーンで決まる!

リサーフェイスとはレーン・アプローチすべての表面を削り傷んだ箇所を修復する大がかりな工事です。
アストロボウルでは、平成23年6月度「リサーフェイス」を実施。

平成25年7月1日(日)深夜より「リコーティング」を実施
リコーティング工事とは?
レーンの古いコーティングを取り除き凹凸を無くし、新しくコーティングする工事のことです・・・・「リコーティング」風景写真UP♪

まず レーン?について覚えましょう!

・レーンの材質
レーンはメ
イプル(楓)とパイン(松)でできている(シンセティック)。ファールラインからターゲットまでと、ピンデッキ部分がメイプル、あとの部分がパインである。メイプルは非常に堅く、また復元力にとんでいて、多少凹んでも一定時間放置しておくと、またもとに戻る特質を持っている。

・レーンの水平度
丸いボールが転がるのだからレーンは水平でなければならない。許容範囲は
40/1000インチ(約1ミリ)以内とされている。アプローチは1/4インチ、(6ミリ3)までの凹が認められている。





ファールラインから1番ピンスポット中心までは、60フィート(18メートル28センチ8ミリ)とし、
1/2インチ(1センチ2ミリ6)までの差異は認められる。
◎レーンの巾は41インチ(1メートル4センチ2ミリ)以上、42インチ(1メートル6センチ6ミリ)以内とされる。
◎アプローチの長さは、ファールラインを含まない15フィート(4メートル57センチ2ミリ)を最小限とする。
一般センターのアプローチが16フィート10インチ。


THE Professional

施工をお願いした業者は、親切丁寧に対応してくださる(株)アサヒボウリングサービス様に依頼しました。

作業開始
先ずレーン表面のオイルを取り除きます
レーンの表面を削る人とアプローチ部やレーンの傷んでいる箇所のパッチ作業も同時進行


レーンのオイル取り

機材搬入中

アプローチに穴が(笑)

修復作業中

きれいに削り取る

修復作業中

修復作業中

レーンも削られていく

削っています

結構ホコリがすごいです

うろちょろ(見学中)

現場監督 さゆりん

削られたアプローチ

仕上げ削り

新しい木が乗っかりました

興味津々の支配人

仕上げ削り(手早い)

レーンにも穴が・・・

レーンサンディング中

うろちょろ

ABS鈴木氏も興味津々

作業の邪魔をする二人

見学しまくるスタッフ達

記念写真

鈴木氏 一人遊び

木が入る

のんきなSTAFFの日常

アプローチの穴 指さし

正確に削り取る作業は・・・さすがプロ技

削られたアプローチ

かなりの力仕事です(たぶん)

レーンもどんどん削られていきます

真夜中なので眠そう

セコッチ&鈴木氏のレーンチェック

削られたレーンを見ている二人

ニヤニヤ!(^^)!セコッチ

おっ  奥さんからメールが・・・

レーンから火花が@

レーンから火花がA

補修中

黙々と作業が進みます

ついに鈴木氏が手伝う

鈴木氏作業中・・靴を脱ぎ靴下です

終始顔は嬉しそうな鈴木氏

その後・・きちんと全レーン削りました

作業中風景

アプローチもサンディング

サンディング中

スライドエリアのサンディング

神業です・・

真直ぐ正確にサンディング

ビニールシートが貼られた

削り作業終了(木くず掃除)

レーン用コーティング剤登場

レーンコーティングが始まりました

レーンコーティング中

到着

塗った後の確認

アプローチコーティング剤も登場

アプローチ作業も同時進行

段々きれいに変身中

レーンの補修した部分です⇒

その場所をコーティング中⇒

全然目立たなくなりました

塗りながら確認中

同じスピードで塗るのも神業か

拡大するとこんな感じ

チームプレイも完璧です

左右の違いは歴然です

順調に作業は進みます

ピンデッキ付近は手塗りです

ビニールが剥がされていく

きれいに出来ました

作業終了です(^○^)v


丁寧に作業していただきありがとうございました

終了した時間は((+_+)) 朝陽がまぶしい 朝方でした。


で・・・翌日の夕方に初投げしたのは?


施行:(株)アサヒボウリングサービス
(本社)埼玉県川越市  TEL0492−26−4050
ピンメンテナンス・レーンリサーフェイス・他工事

以前の写真


パッチ作業(アプローチの補修)

アプローチサンディング作業

レーンサンディング作業

気合入っています
アストロボウルでは!定期的に
リサーフェイス&リコーティング作業を実施し
レーンコンディションを最高に維持しています

これであなたのスコアも上がります(((笑))

ボウリング場はあなたの知らない
お金がかかるのです、、、、。(ーー;)

でもきれいに
ピカピカ☆彡 (^u^)

結構重労働なのです(汗だく状態)

アプローチ(保護剤)を塗っています

レーンコーティング中

チームワークが大切です!

補修前^_^;

補修後(^v^)

こんなにきれいになりました
ピカピカで満足☆彡

わかりましたか??レーンの状態を最高に保つために ウッドレーンのボウリング場ならやっている事なのです!♪

やっぱり ボウリングするなら・・・・きれいなレーンで投げたいね!(By  管理人)