さすがにカトリックの国、非常に多くの人が巡礼に参加します。

日本では火葬場の前を通るとき、親指を隠す習慣がありますね。ブエノスアイレスの人の多くは普段からバスなどで教会の前を通過する時には、胸の前で十字を切って、その手を唇に付ける習慣があります(日本の習慣とはもちろん意味合いが違いますが)。

 

レコレータ墓地の隣にある教会1999年10月2日、ブエノスアイレスの西70キロのところにあるルハンという町にある大聖堂(BASILICA DE LUJAN)までブエノスアイレス市から2日間で歩く巡礼が毎年のように行われました。ブエノスアイレス市だけでなく、その周辺の町などからも100万人以上の巡礼者が国道7号線沿いなどを歩いて大聖堂に向かうもので、毎年この時期に行われています。

 

P.S.この日ブエノスアイレスから40キロ離れたティグレという町までリベルタドールという大通り沿い一帯が夜の11時半頃1時間ほど停電しました。もっとも大規模な停電だったそうです。うちは早く回復した方ですが、それでも15分くらい停電しました。最近は停電も慣れっこなのですぐにろうそくをつけて外を眺めたらなんと信号機を含めて真っ暗。どこの家にも電気が灯っていない光景は初めてみました。

 

 

先頭へ