ブエノスアイレスには、広告代わりに店の名前と電話番号が入ったマグネットを来客に渡す店が多い。ピザの宅配、薬屋、アイスクリーム屋、空港バス、コーヒーショップ、パン屋、歯医者、レストランなどなど、種類もさまざま。もらったマグネットは冷蔵庫などにペタリと張っておけるし、しかもそこだと毎日目にするから宣伝にちょうどいいというわけ。

私が現在掛かっている歯科医院では、宣伝ではないけれどお茶目な歯の形をしたマグネットに次の予約日時を書き入れて渡してくれるので「いつだったっけ?」と悩むことなく一目瞭然である。ただし、マグネットは概して吸着力が弱いので小さなメモ用紙くらいしか止めておけない。それでもセロテープで貼るよりは汚れなくていいけれど。

ブエノスアイレスではアイスクリームを宅配するサービスもあり、マグネットを見て電話を確認し、近所の店に注文する。値段は店頭で注文するのと変わらない。

ある空港バスは所在地(自宅)が特定の範囲内なら集合場所まで行かなくってもバスが来てくれる。だからマグネットを見ながら電話をするだけで待っていれば家のブザーをならしてくれ、料金は後払いでいいから便利だ。

宅配はアイスクリームやピザ以外にも、エンパナーダ(ミートパイ)、中華料理、クリーニング、そして極めつけはスーパーマーケットだ。ある金額以上買えば(20ドル程度)配達係さんが家まで届けてくれる。ミネラルウォーターやビールなど重いものをたくさん買い込んだときや怪我をしているときなどは大変助かってありがたい。

日本にも「出前」という立派なサービスがあって電話一本で「店屋物」を届けてくれる。ここではざるそばや鰻重の出前は無いが、それに変わるものはこうして挙げると結構たくさんあるものだ。だからブエノスアイレスだって不便なことももちろんあるけれども、まんざら捨てたものではないと思っている。

Magnet

 

   先頭へ