Dia de Secretarias

 

アルゼンチンでは、9月4日は「秘書の日」でした。この日は日頃の感謝を込めて上司が自分の秘書に花束などの贈り物をしたり、食事に招待するといった習慣があります。

 

アルゼンチンのオフィスには、日本の会社に比べて多くの「秘書」がいます。

日本では女性の社員が結果的に秘書のような仕事をすることが多いようですが、アルゼンチンの場合は初めから「秘書」という職種で人材を募集し採用しているケースが多いです。

アメリカやヨーロッパ諸国同様、事務職の役職者にはそれぞれ秘書がついて当たり前、という文化なのです。

秘書として採用された場合には、「お茶くみ」に始まり、コピー取り、電話の取り継ぎ、上司のスケジュール管理、取引先やお客様への冠婚葬祭の贈答品差し入れなど、あらゆる秘書の仕事をこなします。非常に重要なポジションであることは言うまでもありません。

時には来客の泊まるホテルや、接待を行うレストランを決めることもあるため、「秘書の日」には、こういったホテルやレストランからの招待を受けることもあるようです。

給与水準も英語の能力や秘書の経験などにより上下し、月給500ドルくらいから2000ドルくらいまでさまざまです。

 

日頃お世話になっている貴方のオフィスの女性社員にも、感謝を込めて花など贈ってみては如何でしょうか。

 

先頭へ