VINOS ARGENTINOS

Parrilla en Restaurante Posadasワインは牛肉と並んでアルゼンチンの伝統的な産業の1つ。だからアルゼンチン風ステーキや焼き肉(アサードASADO,パリージャPARRILLAといいます)の食事の場では絶対欠かせない飲み物だ。

 

(アルゼンチンのワイン生産)

  アルゼンチンの生産量はフランス、イタリア、スペインなどに続いて第5位。(興味のある方はhttp://www.mercian.co.jp/com/1b.htmlで確認ください)ただし世界的にあまり有名でないのは国内消費量が多いためあまり輸出に出回っていないため。チリは生産量の半分を輸出に回しているがアルゼンチンは10分の1以下しか輸出に廻っていない。

 

(ワインの生産地)

アルゼンチンの中でもワインを多く産出しているのはアンデス山脈の麓の地域で特にメンドーサ州はアルゼンチンのワイン生産量の70%を締める一大ワイン産地となっている。それ以外にもサンフアン州やサルタ州と、アンデス山脈にほど近く乾燥して日差しが強く雨が少ない地域が適しているそうだ。そういう意味ではアンデス山脈の反対側でとれるチリのワインは日本でも大人気になっている。

メンドーサのワイン工場にいくと、直径3メートルはある大きな樽が沢山並んでいて熟成の時を待っている。最近はカルフォルニアワイン同様の機械によって生産工程管理を導入して品質保持にもつとめているらしい。

 

(アルゼンチン人のワイン消費量)

消費量は過去と比べ減少しています。減少量はちょうどビールの消費量の増加と一致するそうです。つまり昔は酒と言えば赤ワインしかなかったので誰もが食事と共に赤ワインを飲んでいたのが、好みの多様化によって消費量が減ったということのようです。

 

(アルゼンチンワインを日本で買う)

アルゼンチンワインは、種類は少ないですが日本でも手に入ります。ものによっては税金や輸出するときの価格の関係でアルゼンチンの国内で買うよりも日本で買う方が安く手に入る銘柄もあるようです。またアルゼンチンワインは山梨産のブドウを原料としたワインと混ぜられ純国産品として売られていることも多くアルゼンチンワインを飲んでいると気が付かないこともあるかもしれません。

 

(アルゼンチンワインの値段)

  アルゼンチンワインの値段は希少価値の銘柄を除けば1本1ドルから70ドルくらいです。今まで見たことのある最高に高いアルゼンチンワインは希少物で390ドル(LAGARDE)というのがありました。好きな赤ワインに限って個人的な感想を大いに交えて価格別に書いてみました。

 

<1ドル以下のワイン>

1本換算(750ミリリットル)で1ドル以下のワインは紙パック、または5リットルくらい入る太い大瓶で売られています。まずくて飲めない、という銘柄は少ないかわりに味わって飲むようなものでもないので、庭で焼いた肉を食べながら水代わりにがぶがぶ飲むなどに適しています。普通に飲まれているのはこのタイプのワインです。こちらの人はワインをそのまま飲むだけではなく、ソーダと呼ばれるレバー付きの瓶からシューッと出したソーダ水で割って、更に氷などを入れて飲んでいます。

 

Santa Ana Personal<2ドル程度のワイン>

2ドルくらいになると味も整ってくるのでレストランで扱うハウスワインでお目に掛かれます。750ミリリットル瓶で売られているワインの中ではもっとも売れている価格帯だと思います。じっくり舌の上で転がして飲む、といった通好みの飲み方ではなく、やはり食事と一緒に水同様飲むのに適しています。ソーダで割って飲む人も多いようです。人にもよりますが2ドルを超えると高級ワインだ、という人もいるくらいで、いい感じのワインも多くなってきます。銘柄による好みもでてきて、Santa AnaとかBarboとかMichel Torinoとかがよく飲まれる代表選手です(Santa Anaは日本でも手に入ります)。

 

Comete de Valmont<5ドル程度のワイン>

このあたりからじっくり口の中で味わって美味しい、と思えるワインが出現してきます。このクラスになるとそのまま飲んだ方が美味しいのでソーダで割って飲む人は少なくなってきます。中産階級のアルゼンチン人はこのクラスを普及価格帯の上限と考えているようで、これ以上の価格のワインは値段に見合った意味がない、という意見も聞いたことがあります。Bianchi, Comete de Valmontなどが有名です(日本でも入手可能)。

 

<10ドル程度-20ドル程度のワイン>

El Malbec 1997 de Ricardo Santos明らかに高級品になり、味もいっそうまろやかでワインだけ飲んでもじっくりと味わえるタイプが多くなってきます(中にははずれもあるが、本当にその銘柄が今ひとつなのか、単に保存が悪かったのかが判らないのが難点)。奮発してこのクラスのワインを買って、まずいと大はずれをひいた気分になります。このくらいのワインを飲むとなると、グラスも良いものが欲しいだとか、雰囲気を演出したくなってきます。各ワイン工場が最高級品として投入してくるワインがこの価格帯です。

Trapiche Medallaなどは20ドル以上もし、Luigi Boscaが17ドルなども高い方で味も素晴らしいですが、そこまで出さなくてもCaballo de la Cepaなど10ドル弱でもひけを取らないくらいの味のするものもあります。個人的にはこのクラスのワインであればこれ以上はいらない、と思えるくらいです。

 

<30ドル以上のワイン>

空港の免税店でも買えるFelipe Rutiniや、最高級品として知られるCadena Zapataなどがもっとも有名ですが、何せ高いですからそう簡単においそれと買うわけにはいきません。記念日だとか、何かしら理由を付けないと購入に踏み切れない価格帯です。飲んでみると、確かに美味しいですが、しかし同じ値段で十分美味しい10ドル前後のワインが何本買える、等と考えるととてもコストパフォーマンスの悪さを感じて私は触手が伸びません。

 

以上価格別勝手な感想でした。

 

 先頭へ