ブエノスアイレスでお茶しませんか?〜独断と偏見のお勧め品!!

DULCE Y SALADO

アルゼンチンのお菓子はとてつもなく甘い。
それだけに甘党にとっては最高のお土産になるはず。
しかし甘いもの苦手な人には地獄・・・そんな人の為に
ぐうたらママが独断と偏見でこちらに参考までにUPします〜



ALFAJORES

アルファーホーレスとはこんな感じです ブエノスのお茶菓子としてなんといっても一番有名なのはアルファーフォーレスです。その種類は豊富でチョコレート、フルーツ、白砂糖のかかったものや最近ではコーンフレークが周りについたものなどいろいろあります。 中はドゥルセ デ レーチェというキャラメルをクリーム状にした物をクッキーではさみ甘さはハンパではありません。又1個入りだけでなく5個入りパック等もでています。カピタン デル エスパシオというメーカーのチョコレートアルファーフォールならチョコが少々苦めでいけると思います。


DULCE DE LECHE

最高に甘そう! アルゼンチンの人は誰でも大好きなドゥルセ デ レーチェ。日本では固形キャラメル位にしか使われませんがここではトーストやクッキーにぬったりプリンにかけたり…又ソフトクリームもチョコレート味よりもドゥルセ デ レーチェ味のほうが主流という程好まれています。しかし食べすぎると(というよりはなめすぎるとのほうが的確!!)太ってしまうので要注意(笑)


FLAN

お試し価値あり 何故プリン?という方もいるかもしれませんがここのプリンは牛乳1リットルで作るので出来上がった後の食べ応えは十分です。又日本で売られているバニラ味、チョコレート味のほか、ドゥルセ デ レーチェ味と日本では見かけない味もあるのでお土産にgood。(キャラメルソースが入っているものと入っていないものがあるので注意してね。)それからちなみにプリンのことをフランとこちらでは呼びます。


CHIMI

ステーキにはかかせない私!! さすがアサード(バーベキュー)の国。バーベキューソースもいろいろあります。その中でも私がお勧めするのはこのソース。最初は酢のすっぱさが気になるかもしれないけれどくせになったらこれなしではお肉は食べられません。(それほど私の大好物)どこのスーパーでも売っています。


CALDOS

味付けが苦手な人の心強い見方! 日本にもあるコンソメの素。しかしこれはCALDO DE GALLINA(カルド デ ガジーナ)といいPOLLOつまりチキン風味のだしです。しかしこれをいれると何を作っても本当に美味しくなります。たとえば野菜炒めにチャーハン、トマトソースにロールキャベツと…私のように料理が下手な人間には心強い調味料です。(又チキン味以外に野菜やビーフ、魚といろいろなものがあります)すべて箱に絵がかいてあるので言葉がわからなくても絵でわかるので大丈夫。


PESTO

スパゲッティにはかかせない!? 今や誰もが知っているペスト。イタリア移民が多いここにはインスタントペストもあります。作り方はいたって簡単。1袋に対し水をコーヒースプーン6杯。油を10杯。それに好みに応じて塩をいれます。又もっと本格的にしたいのならクルミの刻んだものをいれてもすごくおいしい。(但し私が思うには全部は多い気がするのでその都度少しづつ作ると良い)こちらもまた癖になる味です(笑)


QUE ES ESTO?


お国が変わると使っているものもだいぶ違ってきます。
ここではスーパー等で見つけたちょっと変わったものを紹介していきましょう!!


Azufre

チョークとよく似ています! 一見チョークみたいな棒・・・何に見えますか?これはAzufre(硫黄)といい肩がこった時や体の筋肉等が痛い時右の図のように手でころころ転がして痛い部分をさすります。そしてポキッと音がしおれたりひびが入ったりしたらおしまい。あとは治るのを待つだけ??です。私も肩こりがひどい時試して見ましたがホントにすぐに折れたのにははっきりいってびっくり!! おてての中で転がしてね!