介紹瀋陽

〜Shen‐yang’s Profile〜

(*注* 誤植ではありません。中国語では「紹介」は「介紹」です。)

シンヨウって、どこ?

 遼寧省瀋陽市。って言われて分かる日本人はよっぽどの中国通。

 「昔、満州の奉天と言われてました」と言って分かる方、司馬遼太郎の『坂の上の雲』読んだ人。

 映画『ラストエンペラー』で、溥儀が飛行機で日本へ逃げようとしたときに、すんでのところで捕まってしまった、あの空港があるところ。

 そう言われてみれば、初めて耳にした地名ではないでしょう?

 地理的に言うと、東北3省(遼寧省・吉林省・黒龍江省)の1つで、遼寧省の省都、東北地方で最大、中国で4番目の大都市。緯度は新潟と同じくらいですが、内陸なので乾燥していて、冬は‐25℃くらいまで下がり、夏には35℃を越す日もあるらしいです。雪はそんなに降らないそうですが、今年は例外で50cmくらい積もっています。

 人口600万人、漢族を中心に29の民族が住んでいるそうです。(多いのは、満州族、回族、朝鮮族、シボ族、モンゴル族)

 歴史的に言えば、清朝発祥の地。清朝建国の祖ヌルハチが後金の都を瀋陽に移したとか。その後、北京に遷都したので、瀋陽にも故宮があります。北京より歴史が古く、規模は小さいですが、わたしとしては、こちらの故宮の方がワビ・サビがあり、宝物もきれいで、好きです。

 満州時代の名残もかいまみえる街で、例えば瀋陽南駅は、東京駅と同じデザイン。当時のまま使われている建物を街のあちこちで見ることができます。はっとするほど日本的な街並みが突如現れる街です。

 ガイドブック的な名所としては、故宮のほか、上り坂のときはアクセルを踏まなくても上れるが、下りのときはアクセルを踏まないと下っていかない、という奇妙な坂がある『怪坡風景区』、「柳条湖事件」(歴史で勉強したの、覚えてる?)現場にある『九・一八事変(中国ではこう呼ばれている)博物館』、1829年から続く餃子の老舗専門店『老辺餃子店』(新宿に支店がある!)などですが、とてもひろ〜い街なので、おいしいお店、面白い場所はもっともっとありそうです。

 中国にいらっしゃることがあったら、ぜひよってみて下さい。

 歴史小説でこの地の名前が出てきたら、「あ〜あのことか」と思い出してください。

 わたしもこれから、もっと瀋陽のことを勉強していこうと思っています。

主頁

瀋陽的生活

瀋陽的散歩人

中国購物中心

天天記録

鏈接