中国購物中心

China Shopping Center

 

7月号

特集:中国コスメシリーズ

@石鹸

〜痩せる石鹸・forever〜

 

    HOME 中国購物中心目次

 

 中国コスメシリーズ第1弾は、「せっけん」でいく。

 しかも、2000年を迎えた今となっては遠い過去の記憶、「痩せる石鹸」foeeverなのである。

 過去から目をそらさずに未来を目指す、そこにこそ進歩が生まれるというものである。

(1)細胞減肥

(2)PM豊韵

(3)淡毛香皀

 

(1)「細胞減肥」21元

一番下の言葉に注目していただきたい。

「リバウンドなし。心の準備を」

 横の数字が52キロで止まっているのが気になるが、とにかく、心の準備をして先に進む。 

 多くの女性は、5年程前の「海草石鹸」ブ〜ムをまだ覚えているだろう。

「香港直送!!1個1980円・3つで4500円!!」

 の広告に踊らされ、4500円振り込んだのもわたし1人ではあるまい。わたしはこのブ〜ムの直後に北京に留学し、この石鹸が1個20元で売られているのを知り、商売とは何かを知った。

 あれに踊らされた人なら、「SOFTTO」の名前にも覚えがあろう。

 なにを隠そう、この3つの石鹸も、あの「海草石鹸」の会社が懲りもせずに出しているのである。そして、わたしは懲りもせずに、購入しているのである。これが、サガというものであろう。これは、「育毛効果」という文字には無力に近い男性読者には分かってもらえるサガなのである。

 当時、日本のテレビでも、海草石鹸の効果を検証する番組が放送され、4500円を賭けたわたしもそれに見入ったものである。番組の結果としては「効果のほどは不明」ということだったが、北京で20元で手に入ったということもあり、わたしはしぶとく使いつづけていた。

 確かに、劇的に痩せるということはない。ただ、皮脂を取る効果はかなり強いと思ったのだ。海草石鹸の効能書きにあるように、体内の脂肪を溶かし出すというような効果は分からないが、少なくとも体の表面の皮脂はかなり強力に落としているという感触があった。これは信じてもいいとおもう。

 帰国した後、100円ショップで海草石鹸に再会したときにはさすがにがっかりしたが、100%インチキ商品ではないのである。

 

(2)「PM豊韵」24元

(豊胸石鹸)

 痩せたい、と言っても、どこもかしこも痩せていいものではない。

 ということで、これも同時購入。

 「うっさんくっさぁ。」

 と思うかもしれない。いや、わたしも90%そう思っている。

 が。

 万が一にも効果があったら、どうしてくれるのだ!!!ということなのである。虎穴にイラズンバ虎子を得ず、なのでR。

 また、わたしがこれをお買い物カゴの中に入れたきっかけとなったのは、次のような注意書きであった。

《箱の側面の注意書き》

注意:13歳以下の未成年少女のご使用はお控えください。

 そもそも、豊胸石鹸とはなんぞや、ということから始めよう。

 箱の中の使用書には、次のように書かれている。

 「タイ北部の山奥に人目も届かない森林がある。その森林の最も神秘的な場所で生まれ育った少女達は、人を惑わすような美女であるばかりでなく、豊かで堅く美しい胸を持っている。

 これは、この地では少女が15歳になると「酥胸果」(英語名:Pueraria Mirifica=PM)の果汁を胸に塗り、沐浴する習慣があるからである。

 このようなわけで、PM豊胸石鹸はタイから東南アジアへ急速に流行し、豊胸・健胸のための人気商品となっているのである。」

これがPMだ!!

 わたしとしては、豊胸も捨てがたいが、「人を惑わすような美女」になった原因も知りたかったが、それには触れられていなかった。

 この石鹸にはA型・B型の2種類がある。 

「A型は“強効型”で、遺伝、もしくはその他の原因で発育不良、或いはひらべっちゃいチチを迅速にデカくいたします。

 B型は“堅挺型”で、タレチチを弾力のある堅いチチにいたします。」

 ということである。

 わたしがどちらを買い物カゴに放り込んだかは、6月16日の日記を参照していただきたい。

 使い方であるが、これもきちんとやり方があるのである。

 タイの山奥の美少女のようにやらなければ、効果が出ないのである。

1.使用前、5分間お湯につかるかシャワーを浴びる。

2.石鹸をつかみ、バストに塗る。

3.両手で最初は時計回りに、次には逆まわりに5〜8分マッサージする。個人の状態により強さは調節すること。皮膚が熱くなってきたらOK。

4.最後に泡を洗い流す。

説明:@毎日1〜2回使用すること。続けて使用すると、効果が大きくなる。

    A本石鹸は全身使用すると豊韵細胞(不明・豊韵=女性の艶やかさ)が活性化され、局部乳腺の発育を助ける。

 くれぐれも、彼女へのお土産に買って帰って、シバカレないようにしてください。

 

(3)「淡毛香皀」17元

 脱色石鹸である。

 使っているうちに体毛の色が薄くなるという、便利品なのである。

 これも、以下の注意書きにより、購入を決断した。

《箱の側面の注意書き》

注意:頭部へのご使用はお控えください。

  使用方法は以下のようである。

 使用方法

本品は普通の石鹸の使用方法とほぼ同じですが、以下のようにご使用ください。

@使用前、2分間お湯につかるかシャワーを浴びて、毛穴を開かせる。

A本品を適量とり、全身に塗る。体毛が多い部分には多めに塗る。

B両手で体毛が多い部分をマッサージしてあわ立たせ、泡を全身に2、3分つけておいてから、洗い流す。

 注意事項

 1.頭部へのご使用はお控えください。

 2.衛生上の理由から、他人との共同利用はお控えください。

***** 

 いろいろと開発するモンである。

 しかも、これらは「海草石鹸」も含めて、全て同じ会社がやっているのである。

 海草石鹸シリーズにも「普通型」「強力型」から、挙句の果てには「男性力UP型」まで出ていた。この会社はとどまるコトを知らぬようである。

 スーパーの石鹸コーナーへ行けば、この他にもいろいろな効能をうたった石鹸はたくさん並んでいる。

 今後、随時、怪しい中国コスメをこの身をもって検証していきたいと思う。