河西鉄道 かさいてつどう

 1921年(大正10年)河西鉄道は運行を開始。1923年(大正11年)、明治製糖清水工場のビート運搬専用軌道鉄道を分離して河西鉄道株式会社を設立。
 総延長は43.6qで、下の図のように、清水から鹿追・万代橋に至るまでにいくつか分岐していた。
 農産物輸送と生活物資、旅客の往来にも活躍したが、戦後になって経営が苦しくなり、1946年(昭和21年)11月、十勝鉄道と合併し「十勝鉄道清水部線」と改称された。
 しかし、支えであった政府などからの補助が打ち切られると収支の悪化は防ぎようがなく、1950年(昭和25年)には1000万円以上の負債が見込まれるにいたり、その頃には逐次路線が運休していった。そして、1951年(昭和26年)最期の区間も廃止され、全区間の運行を止めることになった。







清水―下清水―人舞―熊牛―下美蔓―中美蔓―上美蔓―下幌内―上然別―鹿追―万代橋
  熊牛―北熊牛
  熊牛―本村―南熊牛―関山
  下幌内―上幌内





清水

下清水〜人舞

熊牛駅〜下幌内駅

上然別駅〜鹿追

鹿追駅

鹿追〜万代橋




廃線へ