好きなものに囲まれていたい。好きな空間で過ごしたい。
   私のお気に入りの物やコーナーです。


               囲炉裏

炭火を見ていると、落ち着きます。
古代より人間の周りには火がありました。
生活するのにも必要だし、火の周りには団欒があったのでしょう。
おいしいアルコールを持ってきてくれたら、焼きおにぎりつくります。(笑)

座布団は昔の着物の端切れでパッチワークして作りました。
すごく大変で2帖しかできなかったら、うちによく来る器用な友達が
「お尻痛いのいやや・・」って4帖作って持ってきてくれました。
ありがとー、靖子ちゃん。



                 狛犬
骨董屋さんめぐりをするのが好きな私・・
ある日この狛犬たちと目が合いました。
「つれて帰って・・」って言ってるような気がしました。
ぐっと突っ張った足の感じといい、阿吽の吽の方がなんとなく
好みの(笑)竹之内豊に似ているところといい、惚れてしまったので
我が家に到着・・・
それ以来、我が家の守り神です。

この子達がどの時代の子達かもわかりません。
図書館で狛犬について調べてもみましたが、木彫りの狛犬について
書いてある本はあまりありませんでした。
形によって時代がわかったりするらしいのですが・・?

ねぇ、あなたたち。
どこで何を見てきたの?
      Charles Fazzino (チャールズ ファジーノ)
               **3Dアート作家**

あぁ、画面が反射してきれいな写真じゃないっ!(失礼)
立体的に絵を作っているのだそうです。
故ダイアナ王妃やマイケルジャクソンも収集しているそうな・・
画廊で見て、一目ぼれ。
これは、「windy city」という作品。Chicagoの町並みを漫画チックに
描いています。「Hppy Wedding」って言う作品と迷ってこっちにしました。
後で聞いたら、帝国ホテルのどっかにそれがあるって。
そっちがよかったかなぁ?(ってミーハー?笑)
基本的に彼は行ったことのある場所しか描かないそうで
日本は、大阪と神戸しかありません。

       Charles Fazzino

これが、大阪の町を描いた作品。
技術が向上したらアップの写真をリンクさせること、誓います!(笑)
太陽の塔や、道頓堀のグリコの看板や、通天閣、御堂筋、歌舞伎座・・
盛りだくさんの「Be Happy Osaka」という、作品。

お金を貯めて次は、神戸の作品を買いたいです・・・




       宝物

「つて」を頼ってもらってきた(笑)チャールズ・ファジーノのサイン!!
家の外観の写真を渡して描いて貰っちゃいましたぁ。





        指定席

私のお気に入りの場所・・・
お茶飲むのも、本を読むのも、お昼寝もこのソファーの端っこ。









      kitchen

洋服はほとんど黒しか着ない私が、この色を選ぶとは・・・
自分でも不思議な気がするキッチンです。
でも前はキッチンも黒だったし、なんとか変えたくて・・
でもいざ決めるとなると、飽きるんじゃないかとか突拍子もないのでは、
とかおおいに悩んだのですが、今は大のお気に入り。
これから私のblueへの道がはじまったのです。(笑)
しっかし、最近料理好きの私がキッチンにいないでPCの前から
離れないのは何故?
あかんなぁ・・・(苦笑)

     tea cups

少しづつ集めたカップたち。
中には実家から奪ってきた(いや、もらってきた。笑)
母が32.3年前に叔母からもらったRoyal Albert のデミタスカップも・・
これってアンティークの域に達し始めてるよね?



 
                                    おまけ
                               家庭画報1999/
8月号

             インテリア大賞に応募したら「会田雄亮賞」と「帝国ホテル賞」を頂いちゃいました。
                  気軽に思ってたら表彰式とかすごくって、申し訳ないくらいいたせり尽くせり・・
                      撮影とか大変で「2度とこんなのやだぁ・・」って思ったけど(笑)
                                  うん、一生の記念