玄関を入って真正面に見えるつぼ
このつぼが大好きで
この家を建てたときに
真っ先に実家からもらってきました
遊びにきた両親が
「え・・いつのまに・・」と
絶句したのはなんでやろ・・?(笑)
私はちゃんとお伺いを
たてたつもりなんだけどなぁ・・・
アップ!

西田絹子さんという作家の作品
60歳を過ぎてから始められたと思えない
力強さが感じられる
息子さんも有名な画家さんらしい・・
これも
彼女の作品
ゴルフボール大の
大きさの凸凹が
かわいい
彼女の作品は
全部手びねり
すっごいよなぁ・・
まん丸が非常に安定感があって好き
これも西田さんの作品
あんまりはっきりと写ってないけど
麦の穂が描いてある
西田さんはロクロを使わない





これも実家から引っ越してきた陶器の犬
みんながここを通るとき
彼の鼻の頭をポンポンってたたいて通ります
いやぁ、親しみを込めてだってば・・・
決していじめてるわけじゃありません(笑)



人間国宝 井上萬二 作 ”菓子鉢”

お嫁にくるときにこの白磁の器が気に入ってて
もらってきてたんです、実家から・・
ずっとサラダボールとして使っていたら
ある日新聞に
”井上萬二氏 人間国宝に”
とでているじゃないですか
びっくりして
そのまま箱に直してしまったという曰くつき(笑)
箱に裏書もはんこも押してあるって
いいんやってね
なんでも鑑定団でやってた(笑)
うちのお宝になるかな・・?

井上萬二氏のプロフィール



人間国宝の作品と
同じページに並べる勇気がある自分が
今とてもこわい(苦笑)
kako作の器たちです

最近陶芸もしていないなぁ・・
また始めたいな

しましまのお皿は
土の色が違うものを段々に重ねて
作っています
和菓子をいただくときに・・
焼きしめのはち
煮物を入れたり
ドバっと和え物を盛り付けたり
ちゃんと使える器です
いちお・・ハイ

手びねりです
青い釉薬をかけたはち
このシリーズで
小鉢、花瓶など作りましたが
2,3点行方不明
どこに直しこんだのか・・
これはよく使っています

ろくろ 使用
←一応 銘も入れてみました
左のは印も彫りました
右は篆書の文字の
「佳」です
kakoは佳代子と申します
篆書が知りたくて
篆刻も習いに行ったことがあるという
好奇心旺盛な私・・・


ペッタンコのつぼ
名前忘れたけど
日本在住のアメリカ人の作
結構お気に入り
高木敦子 作
ひび割れた感じの丸い形が大好き
これ ユリを活けると
すっごいきれいなん