自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼業界ニュース
■ニュースについて
▼2006年
オルターカレッジ被害者3人が提訴
[2006/06/06]
サイセミナーズ・アジア、社名変更
[2006/04/29]
ARC社の主力が再集結
ロバート・ホワイトも来日

[2006/03/10]
「幸福の科学」騒動の余波? CTCが拠点閉鎖
[2006/01/31]
内閣府、ライフスペース関連NPO法人を不認証に
[2006/01/18]
オールウェイズで給与未払い・労基署が勧告
[2006/01/13]
春日言語塾受講生から削除依頼と訴訟予告
[2006/01/06]
■2005年
■2004年
■2003年
■2002年
■2001年まで

2006/06/06 オルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社)被害者3人が提訴

 「コミュニケーションの学校」などと称し、平和イベント会場や渋谷駅周辺の喫茶店などで勧誘活動を行っていたオルターカレッジ(オルタナティヴ株式会社・本社福岡市)に対して、6月6日、元受講生3人が支払った受講料金や慰謝料として合計約760万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。
 原告は、2003〜2004年にかけてオルターカレッジに入学した3人。入学にあたってそれぞれ約160万円の料金を支払っていた。
 訴状などによると、オルターカレッジ内部では実際には講義らしい講義はなく、関連の有限会社クリンピア(現在はオルタナティヴ株式会社クリンピア事業部との位置づけ)が行っている訪問販売方式の清掃業務や、街頭や平和イベントで行うオルターカレッジへの勧誘活動に無償で従事させられたという。また、オルターカレッジは寮費・食費などは不要であるとうたっているが、寮と称するアパートでの食事は粗末なもので、昼食は塩おにぎりだけ。夕食も量が少ないため、自費で間食をせざるを得ない生活だったという。
 オルターカレッジには全寮制の「エキスパートコース」と通いの「ドリルコース」があり、どちらも受講開始時にはまず「30 day's BT training Life(BTはブレーク・スルーの略)」として30日間の合宿セミナーを受講させられる。「30 day's」以降のエキスパートコース受講生の寮生活の中には、以下のようなものがある(訴状より抜粋)。なお、ここで登場する「ノ・ジェス(盧在洙、Noh Jesu)」という人物は、オルターカレッジ企画室長の肩書きを持つ実質的なリーダー。

・6時起床
・祈り(祈りの内容は『天のお父様』であるノ・ジェスに感謝を捧げるもの)
・ノ・ジェスの作ったマントラを唱える(これは5日目ころから、「し、しんしゅ・し、めいせい。し、へいわ。」)
・ノ・ジェスの作成した月目標および週目標を皆で読む
・ノ・ジェスと中央運営委員会が作成したとされる歌を全員で輪になって大声で歌う(これは5日目ころから)
・9時〜昼まで主にノ・ジェスの講義
・昼(13時くらい)から夜までオルターカレッジへの勧誘に専念する。

 勧誘活動にはノルマも課せられ、4人1組のチームごとに勧誘成績などを競う。勧誘成績はポイント制で、勧誘相手がオルターカレッジに入学し入金すると100ポイント。知らない人に話しかける、連絡先を交換する、オルターカレッジのことを他人に紹介するといった程度の場合は1〜2ポイント。
 さらに、オルターカレッジでは、世界コミュニケーター協会(会長・黒木三郎氏)が発行する「アテンダー資格」を受講生が取得できるかのようにうたっていたが、実際にこの資格が発行されている気配はなかったとのこと。

 こうしたオルターカレッジの実態が、勧誘時の説明と全く違ったため、3人はそれぞれ途中で脱退し、オルターカレッジに対して受講料金の返還を求めた。しかしオルターカレッジ側は数十万円の返還しか提示しなかったため、3人は交渉を断念、提訴に踏み切ったという。

補足

 オルターカレッジは、当サイトで2003・2004年にそれぞれ「にわかに話題沸騰! オルターカレッジとPBLS」や「オルターカレッジ説明会」として紹介したとおり、平和イベントなどを主催するNPO法人「ピース・ビジネス・ライフ・スクール(PBLS)」をフロント組織とする団体。PBLSのイベント参加者などに対して勧誘活動を行うほか、勧誘相手にオルターカレッジの勧誘であることを隠してPBLSのイベントに誘う。繁華街の喫茶店でひとりでいるところを勧誘された、との声も複数ある。
 受講料金(入学金・授業料)は、かつて3年間で約150万円とされていたが、現在は値上げされ180万円になっている。寮生活に入った受講生が外部と連絡をとらなくなることもあり、2003年頃から当サイトにも受講生の親や友人からの相談が寄せられていた。
 実質的リーダーであるノ・ジェス氏が提唱する「スキマ原理」「最終理論」なるものを学べるとの説明で勧誘することもあったが、この“理論”は2005年頃から「HITOTSU学」と名称を改めている。ノ・ジェス氏はオルターカレッジの講義とは別途、「HITOTSU学」の名を冠したセミナーも開催している。
 オルタナテヴ株式会社は、「21世紀教育ルネッサンス」という事業も行っており、5月29日には福岡県で、県と市の両教育委員会の後援で第1回イベント(講演会)を開催した。7月22日には都内で第2回を予定しており、関係者によると東京都の後援を申請中とのこと。
 ちなみに、第2回「21世紀教育ルネッサンス」のゲストに予定されている行徳哲男氏(日本BE研究所所長)は、自己啓発セミナー会社・日本創造教育研究所の特別顧問でもある。PBLSのイベントでは、元ヤマギシ会の高木善之氏主宰・ネットワーク地球村や、宗教団体サイエントロジーとの交流も見られた。
 オルターカレッジを主宰するオルタナティヴ株式会社は、旧名を株式会社ソフトピアといい、当時の役員には統一教会(統一協会)信者と思われる人物が3人、名を連ねていた。勧誘の手口などは統一教会にとてもよく似ているが、統一教会のダミー組織ではなく、仮に影響関係があったとしても元信者が手口を模倣しているという構図なのではないかと思われる。

関連記事

 業界ニュース / にわかに話題沸騰! オルターカレッジとPBLS [2003/11/08]
 業界ニュース / オルターカレッジ被害者3人が提訴 [2006/06/06]
 現場一遍 / オルターカレッジ説明会 [2004/07/24]
 ブログ「宗教&カルト・ウォッチ」/オルターカレッジ最新情報(2006/06/03)
 ブログ宗教&カルト・ウォッチ」/オルターカレッジのシステム(2006/06/04)
 ブログ宗教&カルト・ウォッチ」/オルタナティヴ株式会社、訴訟日程と動向(2006/07/02)
 ブログ宗教&カルト・ウォッチ」/被告は弁護士つけず オルタナティヴ株式会社・消費者被害訴訟(2006/07/15)
 ブログ宗教&カルト・ウォッチ」/オルタナティヴ株式会社訴訟、第2回弁論訟(2006/11/10)
 ブログ宗教&カルト・ウォッチ」/オルタナティヴ株式会社から削除・謝罪要求がきました(2007/01/10)

掲示板ログを検索

 掲示板ログから、オルターカレッジやPBLSに関連するものを検索します。フリーワード検索もできます。
 表示方法   検索対象  

 検索する掲示板
全掲示板
フリートーク掲示板(2004年以降のみ)
相談・情報掲示板(2002年以降のみ)
メディオス情報掲示板(2004年以降のみ)
ベストグループ問題掲示板(2005年以降のみ)
旧掲示板(2004年まで)

    [Listgen 3.0(CGI)] / ©1999-2000 YugenKoubou

参考リンク

 オルタナティヴ株式会社
 オルタナティヴ株式会社(IMAコンサルティング事業部)
 オルタナティヴ株式会社(クリンピア事業部)
 HITOTSU学
 noh jesu.com
 ピースプロダクション有限会社
 HITOTSU文明創造準備委員会(仮称)
 NPO法人ピース・ビジネス・ライフ・スクール(PBLS)
 10.7 PEACE RENAISSANCE
 JM Field
 21世紀教育ルネッサンス
 企業ルネッサンス
 Safety Field
 Japan Community Project
 OCM Open Communicator Movement

 黒木三郎氏関連(オルターカレッジと提携し資格発行をしている世界コミュニケーター協会理事長)
 95年 東京都知事選挙
 2003年3月3日(月)「しんぶん赤旗」

 内閣府NPO公式ホームページ特定非営利活動法人一覧ピースビジネスライフスクール(PBLS)

 2ch/心と宗教オルターカレッジ3