自己啓発セミナー対策ガイド
 ▲トップ - 更新履歴 - 引用・リンク時の注意 - 掲示板利用上の注意 - 運営者宛メール
はじめに 自己啓発セミナーとは 体験記・インタビュー 現場一遍 イベント・カレンダー
業界ニュース セミナー団体カルテ リンク集 掲示板 資料集 エッセイ・評論

■URLが変わりました。トップページの新URLは http://www.geocities.jp/seminar_spirit/ です■

Google WWW を検索 www.geocities.co.jp を検索
▼資料集
●
セミナー史年表(アメリカ)
セミナー史年表(日本)
セミナー家系図
掲示板での相談件数
ランドマークの契約書類
ホームオブハート事件
データ集

セミナー家系図 2004/04/01

 ライフ型セミナーは、1980年前後から少しずつ現れ、1980年代末に設立ラッシュを迎えました。当初は、ライフ・ダイナミックスからの直接の模倣、分派、分派からの分派や模倣も相次ぎました。
 これだけ多くの団体が現れながら、そのほとんどがライフ・ダイナミックスという原点のセミナーの形を保っているというのは、モノスゴイことです。それだけライフ・ダイナミックスが、いろんな意味で“完成されたプログラム”だったということなのでしょう。
 分派のうち、存在感が大きかったのは、ビーユー(東京)とライフスペース(大阪)です。それぞれ、いくつもの“孫ライフ型”を生み出しました。その一群を、ライフ直系とは別に、東の“ビーユー系”・西の“ライフスペース系”と呼んでもいいくらいでしょう。
 下の図は、かなりテキトーなシロモノです。セミナーのおそらくほとんどが、複数のセミナーを受講した人が設立したのではないかと思います。とりあえず影響関係や人脈の流れがわかっている部分に関して、大雑把に図示しました。もし、補足・修正情報をお持ちの方がいましたら、ご一報ください
 “血筋”のよくわからない主な自己啓発セミナーもあります。日本創造教育研究所も、ライフ・ダイナミックスのほかにライフスペースやビーユーとの関連を示す情報などもあり、実のところはよくわかっていません。