フローターをはじめよう


【フローターは釣れるのだ】


ここ数年、フローターを使ったバスゲームの人気が急上昇しています。いろんな理由がありますが、なんといっても釣れるということにあるのでしょう。バサーの増加に伴うハイプレッシャー化した現在のフィールドでは、陸っぱりから届かないエリアでないといい釣りができないのが現状です。日本各地に点在する野池のようなフィールドでは、ボートのつかえないケースがほとんど。さあフローターの出番です。
フローターの利点のひとつにプレッシャーの低さがあります。ボートに比べるとより近い距離から狙え、さらに小回りが利き、低い位置からキャストできるので、オーバーハングのシェードなどは得意とするところです。

【フローターの楽しみ】

バスフィッシングにもいろいろなスタイルがあります。トーナメントを主体とした勝つための釣り。その対極にあるのがフローターであり、純粋にバスフィッシングを楽しむためのもの。その楽しさは、陸っぱりでもボートでも味わえない独特のものがあります。音もなく忍び寄るアプローチ。ポイントの奥の奥までルアーを通すスリル、バスがヒットした瞬間のドキドキ感は、他のどのスタイルにも勝ります。自分が水の上に浮いていることからくる、ファイト感の高さや,低い視線ならではの迫力もまた、フローターならではです。これを一度味わえば、病みつきになることでしょう。

【フローターの利点】

フローターが人気を博している理由に、その手軽さがあります。フローターは空気で膨らませる構造のため、空気を抜き折り畳めば、非常にコンパクトになります。本体の重量が軽いため、ボートではちょっと降ろせないような水面でも、容易に浮かべることができます。さらに使いようによっては、機動性が高まります。確かに水面での移動距離は、動力付きボートに比べるよしもないですが、エントリー、エクジットが容易にできるので、車を併用してポイントを幾つも回るようなラン&ガンでは、ボート以上の機動性を見せることすらあります。私がホームグランドにしている泉南や淡路の野池では、一日で2〜3回ポイント変更もよくあります。こういった手軽さと使い勝手の良さは、フローターの最大の武器なのです。                    

フローターの最も似合うフィールドはやはり野池でしょう。日本の各地には、数多くの野池と呼ばれる小さな池が点在するエリアがあります。これは農業灌漑用などを目的に作られている人工の池ですが、現在はバスポンドとして人気のフィールドとなっていいます。その理由として、池の規模が比較的小さく、フローターの泳力でも充分に回れること。そして地形的にもボートの持ち込みが難しいことが、フローター向きとされる由縁でしょう。フローターの利点は、単に便利な道具というわけではありません。実は考える以上に自然に対してローインパンクトなのです。一度水上に浮いてしまえば、草木等にダメージを与えることは少なく、移動に使うエンジンは人力のみです。またルアーをミスキャストして引っかけても、ほとんどのケースが回収可能です。根掛かりしても、反対側に回るなどすればかなりの確率で外すことができます。(陸っぱりに比べてアクティブな釣りができます) そして水に自分が浸かることで、水を汚さない、ゴミを捨てないという気持ちになりローインパクトがいかに大切かを、身をもって味わうことになるでしょう。

【フローターの苦手】

フローターは決して万能な道具ではありません。利点が多い反面、苦手な部分もあります。水面での移動動力が人力のみというのは、フローターの特徴であり多くの利点を生んでいます。しかし一方で移動距離は限られ、水面に浮かんだまま広いエリアを回ることは現実には不可能です。また、風や流れにも弱く、強風下では逆らって進むことは想像以上に大変です。まして川のような流れの速い水面ではなおさらのことです。こうなると釣りどころではなくなり、位置の確保や姿勢制御すら難しくなる場合もあります。あくまでも静水面で楽しむのが、フローターの基本なのです。こういった理由からも、フィールドの広さが適度な野池や、湖の奥まったワンド等が、フローターの活躍する場所とされているのです。