*紫髪* 目次>漢詩>季節の詩>孟浩然「春暁」




春曉

(訓読文)
 春眠 暁を覚えず
 処処 啼鳥を聞く
 夜来 風雨の声
 花落つることを知らず多少ぞ

(現代語訳文)
 春の眠りの心地よさに
 夜の明けるのにも気がつかずにうとうとしていると
 あちこちに鳥の鳴き声が聞こえる
 昨夜は雨風の音がしていたけれど
 花はどれほど散ったのだろう

目次に戻る