「栄養の偏ったどんぶりやラーメンよりも、定食を食べなさい。」
っとキミは言った。
 だから、ボクは定食屋をめぐる旅に出たんだ(ちょっとウソ)。


最初のお店 「キッチン南海」

神田神保町すずらん通り キッチン南海さん。
名前の由来はオーナーが南海ファンだったかららしいです。。。
神田神保町が本店らしい洋食屋さん。学生街を中心に都内に多くの暖簾わけのお店がある。
黒い本格カレーと、定食屋の定番「盛り合わせ」で大変にぎわっているお店です。

<ひとこと>
東京の定食屋さんの王様と思っているお店です。
相席があたりまえのお店ですが、貧乏学生をはじめ、
みんなが満足すること間違いなし。
 まぁ、、、高級レストランしかダメってヒトにはオススメしませんが、
お腹いっぱいになって”幸せな気分”になれる、そんなお店です。
めにゅうの一部(値段や名前が違っていたらごめんなさい)
カレーライス \500 黒ーい欧風?カレーです。チーズやキャベツをトッピングするのが通?
カツカレー \650 カツはもちろんアツアツ。プラス150円の価値は大アリです。
チキンカツ・
しょうが焼きライス
\700 「チキンカツ盛り合わせ」で注文は通じます。一般的にトンカツに
比べて地位?の低いチキンカツへの偏見が一掃されます。
クリームコロッケ
しょうが焼きライス
\700 上と同じく「クリームコロッケの盛り合わせ」で通じます。
サクサクっとした衣を割って、クリームがとろけ出す幸福感!!
ヒラメフライ
しょうが焼きライス
\700 もちろん、「ヒラメフライの盛り合わせ」でOK!!
南海のNO.1に押すヒトもいらっしゃいます。
エビフライ
しょうが焼きライス
\780 みんなの憧れ「エビフライさま」が
どどーんっとお皿に乗っています。
※盛り合わせについてくるしょうが焼きも甘辛な絶品ですよ。
南海のメニューの一部
見にくいけれど、これがメニューです。
単品オーダーもできますし、
山盛りで出てくるキャベツなどのサイドメニューもあります。

平日夕方(18時ぐらい)のキッチン南海(神保町)です。
若い男性を中心に大賑わいです。
だいたい、20時すぎぐらいまでお店は開いていますが、忙しいときだと、19時30分ぐらいで
おしまいになることもあるみたいです。
もちろん、大盛りもOK!!洋食屋さんとは思えない山盛りでご飯が出てきます(笑)

キッチン南海には神保町のお店以外にも
都内を中心に多くのお店があります。
キッチン南海ののれんは一緒なのですが、
メニュー・価格・親父さんの態度、バラバラです。
まぁ変わらないことといえば、美味しいことですが(笑)

→今、把握しているキッチン南海の一覧
(ほかにもご存知でしたら教えてください。)
◎がついているのは実際に行ったことのあるお店です。

TOPへ戻る