金沢能楽美術館

写真はまだですm(_ _)m

所在地 金沢市広坂1丁目2−25 電話 076−220−2790
開館時間 10:00〜18:00(入館は17:30まで) 休館日 月曜日、年末年始、展示替期間
入館料 一般:300円  高校生以下:無料
駐車場 隣接の金沢市役所・金沢21世紀美術館と共有。
館内に駐車券を500円引きする機械があるので、駐車券は持って行くと良い。
交通 JR金沢駅東口バスターミナルで「香林坊」経由のバスならどれでもいい。
URL http://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/
最近うわさの金沢21世紀美術館の広坂通り側にある小さな美術館。
1階は開放的なスペースで、とても明るく入りやすい雰囲気で、2階の展示室は資料の保存に留意して光量を落としている。
メインは加賀宝生と呼ばれる加賀藩伝統の能楽資料の展示で、装束や能面などが間近に見られるのがいい。
特に能面の展示は、来館者の目の高さで前と左右から見られるような小型展示ケースで行われている。
もともと能面は喜怒哀楽の「中間表情」を表現しており、上向きにすると「照る」つまり明るい表情、下向きに見ると「曇る」つまり暗い表情に見える性質を持つ、世界的に見ても表現力豊かな、非常に優れた仮面です。
一般的な美術館の能面展示は、視線から遠く、しかも展示ケースが高すぎたり低すぎたりして、こういう特質を無視したわかりにくい展示が多いが、ここでは間近で下から見たり上から見たりできて「照る曇る」の表情の違いを見ることができる。

トップへ戻る