石川県立能楽堂

所在地 金沢市石引4−18−3 所在地図あり 電話 076−264−2598
開館時間 9:30〜16:30 休館日 月曜日、年末年始
入館料 能舞台の見学は無料。ただし催し物のあるときは、有料の場合が多い。
駐車場 5、6台は大丈夫だが、催し物のあるときは別の駐車場を探したほうが無難。
交通 JR金沢駅・西口バスターミナルで、小立野方面行き(「橋場町経由東部車庫」行きなど)「出羽町」下車、徒歩3分。
博物館ではないけれど、個人的に大好きなので紹介。
正面入口の左の奥に事務室と受付があり、正面が閉まっていても事務室で尋ねてみると見学できる。
今の金沢市役所のあたりに、昭和初期に建てられた能舞台を移築してきたもので、主に能楽の発表会に使われている。
名人とうたわれた今は亡き宝生流先々代宗家・17世宝生九郎が絶賛!したという能楽堂。
古色を帯びているのに、現在も間断なく使われていて、まさに「生きている能舞台」と言える。
原則として毎月第1日曜日には石川能楽会の定例能があり、有料だが都会の演能よりは、はるかに安い!
その他の土日に催される地元の発表会は、無料のときが多い。
その場合、たいがい午後3時ぐらいから能が演じられるが、だいたい能1番に1時間半から2時間かかるので、時間的に余裕のある人でないと見られないかもしれない。

トップへ戻る