大野湊神社

所在地 金沢市寺中町ハ163 電話 076-267-0522
開場時間 フルオープン 休業日 なし
入場料 無料
駐車場 裏に隣接して公園があり、石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館の駐車場が使え、徒歩3分。
交通 JR金沢駅から「金石・大野」行きバスで「西警察署前」下車、徒歩3分。
もともとは延喜式内社で、宮腰(みやのこし)・現在の金沢市金石の浜の佐良嶽(さらだけ)という山の麓に大野湊があり、その佐良嶽に大野湊神社として鎮座していた。
しかし嵐のために佐良嶽が崩壊して、神社も水没、変転を経て現在地に社殿を構えた。
ちょっと信じられないかもしれないが、このあたりは小さな砂丘地が多く、この佐良嶽も砂丘のひとつとされていて、大波によってなくなってしまったと考えると納得がいく。
ちなみに宮腰の地名も、砂丘上にあった神社の麓(宮の腰)に由来しているということだ。
この佐良嶽の地名は『平家物語』などにけっこう出てくる。
毎年5月15日の祭礼には境内の能舞台において「寺中能(じちゅうのう)」として、現存する県内最古の演能が催され、これも見学無料。

トップへ戻る