月 の 神 話


世界各国で、解釈の違う月。色々な天地創造・宇宙創造の物語はあるけれど。

月は、太陽と共に最初の頃に作られた。




月は太陽の光によって輝きを変える事から、太陽に従う存在であり対比するモノである。

太陽が現実世界の支配者であるのに対し、月は夜の世界・闇の国や幻想の国・冥界の支配者にある。

 古 代 日 本




日本では、何故か月の影が薄い。イザナギノミコトが身体を清めた際、左目を洗った時に太陽神の天照大神、右目を洗った時に月読命、鼻を洗った時にスサノオノミコトが生まれた。(古事記より)天照大神が神々の集う天上の高天原で昼を、月読命が夜を、スサノオノミコトが海原を支配する事になった。他の2神とは違って、月読命の出番はこれで終了?
 旧 約 聖 書






旧約聖書には、「初めに、神は天と地を創造された。地は混沌であって闇が深遠の面にあり、神の霊が水面を動いていた。」と書かれている。そして、そこには創造主だけが存在していて、1日目「光あれ!」とひと言発すると光が生じた。2日目に天の下の水域と天の上の水域を分け、3日目に天の下の水域 乾いた所を隆起させ地と名した。4日目、天の太陽と月と星を誕生させた。5日目に鳥と魚を生み出し、6日目に動物と自らの姿に似せて人を作りあげた事になっている。で、7日目はお休みって事ね!
 エ ジ プ ト


エジプトの月は天地万物の造主ラーの左目で、右目が太陽、鼻から出るのは空気、そして口からはナイル川が流れ出たという。また別の伝説では、月神イシスは、太陽神オシリスの妻で知恵の神とされている。
 中     国


気がもうもうと広がる中から天と地が現れて、そこから宇宙の創造神「盤古」が生まれたとしている。盤古が起きれば昼、眠れば夜。盤古の死後に、左目が太陽、右目が月になった。
 ギ リ シ ア


太陽神はアポロ、月神は妹のアルテミス。アルテミスは、狩猟の神であり月夜の森を獲物を求め駆け回る。狩人のオリオンと恋に落ちるがアポロンの策略でオリオンは死に、アルテミスはオリオンを星にする。
 古代バビロニア

 
月神ナンナルは太陽より上の位置にいて、自然を支配し豊穣をもたらす神々の主。また、万物の父であるだけでなく知識の神でもあり、時を計り季節を支配は何にも変えがたい存在だった。
  イ ン ド 

インドの伝説では、月はキャンドラセカールという夜の番人が持ち歩くランプだとされていた。月は自然のランプとして人々に珍重されたのでしょう。
  ヨ ー ロ ッ パ


ヨーロッパでは、9月の満月を「収穫月」という。このころの月は日没と共に昇り収穫で忙しい人々に明かりを提供してくれたからである。10月の満月は月光の下で獣を追ったので「狩猟月」と呼ばれている。


月えらびへ