91年春  膵炎と診断され入院
          入院中の検査でクローン病発覚
          3ヶ月後退院
   92年夏  下痢、腹痛がひどく、再入院
          2ヶ月後退院
   93年冬  下痢腹痛でまたまた入院
          2ヶ月後退院
   94年夏  勤めていた会社を退職
   95年秋  再発、再び入院
          2ヶ月後退院
          入院中知り合った彼女と同居する為引っ越す
          O病院からT医大へ
   96年夏  また入院、俺の夏を返してくれ
          入院中の検査でお尻が痛い
          3ヶ月後退院
          エレンタールを飲み始める
          尻の痛みはずっと続く
   97年1月 尻が痛くてまともに歩けなくなる
          痔ろうと診断クローン病にはよくあるらしい
          俺の場合は検査が原因だ!!
          即入院、1ヶ月後全身麻酔による手術
          4ヶ月で退院
   97年6月 今度はお腹だ再び入院
          3ヶ月で退院
   98年春  下痢、腹痛が激しい
          相須(クロレラと蝦夷ウコギ)を飲み始める
          持ちこたえた!!!
   98年秋  痔ろうが悪化また入院、手術
          10日で退院
   99年    お腹の調子はまあいいが、お尻は相変わらず
          人口肛門を勧められたが拒否
          2週間周期で通院
   2001年   排便が辛くて殆ど食事できず。新年早々入院
          全身麻酔にて手術、結局人口肛門を設置
   03年春  高熱(39度前後)が頻繁に出るようになり、右足が
          痛くて伸ばせなくなり、入院。CTスキャンにより右側
          鼠経部(そけいぶ:脚の付け根あたり)に膿がたまって
          いるとの事。針を刺して5mm程のチューブを挿入。
          痛くて頭の血管がぶち切れそうだった。
          3ヶ月で退院。2年間勤めた職場をクビに
   04年春  40度の発熱と全身の激しい悪寒で救急車へ。
          鼠経部に再び溜まった膿が血液中に廻り敗血症になった
          らしい。かなりやばかった。
          外科に3ヶ月、内科に3ヶ月で約6ヶ月の入院になった。
          過去最長。
          今回はレミケードという薬を使用。3回点滴。
          マウス由来の遺伝子を使ったものらしい。
          ネズミとは相性が良いのかその後順調。
          飲み薬はアザニンという免疫抑制剤を使用中

      相須(クロレラと蝦夷ウコギ)
      薬じゃないけどこいつはイイッス
      興味があったらメールくれ

BACK!!