アイコン咸臨丸こぼればなし
 

教科書では教えてくれない、遣米使節団の裏話です。
こういった側面から歴史をとらえると、歴史がおもしろくなってくるかも。

息抜きのつもりで、サラッと読んでくださいね。
この息抜きは、釘引き抜きにくい・・・

区切り線

アイコン04咸臨丸艦長勝海舟

 後年、勝海舟は日本人で初めて太平洋を横断した英雄とされていますが、実際の所はどうだったのでしょう?

 幕府は、1860(万延元)年、使節をアメリカに派遣し、日米修好通商条約の条約批准書を交換させることにしました。この時の使節の随行艦として、咸臨丸を派遣することにしました。

 このプロジェクトの責任者は木村喜毅です。しかし、責任者とは別に艦長が必要だと知り、勝海舟が盛んに自分を売り込むため、彼を艦長にしました。
 木村は、初めての航海のため、アメリカの測量船フェニモア・クーパー号の船長ジョン・ブルック大尉を乗船させようとしましたが、勝海舟は、「あの程度のことなら自分でもできる!」といい、最後まで日本人だけの航行を主張しました。しかし、木村はブルック大尉らに協力を要請しました。
 結果としてこれが成功し、38日間の航海の内、34日間は荒天で、艦長のは船酔いで私室にこもったままで、艦長らしき仕事は何一つやらなかったそうです。
 航海中気に入らないことがあると、太平洋の真ん中でも、「俺はこれから日本に帰るからボートを降ろせ!」と乗組員を困らせていたそうです。
 サンフランシスコに着くと、急に元気になったのか、あらかじめ用意しておいたの家紋をあしらった軍旗を取り出し、これを咸臨丸の艦旗として上げようとしたそうです。この様子を見たアメリカ兵がブルック大尉に告げ、さらに木村に告げやめさせることにしました。これを聞いた日本の乗組員たちは、大喜びでの持参した旗を焼いてしまったそうです。
 福沢諭吉も乗船していましたが、航海中は船酔いでなにもせず、上陸が目前になると「俺が艦長だ!」といわんばかりのの態度に嫌気がさしたのか、終生、福沢諭吉と勝海舟は仲が悪かったようです。

区切り線

アイコン04日本から金がなくなる!?

 下の小栗上野介の大活躍のための伏線として書いておきます。

 1854(安政元)年、日米和親条約が締結されたとき、通貨の問題が議題に上りました。
 アメリカ側は、単純に目方で決めようといい、日本の『一分金』を3枚と『1ドル銀貨』を1枚との交換を提案しました。幕府側は、1ドル=一分という単位を盾に、『1ドル銀貨』を1枚と『天保銀(一分銀)』を1枚の交換を主張しました。
 この時ペリーは、日本との開国が使命であり、日本との開国がようやく実現したとき、経済問題でもめることを避けあっさり妥協してしまいました。この時点で、幕府側は3倍も有利な条件におかれていました。

 しかし、恐い恐い総領事のハリスは、すぐに1ドル銀貨と一分銀の交換レートの改訂を迫り、『一分金』を3枚と『1ドル銀貨』を1枚との交換に応じることになりました。
 その後、日米修好通商条約において「外国の諸貨幣は、日本の貨幣の、同種同量をもって通用すべきものなり」と条文化されることになりました。英・仏・蘭・露との条約にも同様に明記されることになりました。

 この結果、日本では、小判(金)と銀貨(銀)との差が、欧米諸国と比べると、3倍〜5倍ほども小判(金)の価値が低かったため、欧米人はどんどん自分の国の銀貨を持ってきては、日本の小判(金)と交換しました。
 そして、金が大量に流出しました。五十万両とも、百万両ともいわれています。

区切り線

アイコン04幕府の対策、滅茶苦茶なハリス

 幕府は驚き、金銀(ポケモンじゃないよ)の国際相場に接近させるため、『天保小判』から『安政小判』と呼ばれる貨幣の改鋳を行いました。小判における金の量を減らし、逆に銀の量を増加した『新二朱銀』を流通させるという計画でした。これで、日本国内の価格単位を変えず、金銀の相場を欧米並みに近づけることができるはずでした。
 そして、『新二朱銀』は『一分金』よりも銀の量はかなり多くなるため、『1ドル銀貨』を1枚と『新二朱銀』を2枚とを交換するようにしました。

 ところが、ハリスは、これは重大な日本の背信行為であると主張し、イギリス領事のオールコックと2人で、幕府に対して猛反対をしました。
 幕府は、ハリスが恐いので、せっかくの新貨幣の流通を断念してしまいました。
 ひどいと思いませんか?

区切り線

アイコン04小栗上野介忠順(おぐりこうずけのすけただまさ)の大活躍

ブキャナン大統領に逢う遣米使節

 ジャンジャジャーン、ヒーローは最後の最後に登場します。

 日米修好通商条約の調印を終えた日本使節団は、小栗豊後守忠順(当時は豊後守だったと思う・・・)の発案により、フィラデルフィアの造幣局に行き、日米間で正式な通貨の交換レートを定める経済交渉を行うことになっていました。

 小栗は、おもむろに懐から印籠を取り出し「ひかえおろ〜!」とは言わず、一枚の小判を出し、「通貨交換の中心となるべきものは、銀ではなく、金の方が適切である」と主張しました。欧米では『金本位体制』の発想があり、この提案はすぐに採択されました。

 次に、「ドル金貨と小判との交換に関して、目方だけで行うのではなく、金の含有量によるべきである」と主張しました。これに対しても、アメリカ側は当然な意見であると承諾しました。
 そして、金貨と小判の金の含有量の測定に関する実験を行い、日本の小判の方が、金貨に比べて金の含有量が多めであることが判明しました。

 さらに、「金貨にも小判にも、金以外の金属が含まれているはずで、日本では銀をかなり使用しているが、金貨の方はどうなのじゃ?」と訪ねました。金以外の金属、つまり銀の含有量を正確に把握していないと、正しい通貨の交換レートは決められないと主張したのです。
 これにはたまらず、アメリカ側も一応拒否し、日本使節側も、その場の雰囲気を察して、そこまでしないでいいと小栗を説得しようとしました。

 いや〜、小栗は偉いね。男だね、天才だね〜。
 「総領事のハリスは、江戸において不確定のまま貨幣の交換レートを日本に押しつけてきました。幕府にも、それをそのまま受け入れてしまった落ち度は認めます。しかし、その結果、不合理な交換レートのため幕府は膨大な損失を被っている。この損失はアメリカだけでなく、イギリス・オランダ・ロシア・フランスなど各国に及んでいます。
 幸いにして、日米間にはこのように正確に交換レートを定めうる場所が存在します。日米修好通商条約が今後とも末永く機能するために、手数をおかけすることは重々承知しておりますが、なにとぞ、正確なる交換レートの確定のためにご協力をお願いしたい。」
と主張しました。
 やっぱり、偉い人はいうことが違いますね、今の政治家の方々は・・・くらのすけは何も言いますまい。

 アメリカ側も、小栗のいうことも一理あるとし、協力することにしました。結果はもちろん、日本の小判が、アメリカの金貨に比べて、遙かに良質であることが判明しました。

 使節団の日本人の評価はとても高かったのですが、小栗に対する評価は群を抜いていました。大統領の信任が厚いデュポン大佐が、小栗のことを、『日本の法務長官』とよび、格別の敬意を払ったといわれています。
 小栗の活躍によって、日本からの金の流出は、防ぐことができました。

区切り線

メニューフレームがでていない場合、こちらをクリック

もどる

ホームへ