トップページへ戻る

下総国分寺・国分尼寺

聖武天皇の詔勅により天平13年(741年)、全国各地に「国分寺」(金光明四天王護国之寺)及び「国分尼寺」(法華滅罪之寺)が建立されました。
現在の千葉県には上総・下総・安房の3国に、うち下総国分寺は現在の市川市国分に建立されました。
国分寺、国分尼寺ともに、奈良時代には関西の中央政府が地方を統治する象徴として栄えていたようですが、次第に天皇を中心とした中央集権的な体勢が崩壊する一方、武家の台頭に伴い衰退し、鎌倉時代に入ると鎌倉新仏教が隆盛したことから更にその存在意義が薄れ、その多くは歴史の彼方に忘れ去られてしまいました。
下総国分寺・国分尼寺もそうした歴史の流れの中で記憶の彼方に埋もれていましたが、様々な記録と発掘調査からその位置が何れも確定されました。


<国分寺の歩き方>

下総国分寺・国分尼寺は、国分川と真間川を見下ろす高台にあります。
東京方向からは、国道14号を市川駅を過ぎて約500m、右手にセブンイレブン左手に三菱石油の角(「市川歴史・考古博物館」の看板有り)を左折、直進約1km余りで左手にある「下総国分寺」の看板を左折、山を登ること約300mです。
下総国分寺には檀家用の駐車場は一応ありますが、山を登る道路は極めて狭いので、自動車でのご訪問はご遠慮頂いた方が宜しいかと思います。バスの場合はJR市川駅から国分操車場行バスにて国分寺下車ですが、非常に判り難いので、近所の方々に聞きながらのご訪問をお勧めします。



<下総国分寺>

現存する建造物は江戸・明治以降に再建されたものですが、発掘調査により創建当時の状況が大凡判明しています。それによれば国分寺としては珍しく、東大寺様式ではなく法隆寺様式の伽藍配置(注)であったようです。正面に見える現在の本堂と略同じ位置に金堂が、その左手には七重塔が、その背後で現在墓地になっている場所に講堂(下写真参照)がありました。

昭和40〜41年の発掘調査では、現在の本堂下から東西31.5m、南北19mの南層にも突き固めた金堂基壇が、その北西40mの墓所内には東西26m、南北18mの講堂基壇が、更に金堂基壇の西39mの位置には、一辺18m四方の塔基壇が確認されています。

また、境内には往時を偲ばせる礎石が多数残っています(右写真参照)。

この国分寺の特徴は、伽藍配置のみならず、出土した瓦にもあります。
国分寺跡から発掘された瓦は当時多かった「蓮華文」ではなく、「宝相華文」と呼ばれる中国で考えられた文様であったことから、建築には渡来人が重要な役割を担ったと推定されます。

(注)法隆寺様式について
塀に囲まれた境内内、正面から右に金堂、左に仏塔、正面奥に講堂を配置する伽藍のことで、本来仏舎利を納める役割である仏塔に重きが置かれ、仏寺の付属施設的な場所である講堂はその下に位置づけられており、日本仏教導入時の仏教本来の配置を色濃く残すものです。一方東大寺様式とは、日本式に発達した仏教伽藍で、本来中心的な役割である仏塔が境内の外に出され、門、金堂、講堂が直線上に配置されるものをいいます。同じく聖武天皇により建立された東大寺同様、通常国分寺は東大寺様式、即ち仏塔の比重を軽くした伽藍配置が通例ですが、下総国分寺は仏教本来の様式を残した伽藍配置となっています。私は、恐らく建立に参加した渡来人が本来あるべき仏寺の伽藍配置に拘った結果ではないかと推測されています。


<下総国分尼寺の歩き方>

下総国分寺門を出て左へ出て、最初の十字路を更に左へ曲がり。和洋女子中学方向へ約300mの位置にあります。
とはいえ、住宅地の中にある非常に小さな公園のため、自力で場所を見つけるのは結構大変だと思います。
行かれる方は、最初に市川市立歴史博物館若しくは考古博物館の受付で市内歴史名所マップを貰った方が良いかもしれません。



<下総国分尼寺>

下総国分尼寺は中世以降完全に忘れ去られており、江戸時代には嘗て何かお堂があったらしい、という程度の記憶から「昔堂」と呼ばれ、明治の頃には馬捨場となっていました(現在も国分尼寺跡脇には馬頭観音があります)。
但し、当時から周辺には瓦が多くの散積し礎石も残っていたことから寺院跡、それも国分寺跡ではないかと推測されていました。然し、昭和7年(1932年)の発掘の結果「尼寺」と墨書した土器が発見されたことから、この場所こそが国分尼寺であることが明らかとなりました(更に、国分僧寺の西側に位置する事から尼寺を意味する「西寺」と書かれた土器も発見されています)。
伽藍配置は下総国分寺と異なり典型的な東大寺様式であり、昭和42年に行われた発掘調査では東西25.5m、南北22.4mの金堂基壇と、東西27m、南北19mの講堂基壇が確認されています。


下総国分寺・国分尼寺については、「国分寺・国分尼寺の世界」にて更に詳しく書いておりますので、お時間のある方はこちらへもお越し下さい。


(2003年3月)