トップページへ戻る

おかしなおかしな野球用語


野球というスポーツは言うまでも無く米国からの輸入品ですが、輸入されてから100年近く過ぎて、
大分日本化が進んでしまった結果、米国とは全く異なる部分がいろいろと生まれて来て
しまいました。

応援スタイル、カウントの数え方、球場の大きさなどはよく指摘されるところです。

一方、用語については殆どが「英語風」であることから、実は国産英語でありながら、そうと知らずに
使われているものも数多くあります。中には多分米国人が聞いたら大笑いするものも少なからず
あるでしょう。


そんな恥をかく前に、いくつかのカテゴリーに分けて、Japanese Baseball Englishの
間違い
を紹介したいと思います。是非米国人と野球談義をするとき(そんな機会無いか?)に使用して
下さい。



1. 完全無欠の和製単語

非常に有名な単語なので今更ですが、英語どころか完全無比な和製英語の代表格は矢張り

ナイターではないでしょうか。正しくはNight gameで、ナイターは日本のマスコミが作成した
日本製の英語です。
単語のつなぎ合せ和製英語は多いですが、完全に単語そのものを作ってしまったのはこれくらいでは
ないでしょうか。でも私はこの単語、大好きです。
日本の夏っていう感じですね。
他には以下のものが同様に純粋和製英語といえます。

和製英語 米国英語 語源など
アベックホームラン Back-to-back homers アベックはフランス語です。
尚、日本語のアベックホームランと違って英語のBack-to-backは字面の通り前後する打者が連続して本塁打を打ったときにのみ使います。
ゴロ Grounder 多分ゴロゴロ転がる様子を表す擬態語からきたのでしょうが…。まぁ雰囲気はわかります。



2.正しい英単語の接合による和製英語

個々の単語としては紛れも無い英語ですが実際にはそんな言葉はない、というものも沢山あります。
この代表選手は何といっても
「デッドボール」。死球を逆に英訳したのだと思います。正しくは
Hit by the pitchです。

因みに、英語では「投げられた球」はPitchといいます。日本では良い投球をすると「ナイスボール」と
言いますが、英語的にはこれだと「ボール」という物体が「良い」ということになってしまいます。米国では
Good pitchというようです(テレビで吉井投手もグッドピッチと言っていましたので多分正しいでしょう)。

同様に、ホームランを打った打者に「どんなボールを打ちましたか」というつもりで「What kind ball
did you hit ?」と聞くと、多分「(他の球技の球ではなくて)
野球の球」という答えが返ってくるでしょう。
このBallも正しくPitchを使用すれば、カーブとか直球とか答えてくれる筈です。

この種類の和製英語は数限りなくあります。

和製英語 米国英語 語源など
ツーベース Double 一塁打はきちんとSingleと呼んでいるのに何故か二塁打以降はベースの数を数えるようになってしまった。因みに三塁打はTriple。
フォアボール Walk, Base on balls ボールが四つでフォーボール。気持ちは分る。
エンタイトルツーベース Ground rule double 一見英語っぽいが、誤り。米国では各球場の特性に応じて二塁打としている為こう呼ぶ。この和製英語を作った人もなかなかセンスがあります。
サイン(選手から貰うもの) Autograph 日本語のサインは勿論Signatureからきていますが、これは書類などにする署名にしか使いません。外国人選手に強請るときには間違えないように。
バスター Fake bunt and swing 想像ですが、汚いプレーであるバスターをしているところをみた米国人が「Bastard(くそったれ)」というのを聞いた日本人が勘違いしたのではないでしょうか。
ノック Fungo 強く打つという意味の単語をそのまま使用したと思われます。
オープン戦 Exhibition game 何故こういう言い方をしたのかよく分りません。テニスやゴルフの所謂公開試合の表現を誤って借用したのでしょうか。
ランニングホームラン Inside the park home run 非常に英語でも言いそうですが、これも和製英語だそうです。でも多分通じるのでは?試してみたい。
クッションボール Carom クッション部分に当たって跳ね返るのでこう言うようになったのでしょう。
セーフティーバント Drag bunt バント自体が「安全」な訳ではありません。
トンネル Go through fielder's legs 素晴らしいの一言です。大変わかりやすい。
ノーコン Bad control コントロールが「ゼロ」な訳ではありませんので。
バッティングピッチャー Batting practice pitcher 日本語を直訳すると「打つ投手」になります。
イージーフライ Routine fly 捕球するのがeasyなのであってfly自身がeasyな訳ではありません。

私の調べた限りでは、まだまだ沢山あります。是非皆さんも探してみては?


3.文法的に誤っている和製英語

英語として一見正しそうですが、文法的に誤っているものも多く見受けられます。
中学校でならった程度の文法を思い出せば、
あれ?と思われる筈のものばかりでしょう。
一番多いのは本来「過去分詞形」である筈が日本語にはないので現在形になってしまったものでしょう。
野球に限らず日本語の外来語にはこの傾向があります。

主なものは以下の通り。

和製英語 米国英語 語源など
パスボー Passed Ball パス「された」ボールですから。
レフトオーバー Over the left fielder 英語は前置詞を前に置きますよね。
シーズンオフ Off season 名詞を形容するときは前から掛かります。
ベースカバー Cover base 英語は動詞、目的語の語順です。
ピッチャーマウンド Pitcher's mound ピッチャー「の」マウンドです。
リリーフ Reliever 日本語は名詞としても使いますが、英語ではきちんと人称化の為にerをつけます。
ワンハンドキャッチ One handed catch これも片手でキャッチされた、ということです。尚、シングルキャッチは和製英語。



4.用法の誤り

単語としては正しいのですが、使い方の間違っているものも数は少ないですがあります。

この代表格はクリーンアップです。日本では「クリーンアップトリオ」などといって、通常3〜5番打者を
指しますが、米国ではClean up manといえばチームの主砲一人を指します。従って米国人からすると
クリーンアップトリオというのは
本来一人の筈がトリオになっているという矛盾を感じることでしょう。

和製英語 米国英語 語源など
No hit no run No hit no run 単語は同じです。ここでいうRunは得点のことですが、日本語化したランにはこの意味がありません。



5.その他

ちょっと違うと全く違う意味になってしまうものもあります。
代表格はオーバースローです。日本語では上手投げのことですが、英語でOver throwは、
Throwという行為をOverすることですから、
暴投とか投げ過ぎの意味になります。
ホームインも、英語でHome inといえば
ミサイルなどの誘導を意味しますので、迂闊に使うと
大変です。
スピードボールという表現もよく使いますが、英語のこの言葉は
ある種類の麻薬を意味する
そうですから、これもご注意あれ。



それでは、Good Luck !