タイの旅ーもくじ
2004年7月3日〜8月16日


タイでは、バンコクから電車やバスを使って北のチェンマイまで移動、チェンマイからは飛行機でバンコク経由でサムイ島まで。島でのんびりしてからまたバンコクに戻り日本経由でサンフランシスコに戻ってきました。

タイ全体の感想。
えらく、地に足のついた国だなぁ。

観光大国だからもっとバリのような「西欧人のイメージするエキゾチックアジアを演出した国」なのかなぁと思ってたのですが、普通の日常生活を見せる国でした。

よくタイと言うイメージにある合掌なんて、高級レストランや高級ホテルに行けばこそしてもらえるけど、普段私がとまっていたようなゲストハウスや、道端の食堂では、合掌なんてみることありませんでした。

それから微笑みの国なんてキャッチフレーズがあるけど、これも合掌同様。(後に微笑みの国というのは、タイの観光局が作ったフレーズだと知り納得。)

最初は想像と現実のギャップに戸惑っていたけど、だんだんその自然さが心地よくなってきて(観光客にこびない態度)、タイを去った後はタイの喧騒が懐かしくてたまりませんでした。

 

バンコク
カンチャナブリ
アユタヤ
スコータイ
チェンマイ
サムイ島
パンガン島
 
簡略タイ地図 (あっ、カンチャナブリ書くの忘れてる。)



homeへ