一時停止の停止線&「止まれ」標示


一時停止の停止線&「止まれ」標示を集めてみました。


大きく分けると関東型・関西型に分けられます。

タイトル都道府県画像コメント
関東型のライン 東京 「止まれ」のラインは大きく分けると、関東型と関西型に分かれます。
これは関東型で、「ま」の字ののところのように縦棒から回るところが90度になっています。また、「れ」の字はのところのように、縦棒に上に小さな横棒と下から右への部分と3つの部分に分かれた「れ」の字になっています。
東京では小路に一回り小さな「止まれ」またはひらがなの「とまれ」も引かれています。
このタイプの引き方の都道府県:青森、秋田、岩手、宮城、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、山梨、長野、福井、岡山、広島、鳥取、島根、山口、福岡
(秋田、岩手、静岡、山梨、長野、福井、岡山、広島、鳥取、島根、山口は以前はカタカナで引かれていました。)
関西型のライン 大阪 こちらは関西型、「ま」の字ののところが縦棒から自然に回った感じ(R)になっています。「れ」の字はのところのように、縦棒とそのほかの部分が一筆で引かれたような感じになっています。
大阪、兵庫、京都では大きさが同じで、ひらがなで「とまれ」と引かれていることもあります。順次「止まれ」と漢字・ひらがなタイプに引き直されています。
このタイプの引き方の都道府県:茨城、新潟、滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫、香川

この2タイプ以外に北海道、愛知、岐阜、三重は独自の引き方をしています。
複合型のライン 栃木 栃木県の「止まれ」のラインは関東、関西複合型で、「ま」の字は関東型、「れ」の字は関西型です。


これ以外で、各地以下のような引かれ方をしています。

タイトル都道府県画像コメント
「止まれ」ライン 北海道 北海道の「止まれ」ラインは「ま」の字のくるっと回るところ、「れ」の字は関西型に近いですが、最後の垂れの前に一旦筆を止めたようになっているのが特徴です。
「とまれ」ライン
貼り付け型
宮城 宮城県では通行量が多い交差点、道路幅の広い交差点では関東型「止まれ」ラインで引かれていますが、小路などではこの貼り付け型タイプのラインが引かれていました。
「止まれ」ライン 福島 福島県と愛知県この2県の「止まれ」ラインは基本的なフォントが同じもののようですが、「止」の字の真ん中の縦棒の位置、「ま」の字のくるっとまわる部分のRのかけ方が若干違っています。
愛知
「とまれ」ライン 愛知 愛知県では、以前はひらがなで引かれていました。まだ、多数のひらがな「とまれ」が残っていますが、現在は順次漢字の「止」の字で引かれるようになっています。
「とまれ」ライン
前方優先道路
また、愛知県では交差道路が優先道路の場合、「前方優先道路」の「▽」(20cm幅ライン)マークも引かれています。
「止まれ」ライン 岐阜 岐阜県では、画像のような「止まれ」ラインがミドルサイズで、引かれています。ミドルサイズのため、「止」「ま」の字の横棒は15cm幅のラインで引かれていました。
新「止まれ」ライン 三重 三重県では、新タイプは関東型に似たスモールサイズラインに変わりました。しかし、ピンクライン(「ま」の字の縦棒右側基準)で分かるように各文字の縦棒の位置が文字中心に合わせてないところ、そして緑ライン部分の「れ」の字のはねが斜めになっていないところが違います。
旧「止まれ」ライン 旧タイプの「止まれ」ラインはミドルサイズで、画像のように横書きのパターンがほとんどです。「止」だけ少し大きいため横棒が30cm幅のラインで引かれています。
「止まれ」ライン 滋賀 滋賀県では、基本は関西型のラインですが、「ま」「れ」の字の縦棒と交わる部分を切って、ペイントが重ならないようにしています。これは、菱形ライン等で施工されているのと同様、凹凸防止と雨水だまり防止のためだと思います。施工時に手間が掛かりそうです。
京都・奈良に関東型
「止まれ」ライン
京都 京都府・奈良県は関西型「止まれ」がこれまで引かれていましたが、一部関東型「止まれ」が引かれている箇所がありました。現段階では両者が引かれているようで、今後、どうなるか行方を見守りたいと思います。
旧「とまれ」ライン 京都府では関西型ベースのミドルサイズ「とまれ」ラインが旧型ラインとして引かれていました。(現在は漢字タイプのフルサイズが主流となっています。)ミドルサイズということで、「と」の字の下部分、「ま」の字の横棒は15cm幅で引かれていました。
旧「止マレ」ライン
カタカナ型
広島 今は新規で引かれなくなったカタカナ型「止マレ」です。これは広島のラインで、先にも述べましたが、秋田、岩手、静岡、山梨、長野、福井、岡山、鳥取、島根、山口 各県も今は漢字ひらがな標示になりましたが、以前はこのカタカナタイプの標示でした。
画像提供:iida氏
通学路用「止まれ」ライン 福岡 福岡県には交差道路に通学路、歩道or歩行者専用路側帯がある小路にはこの「止まれ」ラインが引かれていました。
「止まれ」ライン 佐賀 佐賀県の「止まれ」ラインは他県とは違ったオリジナルの引き方で引かれていました。佐賀県もここ最近、「止」の字が漢字化されたようです。
「とまれ」ライン 佐賀 こちらが、佐賀県でこれまで引かれていた、ひらがな「とまれ」ラインです。
ミニサイズ「止まれ」ライン 佐賀 佐賀県にはミニサイズの「止まれ」ラインもオリジナルタイプで引かれています。停止線の直前に横書きで、各文字前後方向120cm、左右方向60cmのサイズで引かれていました。
旧「止まれ」ライン 熊本 熊本県の「止まれ」ラインも他県とは違ったオリジナルラインです。旧型と新型があり、「れ」の字の引き方とサイズが変わっているようです。旧型は「止」の字の前後方向が200cm、「ま」と「れ」の字は180cm、左右方向は各文字80cmのサイズです。
新「止まれ」ライン 熊本 熊本県の新型「止まれ」ラインもオリジナルラインですが、「れ」の字が関東型に似た感じに、各文字のサイズが前後方向240cm、左右方向80cmの標準サイズになりました。
波線停止線 栃木 栃木県には一時停止の規制のない交差点であっても、通行量の少ない側の道路には前方が優先であることを告げる、波線の停止線のようなものが引かれていました。

    道路標示(ロードライン)トップページへ

© 1997 越後屋

道路占有物トップに戻る


このページは GeoCitiesです 無料ホームページをどうぞ