2月9日

〜希望ー2〜
ローマ5:5
*******************************************************************
「この希望は失望に終わることがありません。

なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、

神の愛が私たちの心に注がれているからです。」
*******************************************************************

 とっても優秀な青年がいました。彼は父親の希望に従い、

別の町で牧師として立派に成功していました。

ある日、青年は車で父親を訪ねて運転していました。

 突然、赤信号を無視して暴走する車が青年の目の前に飛び込んできました。

彼はなすすべがありませんでした。 激突し、車は大破、青年は即死しました。

両親は失意のどん底に陥れられました。

 葬儀の日、おおぜいの会葬者がありました。

いよいよ墓に葬るため、人々は墓穴の所に集まりました。

だれも両親に声を掛けることもできませんでした。

 そのとき、青年の母親が賛美歌を口ずさみ始めたのです。

人々はどうしたらいいかわかりませんでした。そ

の賛美歌は「主は今生きておられる」という歌でした。

母親の近くから一緒に歌い始められました。そして、会葬者全員が歌いました。

今まで沈んでいたその場所は神様の栄光に包まれました。

人々は希望に満たされました。

神様はどんな時にも希望を与え、その希望は絶えることがありません。


戻る