〜台木はイエス・キリスト〜

なぜなら、キリストが死なれたのは、ただ一度罪に対して

死なれたのであり、キリストが生きておられるのは、

神に対して生きておられるのだからです。

このようにあなた方も、自分は罪に対しては死んだ者であり、 

神に対しては生きた者だと、思いなさい。」

               ローマ書6:10、11

私たちの友達にブドウ園をしている人がいます。ある時、彼からこんな話を聞きました。

ウイルスレス〕
 ブドウを作るのは大変です。聖書にブドウづくりについて書いてありますが、本当にあの通りです。

いろいろな手入れがあります。特に神経を使うのは刈り込みです。 来年はならない枝を選び、剪定します。

畑をいつもきれいにすることも必要です。 十分に肥料を入れます。袋を掛けます。

台風の時は支えを強化します。雪には特に弱いので、支柱を強化します。いろいろな手を入れて、

ようやく実がなります。 収穫は一斉に行わなければなりません。

 このように心を込めて育てたブドウの木に、もしウイルスが入ったら、そのままにしておけません。たちまち

木全体がウイルスにやられてしまいます。この対処方法はただ一つです。木を切り倒すことです。

その木が何年経っていようと、どんなに多くの実を結ぶ木であろうと、唯一の方法は切り倒すことです。

 そしてウイルスにやられていない枝を切り取ってウイルスの入っていない台木に接ぎ木するのです。

そうすればその接ぎ木が育って、やがてウイルスのない良い実をもう一度結ぶようになります。

私たちの人生〕
 私たちはそれぞれ何年、何十年の人生を生きてきました。人を憎んだり、憎まれたり、絶対に赦せないと

いう人を一人も持っていないと言う人は珍しい私たち。私たちが言ったことで傷ついた人たち。私たちは

人生の中で、気づいてか、気づかないかは別として、多くの人を傷つけてきたのではないでしょうか。

 あんな事をしなければ良かった、言わなければ良かったということはないでしょうか。私たちはよいことを

しようとしますが、失敗します。もう一度人生をやり直したいと思うこともあります。

 私はウイルスにやられたブドウの話を聞き、冒頭のみ言葉を思い出しました。ブドウの枝がウイルスに

やられていない台木に継がれるように、私たちもキリストに継がれることによりもう一度新しい人生を

築き上げることができるのです。

台木はキリスト〕
 イエス様は私たちの罪のために死なれました。ご自身は何の罪も犯したことはありません。ただ私たちの罪の

身代わりとなられました。ただ死なれただけでなく、三日目に復活されました。

その命に接がれることが人生のやり直しです。 それは私たちも罪に死に、義(正しいこと)に生きることです。

すでにキリストがその生き方を完成してくださいました。私たちはキリストにならい、信じて従っていくだけです。

人は弱いので失敗することもあります。そのときはイエス様を見上げて、もう一度立ち上がり、歩き続けるだけです。

台木はイエス・キリストです。キリストに連なっているなら、新しい人生を歩き続け、良い実を結ぶことができます。


            主はブドウの木 私は枝です いつも離れずに
            主はブドウの木 私は枝です 豊かな実を結ぶ
            み言葉に留まり 愛に生きるなら
            この世は知るでしょう 主の救いといやし  
                            (リビング・プレイズ17番)

戻る