〜神様に選ばれているから大丈夫〜


   
 「神に選ばれた人々を訴えるのはだれですか。   

神が義と認めてくださるのです。」 
                  ローマ8:33    

選ばれた者
 選ばれた人々とはだれでしょうか。その人を訴えることのできる者は居ないと神様は宣言されています。 ですから、神様に選ばれた人は

特別な人に違いありません。いったいそんな人がいるのでしょうか。実は選ばれているのは、私であり、あなたなのです。

 でも、それなら自分よりもっと適当な人がいます、と言うかも知れません。確かに私たちが考えて自分よりふさわしいと思う人が

たくさんいるかも知れませんが、神様はあなたを選びました。

 今日、このホームページを開かれたのは偶然ではありません。あなたが、神様に選ばれているからなのです。

 神様はあなたが立派な人だから選んだのではありません。神様はあなたが人から信頼されているから選んだのでもありません。

頭脳明晰、優秀だからでもありません。

 神様の基準は人の基準とは全く違います。「兄弟達、あなた方の召しのことを考えてごらんなさい。この世の知者は多くはなく、権力者も

多くはなく、身分の高い者も多くはありません。  しかし、神は知者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、強い者を

はずかしめるために、この世の弱い者を選びました。 また、この世の取るに足りない者や見下されている者を、神は選ばれました。

すなわち、「有るものをない者のようにするため無に等しい者を選ばれたのです。これは、神の御前でだれも誇らせないためです。」

(第一コリント1:26〜29)あなたが「私は本当にそのような者です」というなら、確かにあなたは神様に選ばれた人です。

その人のために神様は特別な約束をしてくださっているのです。

訴える者

私たちは過去の失敗や罪の生活について訴えられたら、たくさんのことがあると思います。そんなつもりがなくても、言った一言が人を

つまずかせたり、傷つけたこともあるかも知れません。また、どうしても赦せない人がいます。さらに自分自身を赦せないこともあります。

 自分自身を見たら、良いものなど一つもありません。自己嫌悪に陥ります。悪魔は人を罪に誘い、陥れ、さらにその罪をあげつらい、

しつこく追求します。

忘れたいと思う罪をほじくり出し、追求してきます。落ち込ませることが悪魔の仕事です。でも神様は「訴えるのはだれですか。」と言われます。

[とりなす方]

 冒頭のみ言葉にあるように、しつこく追求する悪魔に対して、イエス様は私たちを弁護してくださる方です。 私たち人間は確かに失敗し、

だめなことだらけです。 でも神様はそんな私をご自分の者として選んでくださいました。そして、ご自分が選んだ者に対して責任を

持ってくださる方なのです。

 それだけでなく、私たちの弁護をしてくださると約束してくださっています。(1ヨハネ2:1)神様は私たちの罪の裁きをイエス様の十字架に

よってすでに裁いてくださり、そのことを信じるだけで、無罪放免してくださり、私たちは最初から「義」なる者、正しい者と認めてくださっているのです。

 神様は選ばれた私たちを「わたしの目にはあなたは高価で、尊い。わたしはあなたを愛している。」と言ってくださるのです。

イエス様は私の味方であり、私の弁護をしてくださいます。

 そして、悪魔に対して、圧倒的な勝利を下さいます。私たちは神様に選ばれたことを感謝し、神様に信頼するだけで圧倒的な勝利者、

イエス様と一緒に勝利者となることができるのです。あなたも勝利者イエス様と一緒に勝利の凱旋に加わりましょう。感謝します。

 あなたもイエス・キリストを受け入れ、主と共に歩む人生を始めて下さい。


戻る