〜求めなさい〜


  
「求めなさい。そうすれば与えられます。

捜しなさい。そうすれば見つかります。

たたきなさい。そうすれば開かれます。

だれであれ、求めるものは受け、捜すものは見つけ出し、たたくものには開かれます。」

                              マタイ7:7,8

 私たちは今度のゴールデンウィークにアメリカから二人の方をお招きして、本栖湖というところで集会を持ちました。

このメッセージはそのとき、ダニエル先生が話してくださったものです。


 イエス様を信じて弟子になりたいという人が、高齢の教授に出会いました。彼はこの教授が大変気に入り、

この人に付いて学びたいと思いました。教授も了解し、いよいよ学びに入ろうということになりました。

教授はこの弟子になりたい青年を連れて、湖に行きました。 教授は湖につくと、水の中にどんどん入っていきました。

ついてきた青年も一緒に入らざるを得ません。青年はこれはきっと洗礼でもするのかと思ったのでしょう。

 すると教授は立ち止まり、青年の頭を抑えて水の中に静めてしまいました。やっぱり洗礼だと青年は思い、されるままにしました。

10秒、30秒、1分たっても上げてくれません。 青年はだんだん苦しくない、我慢しきれなくなりました。

教授は私を殺すつもりなのか、気が狂ったのではないかとあれこれ考えましたが、とにかく苦しくてたまりません。

何が起こったのかまったくわかりません。青年は暴れ始めましたが、教授の手は相変わらず頭の上にあります。

青年はついに教授の足をけり、手足をばたつかせてあせり始めました。 でも、教授はびくともしないのです。

青年は気が遠くなりながら教授の手足に噛み付きました。 ついに教授は手を離し、青年は水から顔を上げることができました。

青年は教授に食って掛かりました。「私を殺すつもりですか?」そのとき教授は言いました。

「私の1時限は神様に求めるということです。苦しいときは必死で息できることを求めたでしょう。

格好などどうでもよかった。それが求めるということです。」


 さて、私たちはどれほど神さまを求めているでしょうか。真剣に神さまを求めるなら神様はご自分を現してくださいます。

神さまはあなたのそば近くにおられる方です。そしてあなたを今の状態から救いたいと願っておられます。神様を求めてください。


戻る