どうしていのちのパンの家なの?



 私たちは1996年、ここに教会を始めました。私たちが教会としている場所は以前、
有名なパン屋さんでした。そこで、先ず
パンの家という名前を付けたいとおもったのです。
 パンの家というのはヘブル語で
ベツレヘムという意味があります。
イエス・キリストが誕生した場所こそベツレヘムです。
さらに、
イエス・キリストは自分自身を指して、
わたしはいのちのパンです
と言われました。

私たちはこの町の中心に
イエス・キリスト
を伝えるいのちのパンの家
が必要だと考え、この名前を付けました。

時々、パン屋さんと間違える方もおられますが、私たちはいのちのパンを扱っています。

 私たちは実際、おいしいパンも焼くことがあります。
ですから、焼き上がりのパンにあり付けることもあります。

 
コーヒーなどもお入れします。どうぞお気軽にのぞいてください。



メニュー画面へ