フィリピンのバギオ市にある          の校長ミセス・アノが「教育は自由独立であり希望である」という理念の下に、地域の担い手となる人材を育てようと、山岳民族の子弟教育に情熱を注ぐことに共感した発起人、伊藤の呼びかけによって、1985年にマニラで活動をはじめる。発足時の活動は奨学資金の支援であったが、その後震災や内戦による被災の支援など人道的支援も開始した。
フィリピンをはじめ世界の熱帯/亜熱帯のどこにでも生育している豆科の潅木。
苛酷な環境でも逞しく生育し,花は白色で合歓に似ておりギンネムとも呼ばれる。その種子は黒褐色扁平で卵型でスイカの種に似ているが、硬く、かつ光沢があり、ビーズ細工のように繋いで小さな敷物等、各種工芸品も作られる。時には、コーヒー豆の代用ともされる。
フィリピンでは最も身近な植物の一つ。
イピルイピルとは
イースター・スクール