topへ  倫理とは  会場のご案内  活動いろいろ  相談室
よくある質問コーナー
倫理研究所とは、どういう団体ですか?
 

倫理研究所は、社団法人の認可を受けて、生涯学習活動を推進してい
る民間の社会教育団体です。
 
なごやかな家庭、朗らかで活力ある職場、明るい地域社会を目指して、昭和20年9月3日に創設されました。
 

 宗教団体との違いは?

 
倫理研究所は、日常の正しい生活規範を提唱する実践的な社会教育団体で、文部科学省生涯学習政策局の所管です。
宗教団体には、教祖とか、特別な経典・偶像などがありますが、倫理研究所にはそういうものはありません。純粋倫理では、特定の神を論ぜず、特定の仏も説きません。どんな宗教を信じ、どんな神仏を礼拝するのもまったくそのひとの自由です。
宗教が、仏と人との関係を説き、悩みの救済を行うのに対し、純粋倫理は、人と人、(あるいは人と物、人と自然)の関係を説き、人が二人以上暮らしていく上での「すじみち」を示し、その実践を通して人間社会を幸福にしようとするのもです。



 実践倫理宏正会との関係は?


 実践倫理宏正会は、倫理研究所の所員であった上広哲彦氏が退所後、設立した会です。上宏氏は、倫理研究所の創立者丸山敏雄とは「ひとのみち教団」時代からの知人でした。「哲彦」という名前も、依頼されて丸山敏雄が命名したもので、本名は三郎です。
上宏氏は主に北陸(石川県)に出かけ、人々の生活問題の指導に当たるようになりました。そして、敏雄のところに来ては、心構えや、心理についての話を聞きそれを指導に生かしていました。やがてそこでの集まりは、「さながら一つの団体を構成する」
までに発展していきました。これが後に、「実践倫理宏正会として倫理研究所より枝分かれする時の母体となったのです
非常に信任の厚かった上宏氏ではありましたが、いつしか敏雄の意に反する行いが目立ち始めました。そしてついに、決別のやむなきに至りました。しかし、敏雄は離反していった上宏氏を決して攻めず、自分自身を深く反省し、「宣布の大業のご発展と偉大な御開拓を祈ってやみません。」との手紙を送っています。

倫理運動の活動資金はどこから?

倫理研究所は、国や自治体からの補助は受けておりません。活動資金はすべて会員の会費、図書の販売および寄付金によってまかなわれています。会員は個人会員と法人会員に分れています。会員の種別と会費(月額)は次の通りです。

@個人会員                         500

              賛助会員              1000

              協賛会員              3000

              特別賛助会員      1万円

A法人会員           1口     1万円

図書販売の主なものは、倫理研究所発行の月刊誌「新世」の売り上げです。

具体的には、どのような活動をしているのですか?

 一般に向けての活動

     「朝の集い」を行っています。

年中無休で毎朝5時〜6時まで、全国1700ヶ所で開催しています。栞をもとに、純粋倫理を学び、おたがいが切磋琢磨しあえるという効果があります。会場は、明るい挨拶にはじまり、今日一日を明るく朗らかに喜んで進んではたらく、心境向上の場、こころの道場です。

「倫理の集い」の開催

朝の集いに出席できない方や新しい方のために、毎月地域の公民館などで、昼間に開催しています。講師の先生や、指導員がわかりやすく倫理を話してくださいます。また、会員は個人指導が受けられます。  
      「全国一斉清掃デー」の開催

毎月第2日曜日を「全国一斉清掃デー」とし、地域の行政や住民にも呼びかけて清掃活動を行っています。
駅や公園、公共の
場所の清掃




       


       「子ども倫理塾」の実施

学校や家庭の教育力が低下している現在、時代を引き継ぐ健全な子ども達の育成を願い取り組んでいます。「倫理(しつけ・体験学習)」と「勉強(自習・学習意欲)」とがセットの「塾」です。人としてのこころの実践力と学びの力をはぐくむ場です。


「子育てセミナー」、「夫婦の集い」、「壮年の集い」などのさまざまな勉強会の開催



「春のほがい」
会員相互の親睦をはかるため、春の1日を楽しく過ごし交流を深めています。


倫理法人会の活

各地で、倫理法人会が組織されています。倫理法人会は、純粋倫理の学習により自己研鑽、自己革新に励み、企業を活性化し、ひいては地域社会に貢献する経営活動を推進していこうとする実践団体です。
長崎準地区では佐世保に法人会が設立されています。

「経営者モーニングセミナー」

経営者を対象に、毎週1回早朝(6時から1時間)開かれています。企業のトップが自らの生き方や会社のあり方を真剣に考えるための勉強会です。

「経営者の集い」

経営者が定期的に集まり、共に学び語り合う場です。講師を招き、経営体験を通して倫理的経営のあり方などについて勉強します。
「経営倫理講演会」の開催

年1回、共通テーマのもと全国各地で開催されます。

地球倫理の推進活動

地球環境の保護・保全のために活動しています。

「地球倫理の森」を作る記念事業

日本砂漠緑化実践協会の協力の下に砂漠緑化隊を編成して、中国・内モンゴルに広がるクグチ砂漠の植林活動行っています。