岩国錦帯橋


錦帯橋の歴史
すべての架替工事が終わり渡り初めを待つばかりの錦帯橋



錦帯橋は、江戸時代より日光の神橋、甲斐の猿橋と並び日本三名橋と呼ばれ、その精巧で特異な構造は早くから高く評価され、大正11年3月8日、当時の「史跡名勝天然記念物保存法」にもとづき「名勝」に指定されました。

下を流れる清流錦川、青々と連なる城山を背景に、春は桜に埋もれ、夏は花火に映え、そして紅葉に染まる秋、やがて白く薄化粧をする冬と、四季折々に美しい風情を市民や観光客に与えてくれております。

錦帯橋の桜
錦帯橋の夏秋冬
錦帯橋の紅葉
霧の錦帯橋
錦帯橋まつり
第25回錦帯橋まつり
錦帯橋のう飼
菖蒲池
平成の架け替え(第3橋)
陸組(仮組)の見学会
解体
木組み作業開始
大工工事が完了
兜金取り付けと足場と防護ネットの取り払い
完成式・渡り初め
天然記念物
岩国のシロヘビ   






Copyright©2000-2016 Meisetudo.com All rights reserved