第7話




あらすじ




ウルカイザーとの戦いに敗北したマジレンジャー。

翼の魔法薬により4人は回復したが、魁はその薬により動きが速くなっただけで、全く目を覚まさ
ない。

そこで、強力な目覚まし薬を調合することに。

蒔人たちが必死に集めた入手困難な材料と、翼の呪文により魔法薬は完成。

しかし、これは人の夢の中に入れる薬。

誰かが起したい人の夢に入り、その人の魂を引き戻すしかないらしい。

その時、蒔人たち3人が通報に応じ事件現場へ向かったため、残った翼が薬を飲むことに。

しかし、夢世界は他人が入り込むと崩壊をはじめ、もし連れ出す前に世界が消えてしまったら二度と元の世界に戻ってくることはできないらしい。

覚悟を決めて翼が魁の夢の中に入ると、ウルザードと戦う魁の姿が。

翼は魁を現実世界に連れ戻そうとするが、怒りで熱くなった魁は聴く耳を持たない。

そんな中、夢なら何でもできるはずだと気付いた翼は、現実離れした攻撃でウルザードを撃破。

これでようやく魁も夢だと納得する。

しかし同時に夢の世界が消え始め、ついに2人の周りは完全な闇に。

もうダメだ! 

そう思った瞬間、2人の前に母・深雪が現れる。

魁のために命を賭けた翼の勇気が、深雪をここまで導いたのだ。

深雪の導きにより、2人は現実世界に戻ることができた。

その頃、マジグリーンたちは、あびると動きがスローになってしまう胞子を発する冥獣ファンガス
との戦いに苦戦中。

スロー化胞子をあび、思うように動けない3人は、なすすべもなくファンガスに痛めつけられる。

その時、マジブルーが自分にミストを吹きかけた。

すると、動きが元のスピードに。

実は、翼が作った魔法薬に、スピードアップの効果があることを思い出し、噴射したのだ。

マジグリーンたちも元のスピードに戻り、マジレッドたちも駆けつけ5人揃ったマジレンジャーは
反撃開始。

ファンガスを追い詰め、とどめをさそうとした瞬間、またしてもウルザードの呪文によりファンガスが巨大化。

そこで5人はマジマジンに。

マジレンジャーボールで巨大ファンガスを粉砕し、チェックメイトしたのだった。




あっし的話のポイント




・もうすべてにおいてアニキの役の人は本当に楽しんでやってるよなー<でもはっぱだけで殴りかかってくるほど酷い歌って一体…確かに音程は微妙だったけど…



・変な粉…なんでだろう?あのくらいの年頃の女の子が言うといかがわしい香りがするのは…<あっしがロリ○ンだからとかいうな!!



・出た!久々のザコ的登場<どうやら、武将クラスの敵がメインの話では今回はザコ戦闘員は出てこない模様。これも一応容量の問題とかで、例の扉と関係があるのか?



・サラダパワー最強!!<もう、アニキもサイコー!!


・ウルザードのロボットがおもちゃで発売されるってことは、やっぱり仲間になってしかも合体ってオチでは…<もう、そうなふうにすぐ考えてしまう自分がイヤです耐




これまでのレビュー