邪拳クロムス・G









DUEL1 LINK→リンク



ヒーローを名乗る者が星の数ほど存在する架空世界『無限ヒーロー』
彼らにとってそれはただのお遊びでしかなかったはずなのに………




DUEL2A ボディーガード→BODY GUARD  DUEL2B 芋虫→WORM



変わるはずの無い明日だったのに、 変える事のできない運命だったのに。
希望は突然に私達に訪れて……』




DUEL3 鈴次!激闘!→REIJI!BATTLE!



ヒーローマニアの男には、現実も仮想も関係ない。
漢の魂がある限り、彼はヒーローで在りつづける……




DUEL4 夜の賛美歌→NIGHT HYMN



ヒーローになった者達にとって、その力とは何だったのだろう。自分を解き放つ希望 であり、世界を破滅に導く悪魔の能力であり・・・・・・ 『この街はやがて地獄に沈む・・・』 そう言い残した男は酷く悟りきった顔をしていた・・・・・・




DUEL5 魔馬 テールローダー→EVILHOSE TAILRODER



黒い体と赤い血潮。
バルセイザーの相棒が今、現実に蘇った!




DUEL6 不可視の幽霊→INVISIBLE GHOST



静かな場所での静かな戦闘。
ゴーストの動きは『バケツ』で敗れ!




DUEL7 暗黒の二人→DARK TWO MAN



その男に善悪はない。既に捨てられた男である。
その女に心はない。既に腐り落ちた女である。
二人が静かに接触した夜。
社会の裏で、何かが起こっている・・・・・・・・・





DUEL8 火炎瓶→BOMB BOTTLE



混乱の後の朝、ようやく揃った三人のチーム。
今後の方針は『装備強化』。危険な男の危険なアイテムとわ?




DUEL9 黒いヤツら→BLACK PEAPLE



死を想うロシア人、酷薄な希望を想う日本人。 
死を受け入れる事は、諦めに過ぎない。
あがいて、あがいて、我がままを撒き散らして。
見苦しくわめいて・・・・・・何が悪い・・・・・・




DUEL10 黒葉の地護→BLACK LEAF JIGO



出会う者は異常者ばかり・・・・・・・・・しかし各々、胸には狂気と正義。




DUEL11 もう一組→ANOTHER3



最も強い者は、もっとも残酷な者。人間を弄び、愛で、倒す者。
成り上がり思い上がった弱者は生まれついての強者よりも浅ましい。
初元の三人から離れた場所に、別の三人。
じっくり、ゆっくり・・・・・・ただ眺め、識っているだけ。
そんなやつらの蠢く街・・・現在、そこに弱者を守る盾は・・・




他の部屋を読む