無限ヒーロー









第壱話 その名は烈我



砂利採掘場をさまよう青年に前に現れたのは、謎の怪人軍団だった
青年が窮地に立たされた時
たった一つのキーワードが奇跡を呼ぶ

「変身!」




第弐話 第3の男



戦いを終えた二人の前に現れた謎の男
ぼってりとした腹に、全身からあふれ出る汗
はたして、この謎のおっさんは?




第参話 光の英雄



飛び交うテニスボール
風を裂く蹴撃
赤く染まった剛拳
テニスボールの嵐の中、烈我、そしてガイスの前に現れた者たちとは?




第四話 ブースター



圧倒的な力の前に傷つき、倒れる3人
切り札さえも封じられ、絶望の淵へとたたされようとしたその時
烈我の身に異変が…




第伍話 恭次



破壊の毒牙、渦巻く竜巻
が、そんなシリアスな展開とは対照的に、とあるアパートの部屋では、このくそ暑い中、一人の青年がパソコンと格闘をくり広げていた




第六話 始まりのメッセージ



爆発により破壊された喫茶店
それを眺めるモヒカン姿の男
そして、掲示板には無限ヒーローを名乗る謎のメッセージが書き込まれていた




第七話 着装



久々の再会にも、なぜかうかばないガイスの表情
訝しげに思う恭次をよそに、ガイスの口からは意味不明な会話が紡ぎ出されていく
そして、ガイスの手が携帯電話をかざした時、ガイスの体は黒い閃光に包まれた




第八話 変身



突如、現れたDR.BOUZの戦闘員
一人唖然とする恭次をよそに、ガイスはパワードスーツを駆り、颯爽と戦いを繰り広げていく
だが、一人あった会を見守っていた恭次の身にもついにモンスターの毒牙が…




第九話 毒牙



燃えあがる炎の中、奴がこの世に降臨した
そして、右足に紋章が浮かんだ時
ついにその毒牙が牙を剥く




第十話 ゲームと現実




無事、戦闘から脱した二人
だが、ほっとしたのもつかの間、二人の体をその代償が蝕む
そして、ついに変身の秘密が語られる




第十一話 恋のハッピーロード




夜の闇の中、無人の駅に火花が飛び散り、金属音が鳴り響く
そして、その音がやんだ時、タバコの明かりに浮かび上がったのは、あのニヤニヤとしたいやらしい笑顔だった
一方、恋のハッピー街道を爆進中の恭次は…




第十二話 苛立ちの暴発



バイト疲れと、店次長の態度に苛立ちを隠せない恭次
そんな時、恭次の目に入ったのは綺麗に手入れされた店次長の車だった
果たして、恭次の顔に浮かんだ笑みの正体とは?
ついに烈我の牙が一般人へと向けられる…?




第十参話 筋肉と情熱



モンスターの反応を察知し、夕焼けの街に飛び出した烈我
だが、どこへいけどもモンスターは発見できない
そんな時、烈我の鼻に濃厚な汗の臭いが漂った
果たして、その先の臭いの正体とは?




第十四話 来訪者日和!?



もしかして、見られた!?
突然の和沙との遭遇に動揺を隠しきれない恭次。
何とかその場を取り繕った恭次だったが、これで恭次の苦難が終わるわけがなかった。
さらなる、しかも最悪の来訪者の影が恭次へと迫っていたのだった…






他の作品を読む