直線上に配置

イギリスの”階級社会”事情

このページは他のページとことなり,
文字ばかりでかなり理屈っぽく読みづらいでしょう.
けれども,これを読んで少しでもイギリスを理解し,
しいては逆に日本の特異性を認識していただいたら幸いです.

なお,後半はハリーポッターやシャーロックホームズも分析していますので,
ファンの方は少し楽しめると思います.


イギリスは”階級社会”か?
答えは絶対的に”YES” である.しかし,その”階級社会”とは一体どういうものであるかは,一般の日本人は認識していないし,もしくはかなり誤解していると思う.こちらに来ることが決まり,かなり情報収集したつもりの私でさえ,ときおり愕然とすることもあるのである.

まずはじめに,エンジニアらしく 

”階級社会”とは一体何ぞや

の定義を試みてみよう.これがはっきりしないと,話にならん.
もちろん,ひとによって答えは微妙に異なるであろうが,私の考えとは以下である.

定義
”階級社会”とは数種類の階級がかなりはっきり分かれており,階級間の移動は稀であり(←これは当たり前だが),かつ,その階級以外の社会的な交流が非常に限定されている社会である.

まあ,前半は当たり前なんだが,日本人にとって,後半はかなり想像し難い.まあ,実例を挙げて,理解していくしかないだろう.また,この情報化時代,興味があれば,インターネットを通じてかなりの事例を集めることが可能である.

しかし,階級社会の話を始める前に,もうひとつ,日本人にとって,誤解を生みかねない事情をひとつ,強調しておきたい.これは定義の後半にも通じるところがある.

”階級社会”では,異なる階級と交流することは稀なので,知人の体験談,入手した情報などは全てその”個人”の階級によって限定されてしまう.ゆえに例えその体験談などが”知人の階級階層内”において”真実”だとしても,”一般的”かどうかは定かでない.

さらに事情を複雑にしているのは,日本人が居住する地域はたいていロンドン市内であり,また,その”階級”ももちろん上に位置している事実である.ご存知のとおり,ロンドンは日本の東京に相当する大都会であるので,イギリスを代表する都市であったとしても,イギリス文化を代表する都市ではないということである.

しかし,上記の文は非常に自己矛盾に満ちた文である.イギリス階級社会の実情を紹介する 私の文も所詮,とても”一般的”とはいえないのである.しかし,それでは,一体誰が真の階級社会の実情を語れるのか?全階級の実情を把握し,表面的ではなく,世界観,生活観,異なる階級への思いを総合的に把握できているのは誰なのか?
私の意見では,

”そんなやつぁ いやしねえ!”

補足するなら,何十年とここに住んでも,たぶん分からないのである.もちろんイギリス人も分からないのである.ただ,”階級社会”が厳然と存在することは,万人が認める事実なのである.

というわけで,以下の私の文も含めて,ありとあらゆるイギリスの情報は,各階級の”偏った”情報であることを認識していただきたい.そして,これが”階級社会”の一側面であるのだ.

なお,英国に赴任が決まったあなた.現地駐在の日本人からしっかり情報を収集しましょう.なにより,正確で役に立ちます.なにしろ,”階級”が一緒ですから.

さあ,かたくるしい前置きはこのぐらいにして,さらにかたくるしい本文に進むとしよう.




まずは階級社会の分類だ!

その次のお題
イギリスの階級社会を認識するとき
ハリーポッターの階級社会
シャーロックホームズの階級社会
日本の階級社会



トップ アイコントップページへもどる

直線上に配置