大分県社会福祉協議会会長杯の結果
 日 時 : 11月29日() 場 所:大分県社会福祉センター
 参加チーム : 三菱Super Birds太陽の家BREAKERS太陽の家アポロンズ/国立別府重度障害者センター/にせものレディース(マネージャー・女子!!??)
◇第1試合◇
 にせものレディース           42 −  2     三菱Super Birds


◇第2試合◇
 
 太陽の家アポロンズ           8 − 13     国立別府重度障害者センター


◇第3試合◇
 
 太陽の家ブレイカーズ         46 − 24     にせものレディース


◇第4試合◇(オープン戦)
 
 国立別府重度障害者センター    14 − 11     三菱Super Birds


◇決  勝◇
 
 太陽の家ブレイカーズ         36 − 15     太陽の家アポロンズ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆優 勝  太陽の家 ブレイカーズ ☆準優勝  太陽の家 アポロンズ



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第5回琴の湖杯西日本選抜車いすツインバスケットボール大会戦績


アポロンズ
戦績
                対戦相手
予選リーグ
第1試合  13対45   長崎シャドウナイツ
第2試合   4対35        ダンク岡山

               得失点差で決勝トーナメント進出

決勝トーナメント 

1回戦   12対46    大阪グッパーズ

オープン戦

       16対12       福岡WING


「琴の湖杯 西日本選抜車いすツインバスケットボール大会」
(大村市9月12,13日)


 今回は、都合により参加していない「太陽の家ブレイカーズ」がいない大会で、
我がチーム「太陽の家アポロンズ」にとってはちょっと寂しい大会だった。
しかし、その分まで頑張るかも気持ちで挑んだ大会でもあった。
だが、チームの一番元気な岡村選手が開会式で「太陽の家ブレイカーズ」の代理で
優勝カップの返還という大役の緊張で我がチームの戦いは始まった。
予選リーグ2戦ともに強豪チームと対戦。でも、気合いだけはどのチーム
にも負けないが我がチームだった。が、今回よりルール改正で60秒ルールが40秒に、
20秒ルールが15秒に変わってなかなか思うように点が取れない。
結果大差で負けてしまった。でも、神様は我がチームを見捨ててはいなかった。
得失点差で予選通過、翌日の決勝リーグに駒を進めた。
 昨日のいやなムードを断ち切って、決勝リーグに挑んだ。
そこへ「太陽の家ブレイカーズ」のみんなが遠路遥々、応援に駆けつけに来た。
応援団も来て気合い十分。だったが、前半スピードの弱い我がチームは、
相手チームの速攻等で点がジワジワ離れて行った。そこで、作戦変更を行って
ディフェンス重視で戦ったが、前半にリードされたのが痣となって応援むなしく大敗。
試合終了後、監督から一言「原点に戻れ!」とゲキが飛んだ。振り返ってみると、
これからも「練習あるのみだあ!」私も。
                          −アポロンズのTK−
さあいよいよ開会式だあ
松森君シュート!!
おいおい!どうなってんだよ!!
とし君ガンバレー!!
あ〜あ。公式戦で勝てなかった(T_T)


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


第10回九州車いすツインバスケットボール選手権大会の結果


アポロンズ戦績
                  対戦相手
予選   1回戦    30−20  熊本スパークス
        2回戦    25−19  博多パトラッシュ
     決勝T  準決勝     0−55  太陽の家ブレイカーズ
       3位決定戦  34−46  長崎県立コロニー


第10回九州車いすツインバスケットボール選手権大会の感想

地元開催の10回記念大会。しかし私はツインでできるのは今回で最後。
それも後半のみ出場可というおかしな条件をつけられたがとにかく悔いの
残らないようにしようと思った。残念ながら4位だった。悔しかった。悲
しかった。
これからは日出町サンズで頑張りたいと思いますが僕はツインの事が好き
なので、できるのであればツインでチームを作りたいなと考えています。
最後に監督の高松さんどうもありがとうございました。
                            (副キャプテン 下田 公志)