クリスマスローズ


人気急上昇中の宿根草であるクリスマスローズ
冬枯れの大地に「雪起こし」の和名のとおり雪を持ち上げて咲きます
春に先駆けて咲くパステル調の中間色の花、クリスマスローズを育ててみませんか。

クリスマスローズの歴史はキリストが生まれる約300何前までさかのぼります。

古代ギリシャのパルテノン宮殿の近くではクリスマスローズが咲き、この地域一帯に分布していました。

クリスマスローズはヘレニズムの時代に咲き乱れていたのです。クリスマスローズの広義であるヘレボラスの名前は、このヘレニズム文明をその語源にしています。

キンポウゲ科ヘレボラス属の宿根草であるクリスマスローズは冬咲き種(ヘレボラス・ニゲル)と春咲き種(ヘレボラス・オリエンタリス)に大別されます。

クリスマスローズを上手に育てるこつは、自然の営みのローテーションを知ることです。

クリスマスローズの生育は、8月下旬から9月初旬に始まります。自生地では広葉樹が葉を落とし、燦々と日光が注がれる頃に花を咲かせます。そして、夏は広葉樹の葉が西日を遮ります。

栽培を上手に行うには、この自然のサイクルを頭に入れておきましょう。

戻る


このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!